20080131220553.jpg

中京テレビでご一緒させていただいてる「TARO」。


次の春が来たら、もう2年。


早いです。



相変わらず、石田さんは
ジェントルマンだから、
たくさんのことを
勉強させていただいてます。



こんな話を、以前していただき、

深く心に残っています。




私が石田さんに、


「なぜ、そんなに怒らないのですか?」

と、尋ねた所、


「じゃあ、例えばね、
俺が白いパンツを履いていて、
お店の人が赤いワインを溢したとして、
そこで怒っても、
赤く染まった白いパンツは、戻らないんだよ。」



と。




石田さんらしい喩えで、

めちゃ分かりやすい。


なるほど。


怒っても仕方ないし、


でも、諦めるわけじゃなくて、


悪気がないのだから、
溢してしまった人を責めるのも違う。



大人だなぁ。


そんな素敵な考えができ、実際そうである素敵な大人に、
私もなりたいな。


それ以来、
なにかイラっとしても、赤いワインを思い出して、
笑顔を取り戻しています。
魔法みたいに、
落ち着くの。
オススメです。


怒っても、
怒った後で、

自分を怒る。


そんなことで怒ってしまった自分を恥じて。


気持ちがまだまだコントロールできない。


ちょっとしたことが、
顔に出ちゃう。


出したら、焦って、


取り返しに行く。



怒ることは減った。


でも、
どこかで我慢してるんじゃないか。



怒り方が下手になってるのかも。




感情を上手く伝えるのは難しい。


素直な気持ちを大切に。

素直に伝えることを大切に。


人の立場に立って考える。


それが、また、いろんな人がいるから、
難しい。



でも、


最後は、


成りたい自分。

自分が憧れる自分になれるように。



日々、努力です。
AD