浴室廻りの安全について

テーマ:

こんにちは、古河です!

 

今回は、浴室廻りの安全についてです!

 

浴室に限らずにリフォームを考える際、

バリアフリー化することをお勧めします。

 

浴室と洗面脱衣室の床の段差を解消して、

手すりやベンチを設置します。

 

浴室の出入口は、幅75センチ以上、

段差のない構造にして、

スペースが有効利用できる引き戸をお勧めします。

 

浴槽の高さは、40センチ前後にし、

浴槽のふちに腰を掛けて移動するようにすれば

転倒の可能性が低くなります。

 

床は、水はけがよく、滑りにくく、

掃除がしやすいものを選んでください。

 

手すりは、立ち上がる時、浴槽への出入り、

浴槽内での立ち座りの動きに合わせた場所に設置するといいでしょう。

 

床がぬれていると、バランスを崩しやすい場所なので、

転倒すると大けがにつながります。

 

リフォームの際、以上のことをよく検討してみてください。

 

続く

AD