1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005-05-31 04:57:18

「30歳の私」

テーマ:ブログ

面白い文集を本棚から発見した。


「平成9年度 第三学年 学年通信」

というタイトルの中学校の頃の文集だ。


注目すべきは自分が書いた内容にある。


卒業する際に書いた、「30歳の私」というタイトルで書くのがあった。

学年全員が書くというもので、みんな相応に夢を書いていたり、予想をしている。



D組の森健一が何を書いたかをここで公表してみる。


30歳の私


「自分が何であるか、はっきりわからない僕にとって将来は過酷であるに違いない。附属中からも去り、友人との関係が閉ざされつつある中で、孤独感を味わっているのかもしれない。ただ、社会にのまれて生きていくと思うと十数年前(今)が懐かしく思われるだろう。」



???

この人可笑しいんじゃないの?と思われる文章だ。明らかに周りと比べて浮いている。

今更恥ずかしい、、、。



何で、こんなことを書いたのかを今も覚えている。

そう、これを書いたのは高校受験に失敗した直後でブルーだったからである。


行きたい高校に落ちてしまい、凹んでいた自分に「30歳の私」というお題が与えれれた。

当時のオレにとって、将来は真っ暗な状態であったのがこの文章を読めばハッキリとわかる。




今では笑える。それだけ心も体も大人になったのかなって感じた。





失敗の連続、幾度とある挫折、頑張っても結果がついてこない、・・・、

これらの全てがオレにとって血となり肉となっていることは間違いない!


今までの失敗経験がなかったり、スムーズにいってたら、今の自分はいないと思う。

そして、今では大切な友達に会ってなかった。

ほんと、感謝することも多いのは確か!



オレの今までの人生、紆余曲折ばかりだけど、これからも突っ走っていきたいな。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2005-05-29 09:00:43

マッサージ・ゲーマーの忍耐力と眼鏡によるKの進化について(プロローグ)

テーマ:ブログ

人と、雰囲気が与える影響について触れる機会があった。



5月28日は、新歓。これは、地獄のように飲むことで知られているのだが、俺はOBとして飲ませる立場にいた。余談であるが、OBとして、何だかんだ緊張したことは事実でもある。


以下に何を買ったか記す。


まず欠かせないのが「半透明ポリ袋45L50P」。その強度を両手の感触でしっかりと確認する。

次に清水、「ヴォルヴィック」×2を飲ませ五臓六腑を洗浄してから、「夢の日々」へと誘う。

「大関ジョウセンワンカップ」×2、「チョーヤ、さらりとした梅酒」×2、トドメは「ジャイアントカプリコ」×8!


ここまでは〔ドンキホーテ〕、ここからは気合も店名も天命も違う〔河内屋〕で「チリビール(唐辛子入り)」×2でカプリコを帳消しにするだけでなく火を噴かせるテクニックに移る。と思いきや、お次はおされな「カルロロッシ・レッド1500ml」、もちろん味など分かるはずがない。トリを飾るのは一度は出してみたい「国士無双 麻雀カップ」×2。

もちろんUは、満員電車にのったアンパンマンのように潰れに潰れた。


ここで、ドケンチャンの登場!!!                                                  


ドケンチャンは1次会、2次会で飲んだ後、ハチ公に登場しつつ、3次会へ行くのであった。




続きはこれからだ。






さーて、ドケンチャンは3次会の途中で抜けてKの家に行って、荷物を獲りに行った。


ここで、Kがいつも以上にハッスルしていたのだ。

なぜかって?


Kの紹介をしてみると・・・


名前:あだこう

レベル3.HP25.MP3.

呪文:マッサージ、パワプロ

趣味:フラストレーション、一発ツモ


・・・・魚とは別にYがいたのだ。


一つ下のYにKは弱いのであった。顔がにやける上、テンションが高いし、普段のKではない気がしてならなかったのは、魚以上にドケンチャンもそう感じていた。



Kの呪文の中での得意技は、マッサージである。


そう、あれは二年前の夏であった。

スーパーのベンチでマッサージを・・・。





おっと、これ以上はオフレコで。



とまあ、今日はそのマッサージをYにしたわけだ。とても、ハイテンションで。

携帯で写真を撮ったので添付をしておく。

5分後・・・

 


レベルアップ!!!

Kはレベル4になった。

HPが11MP1に下がった!

呪文、「女に弱くなる(顔がにやける)」を覚えた!



この瞬間、こんなにも人が変わってしまうのかと思った。普段では見ることができないような笑顔で。


恐らく、オレと魚だけではこんな状態にはなってなかったと思われる。

だが、Kの性格を知る限り、普段では見られないような顔をするのも俺にとっては新鮮であると共に、雰囲気や状況によって、人がこんなにも変わってしまうのかということがわかった。




例えば、野球チームに新しい選手が入ってきたら、なにかしら影響があると思う。雰囲気が良くなり、全体のモチベーションが上がったり、相乗効果というものが生まれることもあるはずだ。



事実、今もKがゲームをしてYが見ながら一緒に考えていたりしている。そしてオレが彼らの前でパソコンに一人向かっている。この4人がいたからこそ、俺は今ブログを書いているのであるし、楽しく過ごしているのだ。



このメンバー、よーく考えてみると、レア面子。そしてもう10時になるというのに寝ていない俺らは寝なくていいのだろうか?


裏を返せば、俺自身も何らかの影響をK・Y・魚に与えているのは間違いない。








そして、Kはまだ旅をし続けるのであった。Yというテトリス遣い(レベルsnow)と、魚という睡眠者レベル郁と、ドケンチャンというモリパンマン(レベル0)と共に・・・



完結


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-05-26 18:43:26

サッカー論

テーマ:ブログ

小さい頃からサッカーをやっていて、ワールドカップも90年から見ていた。


根っからのイタリアファン。そして、ACミランの大ファン。



好きな選手は、たくさんいる。


一番好きなのは、通称ロビー、ロベルトバッジョ!彼の90年イタリアワールドカップのデビューは凄かった!そして、94年のアメリカワールドカップで見せた彼のプレーは忘れることがないだろう。彼の本も持っている。ACミランにも所属した。


他には、アルベルティーニ。バレージ。マルディーニ。


全員ミランに関る人物である。






彼らは、小さい頃からサッカー三昧だったに違いない。

オレが中学生の頃、いたりあに行ったときのことだ。

地元の子供達は、サッカーが大好きで、赤ちゃんぐらいの子もボールを原っぱで蹴っていたり、もちろん大人も地元のサッカーチームの熱狂的なファンある!

お土産でACミランのネクタイも買った。




ミランの何がいいかって?


全部です!


メンバーをいうと、

ストライカーが揃っているのが魅力的かな。

なんといっても、シェフチェンコ!!

彼はここ何年かの逸材で、素晴らしい!!ゴール感覚と、感性、スピード。どれをとっても凄い!



まあ、そんなこんなで何が言いたいかって???


チャンピオンズリーグの決勝で負けたってことだよ。。。。




悔しい。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-05-25 20:35:59

こちら表参道駅前派出所

テーマ:ブログ

先日、面白い光景を見た。

 
場所は表参道駅の交番前。

交番前に今もいるの?と思わせる顔黒ギャル数人が、警官一人に群がっていたのだ。


女A「ねぇ、ねぇ、写メ一緒に撮ろうよ」

警官「いやいや、今はダメだよ」

女B「何でー?いいじゃん、撮ろうよー」


警官は鼻の下がのびてデレデレ状態である。照れ笑いをしているのだろう。

警官は最近、恋愛には音沙汰なく仕事一本に違いない。



そう・・・オレは考え始めた。



そう、アイツと別れてから3年が経ったとです。

交番勤務も慣れたとですが、最近は実家が恋しいとです。

母ちゃんが、

「いつ頃、おみゃ(オマエ)はお嫁さんを連れてくるか待ち遠しいみゃぁ」
と言ってくるとです。


でも、なかなか現実は厳しいとです。
「警官たるもの、市民に手を出しちゃあかん。いづがぁ、いーい人現れんべぇよ」

と自分に言い聞かせる警官。


その名もタケシ(仮名称)。



「だが、これは男と女。一人間として写メぐらい撮ってもバチなんて当たらん。一枚ぐらい撮っても母ちゃんはきっと喜ぶとです。」





みたいなね。

こんな話があったら面白い。

途中からは全部空想。


オレが警官なら一枚ぐらい撮るに違いない。


だって、一般人のためですから。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-24 18:25:33

ふらり

テーマ:ブログ

今日、学校に行く予定があったんで渋谷に行った。


そして購買に行って立ち読みをしていたら、隣の人が「ぷふっ」っと笑った。

五十代後半とも思われる女性が本を読んで笑ったのだ。



「この本、面白いんですよ。あっ、立ち読みばかりしているわけではなく、たまにここの本は買ってます」



とオレに言ってきた。



「そうなんですかぁ~。そんなにその本は面白いんですか?」



と尋ね返す。


「ほんと面白いんです、この作者。中村うさぎって言うんですけど、週間文春で連載してて…」






たわいもない会話をした。大学の購買で話してるのが可笑しかったが、知らない人と話すのも面白い。



その後、渋谷でショッピングしようと歩いてたらチエを発見した。でも歩いてくるチエは気付いてないので、すれ違いざまに声をかけてみた。



「よっ!」


「わぁっ!ビックリした(>_<)」


友達といたこともあり、急いでたみたいなんで会話はそれだけ。


「バイバイ」

と言って反対方向に歩きだした。



さて、ショッピングはというと、いつもの店へ。
良さげなのを試着して購入。世間話をしたり、服の特徴なども聞いた。

そして違う店へ…。




今日の自分は機嫌が良いことがわかった。そして、人と話すことが好きな自分を再確認した。

どんな年齢層であっても、知らない人でも話すオレ。





こんな「ふらり」とした一日であった。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-24 01:13:16

選択

テーマ:ブログ

今日、オレの中学校の友達が企業から内々定をもらったみたいだ。


おめでたい話だと心から思う。


予備校時代、好きな先生がいた。その先生がいいていた言葉がある。



「人生は選択です。運命ではありません。」

この言葉は、今でもオレの心に突き刺さっている。


もし、人生が運命だとしたらどうだろうか?

先に起こる全ての出来事は始めから全て決まっていてる。

例えば、運命なら今後オレが誰と出会って結婚して、何人子供ができて、何歳で死ぬまでも、どこかで決まっているのだ。


なんて人生がつまらないものになってしまうかが目に見えてわかる。



あらゆる場面で人間は選択しているのである。今日は、何時の電車に乗って会社に向かうか。お昼はどこにしよう。夜は誰とお酒を飲もう。どこの店に行く?


そんな、局面ごとに「選択」が存在していると思う。





「私はこうなる運命だったのよ。あなたと結ばれる運命だった・・・」


これは全くありえないとオレは考える。どちらかが好きになって好意を持ち、付き合う。それまでにデートをしたかもしれないし、電話をしたかもしれない。


そういった行動全てが「選択」なのだから。




オレは、「人生は運命」ではなく、「人生は選択」であるから、努力することを惜しまないし、何かに向けて頑張れる。




今回は、真面目に書きすぎた。まあ、自分の大切な考えかな。


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-05-23 04:57:52

女性雑誌を読む

テーマ:ブログ

オレは決してゲイでも、ホモでもない。



先月、知り合いの女の人の家に、女性ファッション誌の「Can Can」があり、先月号から読み始めた。

隅から隅までをみているわけではない。



その中の、「えびゆり物語」?ってなやつを読んでいるのだ。


「えびゆり」って誰?と思う人がいるはず。彼女は、トップモデルの蛯原友里(漢字が地震ない・・・)のこと。

オレは実際に生で見たことがあるんだけど、マジで綺麗で可愛い☆通称エビちゃん。


そんな彼女を取り巻く恋愛話(フィクション)を、実写漫画にしている。登場人物の男女はみんなカッコ良くて可愛いから、読んでいて爽やかな気持ちになる。目の安らぎともなる。


そんでもって、ファッション誌ということもあり、それぞれの服にもファッション性があって女の子で毎月読んでいる人も多いのではないかと思う。



ただ、注意することがある。男は、コンビニとか本屋で立ち読みをすると変体ちっくに思われてしまう可能性がある。覚悟しなければならないので、密かに夜中のコンビニに行ってみよう!


学校の購買で読むと知り合いに会うと気まずいので・・・。






特にこのブログを読んだ男性諸君!是非、読むことを勧める。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-21 18:24:13

不意

テーマ:ブログ

自分が意識していないのに、勝手に体が反応したり、言葉を発してしまうということがある。




「反射」という言葉がある。

沸騰した水に手が触れてしまった時に、自然と手を引っ込めるいう現象のことだ。



何でこんなことを書いたのかって!?



昨日、いつものようにバイトをしていた。居酒屋のキッチンだ。

お好み焼きの仕込をやるために、長ネギを包丁で切っていた。まあ、ここまでは良いのだが・・・



ふと手を滑らせて、包丁が台から落ちそうになった。というか落ちかけた。


「やばい!」


と思い、理性とは別に落ちかけている包丁に右手でさしのべて、



キャッチ!!!



それと同時に


「痛っ!」


包丁の刃をおもいっきり掴んでしまったのだ。


血が出始めた・・・。パックリ割れちまった・・・。


その後、バンドエイドをしながらつもの作業をし続けたわけよ!




これこそ正に、不意の出来事であったわけで。

自然に手が出てしまったことは、どうしようもできないことだなって感じた。



まあ、誰かを傷つけたわけではないんで良かったと思う。


これからは気をつけないといけないんだなって、肌で感じた出来事だった。



ふ~。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-05-20 00:49:26

暑い

テーマ:ブログ

今日は、夏並みに暑かった気がする。


昨日飲んだお酒は抜けていたものの、ダルさから1日が始まったわけである。

この暑さを肌で感じると、去年の夏を思い出してしまう。




あんなに馬鹿なこと、熱中できることって、今後の人生であるのだろうか・・・・。



無我夢中で駆け抜け、泣いて笑って、はしゃいで。

何年たっても、夏になると皆がまたあの海岸で集まりたいなって心から思う。


このときに得たものは、今の自分の血となり、肉となっている。

やってきたことは間違いないし、今の就職活動の理由なき自信に繋がっているのだ。






明日は、今のところ1番行きたい企業の2次面接!

全力投球!真っ向勝負だ!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-19 13:52:45

テーマ:ブログ

森犬の家訓


一、酒は飲んでも飲まれるな。

一、勧められた酒は断るな。

一、潰れることを恐れるな。

ノーフード、オンリービール!

お酒の醍醐味はここにあると思う。


よく、煙草を吸っていた人が禁煙すると、ご飯がおいしく食べられると聞く。

これと同じ原理で、



「酒を飲んでるいるときは、飯を食すな!」



2


↑この写真は、見てもわかるけどお酒。某サークルの春合宿は、これを飲むわけだ。

時間との戦い!そして、持久戦!戦える戦士のみが生き残り、飲み干す。


まさに、サバイバル!!!!



駆け引きがたまらないのである。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

森健一

バナーを作成 森健一

バナーを作成

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。