大工かたさんの七転八起

 とある大工さんのお仕事と道具、子育て、日々の生活で感じることなどを、勝手気ままに書いてます。おっさんのつぶやきです。ヘンテコ発明のご紹介もあります。


テーマ:
 今日は、嫁さんが子供たちと里帰りしたので、独りぼっちです。

 そんな僕の、おバカ日記、聞いてください。


 例によって、カレーです。



 ちなみに昨夜のメニューは、ドライカレーでした。

 ドライカレーからの、カレーライスって・・・・と、一瞬思ったけれど、食べ物に文句は言わない主義なので。食べられるだけ、ありがたいのです。


 いただきまーす!

 ・・・・・。

 ごちそうさまー! 完食。




 
 そういえば、最近、現場での昼休みの思い出・・・。


 なんかいきなり、充電丸鋸の深さ調整のレバーが、グスグスになった。

 いっぱいに締めても、使っているうちに、どんどん下がってしまいます。こりゃいかん。

 するとここに、怪しいビス発見。



 でもたぶん、これは単なるストッパーかな。

 でも、このビスを締めてみたい気持ちがいっぱいで、胸が張り裂けそうになりました。


 ビスを回したい癖は生まれつきであります。理屈は関係ないのです。2~3歳で家中のビスを緩めて、何もかも壊したし、石油ストーブをバラバラにしたらしいので。


 もう我慢できません。

 でも、ドライバーは決して入らない狭さだし、分解するにしてもかなりバラバラになりそうです。

 そこで、ゴミ箱の中にあった棚支柱を見て、ピーン!と来ました。




 ダボの穴が、ちょうどビットの先ぐらいだ・・・。



 よし! 極短オフセットドライバーをつくろう!

 (オフセットドライバーってのは、これです↓。)





 まず、ビットの先をスポン!と切って・・・ 

 


 ダボ穴にはめこんで接着します。




 しめしめ・・・


 あれ? これじゃあ、まだ入らないや・・・。




 じゃあ、もうちょっと短く切って




 接着。




 今度は届きました。



 でも、ぜんぜん緩んでないから、締まりません。


 もー! よーわからんなー。

 分解してみる。



 あーもーバラバラ。


 待てよ、落ち着いてよく観察してみよう・・・あ!

 こんなところに、調整ボルト(イモねじ)みたいなの発見!



 ちょっと回すと、一発で簡単に調整出来ました!

 なーんだ。がっくし。


 昼休み終わっちゃったしー。

 あとに残ったのは、この極短オフセットドライバー。




 捨てるか、とって置くか。

 うーん、ビミョーかも・・・・。



 さて、明日もカレーです。



 あ、そういえば、明日は建前応援です。

 これから、道具の積み替えに行ってきます。そんで、早く寝ないとですね。

 アホな日記書いてる場合ちゃうかったですね。


 ではでは。















AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ブログ」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 さて、h168さんお薦めの、現場用のラック。


 ホームセンターの近くを通るたびに物色してみたものの、良さそうなのを見つけられず。

 値段も2500円~ぐらいのしかなくて、ちょっと割高感が。



 そこで、常套手段ですが、夕方、現場片付けのまえに、ちょっと自作してみました。


 ちょうど良さそうな端材が倉庫にあったし。



 ちちんプイプイ・・・。


 ・・・出来た!

 


 飾りとかは、なしです。 質素な感じが好きなので。


 たまには鋸とノミの練習もしとかにゃいけん、ということで、釘ビスを使わずに組み立て。

 (といっても、カタめに刻んで叩き込んだだけですが・・・。)


 いちおう、運ぶときの為にバラせるようにしたんですが、めんどくさいので、たぶんずっと、このまま運んで使うような気がします(笑)。



 狭小3階建てなので、転倒が心配でしたが、試しにド突いてみても倒れないので、大丈夫みたいです。

 コマは、ずっと前にゴミ箱から救出したもの。


 材料費  : ¥0 

 工賃    : ¥0

 経済効果 : ?
 

 ボード山の近くに置いておけば、結構、便利良さそうです。

 
 こんなとき、大工さんって、便利かも~。

 工作好きな大工さん、一家に1人いかがですか?


 


 



 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

 最近新発売の、丸鋸定規スライド20-37というやつを買いました。



 そもそも、下の写真の上側のやつ、マグネシウムの直角専用がとても気に入っていて、


 もう少し大きいのが欲しいな~と思っていたところでした。



 マグネシウムでフロア用のデカイのがあるけど、ちょっとデカ過ぎて普段使わないから、値段の割りにもったいないかなと。



 そういえば以前、購入予算を倹約して、こんなのを作ったりもしました。



 フロア用には便利だけど、やはりデカイので普段はじゃまになります。



 そうしたところへ、ちょうど良い大きさで、しかも角度も変えられるのが出たというから、

ちょっとお高いけれど、思い切って購入。



 ほら、道具カゴにも入るし。





 定規が手前に引けるから、破風のソギ継ぎなんかにも良さそうだ。




向こうに押せば、尺幅にも使えそう。




 良さそうと思って買ったんですよ。


 ところが、実は、購入後、パッケージから出して触ってみて、愕然としました。




 定規部分がスライドするのですから、このように別のパーツが組み合わされて出来ているわけです。



 それはいいんですが、なんと、この組み合わせ部分がガタガタなのです。


 脱落防止のラッチが落ちている状態だとあまりにガタガタなので、わざと中途半端な位置で、このネジを

締めて固定すると、ネジのある前方は動かなくなりますが・・・・


 


 

 後方手前側は、約0.6ミリ程度のアソビがあり、ガチャガチャします。




 また、さらに重大なのは、角度を変える中心となるヒンジにも、アソビがあることです。

 ここ、ね。



 たぶん、軸と軸受けの径の差に余裕がありすぎる。


 結果、黒い固定ネジを硬く締めても、芯は固定されないので、角度がカタカタ動きます。




 まさか! それはないでしょうよ・・・。 



 これでは、大工さんの定規としては、あまり役に立ちません。



 ひょっとすると、不良品かも知れないので、メーカーさんに電話してみたら、今日は土曜でお休みでした。


 来週もう一回、聞いてみよっと。



 ああ、損しちゃったかも・・・。


 ま、たまにはあるよね(笑)。

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今日、伯母の通夜に参列してきました。


 先週末、脳内出血で倒れ、そのまま旅立っていきました。




 高齢ながら、現役で一家の大黒柱を務めていたような人だったので、家族のショックは、いかばかりかと。


 つい先日も、美味しいイワシの干物を、我が家にも届けてくれたばかりでした。




 伯母は、いつも明朗快活で、何でも出来る人でした。


 


 料理したものは何故だか美味い。


 裁縫は我流ながらも、プロでした。


 家の修繕も自分で。大工仕事や左官の真似事も。



 お嫁さんたちもそれなりにパリッとした人ですが、


「何をやっても、80過ぎたお母さんに歯が立たない。」


・・・と。


 息子いわく「我が家には嫁姑問題はないのよ。」


 嫁さんいわく「勝負にならないからね。」



 娘時代は、田舎ではちょっと目立っていたらしいです。


 というのも、僕が現場でたまたま伯母と同郷の職人さんとご一緒して、田舎の話をしていると、僕の苗字に気が付いて、


 「ああ、あの人か、綺麗な人で、字がうまくて、絵がうまくて・・。」


てな具合で。



 市街地の商店に嫁入りしてからは、出入りの奉公人さんのお世話も含めて、家事一切と子育て、それにお店の切り盛りを長年、こなしました。



 それから、当時は介護サービスなんかはありません。年寄りの介護を順番に何人もこなし。


 住宅事情で、2階に寝ているおじいさんを1階のお風呂に入れる為に、伯母はおじいさんをおんぶして、階段を上がり降りしていたそうです。


 誰も助けてはくれないけど、意地があるわけです。

 亡くなる直前もまた、伯母は年上である夫の介護をしていました。 薄れ行く意識の中で、やり残した仕事である夫の介護のことを、彼女は考えたにちがいないと、僕は思います。



 店を継いだ息子が販売しているブランド物の服の寸法直しも未だにやっていました。


 「この縫製は、下手くそなことしとる。」


 とか言いながら、新品の服を解体して、綺麗に縫い直したりとか。



 さすがに目が薄いので、

 

 「針穴に糸を通すのが素早くいかないのがじれったい。」 


 とか、言いながら。

 もし、そんな伯母が違う時代に生まれて、学問を修め、職業を得たなら、一体どれだけの仕事をしただろう? なんて、意味の無い事を、ついつい考えてしまいます。


 本当は、お店と家庭を照らし続けただけでも、大仕事なんですけどね。



 

 この僕も、生まれてからこの歳になるまで、ずいぶんと可愛がってもらいました。


 僕の母からは義姉になりますが、「おねえさん、おねえさん。」 と、大変に慕って頼りにしていたので、さそ寂しいことだろうと思います。


 とにかく理解が早くて、話せる人だったから。


 

 家族に生涯をささげ、自身は最期まで床に伏すこともなく、ひっそりと咲き続けたその大輪の散り際もあざやかな、日本のおかあさんでした。




 みずおばちゃん、長い間、お疲れ様でした。 


 ありがとう。


 さようなら・・・。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日、少々手を加えておいた新しい釘袋を、ベルトに通しました。



 うむ、オッケーである。



 古い方は、解体して、使えるパーツはとっておくのだ。



 牛革は結構丈夫なので、いろいろ使えます。



  さて、釘袋も新しくなったことだし、お仕事頑張る!



 お昼休みには、ちょっとお勉強。 お勉強といっても、電話でお邪魔して耳学問です。


 あつかましくいろいろとお伺いしましたが、とても勉強になりました。



 ところで、充電丸鋸を新調してから、約1年間使いました。



 取り回しが良ので、使い出すと予想以上に依存性があるようです。



 100V機とZソーの使用頻度が極端に減ってしまいました。


 時と場合に応じて、適当に使い分けるように気をつけようと思います。



 ところで、ひと目見たときから心配だった部分が、やはり弱点のようで、




 機械の後方には傾斜の固定装置がないので、この深さ決めのヒンジ部分だけでベースの直角を支えている訳ですが、いかんせん強度不足。ガタつきがあります。


 平行度微調整ネジの反対側のナットを固く締めればガタつきは幾分小さくなりますが、深さ調整の動きが重くなります。


 

 他には、サブベースの強度不足は明らかで、補強しても、やはり狂うのが早いです。


 
 良い点も挙げるとすれば、パワーについては満足です。


 6Ahバッテリーのスタミナと劣化耐性も素晴らしいです。


 キックバック軽減も意外と悪くないと思います。



 あ、でも、サイレンとモードは、僕はいりません。



 総じて、丁寧に扱っても、どんどん調子が落ちてゆくので、肝心な部分の強度が不足しているのだと思います。


 

 理想は、重量は今より重くなっても構わないので、際切り無しの堅牢ベース、傾斜の固定が前後にあって、支持部分のがっしりした機種があれば、もう一台買い求めて使いたいですね。



 あ、それと、安全装置の解除ボタンは逆手使いも想定してくれないと、まったく使えません。これとっても大事です。


 そんな感じです。


 あ、いちばんの問題は、作る側の人がこれを読んでないと意味ないってところでしょうか(笑)。



いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。