1937年に新潮社から出版された『君たちはどういきるか』が多くの若い読者を得ています。吉野源三郎さんが児童文学作品として執筆した貴重な一冊です。

 

 

最近出版された漫画版と併せて購入しました。

 

 

機会を得て、生徒たちにも紹介したいと思っています。

 

 

 

 

追記:辺見庸著『完全版 1★9★3★7 イクミナ (上) (角川文庫) 』を読みました。今、何故、1937年なのか?

現実から目をそらさないように生きていきたいと思います。

AD

 昨年七月二十六日未明、神奈川県相模原市にある知的障害者福祉施設「津久井やまゆり園」で入所者の十九名の命が奪われ、二十人が負傷するという未曽有の殺傷事件が発生しました。

 容疑者は、「障害者なんていなくなってしまえ」という趣旨の供述をしていると伝えられています。実に悲しく悔しい思いに包まれました。どのような障害を抱えていても、それぞれ懸命に生きています。そして、家族も、その歩みを支え見守っています。一人ひとりがかけがえのない存在です。

 

 ひまわりの花の盛りに、私の娘は生まれました。そして、生後十一カ月を迎えた時に「点頭(てんとう)()てんかん」と診断されました。頭を軽く傾げるような発作ですが、てんかんの中で最も重く、治療の難しい病気です。知的な障害だけでなく、身体的な障害も抱える可能性があることを告げられました。病名とその症状を告げられた時には、全ての感情が凍りつくかのようなショックを受けました。ところが、そのショックの後の記憶は、真夏の太陽のように明るくさんさんと輝いています。

 日本において、障害者の存在が多くの人に知られることはありません。障害を抱えている子ども達のほとんどが、特別支援学校や特別支援学級で学び、大人になると、更生施設や授産施設、グループホームや入所施設などの限られた空間で働き、生活しているためです。まるで、輝いていながら人の目に触れることのない、真昼の星のような存在です。

 ところで、障害とは、その文字が示すように本当に悪いものなのでしょうか。事故や病気により、誰もが何らかの形で障害を抱える可能性があります。また、老いてゆくという過程においても同様です。人間誰もが、障害を抱えていると言えるのではないでしょうか。

 

「お月さん、とんでるね」と吾子が指す夕べの空にプラチナの月

 

 初心の頃に作った短歌から、娘の無垢なことばに触れた時の感動が思い出されます。私は、障害が決して悪いもの、特別なものではないということを一人でも多くの人に理解してほしいと思います。そして、障害を抱えた子ども達の命の輝きを知ってほしいと思います。

 

春野原たんぽぽ通り夕日坂 弟が姉の手を引きあゆむ

 

たんぽぽの綿毛吹きふき帰り来ぬ特殊学級に移りたる娘は

 

いくたびも竿竹売りが通る午後ふいに重たしわれの十字架

 

書きなずむわが子育て記くちなしの色あせるごとわれを晒せば

 

こんなにも明るくやさしく死に近き日本語を知ってまだ生きている

 

ポプラの葉からからと散る並木みち天にゆくには落ちねばならぬ

AD

 岡部明美さんの三冊目の著書『約束された道』を読了。
 岡部明美さんは、カウンセラー、セラピスト、執筆家として、個人セッションやワークショップ、講演、LPL養成講座の講師として全国で活躍中です。

 岡部明美さんとは、10年程前に体調を崩していたとき、高校の先輩から紹介された講演会で出会いました。そこで、病気や体調不良は、悪いものではなく、自分を見つめる機会であるという新たな視点が与えられました。以来、折に触れて、著書を再読し、新作を楽しみにしていました。

 カウンセラー、セラピストとしての集大成ともいえる新著は心に沁みることばで綴られています。自分にとっての「いのちの仕事」とは何かを問い始めていた今、生きる勇気が与えられました。すばらしい内容です。

 

 


AD

 今年も去る7月16日~17日、ガンダーリ先生と智之さんがご来福されて、福岡で和みのヨーガの体感講座とインストラクター勉強会、和みのセラピスト勉強会を開催してくださいました。
 一年ぶりにインストラクターの皆さんにお会いして、話は尽きず、夜中の3時半まで語り合いました。ガンダーリ先生と共に学ぶ認知真理学、和みのヨーガのペアワークも充実した時間でしたが、語り合いの時間も貴重な学びの時間でした。
 ガンダーリ先生、そして、智之さん、ありがとうございました。すばらしいご縁をいただき感謝しています。

 福岡県で大雨による被害に遭われた皆様に心よりお悔み申し上げます。一日も早く、天候が落ち着き、復旧作業に取り掛かれることを心からお祈りしています。

 

 去る6月24日(土)、そして、今月7月8日(土)に毎月恒例の和みのヨーガをアロマ&雑貨macbellさんの2階ホールで開催しました。固定メンバーの4人の皆さんにご参加いただきました。

 

 天候不順が影響しているのか、睡眠をとっても疲労感が残っているような心身の状態が続いている方が多いように感じます。台風や梅雨の時季、気圧や天候の変化に対して、無意識のうちに心身が緊張しています。

 

 ソロワークで心と体に働きかけ、全身の緊張を緩め、そして、ペアワークで深いところの緊張を緩めることができました。「あぁ、気持ちよかったぁ!」と温泉から上がったあとのような気分に今月も浸ることができ、感謝です。macbellショップマネージャーの周子さんのご配慮で、ディフューザーにアロマオイルを加えていただき心地よい香りの中で癒しの時間を過ごすことができました。 

 

 次回は8月26日(土)17時からです。参加ご希望の方、もしくは、お問い合わせは下記まで、お願いします。
 
申し込み&問い合わせ:TEL:050-3340-9209 
アロマ&雑貨macbell ショップマネージャー山崎周子
URL:http://www.macbell.net

 

 私の大学時代の同期<千田浩未さん>が、平成28年4月より、一般社団法人Kuma Visitを設立し、「熊本を、訪れる人に優しい町に!」をコンセプトとして、店舗・施設の多言語化を促進しています。

 ・訪日外国人にとって良い思い出のできる熊本
 ・地元ビジネス活性化
 ・県民自身が、共生・寛容性を誇ることのできるまちづくり

 以上をモットーに情報提供、県民に対しては異文化理解を高める機会を1.ウエブサイト 2.Facebook 3.ラジオ番組の3つの媒介を用いて提供しています。

 熊本の復興・復旧を祈りつつ、紹介させていただきます。ぜひ、ご覧になってください。

 http://kumavisit.com/
 https://www.facebook.com/kumavisit/
 

 

 5月27日(土)、毎月恒例の和みのヨーガをアロマ&雑貨macbellさんの2階ホールで開催しました。4月8日から7週間ぶりのヨーガです。
 朝晩の気温差や天候の変化が激しい時季、心身共に緊張しています。和みのヨーガは心と体に働きかけ、全身の緊張を緩め、心身のバランスを整えてゆきます。固定メンバーの4人の皆さんにご参加いただきました。

 今月もmacbellショップマネージャーの周子さんのご配慮で、ディフューザーにアロマオイル「ウオークインウッヅ」を加えていただき心地よい香りの中で癒しの時間を過ごすことができました。 
  2014年8月23日に始め、今回で27回目を迎えます。次回は6月24日(土)17時からです。参加ご希望の方、もしくは、ご質問は下記まで、お願いします。
 
申し込み&問い合わせ:TEL:050-3340-9209 
アロマ&雑貨macbell ショップマネージャー山崎周子
URL:http://www.macbell.net

  4月8日(土)、毎月恒例の和みのヨーガをアロマ&雑貨macbellさんの2階ホールで開催しました。桜が満開、先月は諸事情で開催できませんでしたので、2カ月ぶりの和みのヨーガです。

 春先は自律神経が乱れやすい時季です。和みのヨーガは心と体に働きかけ、心と体のバランスを整え、自然治癒力を高め、全身の緊張を緩めていきます。年度初めの緊張と疲れを二時間かけてゆっくりと解していきました。

 今月もmacbellショップマネージャーの周子さんのご配慮で、アロマの香りのディフューザーを備えていただき心地よい時間を過ごすことができました。 

 2014年8月23日に始め、今回で26回目を迎えます。次回は5月27日(土)17時からです。参加ご希望の方、もしくは、ご質問は下記まで、お願いします。

 

申し込み&問い合わせ:TEL:050-3340-9209 
アロマ&雑貨macbell ショップマネージャー山崎周子
URL:http://www.macbell.net

 私の英語の学習法のベースにあるのは多聴多読という学習法ですが、試験の直前対策には下記のような教本を用いました。アマゾンに久しぶりにレビューを書きましたのでお読みいただき感想をいただけるとうれしいです。

https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1RHM6KHCGYHUL/ref=cm_cr_arp_d_rvw_ttl?ie=UTF8&ASIN=4010940360

 

 

「合格しました!英検1級合格に欠かせない一冊です。」
投稿者夏野いづみ(まざあぐうす)2017年4月3日

 2016年第3回実用英語技能検定で1級に合格しました。一次受験後、二次対策に取り組むために、英検1級過去6回全問題集CD(4枚組)の2次試験面接用CDの模範解答と本書を使いました。

 本書は、以下の3点においてお薦めです。第一の良い点は、付属のDVDで当日の流れがわかることです。何をしてよいのかわからないまま本番を迎えてしまうことほど不安なことはありません。ほぼDVDと同様の流れでした。DVDで使われている会場が母校津田塾大学でしたので、なつかしい思いを抱きながら学習することができました。第二の良い点は、模範スピーチがCDでも聴けることです。実用英語ではこの位のスピードで話されますので、そのレベルに到達しないまでも理想形を知ることができます。(実際はもっとかみ砕いた簡単な単語を使ってスピーチしました。)第三の良い点は、14日間で集中して学習できる分量であることです。仕事をしながらの受験者にとって短期集中型のテキストは助かります。効率的に構成されていると思います。
 以上良い点を述べましたが、受験後の感想として、トピック選択からスピーチまでの時間が1分間しかなく、そのスピード感に慣れておく必要があることを挙げておきます。本書では、その訓練ができません。私の場合、英検1級過去6回全問題集CD(4枚組)を使って自分で繰り返し行いました。本番の1分間は思っていた以上に短く、緊張感も伴いますので、数秒の無駄も許されない感じがありました。それから、もう一つは、本書も過去問も、模範の解答例やCDのスピーチは高度なレベルですので、あくまでも目標として、自分に可能な英語を使って語るように心がけました。また、模範解答例も14トピックでは少ないので、過去問であと50トピックほどの例をほぼ丸暗記しました。一次試験の英作対策も二次対策になりますので、その例文も含めると100近いトピックを英語で書いたり、スピーチとして練習しました。一次の英作対策と二次のスピーチ対策は同時進行で行うことをお薦めします。

 本書一冊だけでは不十分ですが、一級合格のために欠かせない一冊としてお薦めします。

 2016年第3回英検で1級に合格しました。

 

 大学卒業後、結婚、就職、出産とあわただしく、英検受験が叶いませんでした。子育てがひと段落つくと、50歳を過ぎていました。職業柄、英検やTOEICの受験が必須です。読解力は以前よりついたものの、記憶力が衰え、英検1級に必要とされる単語の暗記に困難が伴います。

 

 記憶力と体力の衰えをどう補うか。それを補う学習法を自分で見い出すしかありません。そして、出会ったのが多聴多読です。やさしい英文をたくさん、ゆるやかに、長く読み続ける。そうした学習法を重ねたことで、リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングの力が向上していました。この学習法は、幼児から大人まで、楽しみながら続けることができます。すべての年代の英語学習者にお勧めの学習法です。

 

 多聴多読をベースに四技能が向上したことと、その上に下記の対策本、問題集、過去問をこなしたことで、合格に至りました。しかし、まだ、自分で納得のいく出来ではありませんでしたので、引き続き、英語学習を続けるつもりです。