【子連れOK! 神戸市北区のヨガ教室】MOTHER TREE YOGA

ママヨガ マタニティヨガ 子連れヨガ ベビーヨガ 産後ヨガ ダイエット 骨盤調整 肩こり 腰痛 育児 神戸市北区 




現在三男の育児のためヨガ教室をお休みさせていただいています。



2017年中に再開予定です。




NEW !
テーマ:

神戸市北区のヨガ教室・MOTHER TREE YOGAの木村友紀です。

 

 

「最後だとわかっていたなら」
作・ノーマ コーネット マレック / 訳・佐川 睦
 
あなたが眠りにつくのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは もっとちゃんとカバーをかけて
神様にその魂を守ってくださるように
祈っただろう
 
あなたがドアを出て行くのを見るのが
最後だとわかっていたら
わたしは あなたを抱きしめて キスをして
そしてまたもう一度呼び寄せて
抱きしめただろう
 
あなたが喜びに満ちた声をあげるのを聞くのが
最後だとわかっていたら
わたしは その一部始終をビデオにとって
毎日繰り返し見ただろう
 
あなたは言わなくても
分かってくれていたかもしれないけれど
最後だとわかっていたら
一言だけでもいい・・・「あなたを愛してる」と
わたしは 伝えただろう
 
たしかにいつも明日はやってくる
でももしそれがわたしの勘違いで
今日で全てが終わるのだとしたら、
わたしは 今日
どんなにあなたを愛しているか 伝えたい
 
そして わたしたちは 忘れないようにしたい
 
若い人にも 年老いた人にも
明日は誰にも約束されていないのだということを
愛する人を抱きしめられるのは
今日が最後になるかもしれないことを
 
明日が来るのを待っているなら
今日でもいいはず
もし明日が来ないとしたら
あなたは今日を後悔するだろうから
 
微笑みや 抱擁や キスをするための
ほんのちょっとの時間を
どうして惜しんだのかと
忙しさを理由に
その人の最後の願いとなってしまったことを
どうして してあげられなかったのかと
 
だから 今日
あなたの大切な人たちを
しっかりと抱きしめよう
そして その人を愛していること
いつでも
いつまでも 大切な存在だということを
そっと伝えよう
 
「ごめんね」や「許してね」や
「ありがとう」や「気にしないで」を
伝える時を持とう そうすれば
もし明日が来ないとしても
あなたは今日を後悔しないだろうから

 

 

小林麻耶さんが紹介していた詩。

作者の息子さん(享年10歳)に捧げた詩だそうです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

神戸市北区のヨガ教室・MOTHER TREE YOGAの木村友紀です。

 

最近の私は常に監視されている。

 

トイレに入っていると「ハァ、ハァ…」という荒い息遣いが近づいてくる。

 

そーっとドアを開けてみるとそこには…

 

ヨダレを垂らしたハゲ頭のおじさん!!

 

みたいな顔した三男坊が。

 

ハイハイが出来るようになってきて、後追いが始まったみたい。

 

 

 

「抱っこしろ~、乳だせ~」と泣かれて自分のことは何も出来ない日もある。

 

夜も4~5回起きるし、昼寝もあんまりしない三男。

 

赤ちゃんとの生活って大変だなぁと思う。

 

 

 

でも可愛いの。

 

おじさん顔でハゲ頭だけどほんとに可愛い。

 

 

 

私は三男を妊娠する前に2回初期流産しています。

 

だから、未だに三男が目の前にいる事が奇跡のようで

 

「ありがたや~」と感謝の気持ちを日々強く感じています。

 

2人の卵ちゃんのおかげです。

 

 

ヅラ(母の部分用ウィッグ)を乗せられて、まんざらでもない男。

 

 

 

 

この前は次男に怒られました。

 

「○○(三男)ちゃんばっかり抱っこして!

僕はいっつもひとりぼっちやん!

僕だってまだ小さいのに!!」

 

次男がこういうこと言うの初めて。

 

もう5歳だから。

 

赤ちゃん返りとか焼きもち焼いたりとかないんだなぁと思っていたけれど。

 

まだ5歳なのね。

 

 

 

長男や次男が元気で成長している事も実は奇跡の連続で

 

生きていることは当たり前じゃないんですよね。

 

 

 

小林麻央さんが他界されたと知りすごくショック。

 

どんなに時代が進んでも、命の始まりと終わりは神様の領域。

 

 

 

ご冥福をお祈りします。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

神戸市北区のヨガ教室・MOTHER TREE YOGAの木村友紀です。

 

 

東尾理子さんのブログで4歳の息子さんに手を焼いているという記事を読んで是非男の子ママに知っておいて欲しいことを思い出しました。

 


 

 

 

 

うちの長男も、4歳の時にものすごーく大変な時期があったんです。

 

泣きわめいたりぐずったり我が儘を抑えられないことがあり、暴れるとまったく手がつけられず。

 

 

 

長男の同級生のママにイヤイヤ期的なものかな?と相談しても「うちの子は別に無いよ~」という反応だったり。

 

何をしても効果が無くて、脳の病気か…と思ったことも。

 

 

 

その時は全然わからなかったのですが、後々読んだ本の記述にこれだったのか!と思うことがあって。

 

 

 

 

 

 

 

(以下、一部抜粋)

 

●4歳になると、だれにもよくわからない理由で、男の子たちのテストステロンは急上昇し、血中濃度は2倍になる。

 

●テストステロンが抑制のないエネルギッシュな行動の原因になることは間違いない。

 

 

そう。

 

 

4歳ころの第二次イヤイヤ期の原因はどうやら男性ホルモン(テストステロン)の影響だと思われます。

 

イヤイヤ期というより、構造としては思春期と同じなのかな?

 

 

 

これは男の子特有の事象で女の子には無い上、男の子でも全員が経験することでも無いんですよね。

 

 

 

ホルモンの影響の受け方って人それぞれだから。

 

産後もホルモンの影響で、ブルーになる人もいれば、ハイになる人もいるし、何ともない人もいますよね。

 

実際、次男の4歳は何事もなく過ぎました。

 

 

 

また、元来わんぱく系だったら「いつも通り」という感じで気づかずに過ぎるし、喜怒哀楽があまり出ないタイプの子も問題がないように見えます(あくまで私見です)。

 

 

だから、この魔の4歳が発現する子どもの絶対数が少ないので情報が無い!!

 

 

 

2歳くらいの子が外でぐずってても可愛いもんで、まわりにも「イヤイヤ期だね~」って思ってもらえますよね?

 

思春期の子が挨拶できなくても「お年頃よね」って感じじゃないですか?

 

 

 

でもね、4歳の男の子がギャーギャーぐずってる姿って、微妙なんですよ…。

 

 

 

当時は「おかしいと思ったら児相に電話しましょう」みたいなCMがよくやっていたので、こんなに泣きわめいてたら虐待だと思われるんじゃないかとヒヤヒヤしたり。

 

 

 

今の時代だったら「あ~、叱らない子育て系の親ね…」と白い目で見られたりするんでしょうか。


 

 

●5歳になるとテストステロンのレベルは半分に落ち込み、ちょうど学校に行くのに合わせてふたたび落ち着きを取り戻す。

 

 

と書いてありますが、長男も「どうした?!」と思ってから半年くらい経った頃から激しさが減り、いつも通りの長男に戻っていきました。

 

 

あぁやっぱりあれは男性ホルモンだったんだなぁ、当時知っていればなぁ、あんな叱り方しても意味無かったんだなぁ、可哀想だったなぁ…。

 

 

まぁ、本人は全然覚えてないけど。

 

 

 

 

4歳くらいの男の子には男性ホルモンの影響で本人にも親にもどうすることも出来ない時期がある。そして、時期が来れば落ち着く。

 

 

 

ということが、もうちょっと世間に知られていたら親も気が楽になるかも。。。と思い長々と書いてみました。

 

 

頭の片隅に置いておいて頂けたら幸いです。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。