1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-04-08 22:26:24

旅立ちの季節に。

テーマ:ブログ




「春愁」という言葉がある。


桜を見て思い出した。


春のそこはかとない哀愁、ものうい気分をいうらしい。


春は人の心が華やかに浮き立つが、反面ふっと悲しみに襲われることがある。


はっきりと理由のある憂いではなく、どことなく、何故かふっと湧き出てくる感情。


この言葉にそれぞれが思う情景はどんなだろう。


言葉にするのが難しい相反するような複雑な気持ち。



とても綺麗な桜を見て何故僕らは少しの憂いを感じてしまうのだろう。




春は出会いの季節。


街は色めき立ち、


人々は新しい環境や人にワクワクしたり、浮足だったり。


キラキラした季節。



でもそこにはもちろん出会いとセットで別れがあることは僕らは今までの人生でよく知ってしまっている。


そんなつもりでなく言ったさよならが本当の意味でさよならだったんだと気付くのはいつもずっと先の事で。


思い返せば、その時言うべき言葉はさよならではなくありがとうだったんだろうね。




ただ、いつだってその時は来て、でもその度にいつも思うんだ。


どこかでしっかりわかっていたって、それでも。




「さよなら」じゃなくって、いつだって「またね」だって。




2014 4月



AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2014-02-16 01:51:00

雪の降る街。

テーマ:ブログ
先週に続き今週も雪。

お客様もキャンセルばかりで美容室としては大変なのですが...


でも雪が好きキラキラ


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-09-02 23:14:43

家族の風景。

テーマ:ブログ
夏が終わった。


気がつけばもう9月で。


僕が一年で一番好きな季節はあっという間だ。



夏が始まる前、今年の夏は何かが起こりそうな気がする!


って毎年思って。


夏が終わる頃、あぁ今年の夏も何もなかったな...


って毎年思う。


もちろん海行ったりBBQしたりビアガーデン行ったり...


実際のとこは夏をしっかり満喫してたりもするんだけど、


やっぱり夏の終わりは寂しくなるものなのだ。



$COR森平祐介のもりへいナビ


お盆の時期に父親と二人で訪ねた古民家。


自分はこういった家で生活した経験はないが、


なんだか懐かしい気がする。


不思議なものだ。


家の中を燻し続ける為、薪を炊き続ける暖炉裏。


ほのかな煙の香りと木の香りのする静かな家の中から見える景色は、


本当に何でもない緑の景色だけど、とても素敵に見えた。







その近くで見付けた黒板。


$COR森平祐介のもりへいナビ


まるでポップコーンが大地から生えていてそれを収穫するような書き方だが、実際に収穫するのはとうもろこしなのでは...(笑)




ではまた(^-^)/
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。