梅雨明けが遅く、短い夏でしたね。すっかり秋になり朝は小雨が降っていましたが、9月公演楽しく過ごせました。
短大から専攻科に進まれた仲良しさんの演奏、また今回初めて参加下ったギターの方の演奏とお話、トークもお上手で、このステージでは珍しいギタリストのステージでした。そして、ベテランのフルーティストの方も慣れたトークで、引き寄せられました。ここでは、毎回、色々な楽器をお聴きすることが出来ます。
毎月1回、おけいこごとの1つとして、予定に組んで頂ければ、より身近に楽器を楽しんでいけるかと思います。お待ち申し上げます。
 
西 由璃子さん(クラリネット)&木村 沙樹さん(ピアノ)
岩松 知宏さん(ギターソロ)
的場 郁子さん(フルート)&塩川 正和さん(ピアノ)



演奏後の皆様

AD
蝉が鳴き始めました、遅い梅雨明けです。台風も発生してますね。
7月公演が終りました。
音大生の仲良しさんのトリオや、歌、院生のピアノソロに続き、海外での演奏活動もされてるベテランの方のソロも入りました。
そして、先月のピアニスト岩崎淑アンサンブルセミナーの様子を、映像で一部見て頂きました。昨年の骨折で心配されました岩崎先生、従来のように元気になられてます。皆様も安心されたのではないでしょうか。
 
 吉田 紅葉さん、山口 千美さん(フルート)堀江 佳世さん(ピアノ)
中井 文子さん(ソプラノ)榎元 圭さん(ピアノ、ピアノソロ)
土師さおりさん(ピアノソロ)



演奏後の皆様

AD

特別公演
H28年度 ピアニスト岩崎淑アンサンブルセミナーが終りました。
4月には、ここ福岡で岩崎淑先生の弟様チェリスト岩崎洸氏と先生のデュオ、ゲストは九響首席チェリスト原田 哲男さん、岩崎両氏の福岡での演奏は18年?19年ぶりということでした。両氏の演奏が福岡で聴けたことは、幸せなことでした。
 
さて、今年のセミナーは、フルート、そしてクラリネットとのデュオでした。譜面のフォルテをフォルテとしてどの程度出してよいのか、またアクセントの旋律の中ので、強調性、普通に聴くとなんでもないようですが、思い切って出すことで、曲のメリハリにつながり、曲がガラッと変わりましたね。
また、ピアノ伴奏だからといって、やはり基本の指のタッチがないと、音楽がぼやけてしまいます。岩崎淑著、ピアノの基礎練習帳を参考にされるとよろしいかと思います。
 
そして特別演奏には、東京藝大出身の工藤真菜さんのヴァイオリンと岩崎先生のベートーヴェンスプリングソナタ。それは、きれいなスプリングソナタに引き付けられました。工藤真菜さんは、大大先輩のピアニストの先生と合わせるようなこともこれまでにない事もあり、先生の温かい共演に、感激されてました。とてもすばらしい演奏でした。
 
受講者
フルート&ピアノ 大里 美貴さん、高山 恵莉さん
クラリネット&ピアノ 山下 優輝さん、藤 彩貴さん
 
特別演奏
工藤 真菜さん(ヴァイオリン)

 

AD