1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年09月30日 18時38分00秒

つながる

テーマ:ニチジョウ
季節の変わり目、

風邪をひきましたね。

寝たきりで体が痛い(´Д` )

森です。












昨夜のライブは

新鮮でした。



全部が全部、知らない方々との共演のときは

初々しい気持ちを思い出す機会にもなりますが、

胸を張ってお客さんに「この日はいいぜ!」

と言えない日でもあります。







それはそれでもどかしいものですが、

その分燃えるのもまたセオリー

お客さん達によっては

常に新しい出会いを求めるハングリーさを持ってらっしゃったりして、

それは僕らの裁量では計り兼ねますからね。

演者1つ観れたらいいや、という方には

その限りではないのかもしれませんが

俺はイベント単位、時間でようやくあのチケット代、

という概念が消せない。




お節介のし過ぎも野暮というものでしょうが

果てにはいろんな形、いろんな形態で

バンドのメンバーにこだわらずライブをしていきたいと思うが故に

いつかは、

「まぁ森が居るなら安心」というぐらいに

信用を頂き、

空間支配を出来る人になりたいとは思います。

まだまだ手先に過ぎない駒ですから、

視野も技術も拡げていきたいものですね。

















そして今日は

結果、いい日だったと思われます(当事者比)

「良くなかった日」には

良くなかったねぇ、だなんて言えないんですけどね笑

まぁ何より俺の観点だし

それは元々、明言も出来たものじゃないんですけどね。






ドサ廻りのような活動に、

きっと閉じていいようなタイミングはないでしょう

それはどんな名優にも終わりはないように思います。

それでも理想には

安心安全な空間を手に入れたい。

うん

その仲間探しを

ひたすらしているんだとしたら、

それはすべて有意義だ。

ふれあいひろばのような場所が

その都度グレイドアップするようにするには

やっぱりドサ廻りというか

当てずっぽうででも、旅をし続ける必要がある。

自分1人でできることなんて

本当に少ない。

みんなでやれることは

本当に多い。














{68FDC3E6-3CC8-48AB-A678-9616BC8B4AE7}
この日主催だったメロラインのけーすけくんと。

誘ってはもらったものの、初対バンでした。

やらかい物腰と歌と

でもそれでもどこか潜めているような。

未だ全然知れてはいないんだけど、

実は二、三年前にはニアミス、というか

アマオトを見てくれていた。

そのとき対バンで出ていた

ロメロって盟友バンドを観に来た時だったそうなんだけど、偶然ね。

新しい出会いなんだけど、

旧い出会いだった。みたいな面白。



メロラインは

贔屓するわけでなく

人柄が出たライブが素敵だった。

個人的に、通して観ても何者かわからないようなキメキメのライブよりは

やはりうっかり心を開いてしまうような朗らかな人の

演奏が好き。

勘違いしたようなそれでもなく、

一方通行のそれでもない。

誰に習ったの?っていうような無茶なフリや

突然のキレ芸とかは嫌いだから、

とても自然にニコニコ出来た。


思ってもないことを書く器用さはあっても、

正直最近はそんな体力は使いたくない。

だからこれは真実。

それでも何か思ったこと沢山意見させてもらっちゃったけど、

これは俺なりには愛情表現。

ちゃんと聴いてたんですってアピールかも知れない笑。










いつかの活動が、

こうして年を経て身を結ぶ。

明確な褒美なんてないことが多い生活だから、

何にもならないことが当たり前。

何ならマイナスが当たり前。

そんな中でのこの感動はひとしおなんですよ。

SNSでのエゴサーチという奴、

これはそれへの飢えでしょうね。

手に残るものが多くない、

それでも何か成果を見出したい。感じたい。

そうでなければ渇いてしまうから。

あんまりいい風潮ではないですけどね。
















{82D7129B-9A11-41CE-A0E7-443CFDD43A54}
アマオトってバンドを始めてからようやく

俺個人の、

バンドマンとしての建設的なことってのは

動き出したようなところもあって。

それまで物心ってものがなかったんじゃないかってぐらい色々に気づきました。

いやそれはある意味純粋に

ただただバンド演奏が好きで、

やっていたんだけども。

ライブハウスにノルマを払いスタジオ代を払い

その為に働くんだけども、

お客さんを惹きつける方法がわからなかった。

ほんとに、まったく、都市伝説かってぐらい

諦めてた。

形式的に、その段階を踏むんだろう?

ってな感じでやってた。

上手くなればきっと、みたいな

漠然としたものだったし

正直いまでもよくわかってない。

って言ってるいまでも勿論、

ビジネスとして見たなら破綻しているんだけど

この環境になることすら、予想してなかった。

そもそも期待してなかった気がする。

その時の、

何も求めない気持ちもまた、

ふと見本のように見えたりするからわからない。

純粋な

楽しいなって気持ち。

こればっかりは失っちゃいけないね。

いま見えている不満や不安、

これらは払拭していかないとな。







何千人とか何万人に興味はなくて

何十人でたぶんほんと十分なんだろうなって思う。

ただその人達を余さず笑顔にできるような

ガン細胞を減らせるような

人にはなりたい。

たまにでいいんだよ

たまに会いに来たくなるような

駄菓子屋のおばちゃんみたいな

俺でありたい。

















けーすけくんが

その当時も配ってた無料のステッカーを

手帳に貼ってくれてて。

ほんと驚いた。

話したこともなかった奴らのステッカーを貼ってくれてるなんてさ

凄いよね。

嬉しいを飛び越えてしまう。















思い出したから貼っておきます。

当時もアイフォンで作ってた3rd Singleのshort MV。





こういう遊びも、

挑戦も、

もっとやっていかないとな。

















うん。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
同じテーマ 「ニチジョウ」 の記事
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。