ブログの目次


頭痛・腰痛・生理痛・肩こり・骨盤の歪み・背骨の歪み・顔の歪み・手の痺れ(しびれ)・足の痺れ(しびれ)等でお悩みの方はぜひ一度ご受診ください!!!


↓↓ご相談はこちらをクリック↓↓


$神戸 バイタルリアクトセラピー モリタ鍼灸整骨院のブログ



1 バイタルリアクトセラピーの記事はこちら

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-12-06 08:30:00

腸内フローラ

テーマ:スタッフの日記 小林

こんにちは小林ですカナヘイピスケ

 

今回は『腸内フローラ』について

皆さんも一度は聞いたことがあると思いますが何のことか、私自身も知らなかったので調べてみました。

 

腸内フローラとはカナヘイうさぎ

 

私たちの腸内には多くの細菌が生息し、その数はなんと数百種類で種類ごとのグループで、腸の壁面に住んでいます。

 

名前の由来カナヘイ花

顕微鏡で腸の中を見ると、植物が群生しているお花畑に見えることから

『腸内フローラカナヘイ花』と呼ばれています。

腸内の細菌の種類や数は食性格や生活習慣によって違うため腸内フローラも人によって違います。

 

腸内細菌とびだすピスケ1

腸内細菌は大きく分けて3種類あります。

 

カナヘイきらきら善玉菌カナヘイきらきら

フェーカリス菌・アシドフィルス菌・ビフィズス菌など

腸内の調子を整えたり悪玉菌の侵入や増殖を抑える

 

カナヘイきらきら悪玉菌カナヘイきらきら

病原性大腸菌・黄色ブドウ球菌など

腸内で有害物質を作り出し

便秘や下痢などおなかの調子が悪くなります

 

カナヘイきらきら日和見菌カナヘイきらきら

善玉菌・悪玉菌のどちらにも属さない、優位な方に同調する

 

 

理想的な腸内細菌のバランスとびだすうさぎ2

善玉菌2 悪玉菌1 日和見菌7

このバランスに腸内を保つことが大切です

日和見菌の数が大多数カナヘイびっくり

悪玉菌が増えることで、悪玉菌が出す有害物質も増え、おなかの調子だけではなく、腸から有害物質を吸収することで、生活習慣病・肌荒れ・老化・肩こりなどにも関係していると言われています。

 

バランスを保つためにあんぐりうさぎ

乳酸菌などの善玉菌の摂取で善玉菌の数を増やす。

 

乳酸菌などのえさになる食物繊維、オリゴ糖などの摂取が重要です。

 

善玉菌と悪玉菌のバランスが2:1なのですぐに良くも悪くもなります。

普段の食生活や睡眠など生活習慣を見直し善玉菌優位の『腸内フローラ』を保ちましょうとびだすうさぎ2

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-12-02 08:33:49

酸素カプセルの業者のHPに載ります

テーマ:スタッフの日記-山下
{2108D779-C6D1-4E7C-8DA6-D8D3A1ABDD3C}

{68F00AC1-2858-4D07-84AB-89735B73CC46}

{A289A50A-1146-4F6C-9381-39571B9121E4}

{532D8B97-92EA-4578-8A2F-E82DE0FCAD18}

こんにちは、山下です爆笑

トリニティーの酸素カプセルでお世話になっている神戸メディケアさんのホームページにモリタ整骨院が掲載されます。

イェーイ爆笑

神戸メディケアの方と共同で作らせて頂きましたが、モリタ、TMCC、トリニティーと掲載させていただいております。

治療→トレーニング→癒し
が、より患者さまに浸透していき
患者さまが健康になって頂ければと思います。

僕達も酸素カプセルを利用しますが
本当に体が楽になり、気持ちも前向きになっていきますニコニコ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-11-30 08:30:59

コレステロール・中性脂肪の Q&A

テーマ:スタッフの日記-永井

年末年始が近づき、外食が増える時期ではないでしょうか?おねがい

こんな時に、健康としてコレステロール・中性脂肪の疑問を少し解消いたします。グラサン

真顔質問

①お正月から暴飲暴食が続き、LDLコレステロールの値が高めだったので、さらに上がるか心配です。

ひらめき電球回答

×。コレステロール値は数日の食事では左右されません。生活習慣の影響で高い場合は、最低でも1ヵ月以上の生活習慣が影響していると考えられています。

 

デレデレ質問

②太っていないので、コレステロールや中性脂肪に注意する必要はないと思います。

ひらめき電球回答

×。体重とコレステロール値には相関関係は有ると思いますが、痩せているのにコレステロールが高かったり、太っているのにコレステロールノ値が正常な方もいます。太っている=高コレステロールと言いえず、「隠れ肥満」=見た目は痩せているけど…って言う方もいます。

隠れ肥満の方は、中性脂肪がお尻や、太ももに付く「皮下脂肪型肥満」や内臓に付く「内臓肥満型脂肪」が注意です!

 

ニヒヒ質問

③閉経後、LDLコレステロールが高くなり、薬を併用しています。今は正常値を保っていますが、食事や運動にも注意をする必要がありますか?

ひらめき電球回答

。女性は閉経後、生活習慣に変化が無くともコレステロールや中性脂肪が高くなりやすいです。閉経後は女性ホルモンの分泌が低下するためです。

※女性ホルモン=エストロゲンは脂質バランスを保ったり、血中LDLを低下させて動脈硬化から守る働きが有ります。

 

ウインク質問

④LDLが高いと言われて、卵を1週間に2~3個に制限しています。

ひらめき電球回答

。卵黄にはコレステロールが多いのですが、卵を食べてもLDL値が上がらない人もいれば、敏感に反応して上がる方もいます。個数については一概にいえません。

※食事との関連が見られる場合でも、コレステロールを含む食品をすべて避ける必要は有りません。例えば、タコ・えび・あさりなどにもコレステロールが多く含まれますが、体内でLDLを増やす飽和脂肪酸は少なく、コレステロールの吸収を抑えるタウリンも含まれています。「一度に大量に食べる」「毎日食べる」などの極端に偏った食べ方をしなければあまり問題は無いでしょう。

 

ムキー質問

⑤LDLが高いと言われ、家族は和食を勧めています。

ひらめき電球回答

昔の日本食は、魚や大豆食品、野菜、海藻類が主流でしたので、コレステロール対策には向いています。

 

笑い泣き質問

⑥コレステロールが高いと言われ、運動を勧められています。月に2度のゴルフに行っているので、十分ではないでしょうか。

ひらめき電球回答

×。運動には中性脂肪を減らしたり、HDLを増やしたりする効果が有ります。しかし、まとめて運動するのでは、コレステロール対策にはなりません。運動はウォーキングなど、有酸素運動と筋肉を鍛える筋トレを組み合わせるのがよいでしょう。

毎日行いのが理想ですが、週3回は行ってください。

 

 

以上が今日の健康で載っていた、コレステロール対策Q&Aでした。

知っている事や、新たに気づいた事もありましたが、コレステロールが高いと言われたら、一人で解決に向かわず、周りの人の協力も得て、取り組めば改善してくると思いました。

大抵の場合、周りの意見の方が正しいので、その意見に素直に取り組む事が大切だと思います。

 

 

永井

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-11-26 08:22:34

関西大会決勝!!

テーマ:スタッフの日記-森

どうも、森ですひらめき電球

 

いよいよ明日(27日)は高校アメリカンフットボールの関西大会決勝です!!

 

啓明学院   対   関西学院

 

のともに兵庫県同士の対戦になります音譜

 

患者さんも啓明学院側にはおり、今年は注目していますウシシ

 

啓明学院が優勝すれば、初めてのことなので、是非頑張ってもらいたいと思います!!

 

天気はあいにくの雨の予報ですが、雨の試合は何か起こりそうな予感もしますニヤ

 

明日、神戸の王子スタジアムで13:30~キックオフになります!!

 

見に行ければ見に行きたいと思います!!

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-11-24 13:30:56

12月〜1月にかけての病気・事故

テーマ:スタッフの日記ー中作

こんにちは!

中作です。

あっという間に12月ですね☃️

今回は12月から1月にかけて多い「病気.事故」をご紹介します!


[12月]

・インフルエンザ

インフルエンザは3つに分類されます。

A.B.C型に分かれます。


(症状・特徴)

A

  • 38を超える高熱
  • 関節痛、筋肉痛
  • 肺炎を含む、呼吸器系の合併症
  • 脳症などの合併を引き起こすことも


B

  • 下痢や腹痛を引き起こす事が多い
  • 人と人との間でしか感染しない


C

  • かかるのは4歳児以下が多い
  • 症状は軽症
  • 鼻水くらいの症状、他の症状はあらわれない事が多い


インフルエンザとかぜの違い※

[インフルエンザ]

  • 1年を通し散発的
  • 上気道症状
  • 緩徐に発症
  • 通常は微熱(3738℃)
  • 喉の痛み
  • くしゃみ
  • 鼻水など


[風邪]

  • 冬季に流行
  • 全身症状
  • 急激に発症
  • 高熱(38以上)
  • 全身倦怠感
  • 関節痛、筋肉痛
  • 頭痛
  • 食欲不振など


・飲酒事故


[1月]

・ノロウィルス

  • 毎年11月~1月に流行する感染性胃腸炎です。
  • 特に抵抗力の弱い子どもや

       お年寄りに感染しやすい。

  • 非常に感染力が強い



・暖房器具による低温火傷


・積雪による転倒事故


・乾燥による皮膚の疾患など


(インフルエンザ、風邪、ノロウィルスの感染経路)

  • 主に飛沫感染
  • そして接触感染


(インフルエンザ、風邪、ノロウィルスの予防と対策)

  • 手洗い、うがい
  • 手指の消毒
  • 人混みをさける
  • 予防接触
  • マスクの着用


厳しい冬を乗り越えて春に向けて元気でいれるように、予防と対策を取り組んでいきましょう(^^)☘️

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。