発達障害者の障害受容

テーマ:

みなさんウインクこんにちはニコニコ

今回は障害受容について書いてみたいと思います。

 

私は昨日、ちょっとした事で自身が受容できてると再確認する事ができた。

 

自分が障害受容できた理由は何かはてなマーク

 

簡単に言うと「発達障害」に責任をなすりつけるって感じてへぺろ

 

発達障害の初診時に自分が発達障害であることが分かった時、ホッとした事を覚えている。

 

それまで感じてきたダークサイドな部分が発達障害の特性であって、自分の努力不足ではないという事がわかったから。

 

昨日、ある人から言われた事だが、成人になって発達障害だと判明した当事者で受容に苦しみ、周囲を巻き込んで問題を起こしていて、受容するまで、かなり時間がかかってしまうケースが少なくない。私自身は半年くらいで受け入れる事ができた。

受容まで時間がかかってしまう原因として現実を受け入れる事が出来ない事が要因のようです。

 

親を責めたり、社会を責めたり、周囲を責めたり、運命を呪ったり、自分を責めたりして現実を受け入れる事に拒否反応を示す。

 

でも私は思うんですが、どうせ何かを責めたり恨んだり憎んだりするなら、人ではなく「発達障害」を責めたりしてはどうだろうはてなマーク

 

それでも社会を恨んだりすることもあるでしょう。私も転職の問題を社会や国を責めたりします。でも人間なんて所詮、神にはなれないので無理しないで吐き出せばいいと思う。私も自分のダークサイドな部分はつぶやいたりしてます。溜め込むとストレスになるので、その時に吐き出した方が健康的。

 

ただ自分が発達障害である事実は変わりません。であれば嫌な事があれば、全部「発達障害」を責めてしまえばいい。

 

そんな考えをしてると「現実から逃げてる」と責められるかもしれませんが、そんな人の話には聞く耳を持たなくていいです。その人だって自分を棚に上げて言ってる可能性が高い。どんな人だって多かれ少なかれ不得手な部分があって当然。発達障害だから仕方ないんです。どんなに責められても発達障害の特性は消せません。

 

ただ誤解しないで欲しいのは「出来るのにやりたくないからとか」「面倒だからとか」そういう事を「発達障害の特性」のせいにするのは違う気がします。そこは現実と向き合わないといけません。あとは発達障害のせいにすればいいんです。

 

それにアドラー心理学的な観点から言えば先の人生をenjoy出来るかどうかは自分の考え方(捉え方)次第なんです。いつまでも内にこもって前に進まなければ何も変わらず、誰も助けてくれないし、自分の人生を自分以外の人が変える事は出来ないから、こんな人生が嫌だと思うなら今後のために一歩踏み出す勇気を持たないと、残りの人生は暗いものになるだけ。今後どうするかは自分にしか変えれません。

 

「類は友を呼ぶ」という言葉がありますが、これって自分が変わると周囲の人間関係も変わるって事です。自分は人間関係に恵まれないなぁって思うなら自身に問題がある事が高いです。不思議なもんで自分が変わると周囲も変わり、嫌な思いをする事も減ってきます。これは私自身が受容してからの人生で体験したことなので自信を持って言えます。

 

楽しい未来のために

 

新たな一歩をウインク!!

AD

発達障害(精神系)はカヤの外

テーマ:
みなさん爆笑おつかれさまですウインク

私は現在障害者雇用の契約社員で勤務しているが、その契約も今年の10月いっぱいとなり、今は転職活動に重点をおいている。

そこで求人票を見る機会が増えたからか気になる事がある。

求人票の必要なスキルの項目に、コミュニケーションスキルや協調性がある事という条件を付けてる企業がけっこうな割合であるのだ。
これは発達障害者にとっては高いハードル。しかも応募しても身障者から優先的に採用されてしまい、精神系は後まわし。精神障害者の雇用義務はまだ先だし。

なぜ同じ障害者なのに差をつけるのか?これは障害者差別法に違反してないのかな?ほんと身障者と比べられてしまうと、かなり不利になってしまう。身障者はハード面を配慮すれば問題解決するパターンが多いが、精神系障害者は常に配慮が必要だし、発達障害者は出来ない事もある。自分で自分の障害が嫌になる。雇用義務をもっと前倒しでやって欲しい。待遇が良いものは奪われてしまう。

それに障害者雇用専門の転職斡旋会社に依頼しても、身障者は面接してくれるのに精神系は面接すら受けさせてくれない事もある。先日の斡旋会社主催の面接会でも精神系障害者の私ひとりだけ面接を受けさせてくれない会社があった。この時は私以外は全て身障者でした。身障者を悪く言うつもりはないが、ここまで差を付けられると、さすがにイラッとくる。

政府は企業の希望に沿うような法律ばかりつくっている。ホント一生懸命やっても報われないのは許せん!?
AD

企業はやっぱり身障者が欲しい

テーマ:
今日は障害者雇用の小規模面接会に参加しました。私以外は身障者です。

先に企業説明会が1時間あり、その後個別面接の予定でした。

説明会が終わった後、主催者のスタッフが私に小声で話しかけてきた。何事かと思い聞いてみると、私が第一志望していた企業が会社の社内事情で面接は出来ないそうですと言ってきた。仕方なく代わりに別の企業を選んで個別面接に挑みました。

断られたのは私だけです。ハッキリと理由は言ってくれなかったですが、恐らく精神障害者は採用する気がないからだと思いました。今まで幾度か面接会に参加した事はありますが、面接会で面接を拒否されたのは初めての経験でした。身障者限定なら面接会後に不採用にされた方がマシだった。あまりにも酷い仕打ちだ。社名は言えないけど、通信インフラ業界では有名な会社です。

それだけ精神障害がイメージ悪いって事ですね。精神障害の雇用義務が始まっても、好まれざる入社希望者扱いなんだろうな。
AD

発達障害者は自立させてもらえない国

テーマ:
みなさん爆笑こんばんは星空

日本における発達障害者の立場は軽度ほど、自立が難しいです。一生懸命幼い頃から療育を受けさせて、家でも療育しても、国はことごとく邪魔してくる。弱肉強食社会を助長するばかり。日本の発達障害児への教育体制は発達障害先進国に比べると数十年遅れているのではないだろうか。遅れているのに改善しようともしない。

身障者や知的障害者や最近はLGBTばかり対策が取られている。障害者雇用も配慮を受けようと思っても正社員は難しい。あとは契約社員しかない。契約社員は雇い止めのリスクを伴う。だからといって一般雇用では心身共にもたない。

障害年金も軽度だと受給は難しい。仮に受給成功しても、更新の度に支給停止の不安がのし掛かる。障害者雇用の賃金も安くて給料だけでは生活が苦しい。

身障者や知的障害者は原則無期雇用なので契約社員でも安心。でも精神系障害者は1年ごとの更新。原則更新と言っていても、いつ手の平返すかわからない。

こんな状況では発達障害児(者)は生き辛さが解消されない。

いつまで国は障害者を苦しめるんだ。どんだけ生き地獄に耐えたらいいんだ。先の見えない地獄が死ぬまで続く。

私は発達障害の診断を受けたのはホンの数年前。それまでは地獄のような日々を過ごしてきた。診断がついて、人生リスタートしようと思って動き始めたら、障害者として生きていくのが、制度的にどれほど辛いか気付いた時、自分の人生を憎んだ。なんで発達障害者として生まれたのか?

私はもう人生の折り返し地点にいる。今までの40年間はなんの楽しみもない地獄のような辛い日々の連続。そして障害者として生き始めても、今度は形を変えて苦しめられる。発達障害児(者)は生まれてから死ぬまで苦しみ続けないといけないのかもしれない。娘と奥さんの存在だけが私の唯一の生きる糧だ。奥さんには感謝してもしきれない。奥さんの優しさがあったから頑張れた。

残りの人生少しは楽しく過ごしたい。

発達障害者は生活が不安定

テーマ:

みなさん爆笑おはようございますウインク

実は障害者雇用で勤務している今の会社が雇い止めで今年の10月いっぱいで契約満了扱いで辞めざるを得なくなりました。

会社からは契約を更新するには、あーしろ、こーしろと指示されたので指示を忠実に守って頑張ってきました。時には配慮事項まで配慮しないで済むように頑張れと言われ続けてきました。残るために必死にやってきましたが、結局雇い止めになりました。

今は気持ちを切り替えて頑張ろうと転職活動していますが、求人を見ていると原則更新の契約社員でも、途中で契約見直しがある会社がけっこうある。会社は明確な基準を示してくれないので契約社員は不安定です。なので正社員の求人も視野に入れている。

今日、精神手帳の更新診断書を主治医に依頼したんですが、主治医が転職を機に収入が上がってしまうと障害年金が支給停止になるかもと、心配してくれていました。もし障害年金が支給停止なると障害者雇用で勤務するのは非常に厳しい。

なぜ日本の障害者対策はここまで精神系障害者を追い詰めるのか?なぜ自立させてくれないのか?韓国に10億円も上げないで精神障害者対策をして欲しい。

せっかく自身で障害受容して人生仕切り直しても日本社会は精神系障害者にとっては生きづらい。身障者や知的ばかり優遇しないで欲しい。

 

 

【補足です】あまりに心配だったので障害年金申請時にお世話になった社労士の方に相談したところ、現状では障害者雇用で配慮をお願いしながら勤務している場合は基本的には更新できるようです。ただ収入の多さによっては支給停止になるかもってことでした。それに年々障害年金制度は厳しくなっているのが現状のようなので安心は出来ないみたいです。

神社の作法

テーマ:
年始に神社に行く人、寺に行く人といると思いますが、基本的には通常神社に行くのがいいようです。ただ身内に不幸があった場合はお寺に行くのがいいそうです。神棚を祀ってある場合は神棚のお札は入れずに神棚に半紙のような紙をはって隠すようですね。

次に作法ですが神社は通常、2礼2拍手1礼です。

詳しい順番は
2礼
2拍手
住所、生年月日、名前を心の中で唱える。
続けて旧年の感謝、今年の目標、今年の願い事、おみくじで今の自分にメッセージと伝える。
1礼

!!本殿に鈴がある場合はの所で拍手をせずに鈴を鳴らすのが本来の作法のようですす。
!?出来れば元旦には地元の神社に参拝しましょう。普段から見守ってくれてる神様ですから。観光地化してるような神社はそこが氏神さまでない限りは後回し。

※諸説あるので地元の神主さんに確認するのが一番です。

神棚は通常は洗米したお米、塩、水を捧げます。必ず自分の朝食前に。1日と15日は上記の3つに加えて、お酒を2つの器に入れて加えて捧げます。神棚のお札の納め方は一つ扉は一番前に天照大御神、次に氏神(地元の神社)、次に個人的に信じてる別の神様のお札。3番目はなくても可。扉が3つある神棚は右が氏神さま、中心が天照大御神、左が個人的に信じてる神様のお札。天照大御神のお札はどこの神社にも必ずおいてあるので購入して下さい。

神教はいろいろ大変ですが、私が信神するようになってから家族全員守られていると思っています。時には試練もありますが、これは成長の為には仕方ないのだと思って頑張るしかありません。もしこれを読んでる方で負のスパイラルから抜け出せずに辛い想いをしていたら、騙されたと思って一度神教を信神してみることをお勧めします。効果絶大です。

思えばおみくじが的中

テーマ:
みなさん爆笑おつかれさまウインク

そして今年も自分も含めて、みなさん頑張りましたね。来年も頑張りましょう照れ

私は毎年初詣で必ずおみくじを引きます。おみくじを引く時はコツがあります。引く前に参拝に行き、神様に住所と氏名と旧年の感謝を伝えて、一言付け加えます。それは「これから、おみくじを引くので、今の私にメッセージを下さい」と言います。それから引いたおみくじは、大吉とかはあまり重要ではありません。おみくじには大体、神様からのメッセージが書いてあります。先程のコツを踏まえて引くと、後で振り替えると驚くほど的中率の高い予言が書かれています。私の今年の初詣のおみくじは1年の後半に問題があると書いてありました。まさに転職問題がそれです。これも試練だと思って、神様への祈りを欠かさないようにすると、必ずと言っていいほど、良い方向へ導いてくれます。きっと良い会社の内定をもらえる事を信じて頑張ります。

何回言ってもわかってくれない

テーマ:
最近、娘が口が達者になってきたせいで、奥さんと娘の喧嘩が増えてきた。奥さんからしたら発達障害の娘のサポートを一生懸命やってるのに、娘は平気で生意気な事を言う。私が何度注意しても再発の連続。奥さんは娘が夜、添い寝しないと寝付けない事を理由に生まれてから実家にかえってなかった。

私が娘をお風呂に入れて奥さんに娘を任せて自分の入浴を済ませて出ると、娘が号泣していた。何があったのかと聞くと、娘がまたもや生意気な事を言って、奥さんが年末年始の連休に一泊だけ実家に帰ると娘に伝えたら号泣しだしたようだ。娘の自業自得なので私は何も言えず、奥さんの帰省は決定的。

なぜ娘は奥さんがいないと困るのに、何度注意しても生意気な事を言うのだろう?

私には理解出来ない。これも発達障害の特性なのだろうか?

今まで専門家に相談して娘の成長を待って帰省する方がいいとアドバイスされて、奥さんは我慢してきたのに、娘自身が引き金を引いてしまった。

私が思うに発達障害児は想像力が乏しくて感情のコントロールが苦手な為に同じ事を繰り返すのではないかと考えている。もしそうだとすると、この先、いつ奥さんが完全に子育てを放棄してもおかしくない。それくらい娘は生意気な事を言ってしまう。そして号泣して現実の重さに後悔する連続。

この先、どうすればいいのかわからない。私自身も転職という不安を抱えて精一杯なのに、またしても不安材料がショボーンもちろん奥さんの事は信じてるが、娘の生意気な言動を見てると不安になってしまう。今は冬休みで母子の接点が増えて困る。長期休暇なんていらないのに。

こういう特性は療育を重ねても改善されない。このまま成人したら対人トラブルが増えて心配でならない。娘と奥さんは、この先仲良くやってくれるのだろうか?

年末年始は最悪な休みになりそう。休みなんていらない。

発達障害の特性軽減

テーマ:
アメリカを中心に発達障害の特性の軽減方法は医学や民間療法的なものまで多種多様なものが考えられ実践されている。

でも以前生物学博士が言ってるのを聞いたんだが、病気や障害の治療でいろんな方法を使って改善しようとするが、何か摂取する方法は長期間続けると体全体で考えると何かしら悪影響を及ぼすらしい。つまり他力本願的なものは短期的にはいいが長期的には向いてないらしい。

特に発達障害は完治しない脳機能の障害です。何をしても治る事はない。長期的に有効なのは瞑想や呼吸法など自力の努力による方法が一番いいらしい。

だから早期発見、早期療育、ペアトレがいいのだろう。そういう意味で娘には何かを摂取するような方法に頼らない特性軽減方法を模索している。

最近関心があるのは認知行動療法とマインドフルネス。恐らくこれを学べば自力で改善出来るように近付くと思う。その為には私が学ばないと!