敵がなんかこわい

テーマ:
おはっす 真田です。 暑すぎなため 我が家はかき氷機を出しました。 練乳味が1番美味しいと思います。


さてさて

メアリと魔女の花みてきましたよ
{C030A143-ECC1-44ED-8CB6-4700A571A032}

ジブリだった米林監督の ジブリを出てからの初監督作品!!
借りぐらしのアリエッテイ良かったので 今回も期待して行きました。 
まず困惑したのが 僕の周り(知らない人)が ジブリだと思ってる人が多かったことww

もちろんジブリじゃないですよ。

話がはじまると、いきなりクライマックスだぜぇ?てきな感じでスタートして 掴みがいい感じでした!!

色々な所でジブリテイストを残しつつ 新しい駿監督ではやらないであろう 手法なんかもあったりして 新鮮な気持ちで観賞できました。

また魅力的なグッズが多いのも印象的で、この作品で 「呪文の真髄」という魔法書が登場するのですが 物販で そのノートが売ってたんですが
{706C5EFB-C98C-4C1D-88C0-6FC7569E14D1}

こんな感じのノート!! ノートではあるけども ぱっと見劇中に出てきた「呪文の真髄」とほぼ同じで 映画見た人は 絶対mustだと思います。  真田は当日は立て込んだゆえ買えなかったですが つぎ 映画行ったときは絶対買う、絶対にだ。
というわけで しばらくは見たい映画を欲望に忠実に見るのだ



したらな


AD