大工かたさんの七転八起

 とある大工さんのお仕事と道具、子育て、日々の生活で感じることなどを、勝手気ままに書いてます。おっさんのつぶやきです。ヘンテコ発明のご紹介もあります。


テーマ:

いろいろあって、先週は仕事で、ずいぶんと体に無理をしました。


まあ、どっちみち他に方法があったとも思えませんが、ボロボロになりました。



コメント欄で「睡眠不足はいけませんよ。」と言われ、その通り。


集中力も落ちて来てます。




そこで今週は、夜はさっさと寝ることに。

仕事は朝早起きしてする。疲れていたら起きられないので、諦める。


こうすると、体力・気力は徐々に回復します。

ただ、ブログをいじって遊ぶタイミングが無くなりました。今は土曜の夜で、久しぶりに。


そんな今週末、また割り込み仕事が2件降って湧いたので、どうしようかなーと。



そんなこと言ったって、どうにもなりませんわな。 おやすみなさい(笑)。

AD
いいね!(21)  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事

テーマ:

 最近、アメーバブログを使っていると、あなたの”ブラウザは古いので、サポートされていません。”って表示されるようになりました。 動作を保証しませんよと。


 で、ブラウザをバージョンアップしようにも、既にOSに対しての最新版なんですね。


 じゃあ、OSをアップデートしようかと。


 このパソコンはまだそんなに古くないけど、Vistaです。ところが、アップデートしようにも、今度は搭載のCPUが対応していないのだそうで。


 つまり、めでたくPCを買い替えない限り、ブログを続けられる保証がないわけです。



 出て行け!と言われたような気持ち・・・。



 ・・・・引っ越し? 


 

 そんな暇もなし。

AD
いいね!(1)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 1週間くらい前のことでしょうか。


 ふとしたことで見かけたニュース。


 ドイツの名門、ハイデルベルク大学の研究グループが、STAP現象の確認に成功した、のだそうです。詳しい説明は省きますが、” 研究の価値 = 大 ”であると、結論付けているようです。



 STAP現象自体について、僕は何もわかりません。


 でも、僕が知っていること。それは、この、既成事実を覆すようなニュースを、大方の新聞や週刊誌が、記事としてまともに取り上げなかった、ということ。狂ったように叩くだけ叩いたので、都合が悪いんですか。


 そもそも、当初から保身のための幕引きに必死だった理化学研究所のおじいさんの態度が僕は気に入らなかったので、ざまあみろと言いたいところ。だけど、新聞記事にもならないとは。絶句します。


 死人まで出たんですよ、わかってますか、報道関係の人たち。


 

 その数日後には、ES細胞の盗難事件が、不起訴処分になったと報じられました。


 いい加減な被害届というか、理研によって告発されはしたものの、嫌疑不十分だとか何とか。

 いわく「窃盗事件の発生自体が疑わしい。」って、・・なんじゃそりゃ? ちょっと、マジですか!


 バッシングのさ中には、如何にも小保方さんが盗んで使ったかのように報道されてましたから、訂正記事を出して自分達の尻拭きをきちんとした方が良いと思うのですが、こちらも新聞には載らず。


 

 もし、研究成果を外国にプレゼントしてしまう結果になったら、誰がどのように責任を取るのでしょう。焦って博士号をはく奪した早稲田大学さんは、どんな対応を取るのでしょう。報道が無くて、世間の目が向かないと、救いがないような気がします。



 カネになると思えば群がって、人権は蹂躙。 自分に都合が悪い情報は、隠す。



 これでは昔の 大本営発表 から、進歩がないんじゃありませんか。



 僕のような何も知らない民百姓は、公平な報道が無いと、目隠しされてしまって、何が何だか訳がわかりません。



 残念。 怖い世の中です。 



AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 えっと、車載の鑿巻きのふたつ目は、ヘンテコのみです。





 中身をみると、蟻桟や大入れの底取りなんかに使うコテ鑿。



 


 ご存知、床はり鑿。




 

 その床はり鑿の登場で失職した、2段コテ鑿。




 あと、狭いところにも入るので時々便利な逆コテ鑿。


 



 それから、角が鋭角の穴を掘るときに必要な埋め木ノミ。



 右のはバチ鑿と言うのかな。


 バチ鑿は狭いところに届くことの他に、材に喰い込んでも抜けやすいのが特徴です。


 叩き鑿は、同じ理由で、バチまでは行かなくても、刃先よりも肩を絞ってあると使いやすいですね。


 そういうのを作ってみたら、案の定使い良かったですよ。




 余談ですが、職人さんが替えの利かない白木仕事で失敗したときに、埋め木で対応することがあります。


 「かたさんごめん、これ、何とかなる?」


 「はいはい、やってみます。」


 夕方、ひとり居残って埋め木仕事。



 翌日、失敗した本人が見て、「あれ何処だったっけ?」 となると、成功ですね。


 「まったく、お前は埋め木で食っていけるよな。」


 「いやいや、お金もらったことありませんから。手間代いただけるんですか?」


 「・・・・・・。」



 役には立つけど、まったくお金にならないのでした。




 これは、砂や鉄に当たる可能性が高いときに犠牲になってくれる、特殊鋼のノミです。



 砥石が受け付けないので、砥ぐ手間が非常にかかり、不経済で普段は役に立ちませんが、とにかくパリンパリンに硬いです。でも大欠けはしにくいです。グラインダーで砥いでOKなので、サンダーで砥ぎながらハツリ仕事したこともあります。




 続いて、叩き鑿。


 


 コーキングガンよりずっと長くて、デカイですね。



 ご覧の通り、ほとんど使ったことが無い新品が何本もあります。



 そう、刻み仕事が無いんですね。


 道具が仕事を呼んでくるという話も聞きますので、昨年、思い切って穴屋とか寸6とかを新調してみました。願いを込めて。



 

 この1寸2分の叩き鑿は、柔らかくて砥ぎ易いのに、とても長切れする不思議なやつです。

 

 「神治」って銘が書いてありますが、あまりメジャーではないと思います。




 全体にニスが塗ってあってあまり見栄えがしないというか、名刀のオーラを出していないやつなのですが、きっと腕の確かな鍛冶屋さんだろうと思います。



 鉄っていうのは、つくづく不思議です。


 能書きだけでは何にもわかりません。


 時間ができたら、フリマとか蚤の市とかで、勘を頼りに、古い良いものを探してみたいですねー。



















いいね!(24)  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今週の水曜日のこと。 自分の現場は一時ストップして、仲間の要請で約束していた建前応援に。


 足場と脚立とが不十分で、バンザイしたような格好で固いプレカット材を叩いて叩いて、背中がもうガチガチです・・。



 ここの棟梁さん、見た感じかなりの、ご年配。お仲間も同年代で、上にあがれるのは僕を含めて3人の応援部隊のみ。



 レッカーさんもかなり年配で、人間の頭上の高さまでワイヤーを巻き取ることなく旋回するので、材料や鉄のフックがブンブン襲って来て、素早く避けるのにかなりの集中力が必要・・・(笑)。



 屋根まで出来て一日が終わり、今回呼んでくれた仲間の大工さんが、ひとこと。


「本当にありがとう、理想的な進み具合で、助かったよ。」


「いやいや、お安い御用・・・って、人数足らんわ!!」



 棟梁さんも、


「屋根まで終わるとは思ってなかったから、上出来だ。あんた、次も呼ぶからよろしくな!」


(まだまだやる気満々なんですねー。)


「いやぁ、順調にいって良かったですね、ところで御父さん、いくつになられますか?」


「80歳、あっちの人も同い年。」


・・・・。


 お見それしました。 参りました。 すみませんでした。・・僕あと40年現役続行出来るかなー。




 その翌日は、現場作業+職人さんのミスの回復+その他 に忙殺されて、深夜に帰宅。お酒を飲まない僕は、自棄ブログにボヤキを入れて、3時前に寝る。


 

 その4時間後にはまた出勤です。金曜は、段取り上、新築現場に1日詰めて作業する必要がありました。マイペースを守って、とにかくミスしないように一日を無事終了。自分の現場なので、仕事量を気にする必要は無し。体は痛いし、眠いし、気分が悪い。


 相棒の大工さんが楽しい人でそれが救いでした。でも、


「今日はいつになく、体が重そうで、らしくないですね。」


って、言われちゃった。・・・それで良いのです。理由は3行ほど下でわかります。



 帰宅し、何もせず、朝まで泥のように眠ります・・・・。



 そして今日の朝6時!


 建前応援に出動!!



 今度は人様の現場なので、疲れたような動きというわけには、いきません。


 今日と明日は飛騨高山で削ろう会。


 こっちは、相変わらずの、建てよう会です。


 そして、この通り、無事生還しました(笑)。 何とか乗り切ったー。



 そういえば、今日もコンプレッサー4連結しました。

 

 2F床パネルは余裕。

 

 外壁パネルと野地コンパネが同時施工になり最もエアを消費する午後2時頃、50~65クラスの釘打ち機5台が断続的に連打+90機が3台散発で、圧力不足になることはありませんでした。




 さて、もうちょっと、余裕を持った動きが出来るようになりたいものです。


 今少し収益性が改善されるなり、事業が軌道に乗ったら、いろいろと選択肢も増えると思うのですが・・。



 とにかく、故障が一番いけません。


 嫁子もいるし現場もあるので、倒れるわけにはいきません。


 来週こそは、もうちょっと見直して、やり方変えます。



 とりあえず、従来からの良い習慣、日曜日は極力仕事で動かないこと。これは、4年前に倒れたとき以来ほぼ出来ているので、明日は休みます。


 

 あ、でも明日は、町内のドブ掃除ですね。


 あ! マズイ、長靴と鋤簾を倉庫から持って帰るの忘れました・・・。しまった・・・。



 ・・・ほかに打つ手なし、これから取りに走ってきます。ではでは・・・。

 

 

 あ、ところで、画像も入れときますね。



 ノミ巻きその2、叩き鑿。



 ノミ巻きその3、ヘンテコ鑿。


 中身は次回で。

いいね!(7)  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。