マザーツリー自然学校の『野遊び日記』

NPO法人マザーツリー自然学校の活動レポート♪
都会の真ん中から、森の風を皆さまにお届けします!


テーマ:

 

5月のこどもクラス。

「行ってきまーす!」とフィールドに入ると、足元はイチゴでいっぱいでした。


5/14森よう


イチゴはイチゴでも『ヘビイチゴ』。

その名前に「ヘビ!やだ!」と言う子もいれば、「おいしそうだなあ。食べられるかなあ。」と言う子もいて、

物は試しで、一粒パクリ!

「お味は?」「うーーん」

そうなんです、ヘビイチゴって、毒はないから口にできるけど、味がないんです。

 
5/14森よう


美味しいものではないとわかっても、イチゴの可愛さ美しさに魅了され、せっせとイチゴ摘みに励む子も。

男子がテントウムシ捕りに夢中になっている間も、ずーっとイチゴ摘み。


5/14森よう


この日の森は、自然の恵みがいっぱい。

カラスノエンドウもさやをたくさんつけ、こちらはさや取りに一生懸命。

5/14森よう


森の中に一本橋(?)がありました。

見つけたら通らずにはいられないよね。バランスをとりながら、何度も行ったり来たり。

穴にも、落ちたり。(笑)


5/14森よう


「あ!甘いの舐める?」とつつじの花をとってきて、みんなにオススメしてくれました。

経験した子しかしらない、森のおやつ♪


5/14森よう


森には魅力的なものが多すぎて、移動しながらどんどん持ち物が増えていきます。

たくさんの枝担いで、それどうするのかなあ?

5/14森よう


おお、釣りごっこで使われました。

前日の雨で大きくできた水たまりも、こどもたちは糸をたらして、本当に釣り人みたい。

水の中を目を凝らして観察するも、「何にもいないねえ」。

5/14森よう


スタッフがシロツメクサを編んでいると、こどもたちも一緒になってお花を摘んでくれました。

冠に仕立てたら「カメハメハ大王みたいだー」と大喜び。

頭には冠、腰には先ほどの「釣り竿」が「剣」となって、遊び方も変化してゆきます。


5/14森よう


いきものもたくさん集まりました。ケースの中の虫を観察するのに、草の上に突っ伏して。

愛おしくて仕方ない様子でしたよ。

5/14森よう


桑の木を見つけました。たくさんの鳥たちが、その実を食べに来ています。

黒いのはあまーい!赤いのはまずいー!ということで、

黒いのをそっと指でつまんでお口へポイっ!おすそ分けをいただきました。


5/14森よう  5/14森よう


最後はこどもたち念願の木登り。

自分で下りてこられないところには上がらないルールなので、そんなに高くはないけれど、

木に触れ、幹を抱えながら、その感触やぬくもりを肌で感じています。

5/14森よう


あっという間にお迎えの時間。

今日1日で、たくさんのいきものや初夏の恵みと出会えました。

美味しくて、楽しい時間だったね。

みんなで捕まえた、テントウムシ30匹超と、ダンゴムシ、カマキリの卵は

親御さんと話し合いの上、ほとんどは森に還されましたが、一部は家庭に入ることになりました。

各家庭で仲良くすごしてもらえたらいいな、と思っています。


次回は6月。梅雨時ですが、雨遊びもきっと楽しいですよ♪

またね!

















AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

マザーツリーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。