玉の汗キラリ☆

テーマ:
去年のオランダの夏は2~3日晴れあつっ~。晴れと言う日があったのち、
たちまち秋が来て冬に突入したのですが
今年の夏はうってかわって暑い日が多い。
特に先週からは晴天続きの、今日に至ってはなんと30℃超え。

そりゃ玉の汗もかくわ。sei



ブーちゃん鼻の下に。な。ブーちゃん



鼻の下に玉の汗と言うのは
ピザにコーラぐらいのデブの代名詞。ぶーぶー

ダイエット?
もう人生の半分以上、明日からとなっております。

seiおやすみ!sei(寝たフリ)
AD

オランダの献血ルーム。

テーマ:
私、血液ドナーしてます。
いわゆる献血。

オランダの献血、その量たるやsei1回500cc(多)sei

たらこの献血先があるのは大学病院の敷地内。
献血ルームみたいなとこです。
献血機関みたいなところが運営しています。

献血に行ったら至れり尽くせり。
リクライニングチェアーに身をまかせて献血。sei
血を取られてる間に飲みたいものを聞いてくれて
お願いすると持って来てくれる。sei
お昼時に行くと希望者にはパンもあります。

私は普通の献血なので飲み物1杯ぐらいで終了しますが、
成分献血の人は時間がかかるので献血しながらパン食べたりしてる。

献血が終わったら、休憩する場所があって、
そこでコーヒーや紅茶とともに机の上にあるお菓子をつまむ。
近くに座ってる人は自分のものじゃないのを良いことに、
私に
「これもおいしいよ。あれも食べてみなよ。
それ持って帰ったらいいよ。」

いきなり太っ腹にすすめてくれる。
(ケチなオランダ人、家ではビスケット1枚でお客をもてなす人が多い。)

オリジナルグッズやらも無料で貰って帰る人も。sei
でっかいぬいぐるみとか、
役立ちそうな厚手のバスタオルとかあるみたいだけど、
まだ2回しか行ってない初心者なので強気に出て聞けない為、
どうやったら貰えるかわかりません。sei
5回目ぐらいになったら聞いてみようと思っています。
まぁ、想像では言ったもん勝ちで、
聞いたら最初でも貰えて、聞かないと一生貰えないと言う
超オランダ的システムかと思われます。sei

オランダにお住まいで私のように血が有り余っているsei方は、
ぜひオランダの献血ルームSanquinにぜひ。
問診票はオランダ語と英語がありました。
まずはメンバー登録して、それから予約を取り
初回は血の検査のために少しだけ採血して
結果が出てOKなら次から献血と言う流れです。
病気やケガの人の役にも立って、しばしリラックスできる空間です。






AD

奥さんの自転車2

テーマ:
ぷっつーーーーーーーーーーーんと切れた後のこと。

使い道がはっきりしないものを買うのが問題である。
と言うキリンの言い分は正しい。
でも蚤の市は「誰かのゴミは誰かの宝」な世界。
それを言ったら醍醐味もクソもないでしょうねえそうでしょう。

奥さんの自転車2のはじまりはじまり。

‥それは静かな土曜日のお昼。

いつものように近所のスーパーに買い物に行った。

スーパーに入る前にキリンに優しく声をかけるたらこさん。

「お買い物の前に、ちょっとそこの自転車屋さんを見に行きましょうよ。
まきろんも今の椅子ではもう小さいですし、
新しい椅子を買って私の自転車に付けたいですし。」
と。

そしてお店の中に入り、キリンの目をまっすぐに見て
「今の古い自転車で子供2人乗せるのは無理があるわ。
こちらの新しい自転車を買いましょう。
値段は高いけれど、あなたこの前値段が問題なのではない、
目的が決まっていたら値段が高かろうが
必要であれば買うべきであるとおっしゃったでしょう。」


何も言い返せないキリン。
値段もキリンのゲームのために買ったテレビより高い自転車。
(オランダ、自転車たかいよー。)sei

そして無事ステキなママチャリseiを買ったたらこでした。sei

ステキなママチャリは新車だし、
オランダ人は自転車に興味があるので
知らない人にまでも、けっこうな確率で
「あら、良い自転車に乗ってるわね~」と言われてました。
(新車時の話。今はもう1年以上経ってるのでアウトレットだろうけど)

ぶっちゃけsei8万円seiぐらいしました。

そのたびに自転車が褒められての嬉しさだけでなく、
どうやって買うに至ったかを思い出してニヤニヤする
いじわるな奥様、私。sei

奥様が静かに怒ると、ヒステリーより怖いもの
(私がめったにしない大きな買い物=想定外の出費)が待っています。

と学んだキリンでした。

その後のキリンの大人しい事大人しい事。

文句のご利用は計画的に。(鬼)
AD