2月28日に、「三重銀行と第三銀行の経営統合に向けた基本合意」が発表されました。

 

 それを受けて、三重銀行から今後の方針についてのご説明を受けました。

 

 両行は平成30年4月を目途に共同持株会社を設立しその傘下に入るとのことです。

 

 今後、統合準備委員会を立ち上げ、平成29年9月に経営統合に関する最終契約締結を行う予定です。

 

 最終契約締結までに、新しく設立する持株会社の商号や本店所在地等については決定していく予定のようです。

 

 三重銀行本店所在地である四日市市の市長として、地元金融機関の経営基盤が強化されることは歓迎でありますが、今後の両行の経営統合の行方を注視していきたいと思います。

 

 当発表に当たり、市長コメントを報道機関に発表しております。

 

===================

【市長コメント】

 本日、株式会社三重銀行と株式会社第三銀行が経営統合に向けて協議・検討を進めていくことについて、基本合意するとの報告が三重銀行からありました。

 

 両行の統合により、より一層経営基盤が強化され、地域経済の活性化にご貢献していただくことを期待しております。

===================

 

AD

コメント(7)