学会に参加してきました。

テーマ:

こんにちは。獣医師の飯田です。

 

だいぶ暖かい季節になってきましたね。

この時期はスギ花粉症を持っている私にはかなり辛い期間でもあります。

大学時代を過ごした北海道にはスギ花粉がないので、とても快適に過ごしていたのを思い出します。毎年この時期に北海道に戻りたくなります。

 

 

先日、獣医皮膚科学会なるものに参加してきました。

日本中から専門医の先生方が集まり様々な病気の発表を行うのですが、その中にスキンケア、特に保湿についての発表がありました。

 

わんちゃんの皮膚は人に比べてコンパクトな角層をもっており、特にアトピー性皮膚炎の子では更に角層のセラミド含有量が少なく、皮膚バリア機能が弱いため、シャンプー後に皮膚から水が逃げていく量が多いとされています。

 

シャンプーは皮膚と被毛の衛生状態向上であったり、アトピー性皮膚炎の原因となる環境抗原や微生物を除去するために必要なものです。

しかし、シャンプーだけしてお終い!ではなく、水分が皮膚から抜けていかないように、保湿をしっかり行うことが大事になります!!

保湿をすることにより皮膚のバリア機能を高め、皮膚本来のコンディションを整えることができます。

 

また、保湿はシャンプー時のみならず、日頃のお手入れとしても有用です。

 

ヒトの赤ちゃんに保湿剤を毎日塗ることで、アトピー性皮膚炎の発症率を減らすことができるという報告もあるようです。

 

 

学会の後はWBC日本代表の試合を観に東京ドームへ行ってきました!

中国との一戦でしたが、しっかり勝ちきってくれました。

アメリカラウンドでは残念でしたね。

代表の試合だと普段のプロ野球とは違い、会場全体で応援している雰囲気が良かったです。

また4年後に期待しましょう。

 

 

 

 

AD