2017-01-31 15:14:05

WTA台湾オープン

テーマ:あゆみブログ

 

台湾オープンの予選1回戦は中国のZhang Kai-Lin選手に6-3、6-2で勝ち、予選決勝はチュニジュアのJabeur選手に3-6リタイアという結果でした。

 

 

予選1回戦の勝利は凄く久しぶりの勝利だったのでセカンドセットの途中は少し緊張も出ましたが、相手のダブルフォルトにも助けられ、なんとかまず復帰後初めて勝てたのは嬉しかったです。

ただ、次の日の予選決勝では手首に負担がきていて痛みが出てしまい、また最後まで試合出来ず残念な結果になってしまったので、満足な納得のいく大会にはなりませんでした。

 

 

 

手首は確実に強くなってきていて良い状態になりつつありますが、まだ連日の練習、試合に耐えられるようになるにはもう少し時間が必要な感じです。

今回の大会でオーストラリアの時より少し試合の感覚を掴んだ所もあったので、どんどん試合に出たい気持ちもありますが、今はまずはしっかりケアをしてもう一度手首を良い状態にする事が一番大事なので、次の試合は約三週間あいてマレーシアでの大会になります。

 

 

今回少し得た試合の良い感覚を忘れないようにしながら、手首のケアと強化、課題に取り組んで良い準備期間に出来るようにしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)

森田あゆみさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

15 ■追い上げ。

 ランキング830位が付きました。
(^0^)p
 今年は、できるだけ、ランキングを上げて、トップを追い上げたいところです。
 ゴールスプリント、継続ですね。
 ファイト!

14 ■お体お大事にしてください

まだまだこれからです!

あせることなく一歩一歩
前を向いて進みましょう!

いつも応援しています。

13 ■休憩時間に、本か漫画。

 練習の後は、休憩をしないといけないですが、その時に良く活用するのが、漫画ですね。(^0^)/
 最近のスポーツ漫画は、作家さんが現場を取材してから作るので、臨場感があります。
 スラムダンク、弱虫ペダル、ベイビーステップ、火ノ丸相撲、なぎなたのあさひなぐなどが、お勧めです。
 主人公の成長が見れます。
 なるほどと思う場面もありますね。
 (^0^)p

12 ■レース中に起きることに。

 一般のレースや国際大会のレースでも、時々あるのですが、先頭が、道に迷ったり、コースを外れたりすることが、あります。
 迷ったり、悩んだり、分からなくなった選手は、置いていきます。
 レースなので、リタイアの時は、大会のスタッフが回収してくれるので、心配はいりません。(^0^)/
 とにかく、先頭、ゴール争いは、スピード優先です。

11 ■一瞬の差が、勝利に。

 今年は、ほかのチームや選手のことは、あまり、考えないで、ゴール、勝利だけを狙っていきます。(^0^)/
 他の選手との、一瞬のダッシュの差が、優勝かそうでないかを分けます。
 休むところは、休んで、全速力で進みます。
 

10 ■今年は、対策をしましょう。

 今年は、対策を立てましょう。
相手も、最新のフォアハンド狙いを使ってくると予想します。(^0^)/
 練習相手にも、バックハンド狙い、フォアバック平均狙い、そして、フォアハンド狙いを中心に対策を立てます。
 ある程度、相手も森田さんと同じ戦法で来ると、予測を絞ります。
 今年は、海外勢の傾向もつかめてますのでですね。(^0^)p

9 ■2回戦は残念でしたね

1回戦ストレート勝ちで2回戦も楽しみにしてましたが
故障箇所の負担が気にかかってました
2回戦の勝敗よりリタイヤの事が気にかかりましたが
また試合出来る状態でなによりです
個人的にITFのスケジュール見てエントリーを気が向いた時にチェックしてたりしまして
オーストラリアの大会でPって書いてて
プロテクトランキング使ってエントリーしてるのかなと思いました
でもせっかくならアジアの貴重なツアーですね
マレーシアって昔にフェドでシングルス全勝でしたっけ
相性が良い場所ならなによりです
怪我と仲良くやっていって
良い状態で試合に

8 ■手首の故障の再発、痛いですね。

どうしたらよいのか、今、私にはわかりませんが、ともかく、前の負傷が100%の完治していないのであれば、トレーニングの時も負担を少なくするために、サポータを使うとか、テーピングするとか、何か工夫が必要かと思いますがどうでしょうか。サポーターと言えば大相撲の力士の膝サポーターなどを思い出しますが、テニスでも、何かしっかりと効能のあるサポーターはないものでしょうか。ともかく、元気を出して、チャレンジ精神を発揮して、一つ一つ焦ることなく、頑張って進んで下さい。
前へ、前へ、がんばれ!!!

7 ■レースの分岐点。

 今は、レースの分岐点、分かれ道なので、意見が分かれると思います。
 最近、人気の漫画、弱虫ペダルのインターハイ、レース中みたいになります。
 時間があったら、森田さんも弱虫ペダル、読んでみると面白いかもしれません。
(^0^)/
 気分転換にも良いかもしれませんね。

6 ■振動が伝わらない工夫を

とにかく、治療を第一にね。
手首は、ラケットの振動で痛くなるとすると、振動を少しでも伝わらないように工夫をしたほうがいいよ。
最近、各ラケットメーカーもグリップに減衰ゴムを入れている。
1トーナメント6試合戦える身体にしてくださいね。

5 ■森田あゆみ、テニスレッスン。

 もうそろそろ、年齢的に、森田さんも、キャプテンや代表をしたり、ジュニアや若手選手から、レッスンを依頼される時期に、なりつつあります。
 森田さんに、レッスンを見てほしい人は、たくさんいると思います。
 (^0^)/
 そういった依頼にも対応していかないとという感じですね。
 試合以外の仕事もやりながらという感じになっていくと思います。

4 ■ゴールスプリント。

 大体、30歳をめどに、第1次レースは、終わります。
 森田さんの場合、今年、来年くらい、ゴールスプリント、ラストスパートがあって、ひと段落、お休みが発生します。
 休みを取る期間は、ありますね。
(^0^)/
 今は、ゴールスプリント、ゴール前ラストスパートの時期に入ってますね。

3 ■けがについて。

 人それぞれでしょうが、1年間というシーズンを送るうえで、スポーツ選手の場合、痛みがないというのは、結構、少ないと思います。
 体のどこかが、痛いというのはあるけれど、試合には出るというのが、普通でしょう。(^-^)
 大けが、靭帯とか、骨がおかしくなければ、試合に出ている人もいますね。
 参考までにですね。
 森田さんの判断で、良いと思いますけどね。

2 ■良いのでは、ないでしょうか。

 復帰後の試合感覚も戻ってきて、良いのではないでしょうか。
 手首の感覚でしょうか、様子を見ながら、調整でよいと思います。
 ただ、森田さん世代は、スパート期間に入っており、ダッシュはつづけないとですね。(^0^)/
 今年は、走行速度が上がってます。

1 ■その先を目指して

プロである以上

長いキャリアを考えての勇気ある撤退は必ず必要

アスリートにとって自分のカラダが全てです

絶対に無理はしないでください

我慢する事も勝利へのステップです

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み