厚生労働相の仰天なお言葉

テーマ:

女性は「産む機械、装置」 松江市で柳沢厚労相

 柳沢伯夫厚生労働相は27日、松江市で開かれた自民県議の決起集会で、「産む機械、装置の数は決まっているから、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」と女性を機械に例えて少子化問題を解説した。

 柳沢氏は「これからの年金・福祉・医療の展望について」と題し約30分間講演。出生率の低下に言及し「機械って言っちゃ申し訳ないけど」「機械って言ってごめんなさいね」との言葉を挟みながら、「15-50歳の女性の数は決まっている。産む機械、装置の数は決まっているから、あとは一人頭で頑張ってもらうしかない」と述べた。

 厚労省は昨年12月、人口推計を下方修正。この時、柳沢氏は「子どもを持ちたいという若い人たちは多い。その希望に応えられるよう、できる限りの努力をしていきたい」と話していた。


はあ??? あきれてモノが言えない。

言った人の顔が見たい→こちら

この人って、ひょっとして森派? だって、発想が似てるじゃん。


ところで、この新聞記者さん、上手ですね。

>この時、柳沢氏は「子どもを持ちたいという若い人たちは多い。その希望に応えられるよう、できる限りの努力をしていきたい」と話していた。

と文末にあれば、そいで、コレかよ!というツッコミは普通の感性してれば生まれるw

おっちゃんの世迷い言ならなにを言うのも勝手だけど、「厚生労働相」という意識ありますか? 無策を棚にあげて言いも言ったり、ですな。


あわてて取り消したらしいですが(

野党が辞任要求を出すようですが( ←これもワンパではあるが、しっかりとやってもらいたい



こういう発想って、女性に対してだけなのかな。

当然、労働者も、いや、国民も機械だったりして。

国民という第一次生産機械に、それぞれの持ち場にふさわしい先端の機械を与えれば、「美しい国」のGNPは上がるっていう発想をしてる、とか(;¬_¬) 

モダン・タイムス 」の時代に戻ったのか、日本は。

AD

コメント(10)