モーニング娘。‘16 Q期オフィシャルブログ Powered by Ameba

モーニング娘。‘16 Q期オフィシャルブログ Powered by Ameba


テーマ:





おつかのんです( ´ ▽ ` )ノ








本当はコメント1つ1つ、直接会ってお返事したいくらいなのですが、それも難しいのでブログでお返事させてください!


普通自分からこういう事を書かないのかもしれないけど、それでも伝えたいって思いました^^


コメントをくださった方や、発表を聞いて何らかの感情を抱いた方に、一方的ではありますが気持ちを書かせてください(´・_・`)


本当に色々な意見がありました。



「卒業しても応援するよ」
「最後まで楽しんでね」



みなさんが応援してくださったモーニング娘。の鈴木香音では無く、ただの17歳の鈴木香音になるのに、そんな言葉を頂けたのが本当に嬉しかったです。


ありがとうございます。



「まだ受け止められない」
「寂しい」
「ショックが大きい」



自分が決めた卒業という道に迷いや後悔は一切ありません。


春以降、全力で新しい道に向かおうと決めています。


でも…。


そんな思いにさせてしまったんだとハッとしました。


私がもしずっと一緒に居た友達とお別れする時がきたら、ぜったい寂しいと思う。


それまでに、楽しくて素敵な思い出沢山つくろう!ってぜったい思う。


そう考えた時、私、こんな思いをさせたままでいいのかな?


読むのにかなり時間がかかってしまうほどの沢山のコメントを読み、そう感じました。


昔、


「私は、ファンの方のファンです!」


とブログに書いた事があります。


じゃあ私はファンとして、そんな思いをさせたままここを離れていいのか?と感じました。


「こんな私」だとかそういう言葉を多く使ってきてしまったけれど、「こんな私」を応援してくださる方にそれは失礼だって。そう気づかされました。


どうしても人と比べ気になってしまう事があるし、落ち込むこともある。


けど大切なのは、その気持ちの数では無く、ひとつひとつの大きさだったって。そう思いました。


みなさんが好きで居てくれたモーニング娘。の鈴木香音を最後まで全力でやりきろう!って改めて感じました!





何を言いたいのかと言いますと…笑


5年間で沢山借りができてしまった。
それを全力で返していきたい!!!


というわけです…(^^;;


この文で思いが伝わるのかどうかはわからないけど、私の事を少しでも応援しようと思ってくれた人に全力を尽くす数ヶ月にしたい。


そう感じましたo(^▽^)o








ん~、改めて読み返すとよく分からない事書いてるのかな?文おかしくなっちゃったかな?(´・_・`)


でも、そう思ったんです。


卒業する日に伝えるのでは無く、発表したからこそ伝えたかったので、こうして書かせていただきました!


残りの期間を楽しく過ごすために、こんな事をブログに書くのは今日で終わりですウインク


笑顔で過ごしましょう~おねがい


{1E4CD71B-F784-4B6A-8C6A-A82EF7E045BA:01}





多少アイドルらしく無くても許してねラブ






それではおつかのんでした( ´ ▽ ` )ノ


明日もみなさんにとって素敵な1日になりますように♪(´ε` )









補足。。。


今夜放送されるCBCラジオ「いつでもカンノンスマイル」は卒業発表前に収録したものです。


卒業については、昨日、2月8日に収録した16日OA分にてお話ししているので、一応お知らせでした!
AD
いいね!した人  |  コメント(444)  |  リブログ(1)
モーニング娘。'16 Q期さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

AD

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み