札幌の子育てをおもちゃコンサルタント・木育マイスターが応援します

札幌在住のおもちゃコンサルタントマスター・木育マイスターが
子育て・保育・おもちゃ・木育・セルフケアの情報を発信します。
ハートと、アートで、楽しく子育てしましょう!


テーマ:

2014HAPPYマーケットが無事終了しました。当日撮影をしてくださったリトルプラス さんの写真が届きましたので、当日の様子をレポートします!


今年はスタッフ・出展者さん・参加された皆様を合わせて568名が関わるイベントになりました。


朝は寒い中30分前から行列がスタート。ありがたいことです。



寒いので少し早めに中で待っていただいてから受付スタート。朝から来てくださってる皆さんは本当に楽しみにしてくださっている皆さん。


「500円です」と言うことはほんとんどありません。なぜならほぼ全員が手に500円を握りしめているのです。



10:15から毎回スタッフミーティングをしています。数日前に「もしかしてあの時間に集合写真取れるのでは?」と思いつき、今年はチャレンジしてみました。


毎回少しずつメンバーが変わるので、これは貴重だな~。




今年は個人写真がとっても素敵だったので、人物中心で当日の様子をお伝えしたいと思います。50店舗あるので全店舗ご紹介できなくてごめんなさい!


それではスタート。


最初の店舗は「にこすまいる」さん。去年は「ラファ」さんのお手伝いで来てくださっていました。「来年は出展したい」と思ってくださっていたそうです。そうとは知らずにお声かけました。引き寄せ力ありますね。


あたたかい笑顔で人を和ませる方です。通りかかるたびにほっとしました。




前回はセラピーをされていた「Sweet・Color」さん、今回はメイクでのご出展。教えていただいてから私もメイクが楽しくなってきました。


きれいな方に教えていただくのは説得力があります。ずーっと混んでいて、皆さん嬉しそうにされていました。




東京から「エテュセ」と「Za」の美容部員さんが3名札幌入りしてくださいました。
なかなかメイクの時間が取れないママ世代。こうしてプロに教えてもらえる機会は貴重!



十勝から中山酢醸造さん。時間中にできたてのフルーツ酢も届きました。疲れに効く!当日と、翌日からしばらく、そして夏は欠かせません。



コーチングの師匠ふっちゃん。ずっとコーチングしていて当日はほとんどにはをかけられず。


ママたちの中にコーチングが浸透してきたのは、「子育てコーチングcafe」が脈々と続いていることも大きいと思います。日々の活動の積み重ねが大きな力になることを感じます。



ベビーサインで出展してもらったこともあるSATOちゃん。今回はたいわ士として出展をお願いしました。直接は聞こえない赤ちゃんからのメッセージ。イベントの中で伝えるのがむずかしいかなという心配をよそに、たくさんのメッセージがママに伝わったようです。


たいわブースのもうひとり、いくちゃん。0歳の息子ちゃんをおんぶしてお菓子の準備をし、託児に預けに行き、たいわをして、お迎えして授乳してまた預けて。


他の人ならきっと「そんな無理をしたら赤ちゃんに負担がかかるから」とそのタイムスケジュールを反対したと思うのですが、いくちゃん自身のスキルと、たいわで息子ちゃんとコミュニケーションがとれているのがわかっていたので心配ないなと思い、そしてやっぱりいい1日を送っていました。親子ともに。


頑張り過ぎない。一番大切なものを守る。必要ないものは潔く手放す。本当にかっこいい。憧れます。そして、手放しているのにたくさん得ているのです。




ボディケアも今回とても穏やかでいいブースが多かったです。去年はお客様だった「サロンドクープ」の遠山さん。


プロの技とおもてなしの心がしっかりと伝わります。昨年末から継続してコーチとして関わらせていただいて、ご本人の力とコーチングの力とを感じています。


全部素敵だけど、この写真とってもいい!毎年撮影してくださっているKazさんの、HAPPYマーケットへのまなざしが嬉しい。写真が届いてみて改めて、「ああこんな顔でイベントに、お客様に向かっていたんだ」という出展者さんおひとりおひとりの、私が気づかなかった真摯な姿勢が見えるのです。




子ども発達相談室「そらいろ」さんは子育てコーチの同期。保育士としてよくいろんな話をしています。子どもの姿そのままを受け入れること。それはむずかしいことだけど、やっぱりそれしかない。そう思えるようなサポートをしてくれます。


今回は初出展。小さなお子さんを連れたママさんがたくさん訪れていて、出会ってもらえて嬉しかったです。



こども学舎卒業生、美香さんの「マインドブロックバスター」。私も当日もやってもらいました。いつもいつも爆笑のイメージが出てきます。こうやって笑いながら、軽やかに悩みや壁を進んでいけるといいですね。


「占いのいなば」の稲葉さん。今回は、数回のやりとりをした上で、全て当日の受付にしてくださいました。


昨年は完全事前予約でした。でもそれでは新しい出会いが狭まる気がして、スタッフとも相談の上「当日の出会いを大切にしてほしい」とお伝えしました。


たくさんの計算・準備が必要なのに、出会いを優先してもらえたこと、嬉しかったです。




北海道水産林務部森林活用課さん。こうして優しいまなざしで木育を伝え、木を通したつながりを作っています。




札幌西子ども劇場。子ども劇場は長男1歳の時から10年以上続けています。今年は高学年の部員をしたり、サークル長をしたりして時々事務所に顔を出しています。


仕事や同世代のママ友だちも大事だけど、いろんな年齢の子どもやママが関わり、人形劇や舞台・マジック・音楽会など観ることができる子ども劇場は必要だと思ってます。


自分の子どものまわりの環境が少しでもよくなるように、よい仲間とともに子育てができるように、まだまだ続けていくつもりです。




HAPPYマーケットの常連さんははしごが上手で、ボディケアしてもらい、セッションを受け、買い物して、何か作っちゃったりしています。どこに行っても「またいる~!!!」


例年のことですが、この方、今年も満喫しておりました。←私ばかりでなく、カメラマンさんにも指摘されるという。


ファボリ8さんのクリスマスリースはとっても素敵でした。12月にはLIXILさんでクリスマスリース講座をするそうですよ!




当日の最年少は1ヶ月。毎年ご夫婦(と、お子ちゃん)で来ていただいているきりんカイロさん、朝「おはようございます」と声がしたと思ったら、なんと4人目が生まれていました~。パパそっくり!!


旦那様にカイロをしてもらっているとのことでとってもスリム!!

効果あるんですね~。



毎年大人気の、そして欠かすことの出来ないHOCORUブース。午前は満員御礼でベビマ。午後はゆったりタッチケア。


去年「どうしてもタッチケア知ってほしいからタッチケアもやってほしい!」とお願いしたのですが、だいぶ広まってきた感じします。


私も日々タッチケアしています。今回は、託児室に見に行ったとき泣いていた赤ちゃんにタッチしたら泣き止んだので、タッチのパワーを再認識!




こちらが託児室。広くて、たくさんの託児スタッフがいます。今回は保育士資格取得見込み、卒業間近のこども学舎の学生ふたりに声をかけました。イベントのお手伝いに来てもらったことはあったのですが、託児室の中に入ってもらうのははじめて。


ミーナイベントの託児は本当にあたたかい。ずっといたくなる空間です。託児が安心できないとゆっくりイベントを楽しめない。ママだけじゃなくて、子どもたちも楽しかったと思える時間にしたい。


たくさん学ぶといいよと事前に言ってありましたが、ふたりともスタッフの託児に感動して、話も尽きないようだったのでお願いしてよかったと思いました。そして、「もうすぐ保育士資格取れるから、皆さんと同じだよ」と謝礼を同額出しました。


不安そうに入学してきてから3年。たくさんの理論を学び、レポートを書き、実習を終え、こうして自然に子どもたちと関わる姿を見れたこと、気持ちよく謝礼を出せるまでに保育を学ぶ学生として成長したこと、私も感激でした。



いつもの託児スタッフだからこそ、子どもも、学生も安心してお願いできます。


託児スタッフには今4年生になった次男を、ミーナヨガ教室中、幼稚園に入る前に見てもらい、今もずっとミーナヨガで託児を続けてくだっています。




そしてそして、このイベントをしっかりと支えているのはミーナスタッフの力があってこそ。


毎年4人で写真を撮っていますが、今年はなんだか肩の力が抜けている感じ。

得意なことも個性もぜんぜん違いますが、補い合ってこの日を迎えることができました。


連日夜中まで作業してくれた3人。来年こそは早めの準備!!で、よりよいHAPPYマーケットになることをみんなで誓っております!




出展された皆様・来てくださった皆様・LIXILの皆様・関わってくださった全ての皆様ありがとうございました。


今年来れなかった方、来年も開催するのでぜひ足を運んでくださいね!


いいね!した人  |  リブログ(0)

ミーナさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります