マザーツリー自然学校の『野遊び日記』

NPO法人マザーツリー自然学校の活動レポート♪
都会の真ん中から、森の風を皆さまにお届けします!


テーマ:


3/5森よう


2016年度森のようちえん・こどもクラスの最終回は

とてもいいお天気に恵まれた日曜日でした。

いつものように、お父さんお母さんに「行ってきまーす」とあいさつし、

森へ出発するこどもたち。

3/5森よう


数分しか歩いていないのに、「ここで遊ぼうよ!」。

リュックをおろすや否や、

それぞれがもう楽しいことを見つけていて、

野の草で、ブレスレットを作り、スタッフにプレゼントしてくれる優しいTくん。


3/5森よう


「ベッド作って~」と女子の要望があり、みんなで協力してハンモックを作りました。

枝豆みたいに布にくるまったり、ゆらゆら揺らしてみたり、

乗る人、揺らす人、役割分担しながら、

ケラケラケラと楽しそうな笑い声が林の中に響きます。



3/5森よう


椿の花の蜜が甘いことを、教えてあげたら、

食いしん坊な男子は、蜜を味見しまくり(笑)

その後、この花の香りがとても良いことに気づき、

みんなに「とってもいい匂いだよ!」とオススメしていました。



3/5森よう


「ニラスープにするぞ~」とノビルの上部を持ってきたHくん。

そう、この草はとってもおいしいこと、覚えていてくれたんだね。

みんなで味見をして、「おいしいね~」。

春の香りを楽しみました。



3/5森よう


そしていよいよ森へ。

私たちのお散歩は、とても愉快です。

おもしろいものを見つけたり、拾った枝で遊んだりしながらの道中・・



3/5森よう


たいていこんなすごいものも見つけてしまい、

その魅力的なものを無かったことにはできなくて、

おともに連れていくことになるのです。



3/5森よう


今回はちょっとだけ焚き火タイム。

マシュマロやチーズを枝に刺して焼き、

おやつにしました。



3/5森よう

火で遊ぶひと、木にぶらさがるひと、

おちている枝をバキバキ折るひと、

そして誰かが言います。「おなか減ったーーーー!」



3/5森よう


ということで、お弁当タ~イム。

スタッフは同席せず、少し離れたところで見守っているのですが、

こどもたちの会話はいつもとても楽しいですよ。

誰かがずーっとおしゃべりしている(まるで物語を読んでくれているかのようなんです)のを、

他のひとは食べながら聞いているのですが、

その子が話し疲れて食べの体制に入ると、

今度は別の誰かがずーっと話してくれるんです。

スタッフには理解できない内容でも、こどもたちには通じるものがあるらしいです(笑)



3/5森よう


お弁当のあとは、お楽しみの「泥スープ」。

みんなでおまじないをかけるのも、これが最後だね・・。



3/5森よう


エネルギー補給をしたら、再びこどもたちの元気が爆発!

たまたま見つけてしまった大きな水たまり。

これを飛び越えることができるか?のチャレンジが始まりました!

さすがもうすぐ1年生。力強いジャンプが繰り広げられます。

もちろん、うっかりポチャしてしまう子もいました。

(お家の方、靴洗いよろしくお願いします・・)



3/5森よう


水たまりジャンプだけでなく、

大きな岩からのジャンプも見せてくれたWくん。



3/5森よう


おしゃれなYちゃんは、小枝と毛糸でドリームキャッチャー作り。


3/5森よう

今度は釣りごっこが始まったようです。

自分たちで竿に適した枝を拾ってきて、

麻ひもつけて、まったり。



3/5森よう


そして昆布とり。(こども談)

その設定が楽しくて、かわいくて、

スタッフも癒されっぱなしです。



3/5森よう


遊びに熱中している間に、もうお迎えの時間。

急いで荷物をまとめて、広場に戻らなくちゃ。

でも途中で満開の菜の花畑に遭遇してしまい。



3/5森よう


みんなで記念撮影をしました。



3/5森よう


広場にはもうお父さんお母さんたちがお迎えに来てくださっていたのですが、

最後に森のおはなし会を。



3/5森よう


そしていよいよ年長さんの卒園のとき。



3/5森よう


みんないつのまにか立派に成長して、

ずっと一緒に遊ばせてもらっていたスタッフは

嬉しい気持ちとさびしい気持ちと・・。


3/5森よう


いろいろな地域から集まってきてくれたこどもたち。

これからみんな別々の学校へ進むけれど、

自由で、たくましくて、優しいあなたたちが、

これからまたどんな素敵なことを巻き起してくれるのか、

スタッフ一同楽しみにしています。



3/5森よう


最後に森の木に「ありがとう」をして、

今年度の森のようちえんは終了しました。


みんな、ありがとう。



(卒園の保護者さまより感想をいただきました)


・東京で遊具も使わず、毎回こんなに楽しめるのかというくらい、目一杯遊んで帰ってきました。森のようちえんでの体験は、保育園での様子とはまた違い、自然の中で、自然と仲良く、仲間と協力し、貴重なものでした。いつもいるコミュニティとは別に、遊んだり、学んだりしたことはこれからも良い影響を及ぼすことになると思います。

・本当に本当にお世話になりました。ありのままの姿をいつも全力で受け止めてくださり、子どもにとってとても大切な居場所になっていたと思います。ここでの体験がこれからも活かせるように、家でもたくさん自然を見つけていきたいです。ありがとうございました。

・森のようちえんの活動は、東京ではむずかしい自然でのあそびをとても楽しめたと思います。私の実家が青森の田舎ということもあり、自分の子供時代のように自然の中で過ごせる貴重な時間でした。ありがとうございました。

・約2年間、ありがとうございました。自然の中で楽しく遊ぶ力がつき、季節の移り変わりも自然の中で学ぶことができました。

・家でできないいろいろなことができるので、すごく良かったと思います。

・最初は虫も触れず、どちらかというと親が行かせるという感じでしたが、数回行くと、手や服を汚してきたり、自分から「今度はいつあるの?」と聞いたり、とても楽しんでいる様子が見られました。親として、この成長を見ることができ、とても嬉しかったです。ありがとうございました。












AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

マザーツリーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。