《宮崎》足育インストラクター 成田あす香 ~夢に向かって歩き続ける元気な足を育てよう~

子どもはもちろん、大人である私たちも、自分の目標や夢に向かって一生を元気に歩き続けるためには、土台となる足が大事です。


テーマ:

小学校2年生の我が娘は、

とにかく細くて薄い、華奢な足をしています。

 

小学校に上がる前のサイズは、

靴の幅(ウィズ)が「B」でした。

 

日本人の平均的なサイズと言われている

「2E」と比べると4サイズ細いです。

 

小学校に上がってからサイズが変わってきて、

最近はウィズが「E」になりました。

 

横アーチが低い(広がっている)ために、

靴の幅のサイズがEになっているのではないか。

私はそう感じています。

 

image    

    

そんな娘には、

ずっと細い足向けの靴を選んできました。

  

以前は、アシックスのメキシコナローという、

細身の足に向けて作られた靴を履かせていました。

  

(補足:ナローは英語の「narrow」。狭い・細いという意味)

   

しかし、この靴で面ファスナーをギューギューに

引いて留めても、娘の足にはゆるいようでした。

  

極限まで引っ張っているので

面ファスナーの接着面がわずかで、

しっかり止まらない。

面ファスナーの先端が長く余ってしまう。

どうも今一つに感じながら、履いていました。

    

娘が年長の頃、

イオンモールのAsBeeで、

ニューバランスのスリムフィット

という靴を見つけました。

 

試しに履かせてみると、

今までの靴よりも足にすっきりと

フィットしているようです。

   

娘も「この靴、気持ちいい」といい、

この靴ばかりを履くようになりました。

  

細いことに加えて、

甲が薄いデザインであるところが、

娘の足に合ったようです。

  

ところが、

この靴にも問題点がありました。

  

靴底が減るのが早かったのです。

  

3カ月くらいで踵の外側が減ってきて、

買い替えとなりました。

 

現在、履いている同じ靴は、

前回よりは長く持っていますが、

やはり靴底が減ってきています。

    

そこで、次の買い替えでは、

違う靴を試そうと考えています。

  

        

アシックスのナロータイプで、

外羽根式のデザインの靴があります。

     

外羽根式の靴は、

靴の羽根の部分が全開するので、

靴の脱ぎ履きがしやすく、

締め具合の調整がしやすい。

   

それゆえに、

様々な足型に合わせやすいそうです。

    

だから、甲が薄い娘の足にも、

合わせられるかもしれません。

  

同じナロータイプでも、

外羽根式になると値段が1000円ほど高く、

今の家計を考えると痛手に感じます。

       

でも、靴は足の成長に大きく関わるもの。

   

そして、靴底が長く持てば、

結果は相当お得になるのではないか、

と考えているところです。

    

足の個性と予算を考えると、

靴選びは一筋縄ではいかないものです。

    

    

みやざき足育センター

 足育インストラクター 成田あす香

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「子どもがヒールのある

 おしゃれな靴を履きたがるのは、

 どう対応すればいいですか?」

 

足育講座の質問コーナーで、

このような質問がよく寄せられます。

 
綾てるは図書館の児童書新刊コーナーで、
そんな方にピッタリの本に出会いました。

 

 

「子どものうちにしっておきたい! 『おしゃれ障害』」

  著者:岡村皮膚科医院 院長 岡村理栄子

  出版:少年写真新聞社 

  

 

この本の中の

「足に合わない靴・水虫」

という項目を、お子さんに見せてください。

 

「かわいいデザインの靴は痛くても

 仕方ないよね」

といって足に合わない靴を履いていると、どうなるか。

 

見るからに痛々しい子どもの足の写真と共に、

分かりやすく説明されています。

 

そして

「靴はもともとは、足を保護するとともに、

 足の機能をサポートするために考案された”道具”」

とあり、よい靴の選び方が4つのポイントで

分かりやすく書いてあります。

 

 

「足に合わない靴・水虫」の項目は、

皮膚科医の高山かおる先生が監修されています。

 
本を開いたときに、お名前を見つけて嬉しくなりました。

 

高山先生は、足育アドバイザー養成講座で

「足にまつわる皮膚疾患」をご講義くださっている先生だからです。

    

    

この本には、靴の話だけでなく、

おしゃれをしたい女の子なら興味をもちそうな、

化粧品やピアス、カラーコンタクトレンズなど、

様々な記事が載っています。

  

思春期の頃、

女の子らしいおしゃれには興味の薄い私でしたが、

手足が毛深いことだけは気にしていました。

  

かみそり、脱毛テープ、脱色など、

いろいろ試したことを思い出しました。

 

この本を読んで、

あのときトラブルになっていなくて

本当に良かったと、ホッとしています。

 

 

みやざき足育センター

 足育インストラクター 成田あす香

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「子どもの巻き爪が痛むようなので、
 急いでフットケアなどをお願いしたいのですが」

7歳のお子さんのお母さんから、電話をいただきました。

 

「ひむか村の宝箱」に置かせていただいている

「足育かわらばん」をご覧になった方で、

今は宮崎に帰省中だそうです。

 

近くの病院が探せるように、

「多摩メディカル」のWEBサイトにある

「病院・医院リスト」をご紹介しました。

 

*宮崎県内の病院リストはこちらをご覧ください

 

 【出典】無料写真素材 写真AC

 

「多摩メディカル」は、巻き爪矯正具マチワイヤなど、

医師向けの爪矯正具の製造、販売をされている会社です。

 

爪矯正具とは、巻き爪などのトラブルのある爪に

ワイヤーやプレートを用いて、

数カ月の時間をかけて少しずつ矯正するものです。

 

これを扱っているということは、

「爪の治療が得意な病院」と考えられます。

 

全国の病院の情報が掲載されていますので、

いざというときのために、ぜひ覚えておいてください。

   

  

みやざき足育センター

 足育インストラクター 成田あす香

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。