マザーカレッジ7期生卒業式

テーマ:

マザーカレッジ7期生のマッキーです。


クローバー


先日マザーカレッジ7期生の卒業式でしたクラッカー





会場は原宿のおしゃなレストラン、ジャルダン・ド・ルセーヌベル

雰囲気たっぷりの中、ディプロマもいただき気持ちも自然と引き締まりました。


美味しいお食事はもちろん合格

サプライズで江藤先生のご令嬢の歌唱披露(生ピアノ伴奏つき音譜)あり合格


青木デザイン研究所の青木代表による写真撮影あり合格

青木代表のその気さくなお人柄に

最初はこわばる笑顔も自然とはじける素敵な撮影会となりましたニコニコ

青木代表、ありがとうございましたドキドキお写真楽しみです。


そして、マザカレへの思いを一つに集まった同期生の仲間とおしゃべりあり合格


当日はディプロマに加えて認定講師のお名刺もプレゼントいただき

なかなかおしゃべりも尽きない中、

ここからが本当の意味でのスタートだとわくわくする気持ちで家路につきました。


虹虹虹


パワフルな7期生、それぞれの形でマザカレでの学びの展開がすでに進行中のようですビックリマーク

セミナー、サテライト校、コーチングセッションなどなど・・・


今回同期生の方々と触れ合って特に強く感じたこと。


宝石ブルーマザカレでのつながりが大きなパワーとなっている宝石ブルー


まだまだ形の見えない私ですが、

私もその中で成長していきたいと強く思いましたひらめき電球


そんなつながりの場を作ってくださった

江藤先生に感謝ラブラブ

仲間に感謝ラブラブ


皆様ありがとう音譜


クローバー



AD

マザーカレッジ7期生

テーマ:

はじめまして、マザーカレッジ7期生のマッキーです。


マザーカレッジ1期生の先輩方のご厚意により

7期生もこちらのブログにお邪魔させていただくことになりました。

1期生の先輩方、ありがとうございますラブラブ


クローバー


「江藤先生のお話をもっと拝聴したい!」


私にとって、そんな思い(今思えば軽かった?!)で始めたマザーカレッジでの学び。

そこで江藤先生の「発信する」姿に、どこか新鮮に、かつ素直に感動を覚えました。



マザーカレッジでは、塾やピアノの先生、塾の経営者、専業主婦、

ワーキングマザーとさまざまなバックグランドの7期生の仲間たち合格


私達をあたたかい笑顔とうなずきでその背中を押してくださり、、

いつもポジティブパワー全開の素敵な江藤先生合格


ファシリテーション、コーチング、などなど、いろんな分野でご活躍されている諸先生方合格


そして、このマザーカレッジで学んだ先輩方合格


そんな素敵な方々との出会いは、これからの私の宝物。


このブログも、なかなか前に進めそうにない私にとっては

また一つ背中を押していただいたようです。


少しずつでも、自分なりの形でOK


7期生の仲間たちも、それぞれの形でマザーカレッジでの学びを進めていらっしゃいます。


私も皆さんに刺激されながら、

私なりの活動をこのブログでも報告できる日が1日も早くやってくるように

学びを進めていきたいと思いますベル


クローバー



AD
爽やかな秋風のもと、マザカレ認定講師勉強会 in 紀尾井町オフィス 第1回が 本日 2014年9月29日(月)に開催されました。

マザカレ第1期生~第7期生までの生徒 先着9名と江藤先生を交えての豪華な勉強会でした。
ファシリテーターは、第7期のYさん

とても、明るくて彼女が居るだけで周りの空気が和みます。

まず始めに、自己紹介のアイスブレイクから始まりました。が、これがとても盛り上がり過ぎで、30分かかってしまい、時間調整の難しさ実感するうれしい悲鳴。

メインは、「承認」についての講義です。
とても、良くまとめられていましたし、ワークも盛りだくさんで勉強になりましたし、改めて自分の子育てを振り返るきっかけを頂きました。

最後に、皆様からのフィードバックをポストイットに記入頂き、模造紙に貼りました。

なかなか、難しい質問も出て参りました。
「褒める」と「認める」の違いは?
「褒める」の中にも「認める」もあるだろうし、「褒める」と「おだてる」の違いもある。
現在、褒められないと行動しない若者が増えているが、褒め過ぎが原因ではないか?という声もあり。。。
只、お母さんが感激して「凄い凄い」といってしまうのは、褒めるになるだろう。それをやめてしまうのは、もったいない気がする。。。

さすが、学んでいるマザカレマザー達です。とても、レベルの高い勉強会になりました。

Yさんの準備もバッチリで、とてもスムーズにセミナーが進行いたしました。

最後に江藤先生が、「全然 眠くならなかった」とおっしゃっていました!
本当に、人を引きつける魅力のあるYさんが、精一杯取り組んでくれたセミナーだから、ずっと「今ここ」に集中する事ができました。Yさん、沢山の学びをありがとうございます!
AD