2011-10-10 11:52:10

交通広告

テーマ:ビジネス
脳波を読み取って、
その人に会う広告、または情報を脳にだけ展開するってことできんかねー。
AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2010-12-31 15:05:47

結果を出す

テーマ:ビジネス
真面目な話。


営業にとっての評価軸の重要要素に、
売上や粗利があるのだが、
いずれも目に見えやすい。

そして、わかりやすい。

結果を出すためのプロセスも去る事ながら、
評価されやすい。

そして、達成感がある。

さらに、結果を出しながら、周りからも信頼されることも非常に大切で、
この意識は、大学の頃に痛感した。


結果を出す、そしてナンバーワンになることのメリットは結果以上にあって、
「あらゆるものが集まってくる」と、元社長が言っていた。

さーて、
来年はさらに結果を出せるように、
どこかの分野でのナンバーワンを取ろうと思った年末。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-10-20 18:29:40

Twitterの活用

テーマ:ビジネス
「Twitterとは何かを理解し、いま企業のマーケティング用途において
どういうことが行なわれているのかを知る」

=============================================
●Twitterとはなにか:
=============================================
▽Twitter概要
http://www.slideshare.net/siva001/twitter-1665366
▽Twitter Report
http://www.slideshare.net/dramroll/twitter-report
→覚えるべきキーワードは、follow,follower,Reply,DM,RT,「なう」あたり。

▽[WBS][動画]“つぶやき”が生む 新ビジネスとは:ワールドビジネスサテライ
ト:テレビ東京
http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/highlight/o1_180.html

▽YouTube - NHK「おはよう日本」Twitter特集(10/16)
http://www.youtube.com/watch?v=kewVwddFL0k
▽YouTube - NHK「ニュースウォッチ9」 Twitter特集(前半) (10/16)
http://www.youtube.com/watch?v=7Y19EOmAYK0
▽YouTube - NHK「ニュースウォッチ9」 Twitter特集(後半) (10/16)
http://www.youtube.com/watch?v=mxyoafhl1pg
▽YouTube - NHK 経済ワイドビジョンe Twitter特集 (2009/10/17)
http://www.youtube.com/watch?v=Fzprsl9ZRaQ
→全世界で5000万人以上。ただし日本では30~50万人程度と思われる。

=============================================
●Twitterにまつわる数字:
=============================================
▽Inside Twitter(Twitterの本当の姿) | マーケティングis.jp
http://marketingis.jp/archives/632
> 「全ユーザーの85.3%の人は1日1回も投稿しない」
> 「全つぶやきの75%が、全ユーザーの5%によるものである」
→アカウント数が増えようと、ほとんどの人は何も投稿していない。

=============================================
●Twitterのマーケティング活用事例(US):
=============================================
▽企業とTwitterの向き合い方:ベストブランド100が指し示す企業Twitterの現
在地 (1/4) - ITmedia エンタープライズ
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0910/16/news003.html
> 100万人を超えるアカウントは「Google」(151万人)、「DellOutlet」(114
> 万人)、「amazonmp3」(104万人)の3つだ。10万人超のアカウントはStarbucks
> (29万人)、MTV(33万人)の2社だけで、56社のうち32社(57%)は1000~9999
> 人までの規模となっている。
→ほとんどの企業の被follow(followers)は1万未満である。

> Twitterを活用している企業の目的はさまざまだ。ベストブランド100社を分析
> すると、Twitterの活用目的は、(1)企業の広報、顧客との対話窓口、(2)
> 製品サービスの広報宣伝、(3)支社の広報、顧客の対話窓口、(4)EC(電子
> 商取引)およびリアル店舗との連動(バーゲン情報など)、(5)企業の求人
> 募集、(6)製品サービスの改善アイデア募集――の6つに分類できる(図5)。
>
> エバンジェリストの人物像としては、(1)企業の公式ブログの責任者、(2)
> ソーシャルメディアに精通した広報担当者――のいずれかが多い。責任者の顔
> を見せておくことで、企業側は顧客とのトラブルが起こったときに、前面に出
> ている責任者の問題として限定できる。これにより、全社にトラブルのリスク
> が及ぶことを回避でき、全社的なリスクマネジメントにつなげやすい。またユー
> ザー側にとっては、担当者とより人間的な対話や交流ができるメリットがある。
→なぜリスク回避になるというのがよくわからないが、もともと属人性の高い
サービスなので担当者の人間性が出たほうがいいのは同感。

▽【ベストバイ】、事例分析!大手チェーンもツイッターを使いだした:激しく
ウォルマートなアメリカ小売業ブログ
http://blog.livedoor.jp/usretail/archives/51238725.html
> ■ベストバイは19日、電化製品などの質問をスタッフが回答する同社のツイッ
> ター・アカウント『ツェルプフォース(twelpforce)』を立ち上げた。ツエル
> プフォースとは、ソーシャルネットワークシステム(SNS)を利用したカス
> タマーサービスで、ツイッターの「アット・ツェルプフォース(@twelpforce)」
> 宛てに質問を投げかけると、先に登録したベストバイの従業員(現在のところ
> 約800人が登録)が回答してくれるというもの。
> 同社マーケティング主任のバリー・ジャッジ氏は「お店をオープンしてれば、
> 誰かが買いにくるだろうというのは古い考え方です。新しい(マーケティング
> の)世界では、情報を欲している人を見つけ、惜しみなく情報を与えることで、
> その方にお客様になっていただくのです」と語った。
→Twitterは無料でも、人件費はかなりなもの。それを上回る利益はあるのか。

▽Twitter on Marketing(USのTwitterマーケティングの事例) | smashmedia
http://smashmedia.jp/blog/2009/06/002888.html
> たしかにこういうセール情報を不特定多数に配信するインフラ(プラットフォー
> ムのほうが適切ですね)として考えたら、Twitterは使えるんだろうな。Follow
> の数次第だけど。
> メールニュースだと事前に登録してもらわないといけないし、RSSでもリアル
> タイムで見るわけじゃないので、早いもん勝ちの場合はTwitterが最強かもし
> れない。
→Dellは累計で300万ドル以上の売上。在庫処分のチャネルとしては有効。

=============================================
●Twitterのマーケティング活用事例(JP):
=============================================
▽公式Twitterアカウント一覧 - MarketingPedia
http://marketingpedia.jp/index.php?title=%E5%85%AC%E5%BC%8FTwitter%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%88%E4%B8%80%E8%A6%A7
→大小さまざまな企業が取り組み始めているが、成功事例は少ない。

▽「身近なサーチエンジン」目指す--NAVER、Twitterの「おまとめマン」キャン
ペーンに手ごたえ:マーケティング - CNET Japan
http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20401181,00.htm
> おまとめマン担当の社員は、出社してから退社するまで、ひたすらユーザーか
> ら依頼のあったまとめを作っている。もちろん昼休みはあるが、キャンペーン
> 期間中はデスクで食事することが多くなったという。
→☆人力の限界と、ファン作りの可能性。

▽Twitterによるアクティブサポート | smashmedia
http://smashmedia.jp/blog/2009/09/003040.html
> 従来のパッシブサポートに対して、アクティブサポートとでも言うべきあり方
> はソーシャルメディア時代では当然行なわれるべき話で、企業はどんどん適応
> していかないといけないと思います。
> これまでのように「困ったら電話してこい(メールしてこい)」ではなくて、
> そこに困ってるとつぶやいてる人がいるのが見えてる以上、近づいて行ってサ
> ポートするのは当たり前のことです。
> それができるようになったのは、むしろ歓迎すべき話だと思っています。
→離反予備軍に対しての積極的なアプローチが必要。

> でまあこういうのは先日書いた通り、ウザがられることはあります。服屋で半
> 分時間つぶし目的で見てるだけなのに「何かお探しですか?」とか話しかけら
> れるとイヤですしね。そういうときはせめて「サイズがなければ探しますので
> 仰ってくださいね」くらいにすべきで、このあたりの距離の取り方をうまくや
> るのが、いま求められてるスキルなんでしょうね。
→空気が読めるか?

▽Twitterのおかげで2年間放置されていたバグが発覚した件 | smashmedia
http://smashmedia.jp/blog/2009/09/003042.html
> ソーシャルメディアをウォッチすることで、顧客の声を聞くことはできます。
> これだけならひとりでもできます。でもそのあとサポートやシステムと連携し
> て対応できないと意味がない。そこまでやって、やっとまともに機能するわけ
> で、お客さんに返す(サポートする)工程がなければ、何もしないのと同じ。
> そのためには社内の柔軟かつ迅速な連携が必須。
→☆Twitterに限らずだけど、ソーシャルメディア上の顧客の声に耳を傾け、
きちんと全社で対応することが大事。

=============================================
●Twitterの企業利用に適したツールの紹介:
=============================================
▽かなり使える、企業利用向けTwitter周辺サービスのまとめ | smashmedia
http://smashmedia.jp/blog/2009/10/003095.html
> 細々と、でも地道にやってるブックオフオンラインのTwitterアカウントの運
> 用でぼくが実際に使ってるツールを紹介します。
→CoTweet最強。

▽Twitterの情報伝播を可視化する技術--ホットリンクが開発:マーケティング -
CNET Japan
http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20400331,00.htm
> ホットリンクはTwitterのつぶやきが、どのようなキーワードで、どれだけ多
> くのユーザーに、どのように広まったのかを解析する技術を開発した。
→用途がどれだけあるかはまだなんとも。

=============================================
●Twitterを利用したマーケティングの可能性:
=============================================
▽企業がTwitterを使う可能性 | smashmedia
http://smashmedia.jp/blog/2009/06/002885.html
> これをサラリーマンがやるのはかなりしんどくて(同じことはSecond Lifeで
> も思ったんだけど)、ユーザーが24時間365日コミュニケーションを求めてる
> のに、企業側がそれに応えられないのはちょっとね。
> けっきょく今ぼくらが銀行や役所に抱いている「なんで15時とか17時に閉める
> んだ、バカ」というのと近い感情が生まれちゃうことになる。
> (DELLのようにセール情報を流すだけなら別にメルマガと大差ないのでいいん
> だろうけど、個人的にはそういう取り組みは興味がない)
→メールニュースと同じような垂れ流しなら簡単だけど、対話を始めようと
思うとブログ以上に大変(リアルタイムだし、Replyも多いので)。

▽Second Lifeのバカ騒ぎを忘れるな 「Twitterでマーケティングをしませんか」
に要注意(1/2):MarkeZine(マーケジン)
http://markezine.jp/article/detail/7893
> つまり、ぼくらはSecond Lifeのバカ騒ぎからきちんと学んでいかないといけ
> ません。「フィールド・オブ・ドリームス」じゃあるまいし、何かを作っただ
> けで人が集まってくるほど簡単なものではないのです。
→Twitterでクチコミは起こらない。理由は2つ。リーチの問題とログの流動性。

▽「グランズウェル」著者に聞く、企業がTwitterを有効活用する方法(1/3):
MarkeZine(マーケジン)
http://markezine.jp/article/detail/8456
> 「Twitterをやっていて、何人のフォロワーがいるなんていうことは企業に
> とってどうでもいいことです。実際にTwitterを使って会社の売上がどのよう
> に変化したかというのが重要です。また人々の企業に対する発言がどのように
> 変わったのか、ということを測定結果としてフォローするということも重要で
> す。フォロワーの数ではなく、人々の姿勢や認知度、企業がメッセージを出し
> たときにちゃんと受け止めてくれるか、またビデオなら最後に表示される
> URLにどれだけの人がクリックしてくれているのかを測定するというところを
> 絶対に外してはいけません」
→follower数よりも売上が重要なのは同意。

▽「グランズウェル」著者に聞くTwitterマーケティングのコツ:特集 - CNET Japan
http://japan.cnet.com/sp/twitter2009/story/0,3800100455,20399263,00.htm?tag=nl
> 企業は自ら調査を実施し、ソーシャルメディアを利用したことによって人々の
> 態度がどう変わったのか、実際に自分たちのサイトを何回訪れてもらったのか、
> クチコミの中にどんなポジティブな情報が含まれていたのか、こういった点を
> きちんと調べることが、説得力のあるコミュニケーションをする上で必要にな
> ってくるでしょう。
→効果測定は大事。でもなかなか手法においては難しいのが現実。

▽Twitterは不特定少数向けのサービス | smashmedia
http://smashmedia.jp/blog/2009/08/003016.html
> どうも「リアルタイムに、大勢に、自分の言いたいことを、一斉同時配信でき
> る」ツールだと思ってる企業のマーケターが多いと思うんだけど、そういう側
> 面はありつつも、そんな使い方では信頼関係は築けない。だってそれはbccの
> メール配信と変わらないから。
>
> だからどこの誰かはわからなくても、きちんと相手をイメージして、個別に
> (あるいは小規模のクラスタに対して)語りかけ、会話を実現できるツールだ
> と捉えたほうがいい。
> 不特定少数がだんだん特定化されていくのが理想的。さらにその頃にはまた新
> しい不特定な人たちが現われると思うから、地道にやり取りを続けると。
> 結果として「そこそこ特定そこそこ多数」な状況が作り出せればベスト。

> 属人性が高いサービス・ツールであればあるほど、「不特定多数に発信したい」
> という誘惑に打ち勝たなきゃいけない。
→Dellだけが成功パターンではない。自分の企業にあった活用法を考えるべき。

▽Twitterをマーケティングに活用するポイント 【MarkeZine Day 2009】(1/3)
:MarkeZine(マーケジン)
http://markezine.jp/article/detail/8589
> Twitterが広まっている要因について津田氏は、“リアルタイム性”“
> 強い伝播力”“オープン性”“独特のゆるい空気感”“使い方の自由度が高い
> ”“属人性が強い”と、独自に分析した6つの特徴を挙げ、それぞれについて
> 解説をした。
→最初の2つと最後のは納得。あとはべつに「Twitterの」って話でもない。
Twitterユーザーはそれほどゆるくない気がする。

> 「Twitterは『マーケティングに使えるんですか』と聞かれれば、『
> 間違いなく使えます』と言えます。ただ、よほどうまくやらないとブログとあ
> まり変わりません。1番のポイントはコストが本当に安いことです。無料でア
> カウントを作って、1人専任の人を置くだけでそれだけで情報を発信していく
> ことができます。かつユーザーのゆるい空気というのがあるので、できるで限
> りやればいい、あらゆる面で安いので『やらないよりはやる方がいい』という
> のが僕の意見です。
→属人性が高い、というのと関係してくるけど、コスト面に関しては安くない。
むしろブログのほうがよっぽど安い。週に数時間でいいので。
そもそも専任を置くにしても、1人では不可能(休めないので)。

▽Twitter のフォロワー数が重要ではなくなる日:シロクマ日報:ITmedia オル
タナティブ・ブログ
http://blogs.itmedia.co.jp/akihito/2009/10/twitter-5e70.html
> そもそもRTやハッシュタグなどといった機能により、フォローの壁を超えてメッ
> セージが伝わるということは既に当たり前の話になっています(参考記事)。
> リスト機能が正式公開されれば、そこにもう1つ情報経路が加わることになる
> わけですね。効果測定をするのはますます難しくなってしまいますが、「よい
> コンテンツを発信していれば自然と多くの人々に伝わる」という当然の状況が、
> さらに生まれやすくなるのではないでしょうか。
→Twitterでの情報伝播経路に「リスト」が加わる。

=============================================
●その他、参考程度に:
=============================================
▽押さえておきたいTwitter活用の基礎知識:特集 - CNET Japan
http://japan.cnet.com/sp/twitter2009/story/0,3800100455,20399230,00.htm?tag=nl
> Twitterはネット上にコメントを投稿しあって、ほかのユーザーとのコミュニ
> ケーションを図るインターネットサービス。1回の投稿文字数が最大140文字に
> 制限されていることから、「ミニブログ」と呼ばれる。

▽Twitter 101 for Business ? A Special Guide
http://business.twitter.com/twitter101/
→公式のTwitterの企業利用ガイド。

▽Why it’s good to tweet(なぜつぶやくべきなのか) | マーケティングis.jp
http://marketingis.jp/archives/664
→ソーシャルメディアツールのひとつである「Twitter」の10のビジネス利用法。

▽Online Ad: Twitter for Customer Service and Branding
http://dramrollonline.blogspot.com/2009/03/twitter-for-customer-service-and.html
> 現在、多くの企業・ブランドがTwitterアカウントを持ち、様々な情報を発信
> している。が、リアルタイムフィードをしている限り、リアルタイムレスポン
> スも求められる。ということは、何らかのトラブルにある顧客の一番欲しい情
> 報を提供すること、一人ひとりの顧客に対応することが重要となる。

▽コミュニケーションチャネルによって求められるレスポンススピードは変わる
| smashmedia
http://smashmedia.jp/blog/2009/03/002706.html
> ブログのコメントであれば翌日、翌営業日に対応しても怒られることはないだ
> ろうけど、Twitterで対応を放置するのは受け入れてもらえない。なぜならそ
> れはTwitterのルール、カルチャーに沿ってないから。
> 少なくとも営業時間内ではリアルタイムに対応しなければならない。
→100%リアルタイムではなくてもいいけど、サポートモードに入ったら
当然チャットとしてのレスポンスが求められる。

▽Twitterのすごいところとよくわかんないところ | smashmedia
http://smashmedia.jp/blog/2009/06/002886.html
> これまでのネットサービス(その中にはソーシャルメディアと呼ばれるものも
> 含めて)、今お腹が空いている人を探すことはできなかったわけで、そういう
> 情報を可視化しちゃったのはすごいことだと思ってます。これまではせいぜい
> アンケートするくらいだったからね。
>
> ただ同時に「じゃあ、いまお腹空いてる人を見つけてどうするの?」という企
> 業のマーケティング上の観点から言うと、話は変わってくる。
> つまり、「Twitterは企業のマーケティングに使えるのか」という点について
> は、今のところは日本では難しいという回答になるし、今後については微妙だ
> けど可能性はあるという感じ。でも正直よくわかんない。

> パソコン通信の頃から、10年以上もオンラインコミュニティを見て、参加して
> きてる人間としては、やっぱり現象的にはすごいことだと思ってるんです。
> これほどネットに、人々のくだらない思考がダダ漏れになったことはかつてな
> いし、革命的ですらある。

▽企業がTwitterを活用する際にクリアしなきゃいけない課題について語り合う
会 | smashmedia
http://smashmedia.jp/blog/2009/07/002962.html
> 実際には、Twitterに限らず、ソーシャルメディアで企業がマーケティング活
> 動をするには多くの課題があります。担当者の人選、その担当者の離職リスク、
> さらには勤務時間や勤務場所などの問題。これらをどうやって解決していくの
> かは、ルールに束縛されている多くの企業では難しいと思います(もちろん労
> 働基準法を守らなくていいという話ではなくて、どうフレキシブルな運用を考
> えるかという話です)。

▽企業がTwitterで会話することの是非 | smashmedia
http://smashmedia.jp/blog/2009/09/003038.html
> 万人に愛されたいけど、それはムリだし、ある人にとっては親切で丁寧だと感
> じる店員の応対が、別の誰かにはウザいと思われちゃうのが現実なので、サー
> ビスというものは必ず万人向けではないのです。
> (もちろん努力はすべきですけどね)
>
> 大事なことは自分たちが考えるサービスなりポリシーをきちんと守って、ぶれ
> ないということ。すべての顧客にフェアな対応を心がけることです。
> ソーシャルメディアな世界では、すべて共有されると思っておくべきで、顧客
> ごとに異なる対応をするとあっという間にバレます。
>
> どこの商品を買っても同じ、どこの店で買っても変わらない、そんな時代だか
> らこそ、あのメーカーのがいい、あそこで買いたいと思ってもらうには、より
> 深く企業と個人が繋がる必要があります。それが信頼だし、それがブランドで
> す。

▽そろそろTwitterの #au2009 についてまとめておくか
http://anond.hatelabo.jp/20091017103956
> # au
> * 事前に被らないか調べなかったアホ
> # なんか怒ってた人々
> * ハッシュタグは最初に使った人の所有物みたいな考えのアホ
→先日あったトラブル。仕組みを理解できてないユーザーを相手にしたときは
常識的な対応を取っても騒ぎになってしまう可能性がある。

▽Ad Innovator: RTされるTweetをつくる5つの方法
http://adinnovator.typepad.com/ad_innovator/2009/10/rt%E3%81%95%E3%82%8C%E3%82%8Btweet%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%82%8B5%E3%81%A4%E3%81%AE%E6%96%B9%E6%B3%95.html
> 1. いつもリンクを入れる
> 2. 140字使い切らない
> 3. RTするときは、何かオリジナルな意見を加える
> 4. プロファイルとURLで信頼度をあげる
> 5. 個人的な面とプロフェッショナルな面を組み合わせる。

▽「Twitterは技術ではなく、人間性の勝利」--Twitter共同創業者Biz Stone氏
来日:インタビュー - CNET Japan
http://japan.cnet.com/interview/story/0,2000055954,20401672,00.htm
> 正直、サービスを作っているときはTwitterには全然期待していなかったし、
> ここまでのポテンシャルがあるとは想像していませんでした。でも初めて
> Twitterのプロトタイプを使ったとき、楽しくて思わず笑ってしまいました。
> それを良い兆候に感じて、Twitterが重要なサービスになるポテンシャルを持
> っていると思いました。

▽「商用APIは年内にも公開」、Twitter創業者インタビュー - @IT
http://www.atmarkit.co.jp/news/200910/15/twitter.html
> 彼らは店内にTwitterキオスクを作ったり、700人を超える従業員がTwitter上
> でいつでも商品に関する顧客の質問に答えるようにスタンバイしているなど、
> 熱心なTwitter利用企業です。またテレビのゴールデンタイムに全米向けに特
> 売などのキャンペーン告知を出して、BestBuyの Twitterアカウントをチェッ
> クするように呼びかけるといったことをしています。

▽Twitterマーケティングの効果測定を考える:特集 - CNET Japan
http://japan.cnet.com/sp/twitter2009/story/0,3800100455,20399653,00.htm
> 現状、Twitterに関して可能な計測は、大きく3つに分けられる。
>
> 1. 流入
> 2. ブランディング計測
> 3. 公式アカウントの魅力

▽企業はTwitterで何をつぶやくべきか? - IDEA*IDEA ~ 百式管理人のライフ
ハックブログ
http://www.ideaxidea.com/archives/2009/07/businesses_on_twitter.html
> * 記念すべきイベントを語ろう!
> * 企業理念を語ろう!
> * 業界事情をちょろっと語ろう!
> * 社員に向けて語ろう!
> * うまくいっている顧客のことを語ろう!
> * 困っている人がいたらきっちり助けよう!
> * フォロアーに質問してみよう!

▽重要なのは、コミュニケーション能力(スキル)ではなく、コミュニケーショ
ン欲求 | smashmedia
http://smashmedia.jp/blog/2009/08/002981.html
> だからソーシャルメディアを活用しようとする企業は、直接語りかけたい、良
> さを伝えたいと思っている社員を担当にすべき。
> 開発の人でもいいし、バイトの人だっていい。ぼくは社員になったと同時に個
> 人ブログを書き始めたけど、それはバイト時代にはそこまで会社に対しての愛
> がなかっただけのことで、愛がある人ならどんどん抜擢すればいいと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-09-30 09:58:57

テレビ朝日とTBSがYouTubeに公式チャンネル開設

テーマ:ビジネス
ついにきました。


http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20090929_318166.html
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009-09-25 13:07:38

新型プレステ3が発売3週間で100万台とニトリ

テーマ:ビジネス
ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は9月24日、
新型「プレイステーション3」が、
9月1日の発売後3週間で全世界実売台数100万台を達成したと発表した。

新型PS3は、
PS3専用ゲームソフトウェアやブルーレイディスク映画をはじめとした、

高品質のインタラクティブコンテンツ、
PlayStation  Network上で展開するサービス・コンテンツを提供する機能・性能はそのままで、

大幅な薄型・軽量化を実現。120GBの大容量HDDを搭載しながらも
魅力的な価格(希望小売価格:日本国内2万9980円(税込)/北米299USドル/欧州299ユーロ)を実現した。


友人からも薦められたのですが、
自分は買わない予定です。


それよりも、ニトリですね。

http://www.ryutsuu.biz/accounts/b091830.html

売上高1388億1300万円(前年同期比18.8%増)、
営業利益236億5600万円(50.9%増)、
経常利益241億6000万円(49.1%増)、
当期利益111億8500万円(30.3%増)

は、たいしたものだと思います。

値下げができるだけの、
低コストでの生産ラインの確保といい、
プロモーションもしっかりしていますよね。




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2009-09-14 21:42:50

お、ねだん以上

テーマ:ビジネス
お値段以上ニトリ。


お!ねだん以上ニトリ。


そんなキャッチの会社ですが、
店舗展開と
顧客満足度には、
目を見張るものがあります。


イケヤや無印良品、
その他の同業社は、
ニトリの成長に危機感を感じていると、
ひしひし思うわけです。


Product、Price、立地、プロモーション、
いずれにしても、
2年は大丈夫でしょう。


あと最近は、
GREEね。


ブイジ回復は素晴らしい!

事業ポートフォリオを考えた手腕と戦略は、
目を見張ります。



今後も注目株です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-28 21:51:34

トヨタ、マーケティングの新会社2社を設立

テーマ:ビジネス
世界企業が動き出しそうです。

http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20090728/170432/

プリウスの販売台数は好調とのこと。
ニッケル水素電池の生産能力を強化するそうです。

電池の供給不足も課題のようですね。

http://www.asahi.com/business/update/0724/NGY200907230024.html

トヨタのマーケ担当は、
面白そう。

これだけの世界規模の戦略を立てられんだよね。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2009-04-18 18:21:01

ランチェスター戦略

テーマ:ビジネス
弱者の戦略
というのがあります。


後発の場合、
マーケットシェアを
いかに取っていくかを
考えると
ニッチでどこで一番をとるかだと思います。

日々反省です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-04-07 08:50:52

安室奈美恵の凄さから学ぶプロ精神

テーマ:ビジネス
自分が小中学生のときに、
流行ったアムラー現象。


二十歳という若さで、
結婚。


一度、ブームを起こした人が、
結婚、
出産、
をすると、
また人気を出すことは、
簡単なことではない。



昨今、また人気が出て、
昔以上の盛り上がりを
見せているのは、
徹底したプロ精神。

だと思ってる。

おちまさとさんも、
言ってた。


一番凄いのは、
彼女のライブ。

mcがない。

ダンスと歌の追究。


これこそプロ魂。

人気歌手が、
ダンスと歌のみに特化しての勝負。

さらに凄いのが、
ライブの完成具合。

二度観ても、
一度目と瓜二つ。

ちょっとの狂いもなく、
進行する。


あまりの出来栄えに、
安室さんのライブは、
リピーターが多い。


あの研ぎ澄まされた、
ダンスと歌を、
何度も聴きにくる人が、
絶えないとのこと。




お金をもらって仕事をする以上、
徹底したプロ魂と、
客を引き寄せる魅力と影響力は、
彼女から学ばせてもらいたい。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2009-02-23 14:13:09

オムニチュア サミット2009へ参加

テーマ:ビジネス
したいですが、
行けず。

この会社とサミットがそうですが、

良い会社や、
いけてる会社や、
いけてるサミットには、

良質の人と情報が集まる。



例えるなら、


類は友を呼ぶ。


違うか。

いや、ちょい当たっているはず。


学歴重視の、
高校受験のようなものですね。




地球上で起こっている、
あらゆることの原理は、
全て同じなのかと、
思うわけ。


うちの会社で起こっていること、
自分の私生活で起こっていること、
それは、
誰かも同じような経験をしている、
に、ほぼ等しく、


そこをどう感じるかが、
感性によって、
異なるのかと、
最近ひしひしと考える。



映画『サトラレ』を思い出す。

それと、
映画『バタフライエフェクト』も思い出す。




話が飛躍し過ぎてはいますが、


オムニチュアは、
そんな思惑で開催しているのかもしれない。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

森健一

バナーを作成 森健一

バナーを作成

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。