藤沢あゆみオフィシャルブログ Powered by Ameba

藤沢あゆみです。著書27冊、作家になって14年。出版までに相談25000件、出版につながるコンサルティング、恋愛、仕事のコンサルティングも行っています。1年で100個やりたいことをやる100いいね創始者。

作家・100いいね創始者、藤沢あゆみオフィシャルブログ
恋愛、人間関係、自己啓発について27冊の著書があります

このブログの読者になる

宝石赤おすすめ本

自分にOKを出したいあなたへ



NHK Eテレで紹介されました!



宝石赤最新メディア出演
2月27日 NHK Eテレ ハートネットTV 出演

宝石赤コンサルティング NHK Eテレでコンサルティングが取材されました
出版につながるメディアコンサルティング
25000件のキャリア 恋愛コンサルティング
あゆみと話して制限外そう!制限ゼロ会議

宝石赤出版前から発行しているメールマガジン
恋するっていいね! 恋愛 
魅 惑 と 媚 薬 藤沢あゆみのルーツ 

宝石赤1年で100個やりたいことをやる、100いいね!
2018年藤沢あゆみの100いいね
100いいねオリジナルキット

宝石赤メディアのみなさまへ
執筆、取材のご依頼、お問い合わせはこちらまでどうぞ

テーマ:
「初めて会ってから、7年なんですよね」
そのひとは、出会うなりそう言いました。






初めて会ったのは、ビジネスセミナーの会場。
わたしは、ゲストとして呼ばれていて
本をじゃんけんでプレゼントみたいな企画で
拙著を当てたのが彼だった。


当時、彼はサラリーマンを辞めて
カメラマンになったばかりだったかな。


写真で食べられるようになったから、ではなく
写真を撮りたいから、撮るひとになった。



2012年の秋
わたしのイベントを撮りたいと言ってくれて
1日撮影してくれたことがある。



ラグジュアリーな空間で
かわいくなることについて話すイベントだった。





丸山嘉嗣さん
自らを人柄写心家と名乗る。



本当に久しぶりに会った。


「久しぶりにランチしましょう」


恵比寿に来てくれるというので
ウェスティンホテルに来てもらったのだけど
あのときの風景とシンクロしていることに
いま気づいた。





「やりとりを振り返ったらもう、7年前なんですよね」


初めて会ったあの頃
全然、先が見えなかかったという。


いまの彼は1ヶ月で100人の撮影をしたり
200人の撮影をしたり!



先日彼の門下で学んだひとの写真に感動し
お客さまにご紹介した。
後進もしっかり育てている。
いまの実績は、彼があれから
確かな時間を積み重ねてことを示している。


すごいのは、オファーが殺到して
100人を撮ることになったのではなく
これから100人を撮ります、と宣言したこと。


最初に風呂敷を広げた。
それは、彼がカメラマンになったときと同じだ。





あるとき、彼は突然
毎日のようにフェイスブックで
ライブ配信を始めたことがある。



まだインスタライブとかも
なかった頃じゃないかな。


1時間ただ話す。
最初は一人で話せるかなと思ったけど
話してみたら話せた。


いつもそんな風に
現実を創ってきたひとだ。






ここまで何度か、何かできないかなと
会ってミーティングしたことがあった。
企画書を書き、編集さんにみてもらったこともある。



人柄写心家を名乗る、彼の撮影のスタンスと
ドキュメンタリー番組のようだと言っていただく
わたしのテキストに近いものがある気がしたから。


やりとりを振り返ってみたら
ご飯を食べましょうと言って何度か流れている。


こういうのってタイミングがある。
多分、3度目の正直くらいでランチしました。






「あのときはまだ全然だった」
彼の撮ってくれたイベントの写真。



全然じゃないよ。
いまでも印象に残ってる写真がいっぱいある。
この記事にアップしようと思って
フェイスブックやブログを見たけどでてこない。


あんな大々的にイベントをして
ブログ記事も書いていないとかわたしも
すでに結構、本を書いていたのに全然だ。



残念だけど、残ってないのは
残っていなくていいからなのだろう。
過去が残ってないなら、未来をつくればいい。





初めての打ち合わせで
待ち合わせ場所に佇む彼を見て
このひとおしゃれな感じに打ち出したら
いいんじゃないかなと思った。



ニューヨークとかパリの街並みに
なじみそうな感じ。
新宿の雑踏で
スタイリッシュな存在感が際立っていた。


当時の彼は、わかりやすく言えば
筆文字で「ご縁に感謝」とかいたプレートを持って
満面の笑顔で立ってるような感じ。



それはそれで、似合うのだけど
もったいないと思った。


いまの彼は、スタイリッシュに打ち出している。
ヨウジヤマモトの服をさらっと着ていた。






1ヶ月で100人を撮影するって
結構ハードじゃないだろうか?
1日5人を撮る日もあるという。


撮るだけでブランドが上がる著名人を撮るとか
すごくリーズナブルな価格設定をするでもなく
彼は、100人を撮るひとになっていた。


なおかつ気負いもなく
飄々とそれをこなしている。


いまの彼はどんな感じになってるのだろう。
実績はわかるけど、発するエネルギーは?
そんなことに興味があった。


いい感じだ。





夢はないという。
やろうと思ったらすぐしてるからと。


彼にわたしがしてみたいことを話した。
あ、それしてみたいかもと言った。
実現したらすごいなぁ。



そんな、おおきな夢と
すぐできて喜んでもらえそうなことが
自然な流れで持ち上がった。


7年間、おたがい成長したね。
いまだからできることがありそう。


つぐさん、ありがとう。
次はつぐさんの庭でねおねがい



早くも満員になりそうな4月の100人撮影、ギリギリいけるかな?


Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み