こんにちは、古河です!



今回は、今のキッチンとは、どこが違うのか確認して、

今後のキッチンリフォームの参考にしてもらいたいと思います!




オープンキッチンで空間の一体化!

・形はいろいろ I 型・L型・アイランドなど

・キッチンのシンク下の扉も開き戸から引き出しタイプが主流になり、

吊戸棚も出し入れが簡単なタイプも採用する人が多くなっています。




安全なコンロ!

・魚焼きもスイッチ一つで温度・時間まで自動

・調理油過熱防止装置、立ち消え安全装置、消し忘れ消化装置



IHヒーターがいろいろななべに対応!

・金属製なら大丈夫(オールメタル対応タイプ)

・以前は、鉄とステンレスしかダメでしたが、アルミや銅なべなど金属であればOK

・高齢者・子供のいる家庭向きです





静かなキッチンへの工夫!

・換気扇の音があまりしないで、水の音が静かなシンク。

扉の開閉も音がしにくい構造になっています。



カウンターは傷が付きにくく作業がしやすい

・ステンレスは、エンボス加工で傷が付きにくい、

人工大理石カウンターも変色しにくく奥行きも65センチが標準

・一枚カウンターでゴミがたまらない構造に

・ワンハンドルタイプの水洗はとても便利

・コンロの掃除が楽で、コンロ周りもキッチンパネルで掃除が楽に




食器洗い乾燥機で後片付けが楽に

・食器をならべてスイッチを入れるだけで、経済的(年間1万位水道代を節約)



換気扇の排気がスムーズに!

・プロペラからシロッコファンが主流になり、油汚れがこびりつきにくく掃除が楽に





キッチンはだいぶ変わりました。

私も、見学するたびに勉強になります。





続く

AD