モルモットの服屋さん モルフクblog

「モルモットの服屋さん モルフク.com」のショップBLOGです!
新商品の紹介や入荷状況などをお知らせします。


テーマ:

モルモットの服屋さん モルフクblog


日本では「モルモット」と呼ばれているこの愛くるしい動物!


でも、北米の方に「モルモット」ではなく「ギニーピッグ」と言わなければ通じないし、ヨーロッパで「モルモット」というと語源となったリス科の「マーモット」のことを示してしまうし、なんだかややこしいですよね。


でももうここまで来たらアメリカやヨーロッパだけではなく、世界各国でどう呼ばれているか気になってきました…!


海外版モルフクのFacebookぺージで世界各国の「モルモットの呼び名」を募集した結果、以下のようにまとまりましたよ☆


【英語】 Guinea Pig(ギニーピッグ), Cavy(ケイビー)
【中国語】 豚鼠(トゥンシュー)
【韓国語】기니피그(ギニピグ)、모르모트(モルモトゥ)
【フランス語】 Cobaye,Cochon d' lnde
【オランダ語】 Marmot,Marmotje, Cavia,Guinees biggetje
【ドイツ語】 Meerschweinchen
【イタリア語】 Porcellino d' lndia, Cavia
【スペイン語】 Conejillo de lndias, Cobaya
【ポルトガル語】 Porquinho da lndia, Preá
【ハンガリー語】 Tengerimalac
【ウェールズ語】 Mochyn cwta
【ノルウェー語】 marsvin
【ポーランド語】 ŚWINKA MORSKA
【ジョルジア語】 ზღვის გოჭი
【ロシア語】 Морская свинка
【リトアニア語】 Jūrų kiaulytė
【チェコ語】morce


最後の3つはもはや読めません^^;


韓国語では辞書に2つ目の「モルモトゥ」が載っていますが、1つ目の「ギニピグ」のほうが主流のようです。去年ソウルへ行った際に、ペットショップで女の子がモルモットを見て「ギニピグ!ギニピグ!」と呼んでいたのを覚えています。


フランス語の呼び名がなかなか興味深くて、「Cochon d' lnde(コション・ド・インド)」は直訳すると「インドから来た豚」になるそうです。それって要は…日本語の学名でもある「天竺鼠」と同じですね…!


本来は南米から来た動物なのですが…ヨーロッパに渡りリスと間違えられ「マーモット」と呼ばれ、アジアに渡っては「インドから来た」と勘違いされ^^; 大昔から勘違いされまくりの動物です…哀れ、モルモット。


そして、英語のGuinea Pigから始まり「」が入ってる呼び名が多いですね笑 う~ん、たしかに小っちゃい豚に…見えるかも?^^;


とっても興味深いデータになりました^^ご協力いただいた世界中の読者さんに感謝!


[画像:Photo by ajari ]

[参照:Wikipedia ]


モルモットの服屋さん モルフクblog

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

もるもっと店長さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。