2011-07-26 15:44:39

「成唯識論」(唯識派:護法):各論

テーマ:大乗仏教
続いて、「成唯識論」の五位(五道)を具体的に説明しましょう。


<資糧位(資糧道)>

四諦と唯識の教説を聞いて学ぶのが「資糧道」です。
同時に、「六波羅蜜多」と「三十七菩提分法」や利他行にも励みます。

利他行としては、「四摂事(布施・愛語・利行・同事)」の行為と、「四無量」の「止」の瞑想があります。
他に「止」や「観」に関する具体的な記述はありません。


<加行位(加行道)>

止観によって教説を思索して、後天的な(分別起の)煩悩障を抑えるのが「加行道」です。
具体的には、「倶舎論」、「現観荘厳論」と同じく、「四善根」の瞑想を行います。

その特徴は、「倶舎論」とは違って、四諦を対象にしたり、四念所を行うのではなく、「唯識観」と呼ばれる唯識派の教学に沿った観法を行う点です。
主客の空を認識するという点では「現観荘厳論」と似ています。

「四善根」の最初の2段階は「四尋思観」と呼ばれます。
具体的には、認識の対象である言葉・概念・主語性・述語性の4つは仮の存在であり、実在しないと観察・思索します(法無我)。

第1段階の「煖(なん)」の瞑想は、「明得定」と呼ばれます。
第2段階の「頂」は、より思索を深める段階で、その瞑想は「明増定」と呼ばれます。 

後半の2段階は「四如実智観」と呼ばれます。
具体的には、先の認識の4つの対象を作り出した主体も存在しないと観察・思索します(人無我)。

第3段階の「忍」では、第四禅で、対象に続いて主体の空を思索します。
その瞑想は「印順定」と呼ばれます。
第4段階の「世第一法」では、第四禅で主客同時に空を思索します。
次の刹那で通達位に達して真如を体得できるので、その瞑想は「無間定」と呼ばれます。


<通達位(見道)>

無漏で無概念の「無分別智」によってあるがままの真如を見る段階です。
これによって、後天的な煩悩障を断じます。
そして、「妙観察智」と「平等智」が意識と末那識から生じます。

「見道」は大きく「真見道」と「相見道」の2段階から構成されます。
「真見道」は無概念の「無分別智」による認識です。
「相見道」はその認識を後で「後得智」によって概念的に認識します。
それを四諦の観察によって行います。
「後得智」は大乗仏教が重視する、利他に必要な智慧です。
さらにどちらも、「無間道」、「解脱道」から構成されます。

「成唯識論」の見道は、「倶舎論」、「現観荘厳論」をベースにしていますが、より複雑な構成になっています。
四諦の観察は「後得智」の段階のみになっています。
また、「後得智」を対象にした「後得智」というようなメタレベルな智を求めています。

「真見道」では、「無分別智」(般若学で言う「等引智」)によって真如を認識し、煩悩を断じます。
「一心真見道」とも呼びます。
主客の空を無概念で直観的に認識した時点で、「唯識に住する」という状態になります。

その「無間道」では、分別起の煩悩障と所知障の「種子」を断じます。
これは世第一法からの一刹那で行います。
「解脱道」では、煩悩の「習気(香のように残る影響)」を断じます。
これは「無間道」の次の一刹那で行います。

「倶舎論」、「現観荘厳論」では「煩悩を断じる」→「断じたことを確証して離れる」という2段階だったものが、「成唯識論」では、唯識の種子の考え方で捉え直され、「種子を断じる」→「習気を断じる」の2段階になっています。
2段階なので「二心真見道」と表現しても良さそうですが、「無分別智」だからか、あえて「一心真見道」と表現するのでしょうか。

「相見道」では、「後得智」(無漏の分別知)によって「真見道」で得た認識を理解しなおして、衆生救済を決意します。
「相見道」は、「三心相見道」と「十六心相見道」の2つの観法があります。
「三心相見道」は主客の空を対象にし、「十六心相見道」は、四諦を対象にします。

「三心相見道」の「無間道」では、まず主体である自己(我)が空であると観察します。
次に、五蘊をはじめ諸法が空であると見ます。
この2つを「法智」と呼びます。
「解脱道」では、自己と諸法を同時に空であると見ます。
これを「類智」と呼びます。

「十六心相見道」では、四諦のそれぞれを対象にして順に、4段階の智(法智忍→法智→類智忍→類智)で観察します。
これを2種類の方法で行います。

1つは、対象である「真如」と、主体である「無分別智」を対象にして、四諦に関する観察を行います。(四諦×二取×二道)
それぞれには次のような4段階があります。
 ・法智忍:煩悩の種子を断じることを確認(真見道の無間道の確認)
 ・法智 :煩悩の種子を断じたことを確認(真見道の無間道の確認)
 ・類智忍:以上の2智を確認
 ・類智 :類智忍を確証
「法智」を得た時点で、無漏の分析的な智慧が生まれるので、「類智忍」と「類智」はそれで観察します。

もう一つは、説一切有部(倶舎論)と同じで、上下2界で行います。(四諦×二界×二道)
次の4段階で行われます。
 ・法智忍:欲界の四諦を観察(真見道の無間道の認識によって)
 ・法智 :欲界の四諦を観察(真見道の解脱道の見分によって)
 ・類智忍:色界・無色界の四諦を観察(真見道の無間道の見分によって)
 ・類智 :色界・無色界の四諦を観察(真見道の解脱道の見分によって)

この「見道」を修習することで、菩薩の十地の最初である「極喜地」に到達します。


<修習位(修道)>

波羅蜜を行じながら先天的な(任運起の・倶生起の)煩悩障と所知障(部派仏教にはない、法我執)の種子と習気を断じます。
そして、「妙観察智」と「平等智」が成長します。

菩薩道の十地では、下記のように、各段階でそれぞれ「十勝行(十波羅蜜多)」を修します。

 ・極喜地(施波羅蜜多):初めて無漏無分別智を発し、人法二空を証し菩提心を起こす
 ・離垢地(戒波羅蜜多):清浄な戒を具して、微細な煩悩の垢からも離れる(ここから修道)
 ・発光地(忍波羅蜜多):優れた定と記憶を成就し、智慧の光を発する
 ・焔慧地(精進波羅蜜多):三十七菩提分法に安住し、煩悩を焼き尽くす智慧が増大する
 ・極難勝地(定波羅蜜多):四諦を証する無分別智と、世間の技術・学芸を修する有分別智の二者を具する
 ・現前地(般若波羅蜜多):十二縁起を観ずる清浄な般若智を生じる
 ・遠行地(方便波羅蜜多):無相観を修して意識的な計らいの限界まで至り、声聞・独覚の世界を超える
 ・不動地(願波羅蜜多):無分別智が自然に常に働く(煩悩障が断じられ、以降は無漏智のみ)
 ・善慧地(力波羅蜜多):自在に言葉を操って説法を行う
 ・法雲地(智波羅蜜多):一切法を縁ずる大法智を生じ、「金剛喩定」を起こす(残しておいた煩悩を断じる)


<究極位(無学道)>

「究極位」は仏となった段階です。
修習位の「金剛喩定」で煩悩を断じた次の刹那に到達します。
煩悩障をなくすことで、「大涅槃」、「自性身」を獲得します。

また、「大円鏡智」と「成所作智」が生まれ・完成し、「妙観察智」と「平等智」が完成します。
所知障をなくすことで、「大菩提」、「法身(仏の三身)」を獲得します。

唯識派の涅槃は「大涅槃」と「大菩提」を併せ持つ涅槃で、「無住処涅槃」と呼ばれます。
これは、自由に輪廻世界に現れて人を救うことができるという、大乗仏教が目指す涅槃です。
 
(成唯識論の修行体系)
資糧位(資糧道)
・唯識の教説を聞いて学ぶ
・六波羅蜜多、三十七菩提分法、四摂事、四無量
加行位(加行道)
・四善根(四諦十六行相)
 >四尋思
  ・煖
  ・頂
 >四如実智
  ・忍
  ・世第一法
通達位(見道)
・真見道(一心):無分別智
 >無間道:種子を断じる
 >解脱道:習気を断じる
・相見道:後得智
 >三心相見道:主客の空を対象
  ・無間道
   >対象の空
   >主体の空
  ・解脱道
   >主客の空
 >十六心相見道:四諦を対象
  ・苦~道諦(2種)
   >法智忍
   >法智
   >類智忍
   >類智
修習位(修道)
・極喜地 (施波羅蜜多)
・離垢地 (戒波羅蜜多)
・発光地 (忍波羅蜜多)
・焔慧地 (精進波羅蜜多)
・極難勝地(定波羅蜜多)
・現前地 (般若波羅蜜多)
・遠行地 (方便波羅蜜多)
・不動地 (願波羅蜜多)
・善慧地 (力波羅蜜多)
・法雲地 (智波羅蜜多
究極位(無学道)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

morfoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。