10周年記念食事会

テーマ:

2018年1月15日にクリニック開院10周年を迎えました。これを記念して先日某レストランで食事会をしました。開院当初からの勤続10年になる3人(竹野、稲川、荒木)には記念の品を渡しました。また、スタッフからのサプライズで、私と妻の写真を彫り込んだ時計をいただきました。

 

当クリニックはスタッフ全員の仲が良く、チームワークが良いのが自慢です。どうしてそれが良いのかと申しますと、流行りの言葉で表現するなら、ES(従業員満足度)が良いとCS(顧客満足度)も良くなるから、と言うことになろうかと思います。さらなるCSの向上を目指し、これからも従業員一同仲良くやっていきたいと思っております。

 

 

 

レアンドロ展

テーマ:

東京の学会出張の後で、六本木ヒルズの森美術館に行って来ました。森美術館はお気に入りの美術館の一つで、企画展が素晴らしいのです。2018年4月1日まではレアンドロ展をやってます。レアンドロ・エルリッヒは現代美術家で、日本では金沢21世紀美術館の「スイミング・プール」という作品が有名なので、ご存知の方も多いでしょう。

 

さてその内容は……

 

水のない海にボートが浮かんでいたり、

 

フランスや日本が雲になったり、

 

 

あちらの世界の教室で亡霊になって授業を受けたり、

 

 

ブラインド越しに他人の生活を覗き見たり、

 

鏡の迷宮に迷い込んだり、

 

ビルから落ちそうになったりして、

 

 

レアンドロ展は体験型アートの傑作でした。皆さんも不思議な世界を訪れてみたらいかがでしょうか。

NHK全国学校音楽コンクール

テーマ:

私の次女は名古屋市立高針台中学(浅田舞、真央姉妹と同中で舞さんとは同級生)の時にNコンの東海北陸ブロックで2年連続優勝しNHKホールでの全国大会に進みましたが敗退しております。それはともかくそういう訳で、私も合唱の良さというものを感じることができるようになったのですが、久しぶりに見た今年の全国大会の金賞、町田市立鶴川第二中学のレベルの高さには驚きを隠せません。録画したものを夫婦で何度も視聴しているこの頃です。

 

 

三河ART研究会

テーマ:

 

毎年この時期になると私が幹事役的な内輪の研究会があります。今年は静岡県の「俵IVFクリニック」の俵先生を講師に招いて融解移植の黄体ホルモン補充について、和気あいあいとディスカッションをしました。

 

出席した先生方は、右列奥から私、俵先生、岡崎市のARTクリニックみらいの村田先生、左列奥から豊橋市のつつじが丘ウィメンズクリニックの若原先生、緑区のロイヤルベルクリニックの小栗先生、瀬戸市の中原クリニックの中原先生、豊橋市の竹内産婦人科ARTセンターの竹内先生と写真には写ってませんが豊田市のグリーンベルARTクリニックの西川先生です。

教えて!ドクターQ&A (2017年8月28日 中日新聞)

 

Q)ときどきニュースで、有名人が40代で妊娠・出産した話を聞きます。40代でも妊娠できると希望を持ちますが、あまり一般的な症例ではありませんか? 何歳くらいまでは可能性があるのでしょうか。

 

A)40代の妊娠率は低いです。自然妊娠や人工授精程度の簡単な不妊治療での妊娠率は非常に低く、体外受精などの高度な治療でも15%程度の妊娠率です。しかし高度な治療でも45歳以上では妊娠することがほぼ不可能となります。若い卵子の提供を受ければ妊娠は可能ですが、国内での実施は認められていません。卵子が作られるのは胎児の間だけで、生まれてからは1個も作られません。ですから年齢とともに卵子の数は減り、卵子の老化によって妊娠も難しくなるのです。

 女性の社会進出など様々な要因で、平均結婚年齢がついに30歳を越えました。この晩婚化が、少子化と不妊症の最大の原因と言えるでしょう。妊娠を希望される場合はなるべく若い間に治療を開始すること、そして40歳を過ぎた方は早めに体外受精などの治療を考えて頂きたいと思います。

お気に入りのラーメン店

テーマ:

 

カレーライスとラーメンは共に異国の料理がルーツですが、今や日本を代表する国民食ですよね。それは誰も異存がないと思います。御多分に洩れず私もラーメン好きで、今回はそんな私のお気に入りのラーメン店を紹介してみましょう。

 

好味家 

:日進市東山2-152 月曜定休 11:00-14:00の営業のみ。

 

名古屋を中心にある程度の影響力を持つ「好来」の流れを汲んだ店です。好来系のラーメンは薬膳ラーメンと言われ、様々な魚介類、根菜類、豚骨などをベースに抽出したさらっとした旨味のスープが特徴です。旨味は豊富ですが塩分が少ないので、たとえ飲み干したとしても喉が乾くということがありません。さすが薬膳。「風邪を引いた時などにこのラーメンを食べると治る」などと話しているお客もいました。どのラーメンを選んでもスープと麺は共通ですが、オススメはとろろ昆布が乗った好来系ならではのスペシャルな「快老麺」800円です。やみつきです。

 

スープ  ☆☆☆

麺    ☆☆

具材   ☆☆

ヘルシー ☆☆☆

 

 

ちゃいなぽーと 三好店 

:みよし市のイオン・アイモール1F 無休 11:00-21:30頃まで。

http://www.nyan-nyan.co.jp/chipom/chipom.htm

 

ちゃいなぽーとと言えば看板メニューは「手もみラーメン」ですね。アサリから出汁を取ったスープは、旨味たっぷりでさらっとしていて上品です。醤油(と言っても薄味)・塩・ハード(辛口)が選べますが、元祖は醤油。迷わず醤油味を選びたいですね。麺は手もみの縮れ麺。特筆すべきはメンマです。白くて太くてサクサクしていて口当たり最高。よくある濃い味付けではありません。旨味たっぷりの出汁が染み込んだ上品な薄味。私が生涯で食べたメンマの中で最も美味しいと思います。サイドメニューには絶品の炒飯(いためし)。パラパラチャーハンではないですよ。昔ながらのベトベトチャーハンです。しかし秘伝の味付けで、これまた私が生涯で食べた炒飯の中で最も美味しいと思います(パラパラ好きには合わないかも)。

 

スープ  ☆☆☆

麺    ☆☆

メンマ  ☆☆☆

炒飯   ☆☆☆

 

 

藤一番 名古屋インター店 

:本郷インターからグリーンロード方面に行った道沿い 無休 11:00-深夜まで。

http://www.fujiichiban.jp/store/store_nagoyaic.html 

 

藤一番は愛知県を中心に展開するチェーン店です。この店は自宅からも近いのでよく行きます。チェーン店だけに他のラーメン店よりも値段が安いですね。いつも注文するのは昔からある最もベーシックな醤油ラーメン650円です。値段が安くてもネギ、モヤシ、チャーシュー、煮卵と具材は山盛り。独特の旨味たっぷりのスープは極上。テーブルの上の辛味噌「ヤーニー」を入れるとガラリと変わって旨辛に。麺はストレートで喉ごしの良いものです。ランチタイムにはご飯や唐揚げやパクチートッピングなどの無料サービスが選べます。その他、とんこつラーメンも他の豚骨系の店よりも美味しいと思います(個人の感想です笑)。

 

スープ  ☆☆☆

麺    ☆☆

具材   ☆☆

ヤーニー ☆☆☆

 

 

丸源ラーメン 日進店 

:日進市中屋敷407-1 無休 11:30-24:30。

http://www.syodai-marugen.jp/sys/Shop/index/165

 

丸源は国内に店舗数を増やし続けているチェーン店です。この店は好味家とともに通勤途中にあるのでよく利用します。丸源と言えば肉そば(肉のたっぷり入ったラーメン)が有名ですが、私は「磯海苔塩ラーメン」しか注文しません。丸源のスープの「甘さ」がどうも苦手なのです。しかし塩ラーメンだけはなぜかその甘さが気にならないどころか十分に美味しいし、また半分ほどその味を楽しんだ後で、テーブルに置いてある「どろだれラー油」を入れると、複雑な旨味と辛味で極上のスープに変身するのでびっくりです。麺は喉ごしのとても良いもので言うことありません。メンマとチャーシューは他店よりも劣るので、私には入ってなくても構わない程度です。ラーメン店では珍しくクレジットカードが使えるところは高く評価したいです。

 

スープ  ☆☆

麺    ☆☆☆

具材   ☆

ラー油  ☆☆☆

 

 

スガキヤ

 

あと忘れてならないのは、名古屋のソウルフード、私も40年以上前から食べ続けている「スガキヤ」です。唯一無二の鰹出汁の和風とんこつ。変わらぬ味で時々無性に食べたくなりますね。当時は160円でしたが今は320円(税抜きで297円)。40年でこの程度の値上げなら上出来ですね。また最近どんぶりの形が変わって小さく見えますが内容量は変わっていませんのでご安心を。

 

スープ  ☆☆☆

麺    ☆

具材   ☆

値段   ☆☆☆

 

 

以上私のお気に入りのお店紹介でしたが、自分の生活圏内の店ばかりになってしまいました。でもラーメン店というのはそう言うもので、誰にだって身近に美味しいラーメン店があるんだと、それが日本の良いところの一つだとそう思っているのです。

不妊症と甲状腺

テーマ:

不妊症の疑いで受診された患者さんに、私が必ず調べる項目の一つにTSHと言うホルモンがあります。TSHは喉のあたりにある甲状腺という臓器を刺激するために脳の中から出ているホルモンです。

 

甲状腺で作られる甲状腺ホルモンが少なくなると、脳がそれを感知して甲状腺を刺激するホルモンTSHを出します。それによって甲状腺ホルモンが十分に作られると、脳がそれを感知してTSHを少なくします。

 

つまりTSHが高い状態=甲状腺ホルモンが少ない状態。TSHが正常範囲=甲状腺ホルモンが適正な状態。TSHが低すぎる状態=甲状腺ホルモンが多すぎる状態。ということになります。

 

甲状腺ホルモンに異常があると、不妊症や流産になりやすくなります。不妊症の女性の10人に1人に甲状腺ホルモンが不足しているとされています。また胎児の発育に欠かすことのできないホルモンなので、妊娠中に不足していると胎児の発育に影響が出たり、流産になったりするのです。

 

ですから妊娠を希望している人で甲状腺ホルモンが不足している場合は、妊娠する前から甲状腺ホルモンを補充して妊娠しやすくして、さらに妊娠中、特に胎児がまだ自分でホルモンを作ることのできない初期の間は、甲状腺ホルモンを補充することが重要になります。

 

甲状腺ホルモンが不足しているかどうかを調べるためには、甲状腺ホルモン自体よりもTSHの方が敏感に変化するためTSHを先に調べる方が良いとされています。TSHの正常値は検査会社によって多少違いますがだいたい0.5〜5.0ぐらいの数値になります。ということは先に説明しました通りTSHが5.0以上では甲状腺ホルモンが不足しているということになるのですが……

 

ところがこの正常値というのは、自分一人が生きていくための正常値なのです。妊娠を希望している人、妊娠中の人は、自分一人ではなく赤ちゃんにまわす分までの甲状腺ホルモンが必要なのです。つまり不妊症、妊娠初期の女性の正常値はもっと厳しいもので、TSHが2.5以下が正常、ということになっています。

 

TSHが2.5以上の人は、甲状腺ホルモンの薬(チラーヂン)を妊娠前から服用し、妊娠初期の間続けるのが良いとされています。これによって妊娠しやすくもなりますし、チラーヂンは特に副作用もない薬なので安心して飲むことができます。もちろん市販薬ではなく病院で出す薬なので私が処方するわけですが。

AMHに関する留意事項

テーマ:

 AMH(抗ミュラー管ホルモン)を測定する機会が増えています。

 ネット情報や他の病院で「卵巣年齢」が分かると聞いた、とおっしゃる患者さんもよくいらっしゃいます。

 しかしこれが間違いであることはこのブログの「不妊治療の嘘(1)」でも書きました。

 AMHはあくまでも「卵巣に残っている卵子の数」の目安であり、これは確かに体外受精などでの排卵誘発の方法を考える上で役に立つ情報です。

 ただし「卵子の質」や「卵巣年齢」の評価には使えないということを知っておかなければなりません。

 

 今回、平成27〜28年度「日本産科婦人科学会生殖内分泌委員会」が「AMHの測定に関する留意事項」を報告しました。

  1. AMHは卵子の質とは関連しない。
  2. 個人差が大きく「卵巣年齢」の推定はできない。
  3. 「妊娠できる可能性」は判定できない。
  4. 測定値が低い場合でも「閉経が早い」という断定はできない。
 これは日頃から私が患者さんに説明している通りの内容で、納得できる報告です。