LITALICOワンダー

テーマ:
みなさん爆笑こんにちはウインク

 うちの小学校2年生の自閉症スペクトラムの娘は昨年度の後半から不登校気味になり、今年度から完全な不登校になりました。家で出来る事は考えられる限りやってきましたが、原因が学校の指導方法に問題があるため、物事は好転しません。

 そんな中、先月からワンダーの存在を知り、娘を通わせ始めました。値段はとてもリーズナブルとは言えませんが、値段以上の対応にとても感動しています。

 娘は昔からゲームや動画が好きで、ワンダーのゲーム作成の授業にハマっていて、とても楽しんでいます。

 リタリコにあった書籍に書いてありましたが、縄文時代頃には狩猟が盛んだったため、ADHDの特性が活かされていたという考え方があるそうです。発達障害は決して悲観するものではなかったのです。農耕が盛んになり時代の変化とともに発達障害者は数を減らしたようです。今でも経営者や研究者には発達障害の特性が活かされる事があるそうです。さらに日本人は苦手克服がメインの減点方式の教育が大好きですが、人の能力には多面的発達という可能性があり、得意分野を伸ばす事で多面的に苦手分野も発達する可能性を秘めてるようです。リタリコでも、そういった子供たちの可能性を目の当たりにしてるようです。

 発達障害者はやはり苦手な事や興味のない事を延々とやるような今の公教育は馴染みにくい事がわかります。もっと工夫をしてほしい。私はワンダーの宣伝をするつもりはありませんが、教育法が理にかなっていて素晴らしいと思います。

 リタリコの受講生には、ある有名音楽家の事しか興味のない子がいたようですが、学習教材を工夫して、その音楽家を題材にした教材を作る事で勉強に取り組めるようになったそうです。こういう事を公教育でもやって欲しい。人は違いがあって当たり前なので教育法を人それぞれという価値観を前提にして欲しい。

 いっその事、リタリコに公教育の監修をしてもらえばいいと思う。

 
AD

登校拒否

テーマ:
みなさん爆笑おはようございますウインク

今日もお互い頑張りましょうニコニコ

 私の娘は自閉症スペクトラムでアスペルガーとADHD傾向を併せ持っている小学2年生の女の子です。

 昨年度の後半から終日学校に居られる事が減っていた娘だが、今までだましだまし保健室登校だけはしていたが、先日、娘の主治医から適応障害の診断がついてしまい、心配していたが、昨日とうとう限界がきて、涙ながらに勉強も人間関係も苦痛だと訴えてきた。娘は娘なりに休むのは良くないと自覚していて必死に堪えていたようだった。

 1年生の時の担任は娘にいつも寄り添い支援してくれペアトレも実践してくれるような素晴らしい先生だった。でもその先生が異動になり、学校から居なくなってしまった。2年生の担任は過去に支援学級を受け持った経験があるという事で理解がある校長先生が良かれと思ってこの担任のクラスに娘を入れたらしいが、この担任は中堅教師の為に校内で行事対応など、様々な事で多忙で教室を留守にする事が多く、代わりに担任の代理を務めていた教師が残念ながら最低最悪な教師で女性でありながら常時威圧的な対応だったらしい。ただ校長がその教師に娘の事は話していたので、娘には威圧的ではなかったらしいが、他の児童への威圧的な対応が感受性の強い娘には辛かったらしく。怯えながら保健室登校はしながら、たまに教室に行っていたが問題教師の影響でついに完全な登校拒否になってしまった。

 いったい日本の威圧的で平均化教育はいつになったら多様性を重んじる叱らない教育に変わるのか?

 娘には今の教育界は生きづらい環境だ。
AD

無責任な保護者

テーマ:
みなさん爆笑こんばんは星空お元気ですか?

私の娘の小学校の支援学級には札付きのトラブルメーカーがいる。そのせいでうちの娘が支援学級に行けない状況になっている。その子は多動と他害と暴言があり、周囲の生徒や先生に多大な迷惑を掛けているが、その子の親は子供への服薬を拒否しているようなのだ。

 よく発達障害児の親で薬は飲ませたくないといって、学校や周囲の人々に配慮をお願いする事があるが、これは親としては無責任としか言いようがない。正に自分の子供の事しか考えていない。どんなに周囲に対して迷惑行為があっても、学校に丸投げして服薬もさせないというのはあまりに身勝手で納得出来ない。大人しい子が登校拒否になって、トラブルメーカーが登校するのは如何なものか?

一貫性のない支援

テーマ:
みなさん三日月こんばんはウインク

 うちの娘は小学校2年生の女の子で自閉症スペクトラムです。1年生の時は休み休みながらも普通学級で頑張って来ました。でもここに来て支援学級に行きたいと訴えてきました。

 私自身は就学前から支援学級の方がいいのではと思っていたのですが、娘の気持ちを優先して普通学級に行かせていました。

 支援学級に行きたいと思う理由は、周囲の子達が娘の苦手な部分をキツい口調でダメ出しするそうなんです。もともと勉強は好きだったので勉強の為に行けていたのに人間関係が原因で心が折れてしまったそうです。

 思えば幼稚園の頃は主任の先生が発達障害児に対しての対応が長けていたので、とても居心地が良かったんです。おかけで自分の気持ちも素直に表現出来ていたのに、入学してから環境の変化によって気持ちを表現出来なくなり限界を超えてしまったそうです。

 これはどんなに優れた施設で療育されても学校に入った途端に支援方法が受け継がれる事がなくなり一貫性が保てなくなったのが原因です。日本の学校の全体主義はいつになったら多様性を認める方向に変わるんでしょうかね。

 娘は支援学級でも馴染めるか未知数なので心配です。

報告

テーマ:
みなさん爆笑こんばんは夜の街

 今日、障害者専門の人材紹介会社から電話があり、最終面接を受けた企業の内定をもらうことが出来ました爆笑

最初聞いたときは、あまりに突然で真顔ポカーンとしてしまった。

人材紹介会社のスタッフの方々のお力です。本当に良かった。