最近、友人スヌーピー氏がバス釣りを始めました。


もれは小学生の頃
竹を切って先に糸をつけて
フナやコイを釣ったことがあります。

コイは養殖していたのでキャッチ&リリースで
フナは元気の良いのを水槽で飼ったりしました。

 

養殖しているおじさんからも

リリースするなら釣っても良いと言われていたので

もれと同世代の子供達が集まって

みんなで大会のように釣りをしていました。

その後、父方の祖母が釣竿を買ってくれました。

リール付きの竿なんて初めて使うので

嬉しくてすぐさま釣りに行きました。

 

ところが・・・その竿を初めて使った日に

折ってしまったのです。

 

引きからして恐らくコイだったのでしょうけど

それで折れるか!?と唖然となりました。

子供に買うってことで安い竿だったのかもしれませんね。


それ以来、釣り熱が冷めてしまい

40年近く釣りをしていませんでした。


スヌーピー氏は竿を2本持っているということで
片方を借りて実に30年ぶりくらいに
もれ家から程近いため池でチャレンジしました。

小学生以来なので
最近の釣具はよくわかりませんが
進化していることだけはわかります^^;

さて、釣果はというと坊主でした。

バス釣りといえばルアーやワームを使うのが
通常らしいのですが
もれはスヌーピー氏が「チート」と呼ぶ
生きたミミズを使ったのに坊主でした>_<;


それから数日後の夕方
スヌーピー氏と再び同じ池でチャレンジしましたが
またしても坊主でした。

その池のブラックバスは釣り人が多いためか
スれてしまっていて

食いつきがあまり良くないと

スヌーピー氏が言っていました。

 

場所を変えようということで

もれ家の隣にある池に移動しました。

 

<つづく>

AD

FFRK 魔石 闇 黒竜

テーマ:

ようやく魔石ダンジョンもラストの

闇属性 【狂】黒竜 攻略編です^^

 

難易度としてはやはり高かったのですが

どちらかというとイヤになるダンジョン

という印象でしたね^^;

 

まだ安定してクリアできるとは言いがたいのですが

下記でいう25秒前後までいければ

後は安定します。

 

闇属性ダンジョンでゲットできる★3魔石は

の3種がランダムでドロップします。

 

タイムアタックボーナス報酬は

となっていて、1分以内が目標のもれはエテムまでを

ゲットする予定です。

 

初回クリアで魔石黒竜をゲットできます。

 

 

【狂】黒竜の説明は

となっています。

 

ポイントは何と言っても

黒い牙ですね。

 

即死耐性無視なので確実に戦闘不能にされてしまいます。

 

攻略サイトなどによるとおよそ11万のダメージを与えるまでは

3,4ターンごとに黒い牙を使ってきますので

蘇生役、回復役、攻撃役を常設しないと

延々と倒され続けることになります。

 

レイズ系が必須ですね。

 

高火力のプレイヤーであれば

一気に11万以上のダメージを与えて

黒い牙を使わせない

なんてテクニックもあるそうです。

 

もれのパーティだと確実に2回喰らいます^^;

 

その他の攻撃もダメージは高めで

生き返ったものの、次の攻撃で9,999を喰らう

なんてこともありますので

とにかくストレスが溜まります・・・;

 

 

試行錯誤を繰り返しつつ

行き着いたパーティがこちらです。

 

当初は光の戦士とセオドアを入れずに

ティファ(ダメージ反射)とオニオンナイト(やられ役)に

していたのですが、どうにも安定しませんでした。

 

ティファをセオドア(バーストで回復可能)に変えて

オニオンナイト(やられ役)で初クリアできたのですが

やはり安定せず、オニオンナイトをベアトリクスにしたりして

試行錯誤しました。

 

結果、セオドアをやられ役にして

光の戦士でリミットチェインすることで

ようやく1分を切れるようになりました。

 

セオドアはレコードマテリア:消えぬ闘志を装備しています。

 

このレコマテはスコットをレベル99にすると得られるもので

バトル開始時にリレイズ(復帰時HP:中)+防御力UP(中)

という効果を持っています。

 

必殺技は

セオドア

 バースト:ホーリークロス

レインズ

 バースト:メタモルフォーゼ

超必殺:セラフィックレイ

光の戦士

 リミットチェイン:シールドオブライト

セシル

 バースト:パラディンフォース

オーバーフロー:ライトスラスター

ヤ・シュトラ

 バースト:アサイラム

を使用しました。

 

メイン魔石はエンキドウで

サブ魔石で聖属性攻撃UPと闇属性軽減しています。

 

 

セオドアをやられ役にして

レコマテのリレイズで復活したら

自身にリレイズを唱え

レインズで削り

セシル(マレイズ)とヤ・シュトラで回復

という感じですね。

 

黒い牙ゾーンを抜けたら

ファブラ・ガーディアンで防御力を上げてから

光の戦士の聖属性チェインに

レインズ、セオドア、セシルのバーストを乗っけて削る

というのが基本戦術です。

 

 

戦術はちょっといつもと違う書き方をします。

このほうがわかり易いと思いますので・・・。

 

セオドア:ハイマジックブレイク

レインズ:メタモルフォーゼ発動

光の戦士:プロテガ

セシル:セオドアをターゲットにしてエンドアスピル

ヤ・シュトラ:シェルガ

 

セオドア:自分をターゲットにしてたたかう

光の戦士:セオドアをターゲットにしてエンドアスピル

セシル:最初に黒竜に攻撃されたキャラにマレイズで回復

ヤ・シュトラ:再発動しないことを祈りつつ

 セオドア以外でHPの最も低いキャラにウルトラキュアー

レインズ:バーストアビリティ:刹那の輝き

 

セオドアのHPがパーティ内で一番低ければ

黒竜の黒い牙でセオドアがダウン

~レコマテのリレイズで生き返る

※失敗して他のキャラがダウンしたらタスクキル!

 

光の戦士:エンドアスピル

セシル:セオドアより低いHPのキャラにマレイズで回復

ヤ・シュトラ:シェルガ

レインズ:バーストアビリティ:刹那の輝き

 

ここでヤ・シュトラがシェルガを使うのは

セオドアがバフ無し状態で大ダメージを喰らい易く

多くの場合、倒れてしまうためです。

 

セオドア:自身にリレイズ

 

他のキャラは前のターン同様にセオドアのHPが

パーティ内で一番低くなるように

セオドアを攻撃したり回復で調整します。

ただし、レインズは何があろうと黒竜を攻撃です。

 

黒竜が2度目の黒い牙でセオドアがダウン

~リレイズ効果で復活するタイミングに合わせて

魔石エンキドウ発動

※レインズ以外のキャラで発動

 

この復活タイミングに合わせて

ファブラ・ガーディアンが発動するようにできればベストです。

 

2回目の復活が左上のカウントで25秒前後だと思います。

 

この時点でレインズのバーストで

11万以上のダメージを与えているはずなので

黒い牙ゾーンを抜けており

ここからは正攻法です。

 

ここまでたどり着けるかどうか?というバトルですね。

特にファブラ・ガーディアンがかかるまでは

気は抜けません。

 

セオドア

 ゲージが溜まり次第、

 バースト:ホーリークロス発動

レインズ

 バースト:メタモルフォーゼを繰り返す

 ~ゲージが2つ以上溜まっていれば

  超必殺:セラフィックレイで聖属性弱体化を付与

光の戦士

 エンドアスピル

 ~ゲージが溜まったら

  リミットチェイン:シールドオブライト発動

 ~エンドアスピル

セシル

 バースト:パラディンフォース

 

黒竜の残りHPが2割くらいになったら

セシルはバースト中にオーバーフロー:ライトスラスターを

発動してトドメに入ります。

 

リミットチェイン数にもよりますが

もれは70,000ダメージを与えることができました。

 

ということで1分以内の討伐ができました^^v

 

評価は-2のMASTERクリアです。

 

ちなみに・・・1分30秒くらいになると

再び黒い牙を使い始めるので要注意です。

 

 

コツは

やられ役はリレイズを唱えられるキャラが適正で

やられ役のHPをパーティ内で最低に調整する

という一点ですね。

 

 

またレインズのメタモルフォーゼの

バーストアビリティ:刹那の輝きは

次ターン待機時間無しなので

聖属性リミットチェインの回数を稼げる点も

重要なポイントですね。

 

通常時、刹那の輝きは

2,300×4回=9,200のダメージですが

チェインを積み重ねることで

6,000×4回=24,000くらいまで

ダメージを伸ばす事ができました。

 

セオドアのバースト:ホーリークロスと

バーストアビリティ:ケアルスラッシュが

回復付きなのも大きかったですね。

 

 

ということで

2017年7月現在、リリースされている

魔石ダンジョンはコンプリートです!^^

AD

魔石ダンジョン 聖属性 【狂】ミストドラゴン

 攻略編です。

 

この記事を公開できるということは

最後の闇属性ダンジョンも1分以内クリアが

できたということです^^v
 

聖属性ダンジョンでゲットできる★3魔石は

の3種がランダムドロップします。

タイムアタックボーナス報酬は

となっていて、もれの目標は1分以内なので
ニンフまでになりますね。

初回クリアでミストドラゴンの魔石をゲットできます。



【狂】ミストドラゴンの説明は

となっており、ポイントは
一定のターンごとに霧状態に変化し
霧状態の時に攻撃すると
全体にカウンター
という点です。

もれの感想としては
このカウンターさえ受けなければ
難易度は低めですね。


何度かプレイすれば大まかなタイミングは掴めますので

そのタイミングと行動待機時間の微調整ができれば

カウンターは防げると思います。


ただし、2回目以降の霧状態遷移は
画面左上のカウントで2秒前後の誤差があります。

タイムアタック要素があるので
この2秒はかなり大きいですね^^;

ちなみにもれの場合
1回目が16秒くらいで
2回目は40秒前後でした。

3回目は1分10秒前後だったと思いますが
パターン化できてからは1分以内に討伐できているので
よく憶えていません^^;

霧状態になってからドラゴンに戻るまでの時間も
大体把握できますがカウント2秒から3秒弱
って感じですね。

少しでも時間を短縮するために
霧状態中にコマンドを入力する必要があるのですが
この2秒から3秒弱という微妙な誤差で
カウンターを受けてしまうことも多々あります^^;


さて、攻略パーティは

としました。

ここで注意すべき点はキャラの並び順です。

【狂】ホーリーが範囲内の3人への攻撃ということで
中央のキャラは必ず攻撃対象となります。

そのため、中央ほどHPの高いキャラを置くことになり
HPの低いキャラは最上段か最下段に置きます。

もれの場合、ティファの方がHPは高いのですが
セフィロスのバースト:八刀一閃はシールド効果で
2回攻撃を防げるので
セフィロスを中央に置きました。

必殺技は
レインズ
 バースト:メタモルフォーゼ

ティファ
 超絶:メテオドライヴ

セフィロス
 バースト:八刀一閃

オニオンナイト
 バースト:予言の大器

ヤ・シュトラ
 バースト:アサイラム


ミストドラゴンは地属性無効ですが

ティファのメテオドライヴは地+無属性攻撃なので

よりダメージを与える無属性が採用されます。

とはいえ、与ダメージは少ないです。

やはり技自体ではなくダメージ反射がメインですね。


レインズのメタモルフォーゼがメイン火力です。
セフィロスが副火力ということになります。
ティファはダメージ反射メインで防御無視の鎧通し、
オニオンナイトは魔力と精神を下げるデバフ役ですね。

 

メイン魔石はエンキドウ
サブ魔石で聖属性攻撃UPと闇属性軽減しています。


セフィロスに装備したダークレイドについては
どうやらオニオンナイトの予言の大器と重ならないらしく
装備したものの使っても意味がありませんでしたので
別のアビリティにしても良いかもしれません。


戦術

ティファ
 開幕メテオドライヴ
 ~鎧通し
 ~メテオドライヴを適宜更新
 ~鎧通しが切れたらエンドアスピルでゲージを溜めて
  メテオドライヴを繰り返し

レインズ
 開幕ファブラ・ガーディアン
 ~ダーラでゲージ溜め
 ~1回目の霧状態解除後にメタモルフォーゼ
 ~バーストアビリティ:刹那の輝き

レインズは霧状態解除時点で

ゲージがまだ溜まっていないことが多いです。

いかりを使えば溜まるのでしょうけど^^;


セフィロス
 エンドアスピルでゲージ溜め
 ~1回目の霧状態中に八刀一閃のコマンド入力
 ~バーストアビリティ:黒翼
 ~八刀一閃の繰り返し

オニオンナイト
 開幕予言の大器
 ~両ハイブレイク
 ~バーストアビリティ:追加斬り
 ~バースト効果が切れたら両ハイブレイク
 ~予言の大器の繰り返し

ヤ・シュトラ
 シェルガ~回復


バースト発動はなるべく霧状態直後が望ましいですが
2回目についてはタイミングが合わないこともあります。

タイムアタック要素があるので悩ましいところですが
こればかりはそういう仕様と割り切るしかありません^^;

もれの場合、カウント30秒ならバースト発動
35秒ならバーストは2回目の霧状態中にコマンド入力
という風にしていました。

 

参考までに1回目のコマンド入力のリミットは

エンドアスピルなどの通常アビリティの場合

14秒台前半がギリギリです。

必殺技や待機時間の長いアビリティだと

間に合わない可能性があります。

また霧状態だとティファのメテオドライヴの
ダメージ反射もMiss判定となり
ダメージは与えられませんが
通常状態の攻撃は全体攻撃多めなので
そこそこのダメージソースになります。


最後に注意点ですが
魔石は解放後、自動的に攻撃しますが
霧状態だと魔石の攻撃にもキチンと

カウンターが飛んできます^^;

魔石の発動にも注意が必要ですね。

魔石をエンキドウにしておくと
初回解放時は回復のみなので
霧状態中に解放することができるのでオススメですよ。

もれの場合は初回霧状態中(早め)に解放し
2回目の霧状態前に解放時間が終わって
霧状態解除後に再び解放しました。

とはいえ、若干の前後があるので
時々2回目の霧状態でエンキドウが攻撃してしまい
カウンターを喰らったりしましたけど^^;


ということで聖属性ダンジョン攻略のコツは
 何度かプレイして霧になるタイミングを憶える
ですね。

AD

今回は ナイトメアダンジョン

背徳極めし氷帝 マティウス&氷のアーゼ

攻略です。

 

魔石の聖、闇属性ダンジョンはもうしばらくお待ちください。

闇ダンジョンを何とか1分以内にクリアできないかと

色々試行中です。

2017年7月18日現在で1分1秒台が一回ありましたが

まだ安定して倒せるパターンに至っておりません。

 

 

マティウス&氷のアーゼについては

以前リリースされていたので

既にコンプリートしているかたも多いと思います。

 

もれは難易度300のミッションだけが

未クリア状態で残っていました。

 

ということで難易度300を中心に書きます。

 

難易度200と250については

難易度300よりも容易だと思いますので

手抜き記事です^^;

 

難易度300のマティウス&氷のアーゼの説明は

となっていて、これまでの難易度と異なる点は

終盤にこちらのパーティ全体に

リフレクをかけてくる事と

序盤はマティウスに弱点が無い事ですね。

 

特にリフレクは単体回復を

ほぼ封じられることになるので迷惑千万です>_<;

 

その他の行動については全難易度共通の様な感じで

ダメージ、防御力の高低が違う程度の印象ですね。

 

ポイントは

ほぼ氷属性攻撃であること、

スリプル、スロウをかけてくること、

雷属性が微弱点であること辺りでしょうか?

 

もれは特にスリプル対策をすることにしました。

スロウは必殺技やフレンド召喚で解除する方針です。

 

ということで難易度200、250は

例の如くザコ戦があるので

ザコ戦の最終ラウンド終盤にプロテガ、シェルガ、

鉄壁のグリモアなどのバフをしてから

ボス戦に突入です。

 

攻略パーティはパーティセットに残っていませんでした。

大して苦労せずに倒せたので保存しなかったのでしょう。

 

雷属性ガチメンバーなので

攻撃担当:アーシェ、ライトニング、ガーネット

物理補助:デシ

回復:ヤ・シュトラ

だったと思います。

 

もしかするとガーネットが

物理補助のオニオンナイトだったかもしれません。

 

前回開催時はまだ魔石を持ってなかったはずなので

フレンド召喚にエーコのモグのおまもりを

お借りしたと思います。

 

ライトニングとガーネットのバーストで

雷属性を弱体化して

アーシェの火力で削ったはずです。

 

ガーネットではなくオニオンナイトだった場合は

オニオンの予言の大器でバフをかけて

ライトニングで雷属性を弱体化して

やはりアーシェの火力で削ったのだと思います。

 

 

難易度200のミッション

FF12のメンバーのみでクリアについては

もれの記憶では

攻撃担当:アーシェ

物理補助:フラン

回復:パンネロ、ラーサー

の回復2枚構成でしたが

もう一人が誰だったのか思い出せません。

 

恐らくガブラスかバルフレアだと思うのですが・・・;

 

いずれもMASTERクリアしています。

 

 

ということで、ここまでかなり駆け足ですが

今回攻略した難易度300のミッション

 FF12のメンバーを3人含めてクリア

の攻略です。

 

パーティは

としました。

 

回復2枚ですね。

全員睡眠耐性アクセを装備しています。

 

また複数の敵が居るので

デバフには踊り子アビリティの

ハイウィークポルカとハイアンフェイスを装備しました。

 

 

必殺技は

アーシェ

 バースト:黄昏の裁き

ライトニング

 バースト:ストライクボルト

パンネロ

 超必殺:生殺与奪

ラーサー

 超必殺:帝国の秘薬

デシ

 鉄壁のグリモア

 

という構成です。

 

フレンド召喚はエーコのモグのおまもりをお借りしました。

 

メイン魔石はエンキドウで

サブ魔石で氷属性耐性UPと雷属性攻撃UPです。

 

ライトニングで雷属性弱体化して

アーシェの火力で削るのはいつもどおりですが

ラーサーの必殺技:帝国の秘薬と

フレンド召喚のエーコのモグのおまもりは

全体回復、かつヘイスト効果があるので

これでスロウ対策しようと考えました。

 

実際にはスロウは1回だけだったので

頻度は低そうです。

 

またスロウになったから即全体回復+ヘイスト

というのは避けたほうが良いです。

 

序盤に書きましたが

マティウスのHPが少なくなると

味方パーティ全体にリフレクをかけられて

単体回復ができなくなります。

 

同時に全体攻撃も激しくなるので

極力、全体回復は後半まで温存したいですね。

 

もれの場合、リフレクをかけられた時点で

ラーサーとフレンド召喚エーコの

それぞれ1回分を使用していただけでした。

 

討伐完了段階で使用した全体回復は

ラーサー:2回分

パンネロ:1回分

フレンド召喚エーコ:2回分

魔石エンキドウ:1回分

(リフレク後は4回使用)

と、後半の激しさを物語っています^^;

 

 

戦術

 

まずは3体の氷のアーゼを1体ずつ倒します。

 

アーシェ

 マティウスがリフレク状態なのでデスペル

 ~連続サンダガで氷のアーゼを攻撃

 ~連続サンダガを使い切ったらバースト:黄昏の裁き発動

 

最初のリフレク解除はあまり意味が無いように思えますが

マティウスが自身にもう一回リフレクを唱えると

反射されて味方のいずれかがリフレク状態になる

という状況を避けるための予防策です。

リフレク中にリフレクを唱えるか否かは検証していません^^;

 

ライトニング

 轟雷、サンダガ剣で氷のアーゼを攻撃

 

パンネロ

 プロテガ~回復

 

ラーサー

 シェルガ~回復

 

デシ

 鉄壁のグリモア

 ~踊り子アビリティでデバフ

 ~たたかう

 

氷のアーデを全て倒したら

ライトニングはマティウスにストライクボルトで

雷属性弱体化を2段階まで付与します。

 

一気に3段階まで弱体化すると

倒すまでにバースト効果が終わってしまうので

2段階までに抑えておきます。

 

アーシェは引き続き

バースト:黄昏の裁きで削り続けます。

 

マティウスがこちらのパーティに全体リフレクを

かけてきたら、回復は必殺技か

魔石エンキドウしか使えませんので要注意です。

 

この頃には攻撃もかなり激しく

全体攻撃が増えてきますので

タイミングに気をつけながら全体回復を発動しましょう。

 

マティウスのリフレクにケアルガなどを反射させれば

味方を回復できますが

反射先はランダムです。

一番HPの減っているキャラが回復すれば良いのですが

そうそううまくいかないので

全体回復を使ったほうが安定します。

 

デシの必殺技ゲージが1つ以上残っていて

倒し切るまで鉄壁を維持できそうなら

バースト:伝記・天衣無縫などを使って

魔法バリアを張るのも良いかもしれません。

 

もれは鉄壁を使い切りました。

 

回復さえ間違えなければ

難易度は本当に300?というくらい容易でした。

 

評価は被ダメージが-1でしたが

MASTERクリアを取れました。

 

アーシェのバーストの有無と

バーストアビリティの再発動の回数で

難易度がかなり変わってきそうな印象ですね。

 

昨年の4月に

ポッキー シャンパン仕立てについて書きましたが

その時から気になっていた

カプリコ シャンパン仕立てを

スーパーで発見しました^^

 

パッケージは

ポッキー同様にゴールデンですw

 

机が汚れているのはご愛嬌^^;

 

9本入りです。

 

中は小分けの袋になっていて

コーン部分もチョコっぽい色です。

 

机、拭きましたよw

 

え?パソコンのキーボードが汚い?

そこは必然!ということでw

 

 

肝心の味のほうはというと

当然なのかもしれませんが

ポッキー シャンパン仕立ての味で

食感がカプリコです。

 

シャンパンどころか

アルコールが飲めないもれには真新しい味ですが

好きか?と聞かれたら

「カプリコ イチゴの方が好き」ですね。

 

嫌いか?と聞かれたら

「これはこれであり」なのです。

 

ただしアルコール分が0.1%未満とはいえ

入っているので

9本一気に食べると危険かもしれません^^;

 

味の確認を兼ねて3本食べてしまったのですが

この記事を書いている間も

顔が若干火照っています~_~;

 

気のせいなのか?

梅雨で蒸しているせいなのか?

シャンパン仕立ての影響なのか?

 

理由は不明ですが今日はこれ以上

食べないほうが良さ気な予感です。

 

もれの行ったスーパーでは

この9本入りが400ギル弱でした。

 

ゴールデンなパッケージだけに

カプリコとしては高価です。

 

今後、カプリコを買うなら

イチゴなどの普通の物を買うと思います^^;

 

ネタとしてなら!

って感じですね。

 

今回はマルチダンジョン

シュミハザ 討伐戦 滅+ 攻略です。

 

いつものようにシングルプレイで挑戦です。

 

シュミハザの説明は新しい形式になりましたね。

 

う~ん・・・弱点属性は見易いのですが

状態異常はイマイチですねぇ。

 

それ以上に箇条書きが不明瞭すぎますね;

 

物理攻撃なのか?魔法攻撃なのか?

状態異常攻撃なのか?

さっぱりわかりません。

 

ベータ版ということで今後の改善に期待しましょう。

 

ポイントは

 

沈黙、継続ダメージ(スリップ)

 

・スタートからヘイスト

 

・バリアチェンジ

 

辺りですね。

 

ですが・・・説明に書かれていないことがあるのです。

 

カウンターの【凶】ショックは一定確率としか書いてませんが

2,500の固定ダメージなのです。

 

また弱点属性が炎→氷→雷→炎・・・の順に変わりますが

弱点でない属性の攻撃は

なんと!75%カットです@@;

※もれの試算なので間違えてたらごめんなさい。

 

パーティはこの後紹介しますが

アーシェで連続サンダガを使ったのですが

雷属性が弱点の時は8,500×4回だったのに対し

炎、氷属性が弱点の時は430×4回なのです。

 

これは軽減なんてレベルじゃありませんね@@;

 

弱点属性で攻撃しなければ

有効なダメージは与えられません

 

ということでパーティは炎、雷、氷属性の

必殺技を持つ英雄をそれぞれ一人ずつ

入れておくことになります。

 

もれのパーティは

としました。

 

アビリティを見ていただくと大体わかると思いますが

炎:マッシュ

氷:リノア

雷:アーシェ

ですね。

 

必殺技は

マッシュ

 バースト:煉獄・鳳凰の舞

リノア

 バースト:ヴァリー・氷葬

アーシェ

 バースト:黄昏の裁き

デシ

 鉄壁のグリモア

 ※魔法バリア貫通攻撃があるのでバースト:伝記・天衣無縫は

  持って行きませんでした。

 

ヤ・シュトラ

 アサイラム

です。

 

また魔法キャラは沈黙耐性アクセを装備しました。

 

シングルプレイなのでフレンド召喚ができます。

フレンド召喚にはセルフィのスロット・フルケアを

お借りしました。

 

 

戦術

 

デシ

 開幕鉄壁のグリモア

 ~ハイブレイク

 

ヤ・シュトラ

 シェルガ

 ~回復

 ~必殺技ゲージが溜まり次第、アサイラム

 ~魔法キャラが沈黙したらウルトラキュア

 

最初は炎属性が弱点なので

マッシュ

 内丹気砲

リノア

 連続ブリザガ、またはブリザジャ

アーシェ

 連続サンダガ、またはサンダジャ

の順で攻撃します。

 

この順番は討伐完了まで崩しません。

 

それぞれ必殺技ゲージが溜まり次第

アビリティではなくバーストを発動し

以後、バーストアビリティで攻撃に切り替えます。

 

必殺技ゲージの溜まり方に差があるので

時々待ち状態が生じますが

順番は崩さないようにしましょう。

 

先述の通り、弱点属性以外の攻撃は

ダメージが激減しますので順番通りに攻撃しないと

行動回数が増えてしまいます。

 

またリノアはレコードダイブをフルダイブしているので

次ターンの黒魔法待機時間短縮があります。

マッシュより先に行動してしまわないように

調整が必要です。

 

 

感想としては固定ダメージのカウンター

【凶】ショックが結構厄介でした。

 

また「アグレッサー」でヘイスト状態になるのですが

初回はデシのアビリティを

デスペル(バニシュレイド)とフルブレイクにして

ヘイストを解除しようとしましたが

鉄壁+フルブレイクだと攻撃に耐え切れず

断念してハイブレイクにしました。

 

マッシュの内丹気砲は自己回復できるので

かなり有用でした。

 

後半、かなり素早くて激しい攻撃をしてきますが

攻撃役の3人がバースト状態で

弱点どおりの順番で行動できれば

ダメージは比較的通り易いです。

 

スクリーンショットを撮り忘れましたが

スコアは-3のMASTERクリアでした。

 

 

本来の順番では魔石ダンジョンの聖、闇属性ですが

こちらはいつでもプレイできるので

期限付きの ナイトメア 破滅の機神

バルトアンデルス 攻略の記事を先に書きました。

 

よく見るヤツですね^^;

 

説明は

となっており、ポイントは

・副次装と外装(カバーみたいなの)を破壊しないと

 バルトアンデルス本体に攻撃できない

 

・カバーを両方とも破壊すると死の宣告を喰らう

 

・カバーは魔力UPやプロテス、シェル、ヘイストで

 強化される

 

・いずれも雷属性が弱点

 

という感じですね。

 

説明文に書いていませんが

副次装、外装を倒すと

バルトアンデルスはかなりのスピードで行動します。

 

特にタナトスの嘲笑(全体攻撃)と

ルインガ(単体魔法):1回から4回ランダム

を短いスパンで繰り出してくるので

油断すると倒れてしまいます

 

またいつものように難易度は200、250、300の3種あり

200と250にはザコ戦が

それぞれ4ラウンド、6ラウンドあります。

300はフルスロットルバトルになっています。

 

今回は難易度300だけ書きます。

200と250についてはザコ戦最終ラウンドに

プロテガ、シェルガ、鉄壁などで固めてから

ボス戦に突入する以外は注意点はありません。

 

またいつものナイトメアダンジョン同様、ミッションがあり

難易度200はFF13の英雄のみでクリア

難易度300はFF13の英雄を1~3人含むパーティでクリア

となっています。

 

難易度200と250は死の宣告のカウントが45秒ですが

難易度300は30秒になっており

ガチメンバーであれば比較的余裕ですが

ミッション挑戦時は要注意です。

 

 

ということでまずはいつものもれのプラン通り

ガチメンバーでMASTERを取りに行きます。

 

パーティは

としました。

 

必殺技は

デシ

 鉄壁のグリモア

 バースト:伝記・天衣無縫

ヤ・シュトラ

 アサイラム

ライトニング

 バースト:ストライクボルト

アーシェ

 バースト:黄昏の裁き

ガーネット

 バースト:雷帝の試練

 

という攻撃型にしました。

 

メイン魔石は雷属性弱体化のできるヒュドラ

フレンド召喚はエーコのモグのおまもりをお借りしました。

 

ちなみに難易度200、250はガーネットではなく

オニオンナイトを入れて

予言の大器で攻魔バフをかけていましたが

難易度300の初回チャレンジがやや長期戦になってしまい

残HP2割くらいからの激しい攻撃で負けてしまいました。

 

ということで一気に倒しきる火力を重視しました。

 

また序盤は副次装と外装の2体の敵がいるので

デシのハイマジックブレイクはハイアンフェイスでもOKです。

 

ただ、このバルトアンデルスは柔らかいし

鉄壁が効いていれば副次装、外装の攻撃には

充分に耐えられるので

ダメージも与えることのできるハイブレイクにしました。

 

 

戦術

 

デシ

 開幕鉄壁~ハイブレイク

 

ヤ・シュトラ

 シェルガ~回復

 

ライトニング

 副次装、外装のいずれかを連続魔法剣・轟雷、

 サンダガ剣で攻撃

 

アーシェ

 副次装、外装のいずれかを連続サンダガ、

 サンダジャで攻撃

 

ガーネット

 プロテガ

 ~ラムウ

 

副次装、外装のいずれかを倒したら

ヤ・シュトラ以外の英雄で魔石ヒュドラを解放し

雷属性弱体化を付与します。

 

この頃には副次装、外装の残っている方は

バルトアンデルスによって

プロテス・シェル・ヘイスト状態になっていると思います。

 

ダメージが通りにくいので

雷属性を弱体化してダメージを稼ぎます。

 

必殺技は使わずアビリティで倒しきりましょう。

 

副次装、外装の残ったほうを

あと1,2撃で倒せるタイミングで

デシは鉄壁のグリモアを更新します。

 

ヤ・シュトラ、ガーネットもできれば

プロテガ、シェルガを更新しましょう。

 

副次装、外装の両方を倒すと死の宣告を受けますが

回避できないので無視です。

 

デシはバルトアンデルスにハイブレイクを当てて

デバフしておきましょう。

 

初回のタナトスの嘲笑を受けたら

フレンド召喚:モグのおまもりで踏みとどまるを

付与しておきます。

 

バルトアンデルスには雷属性弱体化が効いていないので

ライトニングはバースト:ストライクボルトで

雷属性弱体化を付与します。

 

ライトニングの後にアーシェはバースト:黄昏の裁き

ガーネットもバースト:雷帝の試練を発動し

バーストアビリティで削っていきます。

 

魔石ヒュドラが再び使用可能になったら

デシで解放して雷属性弱体化を二段階目にします。

 

この時点でアーシェのバーストアビリティは

カンストに近いダメージを出せると思います。

 

バルトアンデルスのHPが半分くらいになったら

ライトニングは二回目のバーストで

雷属性弱体化を三段階目にしましょう。

 

あとはもう削るだけです。

 

ただし、終盤にタナトスの嘲笑を

連発することがあるので

残ったフレンド召喚:モグのおまもりは

危ないと思うタイミングで

バースト中のキャラでも

なりふり構わずに使いましょう。

 

雷属性弱体化が三段階目になっていれば

バルトアンデルスは物凄く柔らかいので

サクサク削れると思います。

 

 

続いてミッション挑戦です。

 

もれのパーティは

というパーティです。

 

もれのFF13は回復系必殺技が薄いので

ヤ・シュトラを起用しました。

 

ガチパーティと同じでライトニングで雷属性を弱体化して

アーシェのバーストがメイン火力です。

 

サッズのバースト:ザ・アフロブルースは

攻魔バフ効果とバーストアビリティにデバフ効果があるので

物理補助役は一択でした。

 

残る一人は迷ったのですが

レインズにしました。

必殺技はバースト:メタモルフォーゼです。

聖・闇属性は軽減されますが

サッズのバーストでバフが効けば

一回で3,500x4のダメージを与えられますし

待機時間無しのバーストアビリティは

やはり使い勝手が良いです^^

 

フレンド召喚はデシの鉄壁のグリモアか

ヤ・シュトラのストンラスキンをお借りしました。

 

魔石はガチパーティと同じヒュドラです。

 

 

戦術もガチパーティとほぼ同じで倒せました。

 

結果的にはミッションパーティでもMASTERでした。

 

ナイトメアって強さにかなりのバラツキがあると感じるのは

もれだけでしょうか?

 

 

FFRK攻略記事を書き始めたものの

アクセス数は全然UPしてませんが

読んでいただけた皆様の参考になれば幸いです^^

ようやく魔石ダンジョンの初期6属性

最後の地属性にたどり着きました。

 

以前は全く歯が立たなかった

地属性の 【狂】ゴーレム です。

 

魔石ダンジョンを一周してきたので

集めた魔石のステータスアップと共に

これまでのノウハウを活かして挑戦です!

 

このダンジョンでゲットできる★3の魔石は

の三種です。

 

タイムアタックボーナス報酬は

となっており、1分以内が目標のもれは

ラルヴァイマーゴまでをゲットする方針です。

 

初回討伐成功でゴーレムが手に入ります。

 

ちなみに2017年7月上旬の
もれのベストタイムは40秒台前半です。

ゴーレムの説明は

となっており、最大のポイントは
物理攻撃バリアの アースウォール です。

 

行動キャンセル効果のある【狂】アースシェイカー

ランダム4連続物理攻撃のらくばん

侮れないダメージです。

まずアースウォール
一定のダメージを与えると破壊できますが
ダメージ数値が「0」なので
あとどれくらいのダメージで破壊できるかは
それまでの攻撃数値を覚えておいて

推測するしかありません

アースウォール破壊に必要なダメージは
3万前後だそうです。

アースウォールは物理攻撃バリアなので

魔法攻撃であれば関係なくダメージを与えられます。

 

とはいえ、風属性魔法となると

もれの手持ちで実用に耐えられるアビリティは

メルトン(6回分)くらいのもので

風属性魔法の必殺技となると持っていません^^;

エリアルブラストなどが推奨されているようです。


もれは最長1分20秒までしか戦ったことがありませんが
アースウォールを3回使われました。

ベストタイムを出したときも3回だったので
アースウォールは3回程度と考えておくのが
良いかもしれません。

ネット上にはオーバーフローやバーストの待機時間中に
アースウォールを張られて

折角のオーバーフローを軽減されて損した!
なんて記事も見受けられますが
ここは発想の転換です。

ゴーレム撃破に必要なダメージ 
 = (ゴーレムのHP) + (アースウォール) × 3回

 =59万(60万?)+3万×3回

 =68万~70万程度
と考えてアースウォール分も元々のHPだと考えれば

損したと思わないで済むのです。

どうせアースウォールを破壊しなければ
ゴーレムは倒せないのですから
ゲージが減らないけど元々必要な合計ダメージが
決まっていると考えれば良いのです^^v

風属性魔法必殺技の充実しているかたは

魔法パーティにすればそんな発想の転換自体が無駄!

と思われるかもしれませんが

風属性魔法を持っていない以上、

持っているもので何とかするしかないので

ご容赦ください^^;

 

アースウォールの次は

【凶】アースシェイカーです。

この攻撃は防御無視な上に
行動キャンセルを付与してきます。

行動キャンセル率は中~高の間くらいかな?
行動キャンセル耐性アクセが稀少なので

「運」が重要なファクターです。

キャンセルされないことを祈る以外

どうしようもありません^^;


さて、攻略パーティは

としました。

 

メイン魔石はフェンリルです。

また上図ではサブ魔石にゴーレムが入っていますが

初回は持ってなかったので

他の魔石でステータスアップしていました。

 

フェンリルの分身で4回連続の単体物理攻撃:らくばん
のダメージを減らすのが目的です。

らくばん自体は一人に集中しなければ

問題ない程度なのですが

前後の攻撃ダメージと合わさると

無視できません。


必殺技は
ルーネス
 バースト:悠久の風

クラウド
 バースト:C・モーターサイクル


 オーバーフロー:画龍点睛

ザックス
 ラッキースター

ティファ
 メテオドライヴ

ヤ・シュトラ
 アサイラム

です。

基本的にはルーネスのバースト:悠久の風~スカイハイと
クラウドのバースト:C・モーターサイクル
~バーストアビリティ:ソニックラッシュを
ザックスの風属性チェインに乗せて削る戦術です。


またこれまでの魔石ダンジョン同様に
防御無視攻撃【凶】アースシェイカーは

ダメージ反射が効果的なので
ティファのメテオドライヴを使います。

メテオドライヴは地+無属性の必殺技で

ゴーレムは地属性を吸収しますが
無属性のダメージが採用されるので

吸収されて回復してしまうという心配はありません。

 

ただし、技自体はさほどの火力は出ません。

バフ無しの状態だと350×8撃=2,800程度で
ザックスのスーパースターのバフ状態で5,500程度と
いずれもダメージは低いですが
反射ダメージでかなりの累積ダメージを稼げるので

オススメです。

【凶】アースシェイカーを5人が反射すると
およそ12,000~15,000のダメージをはじき出します。

またゴーレムがアースウォール中でも
反射したダメージでゴーレム本体のHPを削れるのも
ポイントですね。


戦術

ルーネス
 開幕3ターン待機時間無しの
 レジェンドマテリアを持っているので
 ファブラ・ガーディアン
 ~エンドアスピル
 ~ザックスのラッキースターに合わせてバースト:悠久の風
 ~スカイハイ 連発
 以降、バーストとスカイハイを繰り返す

クラウド
 エンドアスピル
 ~ザックスのラッキースター直前に吹雪で自己バフ
 ~バースト:C・モーターサイクル
 ~バーストアビリティ:ソニックラッシュ 連打
 ~バースト効果が切れたら吹雪から繰り返し

ザックス
 開幕必殺技ゲージが1つ溜まっているレコードマテリアを
 装備していますが、開幕では使いません。
 ルーネス、クラウドの必殺技ゲージが1つ溜まるまでは
 エンドアスピルを連発です。
 ラッキースター発動後は風属性チェインを稼ぐため
 エアロラ剣 連発
 ラッキースターが切れたら更新

ティファ
 開幕メテオドライヴ
 ~鎧通し

 ~魔石フェンリル解放
 
ヤ・シュトラ
 シェルガ~回復
 ~必殺技ゲージが溜まり次第、アサイラム


先述の通り、ゴーレムがアースウォールを使おうが
倒すまでに必要なダメージは決まっているのですから
こちらは構わず、上記戦術を繰り返すのみです。

 

ティファの鎧通しは通常時、7,500前後のダメージで

ラッキースターで攻撃力バフがかかると

カンストの9,999になります。


【凶】アースシェイカーで
行動キャンセルされないことを祈りつつ、
ゴーレムの残HPが2割くらいになったら
クラウドはオーバーフロー:画龍点睛
ルーネスはバースト:悠久の風でトドメに入ります。

できることなら、クラウドもルーネスも
それぞれのバースト効果中に発動して
バーストによるバフ効果を受けたいところですね。

ザックスのラッキースターも重なれば言うこと無しです。


画面左上の経過タイムが1分を経過すると
【凶】アースシェイカー率が上がってきて
1分20秒程度から【凶】アースシェイカーの嵐になり
それまでに倒せなければ、ほぼ敗退です。

上記のパーティだと平均で55秒~1分5秒の間に
討伐可能でした。

また一人倒れてもスコアには影響せず
MASTERクリアを取れます。

二人倒れた場合は戦闘不能者数のスコアが-1になるので
他のスコアを1つしか落としてなければ
MASTERクリアを取れます。


やっと6属性クリアで

次は聖と闇属性になりますね。

前回、氷属性の魔石をゲットしたので

氷属性が微弱点の

魔石ダンジョン 風 

【狂】フェンリル 攻略です。

 

友人亭主氏から「フェンリルが一番楽!」と聞いて

何度もチャンレンジしたものの

半分も削れませんでした。

 

その後、リノアのバースト:ヴァリー・氷葬をゲットでき

氷攻撃UPの魔石もゲットできました。

 

魔石によるステータスUPと

これまでの魔石ダンジョン攻略の経験を踏まえて

あらためて挑戦です!

 

風魔石ダンジョンでゲットできる★3魔石は

の三種で、特にエンキドウは即時回復+エスナという

優れた魔石なので是非ともゲットしたいですね。

 

タイムアタックボーナス報酬は

となっており、これまで同様

もれの目標は1分以内のズーまでです。

 

いつか30秒以内に攻略できる日が来るのか

ちょっと不安になってきました・・・^^;

 

初回クリアで魔石フェンリルをゲットでき

風属性ダメージ軽減効果を得られるので

初回はMASTERでなくても

とにかくクリアを狙いました。

 

結果的にはMASTERを取れました。

 

 

【狂】フェンリルの説明は以下の通りです。

 

ポイントはハウリングムーン【狂】ハウリングムーン分身

魔法防御無視の【狂】千年の風化ですね。

 

以前チャレンジした際の全滅パターンは

【狂】ハウリングムーンで分身+ヘイスト状態になってからの

【狂】千年の風化でした。

 

ヘイストがかかると手がつけられないくらい

好き勝手されてしまうので

デスペル系でヘイストを解除するのが重要です。

 

 

パーティは

としました。

 

【狂】千年の風化で全体にスロウをかけてくるので

全員スロウ耐性アクセ装備です。

風属性防御UPでも良いかもしれませんが

もれはスロウ耐性を推奨します。

 

味方がスロウ状態でフェンリルがヘイスト状態になったら

サンドバッグ状態になりますので・・・;

 

またシェルガは外しましたが

主な魔法攻撃は魔法防御無視なので不要です。

 

 

必殺技は

リノア

 バースト:ヴァリー・氷葬

ラグナ

 超必殺:リミット・氷結弾

オニオンナイト

 バースト:予言の大器

ティファ

 超絶必殺技:メテオドライヴ

ヤ・シュトラ

 いつものバースト:アサイラム

です。

 

主火力はリノアのバースト:ヴァリー・氷葬で

ラグナのリミット・氷結弾で氷属性弱体化して

ダメージアップを狙います。

 

また魔法防御無視の【狂】千年の風化があるので

ティファのメテオドライヴによるダメージ反射が有効です。

 

オニオンナイトは物理・魔法両方のバフと

デバフ係ですね。

 

氷属性のバースト必殺技は他キャラにもあるのですが

ハウリングムーンによる分身で空振ることのない

黒魔法系バーストにしました。

 

 

メイン魔石は氷属性弱体化を持つ

ウェンディゴにしました。

サブ魔石はステータスアップ系を重視して

氷属性にはあまりこだわっていません。

 

 

戦術

 

リノア

 開幕ファブラ・ガーディアン発動

 ~連続ブリザガで必殺技ゲージ溜め

 ~フェンリルが【狂】ハウリングムーンで

  ヘイスト状態になったらデスペル

 ~ゲージが溜まったらバースト:ヴァリー・氷葬発動

 ~バーストアビリティ:真の魔法・凍界を連発

 

ラグナ

 エンドアスピルで必殺技ゲージ溜め

 ~ゲージが溜まり次第、リミット・氷結弾発動

 ~エンドアスピル

 以後、ゲージ溜めとリミット・氷結弾を繰り返して

 氷属性弱体化の二段階目以上を維持する

 

オニオンナイト

 開幕バースト:予言の大器

 ~ハイブレイク

 ~魔石ウェンディゴ発動

 ~バーストアビリティ:追加斬り

 ~バースト効果が切れたら両ハイブレイク後に

  バースト:予言の大器発動

 

ティファ

 開幕メテオドライヴ

 ~鎧通し

 30秒前後になったらファブラ・ガーディアン発動

 ~メテオドライヴ更新

 ~鎧通し

 ~鎧通しを使い切ったらエンドアスピル

 ~ゲージが溜まり次第、メテオドライヴを繰り返す

 

ヤ・シュトラ

 プロテガ~回復

 

 

ポイントは初回のファブラ・ガーディアンはリノア、

二回目(30秒前後)にはリノアがバースト中で

主火力なのでオニオンナイトかティファで発動です。

 

数回チャレンジするとフェンリルの序盤の行動には

パターンがあることに気づきます。

 

初回のハウリングムーンで

このキャラの物理攻撃が必ず空振る

というのがわかると思うので

そのターンはアビリティを使わず「たたかう」にするなど

臨機応変に行動を変えましょう。

 

また【狂】ハウリングムーンが来たら

リノアはバースト中でもデスペル優先です。

 

できるだけフェンリルのヘイスト状態を

短時間で終わらせましょう。

 

【狂】千年の風化はスロウ効果がありますが

オニオンナイトの予言の大器と

ティファのメテオドライヴには

ヘイスト効果がありますので

中盤を越えたら無駄撃ち覚悟で

どちらかを使うのもポイントです。

 

 

もれは一人(オニオンかラグナ)が

倒れるケースが多かったのですが

一人だけならMASTERを取れます。

 

また上記パーティであれば

50秒を切ることができました。

 

調子が良いと40秒も切れますが

38秒くらいが関の山です。

 

 

これで初期6属性は

地属性を残すのみです!

 

さて、今回は魔石ダンジョン攻略編に戻って

氷の魔石 【狂】シリオン 攻略です。

 

氷の魔石ダンジョンで手に入る★3魔石は

の3種がランダムにドロップします。

 

タイムアタックボーナス報酬は

となっていて、もれの目標は1分以内なので

ゴージュシールまでを収集ということになります。

 

やはり30秒はまだまだ夢の世界です^^;

 

初回クリアでシリオンの魔石をゲットできます。

 

 

シリオンの説明は

となっていて、ポイントは

全体氷属性弱体化攻撃の【狂】ブリザガ

全体氷属性物理攻撃の【狂】ウイングですね。

 

炎属性が微弱なので炎パーティで挑みたいところですが

当時、もれのパーティは炎属性の必殺技が手薄でした。

 

火力不足で長期化するため

氷属性を三段階(最大)まで弱体化されて

【狂】ウイングを喰らうと

回復が間に合わないことも多々あり

試行錯誤して回復を2枚にしました。

 

ということでパーティ構成は

となりました。

 

上図の魔石は

安定クリアできるようになってからの構成です。

当初はリクイドフレイムをメインに装備して

炎属性攻撃UP系で固めました。

 

必殺技は

エーコ

 モグのおまもり

 転生の炎(使わず)

ティファ

 メテオドライヴ

マッシュ

 煉獄・鳳凰の舞

ラムザはいつものさけぶでヤ・シュトラはアサイラムです。

 

 

炎属性が手薄で火力不足を補う必要がありました。

シリオンには防御無視攻撃があるので

ティファのダメージ反射を採用です。


シリオンの【狂】ブリザガは魔法防御無視ですから

シェルガは装備せず、ヤ・シュトラを前衛配置して

ハイアーマーブレイクを装備させました。

 

・・・が、ブレイク軽減されて他のメンバーのダメージも

あまり上がらなかったので

後衛配置でも充分だったかもしれません^^;

 

通常の全体ブリザガはファブラ・ガーディアンが

効いていれば耐えられますが

氷属性弱体化三段階の状態で喰らうと

それなりに痛いです。

 

回復2枚あるので何とかなりましたが

7割程度の確率で三段階まで弱体化されます。

 

短期決戦で30秒を切ることができるかたなら

三段階まで弱体化されないのでしょうけど・・・;

 

ヤ・シュトラのハイアーマーブレイク装備は

火力不足を補うための苦肉の策ですが

効果的とは言えませんでしたね。


 

戦術

 

ティファ

 開幕でメテオドライヴ発動

 ~鎧通し連打

 ~鎧通しを使い切ったらエンドアスピルでゲージを溜めて

  メテオドライヴ~ゲージ溜めを繰り返す

 当時はまだ内丹気砲の精錬ができてなかったので

 こんな攻撃パターンでした^^;

 

マッシュ

 エンドアスピル

 ~ゲージが溜まり次第、バースト:煉獄・鳳凰の舞

 ~バーストアビリティ:フレイムキャノン連打

 フレイムキャノンは使うほどダメージが上がるので

 バースト効果中は連打です。

 

ラムザ

 開幕さけぶ

 ~ハイブレイク連打

 ~魔石リクイドフレイム解放

 

ヤ・シュトラ

 ハイアーマーブレイク

 ~ウルトラキュアー

 ~ゲージが溜まり次第、アサイラム

 

エーコ

 プロテガ

 ~回復

 ~ピンチになったらモグのおまもり発動

 

 

後半になると【狂】ブリザガと【狂】ウイングを連発して

かなりピンチになるので

モグのおまもりとアサイラムのタイミングには

気を使いましたが

ガチで殴り合っているような戦いなので

運次第で30秒台後半で倒せることもありました。

 

安定してクリアできるようになってからの平均タイムは

45秒±5秒といった感じでしょうか?

 

やはり防御無視攻撃には

ダメージ反射が楽チンですね^^

 

また鎧通しもさけぶとハイアーマーブレイクで

カンストの9,999に近いダメージが出るので

オススメですよ。

 

周回クリアして氷属性攻撃強化の

魔石がゲットできたので

次は氷属性が微弱点の風属性ダンジョンです。