《宮崎》足育インストラクター 成田あす香 ~夢に向かって歩き続ける元気な足を育てよう~

子どもはもちろん、大人である私たちも、自分の夢に向かって一生元気に歩き続けるために…今日も楽しく足育しましょ♪


テーマ:
★☆★ \ 足育日和  / ★☆★

今日もお読みいただき、ありがとうございます。

みやざき足育センター代表・
JEFPA認定 足育インストラクターの成田あす香です。

毎週土曜日に発行しているメールマガジン《足育日和》の
バックナンバーをお届けしています。


今日はおむつなし育児の話の続き、
「出産直後のおまるトライ」のお話です。

▽前回の記事はこちら
おむつなし育児日記~まずは長男の夜のおむつ外しから~
  
   
出産の前には、晒しのおむつを30枚ほど準備していました。
(しかし、雨続きの日に足りなくなり、後で買い足しています)
 
おまるは、長男が使っていた普通のおまるもあったのですが、
おむつなし育児研究チームのミーティングのときに
ホーローおまる」を見せていただき、
その美しく愛らしい佇まいに一目惚れ…!
 
毎日、かわいらしい姿を眺めながら、
楽しみにして出産を待ちました。

 
  
家でお産をしたので、
我が家は出産直後からおまるにトライしました。
 
「床上げ3週間」と言われるように、
産後の骨盤が戻るまでの3週間は、極力寝て体を戻すことが大事です。
  
そこで、夫におまるへのささげ方を伝授しておきました。
  
確か、人形をモデルにしてみせたと思います。
  
  
赤ちゃんは、夜の11時過ぎに産まれました。
 
最初のおまるは、産まれて、おっぱいを飲み、助産師さんが帰った後…
たぶん生後3時間経ったくらいだと思います。
 
さて、寝ようかという時に、
夫が「おむつが濡れていない」というので、
「おまるにささげてみたら?」と伝えました。

「え!? 俺がするの!?」
 
「そうだよ~、だから教えたんじゃない」
 
夫は、自分がするとは全く思っていなくて、
私が習ったことを報告しているだけと思っていたようです。
 
夫は、小さな小さな娘を抱っこして、おまるにささげました。
 
「あ、そういえば、シーシーと声をかけたり、
 濡れた布で刺激したりするといいらしいよ」
と、私は思い出したことを伝えました。
 
夫は、濡れコットンをおまたにちょんちょんとつけ、
「シーシーシー、トートートー」と声をかけ始めました。
 
少し待っていると、娘がおまるにおしっこをしました!!

本当に出た!! これは感動~!!
 
こんなに小さな産まれたばかりの赤ちゃんも、
おまるでおしっこをするなんて!!
 
そして、夫の上手い掛け声にも驚きです。
 
「いったい、どこで覚えたの?」
と聞いたら、落語に出てきたのだそうです。
 
  
末の息子も家でお産をしましたので、
同じように産まれて初めてのおしっこをおまるでとりました。
 
 
生まれた時から、おまるでおしっこができる。
  
親がおむつなし育児を知っていて、
自宅でのお産という、
かなり珍しい境遇のもとに生まれてきた2人が、
このことを証明してくれました。
  
  
とはいえ、核家族の現代では、
産後3か月に入るまでは、
お母さんがゆっくり休める環境を一番に考えてほしい。

だから、生まれた時からのおむつなし育児は薦めません。
 
早く始めたから、早く自立する、という訳ではないですから。

でも、この出来事から、
「おむつは、私たち大人の都合で、
 赤ちゃんにつけていただいている物なのだ」
ということを理解してもらえたらいいなと思います。
  
   
ちなみに、宮崎に移住してから生まれた末の息子の子育ては、
手伝いに来てもらえる人が本当にいなかったので、
紙おむつや買ってきたお弁当にありがたく頼って乗り切りました。
   
紙おむつはこまめに替えたので、
相当な量を使いましたけどね~(苦笑)
   
    
 
★☆★ 宮崎初!おむつなし育児の講座をお招きします ★☆★

「おむつなし育児」の普及を行う第一人者、
おむつなし育児研究所所長の 和田智代先生を
宮崎へ初めてお迎えして、講座を開きます。
 
 
◆ 0歳からの自然なおむつ外し講座(主催:みやざき足育センター)

「0歳からの自然なおむつ外し」とは、
「おむつに頼りすぎない」
「おむつで排泄することをあたりまえとしない」
という意味です。

タイミングをみて、おむつを外して、
トイレやおまるでさせてあげるだけで、
おむつは汚れなくなり、赤ちゃんは機嫌がよくなり、
排泄コントロール能力も自然に育ち、
トイレトレーニングもほとんど必要なくなります。

言葉が発せられない赤ちゃんに寄り添う。共感する。
そんな子育てをしてみませんか?

0歳からの自然なおむつ外しのお助けグッズ
(おまるや割れズボンなど)も試用できますよ!
お弁当交流会もありますよ。

● 日時:平成28年7月14日(木)10:00~13:00

● 場所:みやざき足育センター

● 参加費:大人1人 3,000円 (お子様無料)
※託児はありません ※お弁当:持参または注文可

●  詳細はこちらをご覧ください
・フェイスブックのイベントページ
・おむつなし育児研究所のPDF
 
 
 
◆【修了証授与】おむつなし育児アドバイザー養成講座(主催:おむつなし育児研究所)

赤ちゃんの排泄に関する基礎知識からおむつなし育児のノウハウ、
親との効果的なコミュニケーション(コーチングスキル)等を学ぶことができます。

気持ち良い排泄をさせてもらえる幸せな赤ちゃんを増やすために
排泄ケアを通じて育児を楽しめるママ&パパを増やすために
トイレトレーニングで辛い思いをする親子を減らすために
排泄障害(便秘&頻尿)で苦しむ子どもを減らすために
あなたもおむつなし育児アドバイザー講座を受講されませんかか?

●  日時:2016年7月13日(水)10:00~16:00

●  場所:レンタルスペース Premium(宮崎市役所近く)

●  参加費:30,000円(事前振込制)

●  対象:
・おむつなし育児をより深く学びたい方であればどなたでも受講可能です
・乳幼児の保健医療や保育に関わる資格や経験のある方も大勢受講されています
(医師・助産師・保健師・看護師・保育士・子育て支援関係者・セラピスト・産後ドゥーラ等)

●  詳細はこちらをご覧ください
・フェイスブックのイベントページ
・おむつなし育児研究所のPDF
  

おむつのないすっきりとしたオマタは、
ハイハイのしやすさ、歩きやすさにもつながります。

また、最近は尿漏れに悩む方の年代が、
どんどん下がっているのも気になります。
 
夢に向かって集中して歩き続けることのできる元気な足を育てるために、
まずは朝一番におまるにささげるところから「おむつなし育児」を始めませんか?
   
%name2%とお会いする事を楽しみにしています。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
★☆★ \ 足育日和  / ★☆★

今日もお読みいただき、ありがとうございます。

みやざき足育センター代表・JEFPA認定 足育インストラクターの成田あす香です。

毎週土曜日にお届けしているメールマガジン《足育日和》の
バックナンバーを掲載しています。

  
5月29日に開催した三砂ちづる先生の講演会は、
満席の会場で熱気あふれる濃い学びの時間を過ごしました。
 
私の中に強く残ったのが「オマタは命の根源」という言葉です。
 
排泄という、私たちが生きるために欠かせない営み。
生殖という、生物の生きる意味とも言えるような営み。
 
文化的な生活が進み、
私たちはこの根源的なことを見過ごしてしまいがちです。

でも、この根源的な命の営みの上に、
人間としてどう生きるかが立っているべきで、
私は、月経血コントロールや、おむつなし育児は、
根源的なものと向き合う大切な時間だと、改めて思いました。
 
 
三砂ちづる先生とは、
「おむつなし育児」の研究に参加してご縁をいただいたという話を、
先週のメールマガジンで書きました。
 
友人が紹介してくれたご縁だったのですが、
やってみたいと思った動機は、
「おむつの洗濯が1枚でも減ったらラッキー」ということでした。
 
長女を妊娠している頃、
私は長男(4歳半)を野外自主保育で育てていました。

泥だらけの服を洗濯するのが日課だったので、
下の子が産まれたら洗濯が大変だな~と思っていました。

また、その頃に仲良くしていた友人に、
着物大好き歌舞伎大好き、江戸時代の子育てに詳しい人がいて、

「昔は裸の赤ちゃんを着物の中におぶい、
 トイレになったら赤ちゃんを下して、
 外でチャッとおしっこをさせていたらしい」

という話を聞いていました。

それは面白い、ぜひやってみたいものだと思っていたので、
「おむつなし育児を実践するお母さんを募集」の話が来たときには、
すぐに参加を決めました。

(ちなみに、そのときは三砂ちづる先生を知りませんでした!)

第1回のミーティングに参加したとき、
長男はまだ夜だけ紙おむつをしていました。

毎晩のように紙おむつにいっぱいのおしっこをしていて、
どうなのかなあ、いつになったら外れるのかなあ、
外した方がいいのかなあ…と悩んでいました。

「まだ体が発達していないのでは…」
「布団でおねしょをしたら後始末が大変だし…」
「おねしょが毎日続いたら、ガミガミ怒ってしまってトラウマになるかも…」

そんな思いが浮かび、なかなかおむつを外せないでいました。

しかし、ミーティングで、
「紙おむつをすると排尿感覚が短くなる」
「紙おむつより布おむつ。布おむつよりパンツ。パンツより裸」
という話を聞き、

紙おむつをつけていては、
いつまでも夜のおしっこは続くかもしれないと思いました。

ちょうどゴールデンウィークを間近に控えた頃で、
連休中ならおねしょをしても余裕を持って対応できそうだ、
と思い、すぐに夜のおむつ外しを決行しました。

しばらくは、淡々と布団を干す毎日でした。

でも、覚悟を決めているせいか、
ガミガミ怒ってしまうことはありませんでした。

長男も、おむつの時とは意識が少し違うようで、
「やってしまって悔しい」という思いがあるように感じられました。

そして、夜のおむつ外しを初めて1か月後から、
少しずつおねしょをしない日が増え、

2か月後、妹が産まれてからは、
ほとんどおねしょがなくなったのです。

秋に入ってから、数日おねしょをしてしまう日がありましたが、
本当に数日のことでした。

いつになったらとれるのか…と悩んでいたのはなんだったのか。

「おむつをとる」と私が決めるだけで良かったんだと気づきました。
  
  
次回は、出産直後のおまるトライについて書きます。
 

 
 
★☆★ 宮崎初!おむつなし育児の講座をお招きします ★☆★

「おむつなし育児」の普及を行う第一人者、
おむつなし育児研究所所長の 和田智代先生を
宮崎へ初めてお迎えして、講座を開きます。
 
 
◆ 0歳からの自然なおむつ外し講座(主催:みやざき足育センター)

「0歳からの自然なおむつ外し」とは、
「おむつに頼りすぎない」
「おむつで排泄することをあたりまえとしない」
という意味です。

タイミングをみて、おむつを外して、
トイレやおまるでさせてあげるだけで、
おむつは汚れなくなり、赤ちゃんは機嫌がよくなり、
排泄コントロール能力も自然に育ち、
トイレトレーニングもほとんど必要なくなります。

言葉が発せられない赤ちゃんに寄り添う。共感する。
そんな子育てをしてみませんか?

0歳からの自然なおむつ外しのお助けグッズ
(おまるや割れズボンなど)も試用できますよ!
お弁当交流会もありますよ。

● 日時:平成28年7月14日(木)10:00~13:00

● 場所:みやざき足育センター

● 参加費:大人1人 3,000円 (お子様無料)
※託児はありません ※お弁当:持参または注文可

●  詳細はこちらをご覧ください
・フェイスブックのイベントページ
・おむつなし育児研究所のPDF
 
 
 
◆【修了証授与】おむつなし育児アドバイザー養成講座(主催:おむつなし育児研究所)

赤ちゃんの排泄に関する基礎知識からおむつなし育児のノウハウ、
親との効果的なコミュニケーション(コーチングスキル)等を学ぶことができます。

気持ち良い排泄をさせてもらえる幸せな赤ちゃんを増やすために
排泄ケアを通じて育児を楽しめるママ&パパを増やすために
トイレトレーニングで辛い思いをする親子を減らすために
排泄障害(便秘&頻尿)で苦しむ子どもを減らすために
あなたもおむつなし育児アドバイザー講座を受講されませんかか?

●  日時:2016年7月13日(水)10:00~16:00

●  場所:レンタルスペース Premium(宮崎市役所近く)

●  参加費:30,000円(事前振込制)

●  対象:
・おむつなし育児をより深く学びたい方であればどなたでも受講可能です
・乳幼児の保健医療や保育に関わる資格や経験のある方も大勢受講されています
(医師・助産師・保健師・看護師・保育士・子育て支援関係者・セラピスト・産後ドゥーラ等)

●  詳細はこちらをご覧ください
・フェイスブックのイベントページ
・おむつなし育児研究所のPDF
  
  

おむつのないすっきりとしたオマタは、
ハイハイのしやすさ、歩きやすさにもつながります。
 
元気な足を育てるためにも「おむつなし育児」をしてみませんか?
 
  
あなたとお会いする事を楽しみにしています。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
筋ゆるのケア&セルフケアレッスンと、足育相談を組み合わせて
「すらり足元美人コース」と名付けた全10回のプログラムを
メニューのひとつにしています。

子供のメニューが「すくすく」「のびのび」なので、
何にしようかな~と考えて出てきたのが「すらり」。

誰もががんばっている毎日。
知らず知らずのうちに緊張で固くなった体から、
筋ゆるで弾力を取り戻して、体はもちろん心もしなやかに。
強い風にも重い雪にもしなやかに耐える、
柳のように美しい人のイメージが浮かびました。

末の子どもが幼稚園に通い始めて、
やっと自分の時間がとれるようになった女性。

ずっと人の命を守るために働いてこられて定年を迎え、
今度は自分の身体と向き合おうと決められた女性。

そんな方が、このプログラムを受けに来てくださっています。



体験を経て今日から通い始められた60代の女性の方は、
「歩く時の痛み、10分も歩くのが苦痛。これが楽になっていきたい」
という目標を一緒に確認してスタート。

体験を受けていただいた後に、
娘さんの嫁ぎ先の福岡にある「シューズクラトミ」さんで、
足に合う靴も揃えていただきまして、やる気いっぱいです♪

普通ならまず靴の話をするところですが、
今日は筋ゆるのケアを丁寧にしました。

「硬くなって縮んでいた筋肉に、
ゆるみ(弾力)が出てきたように感じる」
とご感想をいただきました。

また、セルフケアを続ける原動力になるといいな~という思いで、
ケアの前後で写真を撮って見比べました。




一生を元気に歩き続ける足を育てるために一番大切なことが、
「毎日小さく続けること」だと、私は思っています。

自然に続けられ、自然に変わっていく。
そのお手伝いができればという気持ちで、一緒に歩かせていただいています。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。