テーマ:★お水(素粒水の浄水器)
2012-04-03 23:23:54

日本の水道水について・1

お水のことについて勉強したことを少しお話しますね。


ここで書くとまずいことがあるのかもしれませんが、

(注意を受けた場合)その場合は記事を削除します。

私の覚書として書かせてくださいね。

もし皆様のお役に立つ情報があれば幸いです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



日本の水道水はとっても安全でおいしい!と言われていますね。


世界では水を管理している国はほとんどなく、

その点、管理されている日本は安全な国、というイメージも強いですね。



日本のお水はお腹を壊さないからガーン

これは消毒されているからです。



原水はダム、川や湖からバキュームで浄水場へ運ばれます。

浄水場に運ばれた段階では、動物の死骸なども入っていますので

消毒、殺菌の必要があるわけです。



そこでいわゆる塩素を入れるわけですが、

塩素は正しくは次亜塩素酸。(強酸化剤)

キッチンハイターやカビキラーの成分表示にしっかり書いてあります。

これらには

次亜塩素酸(塩素)ナトリウムなどが入っています。

これにより、雑菌を殺し、食中毒が起こらないのです。



WHO(世界保健機関)で定められている塩素の量は 0.05ppm以下

日本は独自の法律で量を決めていて、0.1ppm以上入れなさい。

ということになっています。



そして現在の日本の平均は0.34ppmと、

世界の上限の7倍もの塩素が入っていることになります。


そして浄水場に近い場所は、末端の家庭にも0.1ppm以上

の塩素が届くようにするため、かなり濃い濃度になっていると考えられます。



これは、どんなにお水が美味しいといわれる田舎の地域でも同じです。

水道水の基準は法律で決まっているからです。



水道水にどれだけ塩素が入っているかの実験が

確か学校でやった??気がするのですが(ペーハーの実験だったかな?)



今はピンクの試薬があります。

塩素の濃いほどピンクになります。
MotherShipのキラキラ☆日記
このお水に手を入れてかき混ぜると・・・

ピンクが消えてしまいます!



つまり、手に全部塩素がついてしまったということ。

一番風呂が良くないのはこのためです。


手についた塩素は血液に入っていきます。

シャワーなどで頭皮からも入っていきます。



経皮毒という言葉は、お聞きになったことがあるかと思いますが


(経皮毒とは

有害な化学物質が、皮膚から私たちの体の中へ、入ってくる現象のこと。

有害な化学物質が、皮膚から私たちの体の中へ入ってきた場合、

肝臓を経由しないので、(食品は肝臓で大部分解毒される)

解毒作用を受けず、便や尿として体外へ排出されないまま、

毒性が体内に残りやすいという特徴があります。

学術的には証明されていないと言われていますが、

性器・頭皮・皮膚から吸収され、蓄積し、さまざまな現代特有の病気につながっていると

考えられています。

なかなか表だって言えないことも多いようですが・・・

その観点から以前もララムーンというナプキンをおすすめしていました。)



また、お茶の葉っぱをピンクの原水に入れたら・・・?

どうなるでしょうか。

透明になります。よかった、塩素が分解されたんですね!



しかし、塩素を分解しますが

ビタミンも同時に分解してしまいます!


ですので、水道水で野菜を洗ったら・・・・・

そうなんです、スカスカのお野菜になってしまうんですね。



お米も水道水で洗うことで

ビタミンが壊されてしまいます。


ですのでお米を洗う時にも、浄水でないと栄養は半減してしまい

とてももったいないのです。


そして同時に水道水の塩素・トリハロメタンなども取り込んでしまいますので

その後加熱することにより、有害物質を増やして摂取することになります。



(トリハロメタンは沸騰すると5倍の濃度になり、冷めても減らない

発がん物質とされています。癌の発症率はアメリカの倍であることは

この水道水が原因ではないかとの見解もあります)



さて、食に関する水道水のお話でしたが

お風呂ではどうでしょう。



お風呂でも先ほどの実験結果により、

一番風呂の人が一番塩素を取り込みやすいということがわかりますが、



シャワーを浴びたり、浴室にいる時に

すこし具合が悪くなるという方はいらっしゃいませんか?



これはミスト状に拡散した塩素が

ガス化して皮膚、呼吸器から吸収されているからかもしれません。


アメリカでも長時間の水道水のシャワーの使用の危険が

たくさんレポートされているようです。


戦争の歴史の中で、塩素ガスで大量虐殺がされました。

その濃度は違いますが、癒しの空間であるはずの浴室が

実は塩素ガス室と同じ状況を作り出してしまうことを考えると

少し怖くなってしまいました・・・・・



塩素を入れることで、食中毒を無くす。

これは必要悪と言えると思います。

その恩恵は確かにあると思います。


しかし、人の体の70%が水分、子供にいたってはそれ以上です。

その水分、生体水を作っていく水が

この水道水ではたして良いのか・・・かなり危機感を覚えます。

現代の子供たちは

昔のように学校の蛇口から水を飲まなくなったと何かに書いてありましたが

それは、子供を叱る問題ではなく

子供の繊細な感覚を讃えるべきでしょう。


これからの命、これからの命のもととなる土壌、

羊水も作っていかなくてはならないのですから。



これは水道水だけのお話ですが、

また時間を見つけて少しづつ書こうと思っております。


こちら でもこのようなお勉強ができます。


マザーシップがおすすめしている素粒水の浄水器は

塩素・トリハロメタン・ダイオキシンが99.4~100%除去できます。

(3か月使用後のデータもあります)


何よりおいしく、安心できるお水。

腐らない、醗酵するお水。

エネルギーのある水。

環境を変えていく水。


ご興味のある方はお問い合わせください。

キャンペーンはこちら。






















AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Mother Ship 田原由果子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。