妊娠、不妊症、子供のほしい方、子供の作り方なら4ヶ月で21人も妊娠実績があるあゆさき式妊娠法、潜在意識を使う妊娠方法

不妊症は潜在意識で治ります。とくに体外受精をしている方、二人目妊娠したい方、高齢不妊の方、排卵障害の方、流産した方に強みがあります。まず妊娠するには母になるための心が必要です。あゆさき式妊娠法では妊娠実績を多数写真と動画で証明。妊娠できるメルマガ配信中。

『あゆさき式 朝抜き妊娠法』

画像をクリック↓↓↓↓↓↓
$不妊・妊娠でお悩みなら4ヶ月で21人も妊娠実績がある不妊カウンセラーあゆさきのブログ

やり方は、前日の夕食を19時にとってから、翌日12時まで固形物を取らないでください。

そのかわり朝は、このベリーとざくろがはいったフルーツ酵素ジュースを飲んですごします

17時間空腹をたもち、生殖活動を活発にします

空腹は人間の本能をとぎすませて、本来のあなたの妊娠力を上げていくことができます!
フルーツ酵素でまずは3ヶ月

NEW !
テーマ:

フィンランドの旅では国籍を超えていろんな出会いを楽しみたいと思っていました


ここはエストニアのオープンカレー屋さんです。赤い花がかわいいです。


『この方はカレー屋さんの店員さんで、私が外のメニューをみて迷っていた時アドバイスくれましたし、カードで払おうとしたら「余分に3ユーロ手数料かかるよ、現金がいいよ」と言ってくれたり、そんな会話ですが、親切な方でした。

エジプト生まれということも聞き、エジプトの人に初めて会ったな~と感慨深く思ったりしましたよ』


海外に行っても単に買い物や観光だけの旅行はつまらないと思います。

せっかく異国へ行くのだから、外国の方と話すチャンスをたくさんつくることも、私の旅のミッションです。


日本人は島国育ちなので、海外旅行もあまりしたことがない人にとっては、外国の人は見慣れない別世界の人に思えたりするようですね。

生まれた国が違うだけで珍しそうに見たり距離をおいたりしますが、失礼なことです。


私は頻繁に海外に行きますので、肌の色、顔の作り、体の大きさなど実際に見ていますから、もう見慣れてしまっているので、国籍の違いにこだわりがなくなっています。


とくに、サウジファッションの男性は顔の彫りが深くてかっこいい!と今でも思っています。

ひげを伸ばしてるのも私的には好みだとわかりました(笑)


脱線しましたが、今まで私が出会った色んな国籍の人達はどなたも親切で温かかったことは確かでした。だからいっそう、外国の方への偏見はまったくありません。


世に中すでにグローバル社会です。


日本人は良くて、外国人はよそ者、という思考では閉塞していくと思います。

もちろんどこの国にも間違った考え方をして犯罪や社会問題を起こす人間もいますが、それは日本人でも同じことです。


日本に良い人が多いように、世界の大半は良い心を持った人ばかりです。

だから私はあちこちの海外で色んな国籍の人と出会えることに喜びを感じています。

子どもも連れて行くので、私の子供は子供の時から差別ない見方をできるようになります。


フィンランドでも出会いはたくさんありました。

列車の中、フェリー中、ショップ、ホテル、どこでも人がいる限り、交流はできるんですよ。


交流するとき心がけていることは、自分から先に話しかけることです。

外国の方から話しかけてくることはあまりありません。

内気や恥ずかしがって黙っていたら、つまらない旅行になってしまいます。


たどたどしい英会話でも、ちゃんと交流出来ます。

人見知りしないこの性格が功を奏した感じかもしれません。

秘訣としては数こなす感じです。そんな何十分長々と話すわけではありませんから。

すると場慣れしていきますから、話しかけることへ全然緊張もしなくなりますよ。


こっちが緊張したら相手も緊張しますから、会話になりませんよね。

上手な人付き合いの秘訣と一緒ですね





私が鉄道の中を探検していたら、カフェ車両がありました。入ってみるとこんなふうに素敵なカフェでした。写真をとっていたら、男性がカメラに笑って入り込んできたんです。そのまま席に行ってしまったので、私から声をかけてみましたよ。


終点でおりたとき、この3人の方が私たちの大きな重いスーツケースを運んでくれましたよ!



↓このピエロは自分から来たんです。やはり目的があると自分から来るんですね~。

マリメッコへ行った帰り、駅前にいましたら、ピエロと写真を撮ろうと言ってきて面白いから撮ったんです。でも、とったあとお金を要求してきました。

先に聞いていないので払う必要はないけども、ならばと日本円のコインを私が出すと「No,ユーロ」と言うんですよね。

娘が1ユーロあげますと、「写真1枚につき1ユーロだ5ユーロよこせっ」て言うんです。5枚撮りましたが観光客だと思いいい気になっているなと感じたので「じゃあ、とった写真は消すから払わない」と私はいいました。

そうしたら1ユーロだけもって帰って行きました。

こういう商売もあるんだなーといい勉強になりましたね。

大体、サーカスでもないのにピエロの顔でいる必要が無いんですもの。




↓こちらはヘルシンキで会った海軍のかたでしょうかね?どこかの制服着ていますからね。

散策中にオープンカフェで談笑していた方たちで、通りかかったら娘がかっこいいな、っていうんです。確かにバシッと決めた制服姿は、他の人よりも目立ちました。でもちょっと怖そうでした。「写真とってもいいか頼んでみようか?」と私が言うと、娘は「え、いいよ、怖そうだし」と言うんです。「ダメならダメでいいじゃん」と勇気を出して、近くへいき写真を撮っていいか聞きました。


そうしたらこの通りです。みなさん少しにこやかな顔してくれてよかったです。



↓エストニアのピザ屋さんの店員さんです。帰る時に話ができました。

天気の話や日本の話などしましたよ。北欧が想像以上に雨が多いので。

そうしたら「いつもエストニアはすごく良い天気なんだ、昨日と今日はbad」と言ってました。

男性の店員さんは接客の仕方や態度が人情味あって印象的でした。

大きな声で「Anything else!」と言っていたのも面白かったです。




私はいくつかホテルに泊まりました。そのほうが楽しいので。

このホテルは新しいデザイナーズホテルです。デザインはしゃれててあちこちすごかったですね。

今回の旅では朝ブッフェの内容とレストランの雰囲気が一番良かったのがここです。


どの国の人もホント親切でした。

こちらが好意的に話しかければちゃんと同じように好意的に答えてくれるんですよ。


 |  リブログ(0)