AD

 

私がモーニングコールサービスのお仕事を始めたきっかけについて、詳しくお話したことがなかったので、改めて自己紹介も兼ねて、お話させていただきたいと思います。

 

私は短大卒業後、生命保険会社の法人営業、英会話スクールの受付などを経て、派遣社員として働いていたのですが、モーニングコール業を始めたのは、ちょうどその頃で、25歳の時でした。

 

派遣社員の契約期間が終了して、次の派遣先がなかなか決まらず、時間を持て余していました。

 

そこでパソコンの勉強のためにと購入したノートパソコンで、何かお小遣い稼ぎでもできないかと考え、一人暮らしのアパートの一室で始めたのが、モーニングコールサービスでした。

 

元々、早起きが得意で、朝に強いということもありました。

 

当時は、朝の短時間だけモーニングコールのお仕事をして、昼間は派遣社員として働いていました。

 

しかしラッキーなことに、始めた当初から、順調にお客さまにお申込みをしていただき、数ヶ月後には、モーニングコールのお仕事だけで生活ができるようになりました。

 

そしてモーニングコールサービスを始めて8年後、お客さまが増え過ぎて、自分一人では対応できなくなったこともあり、法人化して、オペレーターの方を雇うことになりました。

 

私がモーニングコールサービスを自営業として始めたのが1998年12月になりますので、早いもので、今年で創業18年目となります。

 

始めた当初は、こんなにも長く、このお仕事を続けられるとは、全く思っていませんでしたが、色々な幸運にも恵まれ、今日まで続けることができました。

 

これもひとえに、モーニングコールサービスをご利用いただいた一人一人のお客さまのおかげだと思っています。

 

本当にありがとうございます!

 

今年は2006年の会社設立から、ちょうど10周年となり、節目の年でもありますので、これを機に、ますますパワーアップして、がんばりたいなと思っています。

 

そしてモーニングコールサービスによる起床支援を通じて、少しでも社会に貢献させていただけたら嬉しいなと思っています。

 

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!

AD

 

おかげさまで、お客さまからのお申込みが多数あり、現在、定員オーバーで新規のお客さまのお申込みを休止させていただいている時間帯が、多数発生しています。

 

そのため、モーニングコールオペレーターを増員したいと思います!

 

ご自宅で、会社支給の携帯電話を使って、モーニングコールをおかけしていただくお仕事です。

 

モーニングコールの内容は、朝の簡単なごあいさつの後、時間になったことをお伝えしたり、お目覚めについてお聞きしたり、お客さまの朝のお目覚めをサポートする内容です。

 

興味のある方は、オペレーターの募集要項をご確認の上、ご応募下さい!

 

早起きが得意な方、声に自信のある方、ぜひ、エリアフレンズの仲間になって、お客さまの朝のお目覚めを、一緒にサポートしていただけませんか?

 

ご応募、お待ちしています!

 

オペレーターの募集要項

AD

 

先日、ホームページにお客さまの声ページを新設させていただき、早速、4人の方からメッセージをご投稿いただきましたが、ここ数日の間に、また新たに2人の方からメッセージをご投稿いただきました!

 

そこで、これまでにご投稿いただいた合計6人の方からメッセージを、こちらのブログでも、ご紹介させていただきたいと思います!

 

「まった」様からのメッセージ

コールが毎朝鳴るというだけでも有り難いです。中学生くらいから不眠症も相まって朝がずっと苦手でした。実質4ヶ月ほど利用していますが、サービス利用中に起きれなかったことは今のところありません。そう考えると保険としてはとても安いと思ってます。本当は時間を気にせず眠れたり、自然と毎朝日の出とともに起きられるのが一番だとは思うのですが、今の働き方では定時に出勤していることが条件なので、もう暫くお世話になろうと思ってます。(東京都・会社員・20代)

 

「トンちゃん」様からのメッセージ

朝起きるのが苦手なので、大事な仕事の前日には、起きれるかな、寝坊するのではないかな、というのが不安で寝れなくなってしまったり、そのせいで翌日体調不良になったり、ということが以前はよくありました。目覚まし時計でも、携帯のアラームでも起きれないんです。消してしまうみたいなんです。寝坊して仕事先から電話がかかってきてから目を覚ましたことも、毎年1回はあったと思います。ずいぶん前ですが絶対遅刻できない大事な仕事の時に寝坊してしまい、その時にはさすがにこれではいけないと思い、ネットで検索しました。こちらを見つけてすぐにモーニングコールをお願いしています。もう6年になります。電話だと、不思議と起きることができるんです。ですので翌日絶対に遅刻できないときでも、安心して寝ることができています。時間変更をお願いしても、変更通りにかけていただけています。安心して寝ることが出来る!私にはとても大切なサービスです。(神奈川・アルバイト・40代)

 

「Y」様からのメッセージ

朝一番に爽やかな声で起こしてもらうのを、心待ちにしています(寝坊することもありますが汗)。ただ起こして終わり、ではなく、短いですが心のこもった会話をしていただくことで、日々人間らしい生活を送らせてもらっている気がします。いつも早い時間にありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。(千葉県・会社員・40代)

 

「N.A」様からのメッセージ

顏のせなどはNGです。一言いいたかったのが、僕にはものすごく役にたってますよ!元気よく電話をくださるオペレーターさんにありがとうございます、という気持ちしかないです。いいサービスです。ありがとうございます!

 

「かるた」様からのメッセージ

いつも明るくやさしい声で朝を迎えることができ感謝しています。仕事や飲み会で遅くなった次の日など、起きれるか不安な朝もモーニングコールがあると思うと安心して眠ることができ、助かっています。実際にモーニングコールで起きることは少ないのですが、電話があると思うと自然とその前の時間に起きれるようになりました。また、声を出すというのは体が起きるのに大切なことなんだなと実感しています。これからも、よろしくお願いいたします。

 

「M.M」様からのメッセージ

朝がすごく苦手な上、一人暮らしの私には毎朝起きられるかが不安でした。偶然ウェブでここを知り、すぐに申し込みしました。目覚まし時計は不快な上、二度寝の可能性が高いのですが、こちらはモーニングコールの時にオペレーターの方と少しだけ会話をしますので、二度寝せずに助かっています。決して事務的ではなく、オペレーターさんの金曜日に「良い週末をお過ごし下さい」は、疲れがたまった週末には心地良いです。

 

メッセージをご投稿いただいた「まった」様、「トンちゃん」様、「Y」様、「N.A」様、「かるた」様、「M.M」様、誠にありがとうございました!

 

エリアフレンズお客さまの声ページはこちら!

 

モーニングコールサービスのホームページに、新しく「お客さまの声」ページを設けました!

 

この「お客さまの声」ページの開設に当たり、ご利用中のお客さまに、メッセージのご投稿をお願いしていたのですが、早速、4人の方からメッセージをご投稿いただきました。

 

これまで何かの折りに、お客さまからメッセージをいただくことはあったのですが、今回、お客さまから、より具体的に生の声をお聞きすることができ、とても嬉しく、ありがたく思いました。

 

そしてモーニングコールサービスを通じて、お客さまに喜んでいただくことが、私達スタッフの喜びだと、改めて、実感させていただきました。

 

今後もエリアフレンズでは、お客さまに少しでも良いサービスを提供させていただけるよう、スタッフ一同、努めてまいりたいと思います!

 

エリアフレンズお客さまの声ページはこちら!

 

 

メイクスタイリスト&起業アドバイザーで、読者モデルとしても活動されている矢口裕子さんに、朝の過ごし方やモーニングコールについて、インタビューさせていただきました!

 

 

裕子さんへのインタビューのきっかけは、プライベートで参加したSkypeお茶会でした。

 

元々、ホームページのコンテンツの一つとして、私が素敵だなあと思った女性の朝の過ごし方や、モーニングコールについてのインタビューを掲載したいなあと思っていました。

 

そんな時、Skypeお茶会で裕子さんとご一緒して、とても素敵な女性だなあと思ったので、ぜひインタビューさせていただきたいなと思い、ダメ元でお願いしたところ、快諾していただき、インタビューさせていただくことになったのでした。

 

裕子さんはご結婚されているのですが、インタビューの内容は、朝の過ごし方や、旦那さまとのモーニングコールについてなど、プライベートな質問にも快くお答えいただきました。

 

インタビュー経験は初めてで、最初はちょっと緊張したのですが、裕子さんの親しみやすい気さくな人柄もあって、すごく楽しくインタビューさせていただくことができました。

 

そして普段はメイクスタイリストや起業アドバイザーとして活躍されていて、読者モデルとしても活動している裕子さんの、奥さまとしての素敵な一面を垣間見させていただくことができました。

 

すごく楽しかったです!

 

↓裕子さんのモーニングインタビュー全文はこちら↓

会えない時は電話でおしゃべり!愛され妻・矢口裕子さんのモーニングインタビュー

 

私がモーニングコール業を始めてから18年。

 

これまでブログはもちろんのこと、自分が経営している会社のホームページにおいても、自分の顔写真などを掲載したことは、一度もありませんでした。

 

メディアなどからの取材においても、モーニングコールサービスについての取材を受けることはあっても、私自身についての取材の場合は、ありがたいなとは思いつつも、全て辞退をさせていただいていました。

 

それは自分が気恥ずかしかったということもありますが、代表である自分が前に出なくても、自分が提供しているモーニングコールというサービスについてPRをすれば、それで良いのではないかと考えていたからです。

 

でも最近になって、色々な方のお話を聞いたり、本を読んだり、学びの機会を得ることが多数あり、自分自身の考えが間違っていたことを知りました。

 

やはりお客さまの視点で考えたら、サービスを提供している会社の代表者がどんな人なのか、分かっているほうが安心できますよね。

 

特に当社のように、インターネットでビジネスをさせていただいている会社の場合は・・・。

 

そのため自分の考えを改め、これからは自分のできる範囲で、自分がどんな人間であるかということを、ホームページやブログなどに掲載する写真や文章などを通じて、お客さまにお伝えできたらと思っています。

 

そこで、どうせ掲載するならきちんと行いたいなと思い、写真館でプロフィール用の写真を撮影していただきました。

 

そして今までアメーバブログのプロフィール画像は、アメーバピグのイラスト画像を使用していましたが、早速、今回撮影していただいた自分の写真に変更をしました。

 

また会社案内のサイトでも、新たに、代表者のあいさつを追加し、私のプロフィール写真を掲載いたしました。

 

エリアフレンズ会社案内

 

エリアフレンズでは、今回の代表者である私の顔出しを機に、さらにお客さまに信頼していただけるサービスを提供させていただきたいと思っています。

 

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!

 

モーニングコールとは、寝ている人を起こしてあげるためにかける電話のことを言います。

 

個人的に、家族、友人、彼氏、彼女などがかけるモーニングコールもあれば、ホテルや旅館などで、モーニングコールをかけてくれる場合もあります。

 

また指定した時間にモーニングコールをかけてくれる、当社のようなモーニングコールサービス専門の会社もあります。

 

しかし実はモーニングコール(Morning Call)という言葉は、単語を組み合わせて作った和製英語なんです!

 

英語では、正しくは、ウェイクアップコール(Wake-up Call)と言います。

 

そのため日本では一般的に使われているモーニングコールという言葉は、日本国内や日本人同士で使う分には全く問題はありません。

 

しかし外国に行った際や、ネイティブの方と会話をする際は、ニュアンスなどで通じる場合もありますが、通じない場合もあるので、気を付けるようにして下さいね!


毎日寒い日が続いていますね!

先日の24日には、なんと沖縄本島に初めての雪が降ったそうです♪

またあまりに寒すぎて布団から出られず、遅刻している人も増えているみたいです!?

しかしこの時期は雪の影響で、ダイヤが乱れることもありますので、逆にいつもよりも早起きして、少し早めに家を出たほうがいいかもしれません。

エリアフレンズでは、モーニングコールの時間変更も、コール当日の朝4時まで受け付けていますので、翌日雪が降りそうだから早起きしよう!などという時も対応が可能ですので、ご希望の方はぜひご連絡下さいね♪

それではまだまだ寒い日が続きますが、風邪など引かぬよう、どうぞお体にお気をつけてお過ごし下さい!

モーニングコール時のお客さまの呼び方ですが、名字、下のお名前、ニックネームなど、ご希望の呼び方でお呼びするサービスを開始させていただきました!

今までは、原則として、名字で「○○さん」とお呼びしていたのですが、お客さまのお好きな呼び方でお呼びしたほうが、よりご満足いただけるのではないかと思い、導入することにいたしました♪

新しくモーニングコールサービスをお申込みいただく方はもちろん、すでにモーニングコールサービスをご利用いただいているお客さまについても、ご希望があれば、随時、変更を承らせていただきます。

尚、ニックネームでお呼びする場合、日本語で全角10文字以内とさせていただきますが、オペレーターが発音し辛い、言い辛いものについては、変更をお願いする場合がありますので、ご了承下さいね!

どうぞよろしくお願いいたします!