大工かたさんの七転八起

 とある大工さんのお仕事と道具、子育て、日々の生活で感じることなどを、勝手気ままに書いてます。おっさんのつぶやきです。ヘンテコ発明のご紹介もあります。

NEW !
テーマ:

 こんばんは! 一週間ぶりですね。

 

 先週もいろいろとパタパタ動き回っておりましたが、甲斐あって工事に向けてのいろんな問題が解決に向かい、どうやら”かたさんの日干し一丁上がり”になる前に、着工金を頂くことが出来そうです(笑)。

 

 なかでも、浄化槽からの放流経路が民有の隣地をいくつも通過している関係で、地権者様との調整にずいぶんと走り回りました。今度は、工事のお知らせと、工事車両乗り入れのお断りですね。

 

 さて、建前の応援要請も全て断ったので、現場に出ることがなくなってしまい、たまには何か物作りをしたくて、ウズウズしてくることがあります。

 

 そこで、今週半ば、我慢しきれなくて、洗濯物干しを作りました。

 

 

 

 何故に物干し?

 ・・・だって、市販の物にはロクなのが無いから、嫁さんがいつも不便そうなんですよね。

 

 これ、主な特長は2点あります。

 

 まず、物干し竿に対して2点吊りとなっていること。

 

 普通のこういうやつは・・・

 

 タオルとか端っこに吊すと、すぐにこうなりますから。

 順番を考えながら吊らないといけないので、面倒なのです。

 

 次に、ピンチを吊っているチェーンですが、市販品のは絡みやすくてちぎれやすい。

 必要以下にボロいんですよ。

 

 なので、しなやかで丈夫なチェーンを使っています。

 

 逆に欠点もあって、折りたためないので、竿に吊りっぱなしで使う人用ですね。

 

 あと、木製なので、雨懸かりの場所では傷みが早いでしょう。

 

 

 使ってみての評判は上々です。

 

 早くも、「我が家にも作って欲しい。」という依頼が入り始めています(苦笑)。

 

 問題を見て、10秒ほどで案が出来て、あり合わせの材料でちょいちょいっと作っても、ロングセラーの市販品に負けないという、この不思議・・・。

 大量生産と拡販の手段さえあれば、ビジネスのチャンスはいくらでもあると思うんですけれどね。特に家庭用品は、市場が大きい。しかし、悲しいかな、いつまでたっても、ローカルなお役立ちオジサンのままです(笑)。

 

 別に全然大したこともないと思うのですが、この、意味不明な特技を、お客様の役に立てることが出来る日を夢見て、来週もまた、頑張りましょ-!!!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「未分類」 の記事

テーマ:

 きょうは、時間の合間を縫って、OB様宅にメンテに行ってきました。

 

 久々にお客様の喜ぶ顔を見ることが出来て、なんだか元気が出ましたね。

 

 

 昨日のこと、思い立って、久々に研ぎ物をしました。

 

 最近あまり刃物を使わないし、傷んだらすぐに研いでおくのが癖なので、どれもまだ研がなくても使えるのばかりなんですね。

 でも、研ぎたいから研いでみました。

 するとやっぱり、自分にだけはわかりますが、手の調子が落ちてます。そういうものですね。

 

 

 明日は、日曜日。子供と遊べたらいいな~。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日の記事のコメント欄で、「大工一辺倒だと、逃れられないジレンマがある。」と書いたんですが、簡単なことでして。

 

 手間受けで仕事をすると、元請けさんの為、施主さんの為、自分の誇りの為を思って仕事をすればするほど、自分の首を絞めることになります。

 

 だって、スピード=収入でしょ。仕上がりが良い大工は単価を上げる、なんて話は聞いたことがない。原則、良い仕上がりを求めるほど、手間はかかりますよね。イコール、収入減。

 

 もちろん、能率アップの工夫等は常にやっての話。

 

 逆に、首にならない程度に上手に抜けば、それだけ儲かります。

 

 要は、自分の考え方で、どこらへんでバランスを取るか、という話なのも、わかってる。

 

 でも手間受けするなら、毎日、このジレンマからは逃れられないのです。

 

 手間受けは、高品質が、金銭的報酬としては評価されない土壌。

 そういう業界の仕組みって、利益追求ならば手抜き推奨 なんだから、仕方ない。

 

 だって相当仕事荒くても、実際首にならないんだから、そういう話になりますよね。

 どっちかというと、荒い人優遇されてることになりますもんね。

 材料もどんどんゴミ箱に突っ込んだりとかね。

 

 手間受けで普通の何倍も稼いでいる人の話を聞いて、なんだか自分の道に自信無くなった感じでした。それが、ちょっと前の話。そんで今は、よそ見なんかしている場合じゃない。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(19)  |  リブログ(0)

テーマ:

 実は今月、7日ぐらいしか現場に出ていません。

 

 半分は建前だし(笑)。

 

 手間受け仕事をしながら自分現場の段取りが出来ない(僕の場合、ですよ。)ことに気がついたので、手間受けはやめました。

 

 応援要請にあれこれ応えていたら、自分現場の段取りが出来ない(僕の場合、ですよ。)ことに気がついたので、応援も大幅に絞りました。

 

 打合せや見積、調査、溜まった雑用の処理や、御用聞き程度の仕事の処理を徹底的にやろうと決めて、日当収入が無い不安と戦っています。

 

 だんだん大工から遠ざかっているのかも? それも考えちゃうところ。だけど、今は目の前の仕事を進める以外のことは、とても構っていられません。(ブログ書くのは必要な休憩ということで、ご勘弁。)

 

 

 さて、ここでわかっていることがひとつ。

 

 

 仕事を振れる体制が出来ていないのが、問題なんですね。

 

 全部ひとりで出来るわけない。

 

 「ひとりは駄目だよ。」

 

 と、賢い友人から再三助言をいただいているにも関わらず、残念ながら未だにひとり。

 

 

  いざ段取りが出来て現場が始まると、今度は、自分がやむをえない所用で現場を離れる度ごとに、工事がストップして、悩まされることとなります。それもわかってる。

 

 だから、応援大工さんだけは、何としても確保しなければいけません。

 

 

 例えばですが、僕が商店主か何かだったら、外回りをしている間に店番をしてくれる番頭さんや従業員さんがいないと、とても困ると思います。

 

 店番の間に、商品の管理や修理の対応なんかもしてくれると、本当に助かることでしょう。助かると言うより、頼りにしている、感謝に堪えない、生命線に近いものがあると思います。

 

 役割分担とか、人に任せることって、難しいです。

 

 判断の連続すべてに、利益が絡んでいます。何気ないお客さんとの会話の全てが営業でもあるし、要望の聞き取りでもあります。一言間違えただけでも、一度に信用を無くすこともあるでしょう。

 

 違う人間なんだから、同じことが出来ないのは当然です。わかってはいるけども、役割を分担出来る相手を得たり、お互いに育て合うことって、やっぱ、すごいなぁ、と。

 

 世の中の立派なボスは皆きっと、いつも心の中で、部下達に感謝感謝しているような気がします。部下から尊敬される以上に。

 

 羨ましいというか、そういう風にならないといけないなって。

 

 とあるご兄弟の日記を読んで、そう思いました。

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。