~店長の戯言~

こちらは、最上階に邪教徒と地縛霊が住まい、階下では脱毛サロンと育毛サロンがしのぎを削る、建物自体は古めかしくも抜群の耐震強度を誇る雑居ビルにて、ユーズドクロージングを売り捌く男、基い漢が綴る、愉快痛快奇々妙々なる駄文の羅列でございます。


テーマ:
皆様、本当にご無沙汰しております。

3人の幼い我が子を自宅に11日間も放置し、2歳の次男を餓死させた母親に対して、奥歯が噛み砕かれんばかりの激しい怒りに駆られつつ、ブログを実に34日間も放置していたマスターTでございます。


私が積極的ネグレクトに勤しんでいたこの1ヶ月の間に、上記のファッキンマザーには懲役6年が求刑され、ハッパで御用になったロシアのチンピラ力士は処分保留で釈放になったものの相撲協会にはスッパリと馘を切られ、一刻も早く首を切った方が世の為人の為になる北の国の指導者は心不全(?)でブッ倒れたのにしぶとく生き延び、かと思えば本国の指導者デコッパチのび太は、官房長官時代のキャラ立ちが虚構に過ぎなかったことを世間に認知させたところであっさりと辞意を表明し、そんなクソの役にも立たない政治家同様、人の税金で飯を食ってる公務員どもは次から次へと不祥事で自爆、イラクでは相変わらずテロと称して老若男女が次から次へと文字通り自爆、でもってミサイルの爆風で雨雲を吹き飛ばすアグレッシブな国の近くには、ゲリラ豪雨などどいう訳の分からんネーミングの局地的な大雨に空元気すら吹き飛ばされている国があったりするわけなのですが、それにしても何でしょうなぁ。かなり強引な連想で句点も使わず時事を繋いでいっても、手放しで喜べる話題なんてジョンイルがブッ倒れたことぐらいしかないというのは。世知辛いにも程があります。


と、ここまで山田悠介の小説に勝るとも劣らない稚拙な文章を読み進めてくれた活字ジャンキーの諸兄姉は、

「っつーかミサイルかっ飛ばすアグレッシブな国でオリンピックやってたのに、なぜそこには触れねーんだこのファッキンジャップ!?」

とか思っていらっしゃるのでしょうけど、ズバリそれこそが34日振りの記事の主たる処にございます。

「パラリンピックも終わったし東京オンリーピックも目を見張るばかりにつまらなかったのに、いまさらオリンピックネタ?マスターTもヤキが回ったね」

そんな達観している君が実は『VENUS北京 篠山紀信北京オリンピック女子アスリート写真集』毎晩ヌイてることは知ってるからね。ばらされたくなければ黙って最後まで読んで、コメントを送りなさい。
そんなこんなで仮想現実との境界線が曖昧になってきましたので、次回後編に続きます。



人気ブログランキング
(これからは更新頻度を増やしていきたいなあという願望だけは
持ち合わせておりますので、応援のポチッを宜しくお願いします。)





ロゴ3
(相変わらずアバウトすぎるブログ更新ですが、当店HPの新着情報は
毎日充実更新中でございます。お手隙の際は是非遊びに来て下さい!)




AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

ブログネタ:星座・血液型の相性は気にする? 参加中



「ねえねえ~サトシくぅ~ん。サトシくんってぇ、チョーBっぽいよねぇ~」
「・・・はあ?」
「だからぁ~血液型のことぉ。じゃあじゃあ、アタシって何型に見えるぅ?」

土曜日の早朝。京王線準特急新宿行き又の名をZ級映画路線ゾンビ特急地獄行き(この別名の意味が分かった方、友達になってくれませんか?)の電車内。私が偏愛してやまないゾンビの兄ィたちの「ウーアー」な呻き声より120%増しで鬱陶しいバカギャルの声が響き渡る。

もっとも、こんな他愛も無い言葉に敏感肌な桃井さんになってしまったのは他でもない。今まで都内へ仕事で赴く時に常用していた、リッター3キロしか走らないエコの精神をエゴの精神でズンドコ全否定の我が愛車の鍵を、

「っつーかテメエ大した稼ぎもねえくせに生意気なんだよ!ガソリン高っけえんだから電車で行けや電車で!」

の一言とともに、ミャンマーの軍事政権よりも悪辣な手段で強奪する暴挙に出た我が悪妻SM嬢への怒りが、アウン・サン・スー・チー支持者のように胸の内で燻っていたからなのであった。

「ねえったらぁ~サトシくぅ~ん。アタシって何型に見えるぅ~?」

甘ったるい声を出しながらサトシにしな垂れかかるバカギャル。どの面下げてそんな深夜のオタクアニメみてーな声出してんだワレ?と殺意のこもった三白眼でよくよく見ると、ギャル曽根の横っ面を特殊警棒で5,6回シバき倒したようなオシャマな顔立ちをしているではないか。ここでオシャマの使い方がなってねえなんて無粋な突っ込みはノーサンキューである。

しかしこれだけ人目を憚らず体を密着させているくせに『クン』付けは外さず、そもそもお互いの血液型すら知らない。この事実から2人の出会いは昨晩、しかも初合体も昨晩であろうと私は下衆な推理を展開させる。

クラブ→ナンパ→ラブホ→ファック、もしくは、新勧コンパ→カラオケ→ラブホ→ファック「サスガ、インスタントラーメン発祥ノ国アルネェ」なんて天災人災山積みの隣国に嘲笑されそうな即席カップル、それがサトシとバカギャル改めブロークンギャル曽根の関係だろう。そして若い2人は昨晩、トークそっちのけでボディー・トークに勤しんでいたわけだ。にしてもボディー・トークなんて渡辺淳一ミーツ加齢臭漂うエロ親父が好むだろう表現を躊躇なく使ってしまう自分の枕の臭いが、何だかとっても気になる今日この頃である。

「ねえったらぁ~。ワタシって何型に――」
「うるせえな」
「え?」
「んなもん、どうだっていいんだよ、うっせえ」
「え~ちょっとぉ~。そんな急にムスくれちゃってどうしちゃったのよぉ」

戸惑うブロークンギャル曽根を横目に、意表をつく九州男児的リアクションに俄然興味を駆り立てられた私は、2人の遣り取りに耳をよりダンボにした。

「ウゼーんだよ、血液型がどーのこーのって。そんなもんで何が分かんだよ」
「分かるってばぁ!」

間髪入れずにブロークンが吼える。

「やっぱりサトシくんってBでしょ!?だっていきなり不機嫌になったんだもん~。気分屋はB型の典型なんだからぁ!」

金壺眼を目一杯見開き、得意気な表情を浮かべるブロークン。その憎たらしい顔面にブアカーオ直伝の前蹴りを炸裂させる妄想で自分を抑えつつ、私はサトシの反論を待つ。程なくしてサトシが口を開いた。

「ちげーよ!オリャBじゃなくてABだっつーの!ほれ見ろ、血液型なんてクソの役にも立たねえじゃねーか。適当なこと言ってんじゃねーよ」

勝負あった。誰もが、と言ってもこんな不毛な遣り取りを真剣に傍聴しているのは私ぐらいなもんだから、私がそう思った刹那であった。

「やっぱりそーだぁ!BじゃなきゃABなんだよねえ~!気分屋ってことは二面性があるってことでしょ~。二面性があるってことはABってことじゃ~ん!やっぱり思ったとおりぃ!」

ダァー!!チョーウゼェーこのポジティブな間違い否定!!この期に及んでやっぱりABだとぉ!?ABだかAVだかDVだか知らねえけど、そんなもんどーでもいーじゃねーか!何でそうやって型に嵌めて安心しようとするんだよ!せっかくボディー・トーク済ませた後のピロー・トーク延長戦なんだから、もうちょい有意義な言葉のキャッチボールを何故にやろうとせんのだ若人?もーおじさん、プンプンだぞぉ!


プンプン。一時流行りませんでした?


さとう珠緒のモチネタはとうの昔に消費期限を過ぎているらしく、頭の上に両手の拳を交互に掲げる私のキュートなポーズを目の当たりにした件のカップルは、「頭のおかしなオッサンが宇宙との交信を試みているぞ」的眼差しを向けてきた。そしてそこに見解の一致を見出した2人は噛み合わない血液型トークをスッパリとやめ、対面に座る得体の知れないルンペン紛いの男について小声で楽しそうに憶測を交し合うのであった。

そしてルンペン紛いの男こと私マスターTは確信を深める。血液型とかそんなもんやっぱ全然関係ねえじゃん。人の相性なんて共通項の多さに比例するだけなんでしょ、と。





人気ブログランキング
(相変わらず得るところが何もない文章で申し訳ありません。
ポチッと押して頂けると大変嬉しゅうございます。)





ロゴ3
(またしても半月振りの更新となってしまいました当ブログですが、
HPの新着情報は毎日充実更新中でございます!)


AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆様ご機嫌麗しゅうお過ごしでしょうか?
ブログの更新を週に1回すらまともに行なえないチンカスブロガー、マスターTです。

「この状況、どげんかせんといかんっ!」

今更に去年の流行語をシャウトする時点で、どげんもできんことは必至の情勢ですが、こういう時こそ自分んトコの古着を紹介していけばいいんでねぇのすけ?と当たり前だのクラッカーな思いに至りつつ昭和の化石ギャグを諳んじる今日この頃です。

しかしこれこそ今更というか寧ろ絶対にやらなければいけないことでして、これを私がこよなく愛するバカ映画たちに例えるならば、ゾンビの兄ィたちは全員カニバリズムで人肉をムシャムシャ咀嚼しなければならないし、ジョン・ウー監督は自分の作品に2丁拳銃と白い鳩をレイプ犯のチンコのように無理矢理挿入しなければならないという、抗うことすら許されない宿命みたいなものなんであります。

「おいコラTよぉ。そんなにヤラなきゃヤラなきゃと自分を追い込んでムラムラしているくらいなら、さっさとヤッてすっきりさせるべきなんじゃねえのぉ!?ああん!?」

私の心の中の先走り野郎カウパー君が、イカ臭い息を吐きながら敢えて誤解を招く表現を駆使して一丁前に進路を諭してくれています。しかしそんなFUCKのことばかりに四六時中思いを馳せている、光市母子殺害事件被告のH田T行(27)にも劣る腐れ外道は、ドラえもんを有害図書に指定しようと画策した罪だけで極刑は免れないのです。


H田T行


・・・・・・さて。文章がいい具合に破綻してきて、活字ジャンキーらしいラリぱっぱ感を醸し出してきましたが、とにかく世間で賛否両論のあの死刑判決について、私は確固たる決意をもって「賛成」とここに書き殴っておきたいと思います。

しかしながらこうやって偏った意見を記すからには、なるべく曇りなき眼で物事を見定めていかなければなりません。そんなわけで様々な反対意見にも目を通してみました。


「被告人の新供述は死刑をまぬがれるためにやった虚偽の供述と断定しているが、事実と反している。むしろ彼はひとつひとつ事実について思いだして、記憶に忠実に話してきたんです。死刑を免れるというものではなく、有利不利を問わずすべてを話すという気持ちから話しているのに、裁判所は被告人の心を完全に見誤っている」(被告側弁護団)


「逆送したために元少年は9年にわたって拘置所に留め置かれたまま裁判を受けてきた。その間に贖罪教育や労働訓練は行われなかった。少年院に送られていれば、少年はなんらかの精神的成長をみせただろう。被害者遺族に真摯な謝罪ができるような教育が行われなかった司法制度に問題はなかったのか?・・・なぜかメディアも国民も「もし被害者になったら」という仮定から始まり、国家や警察や検察は「自分と同じ正義の側に立っている」という観点に立ち、なんの疑問も持たず「加害者はまったくの他人」と考えて厳罰化になびいていくようだ。正義を語る口調が、どこか八つ当たりや嫉妬に似ているのが特徴だ。」(毛利甚八氏)


「国は復讐代行業になった感じ。・・・最低でも永山基準くらいをラインにしてほしいものだ。永山事件の死者は4人。対してこの事件は1.5人だ。まったくの個人的意見だが赤ん坊はちょっとしたことですぐ死んでしまうので『傷害致死』の可能性は捨てきれないと思っている。・・・差し戻した最高裁の判事の妻は、おそらく専業主婦で、TVばっかり見ていたため洗脳され、夫の仕事にも影響したのだろう(判事の判断は、思いのほか被告の外見とか、外野のヤジとかにかなり影響される、という実証研究がある)」(青学大准教授・瀬尾佳美氏)


最後の青学大准教授の狂った文章は脇にブリ投げるとしても、「屍姦野郎はブチ殺せぇ!」とギャングスタ・ラッパーみたいに軽い気持ちでアジったらそれこそ赤っ恥を掻きそうな、安直な是非では解決に至らない諸問題が根底に燻っていることは認識せざるを得ません。

しかしそれでも私T、死刑判決への賛同の意は動かざること山の如しです。私自身が荀子の性悪説(”悪”の部分を現代日本語の意味するところに置き換えた誤用版)を信奉する圧倒的にネガティブな人間観を持ちながら、これまた本来の趣旨を異様なまでに逸脱した倍返し系ハムラビ法典(例:万引き犯には死の鉄槌を)をハートにザックリ血文字で刻んでいるせいなのかもしれません。(詳しくはこちら )

なんて、まったくもって論理的ではない理由付けに、液晶画面の向こう側の死刑反対論者はナックルをカッチカチに硬くしているかもしれませんが、それこそ人間が作り出した液晶画面の向こう側の世界では、斯様な勧善懲悪が圧倒的シェアを占めているのは周知の事実ではありませんか。

中村主水こと藤田まことは、当事者でもないのに一体何人の悪党をブチ殺してきたのでしょう。今じゃテレビに飽き足らずパチンコ屋でもせっせと仕事の後も仕事だぜ!なんてやってる始末です。
そしてつい最近の金曜ロードショーで、『パニッシャー』というクソ映画がお茶の間に垂れ流されていたのは特筆に値します。「これは復讐じゃないっ!制裁だぁ!」と妻子を殺された主人公が犯人一味を問答無用で血祭りにあげるという、タイムリーすぎて日テレの悪意すら感じる内容のアメコミ原作ものなんですが、こいつを良いコの皆も目玉をギラつかせている午後9時台にさらっと放送し、何の違和感も無く自宅の居間にドスンと置かれた世界の亀山モデルに映し出されている時点で、世の流れは『HジャングルウィズTは首チョンパ!』で満場一致なのだと感じるのは私だけでしょうか?

・・・・・・。稚拙な表現がまずかったのかまったく賛同を得られていないようなので、もう1本映画を例えに出します。ここまでこの駄文を読み進めてくれた活字に狂っている素敵な貴方は『評決のとき』という映画をご覧になったことがありますでしょうか?
手っ取り早くストーリーを紹介しますと、愛娘を白人のボンクラどもにレイプされたサミュエル・L・ジャクソン伯父貴が、怒り狂ってそのボンクラどもに鉛の弾をプレゼントしてお礼に無罪をプレゼントされるという物語です。何だか違う気もしますが、おおよその流れには何ら間違いがないのが逆に恐ろしかったりします。


サミュエル・L・ジャクソン伯父貴
(評決のときより。伯父貴の迫真の演技にゃあ毎度泣かされますぜっ)


劇中の焦点が復讐行為のそれから人種差別問題にシフトしてしまい、島国でのうのうと生きるイエローモンキーには正直言って対岸の火事と感じてしまう展開は否めないものの、陪審員の情に訴えて無罪を勝ち取るラストは、よく考えると後味悪いことこの上ない筈なのにウルッときているイエローモンキーもいたりします。

「っつーかフィクションと現実世界を簡単にチャンポンにすんじゃねぇ!」

そんなもっともな意見が私の右の耳から左の耳を素通りしそうですが、『悪・即・斬』がこんなにも蔓延している創造世界でカタルシスを感じまくっているくせに、それが現実味を帯びてくると途端にロダンの考える人を決め込むのは、道理にかなっていないというか一貫性がないんじゃないのかね?と思ってしまうわけでして。そんな側面から死刑判決に賛成している自分のチープさ加減に多少うんざりしつつ、今回も自分の店の古着を何一つ紹介していない現実からは果敢に目を背けて幕を閉じるのでした。



人気ブログランキング
(聖火リレー妨害行為くらいに無意味な文章でしたが、最後までお付き合い頂き有難うございます。ついでにこちらもポチッと押して頂けると、大変嬉しゅうございます。)





ロゴ3
(当店HPがリニューアルしました!
見切り発車感満載な仕上がりですが是非一度ご覧になって下さいませ。)
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:
先ずは当ブログ黎明期に、推定読者5人くらいに向けて書き殴ったこちらをご覧下さい。

              ★ファンキー・ナルジイ★


このタクラマカン砂漠よりも不毛極まりない文章は、今日から遡ること233日前に私が鼻クソをほじりながら綴った感涙必至のノンフィクションです。

でもって先週末の昼下がり。いつものように公私混同フルスロットルで赴いた某フリーマーケット会場で、私は彼奴らと奇跡的な邂逅を果たしたのであります――。









呪いませんリターン。


「嘘つけ貴様ぁ!8000円も値段を下げておいてまだ性懲りもなくホラを吹きやがってぇ!こいつは一体どんな呪いをかけるんだ!?おい、吐け、吐きやがれぇぇ!!」

相変わらず吠えるしか能のない血気盛んな若い刑事。それを諫めた隣の老刑事が今度は溜め息混じりに口を開く。

「なぁ、ナルジイよ。しかしアンタも強情だなぁ。いっそ嘘でもいいから山村貞子と佐伯伽椰子を足して2で割って最後に俊雄で2乗するくらいアクロバティックな呪いをかけますってゲロッちまえば、ジジ専のホモ野郎と挿しつ挿されつ200日なんて過ごさなくてもよかったんだぞ?」

233日経ってもやっぱり取調室で尋問する刑事2人組のネタしか思い浮かばない、まるっきり成長していない己を再確認です。


ちなみにこの日のファンキー・ナルジイは、異常に分厚い肩パットが入った短ランのようなジャケットと、3タック入りのボンタンと見紛うシルエットのサテンパンツという、往年のビーバップ・ハイ・スクールかはたまたMCハマーか、とにかくワン&オンリーを極めすぎてファンタジーの領域に抵触した感のあるスタイリングでした。


そして映画『呪怨』にカメオ出演していそうなあの薄気味悪いフィギュアの隣には、笑いのツボを北斗残悔拳でハードコアに突いてくるブツがすっ転がっています。


諭吉っぺえなぁ、こいつ。


添えられた文字は『俺はよく色白と言われる...\2500』ファンキー・ナルジイ、やはり侮り難しです。




ロゴ3
(4月に入ってもブログの更新は一向に増えませんが、こちらは毎日必死こいて更新してます。)









人気ブログランキング
(まあ、いい暇潰しになったんじゃね?程度の方もどうかここをポチッと押してみて下さいませ。)





呪怨 劇場版 1 & 2セット
¥2,151
Amazon.co.jp



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆様は先頃行なわれたサッカー東アジア選手権の日韓戦、御覧になりましたでしょうか?実は私T、日韓戦はおろか、この大会で日本のFWが中国のGKに脇腹を抉られたことすら知らなかった生粋の非国民なのですが、それにしてもアジアの国々ってことあるごとに日本を敵視しますよね。60年前の過ちに対する恨み辛みが根底で燻り続けていることが要因の一つらしいですが、こちとら60年前に原爆を2発もブチ込んでくれた米帝にゴマを擂って生きているような国ですよ?そんなに真剣になって恨む価値すらないと思うんですけどねぇ。

なんて、こんなこと書くとまた電波な方々からの罵詈雑言が数珠繋ぎで押し寄せてきそうなので、話を戻します。で、このサッカー東アジア選手権に関する記事を斜め読みしていた時に、懐かしい名前を見つけたんです。GK川口能活。彼が未だに日本のゴールマウスを守っている事実に私は「ホント近頃の若い子ってどうしちゃったのかしらねぇ~」と、近所のおばさん化して後進の成長不足を憂いたものです。

このように昨今の日本サッカー事情にとんと疎い私でも、川口能活という稀代のGKについては多少なりとも知識があったりします。その昔、『川口能活にみる長嶋茂雄度』という、実りなきことスギ花粉の如しな文章を起こしたことがあるくらいですから。

以下、アメブロを始める前に私が推定読者3人くらいに向けて書いていたこの駄文を、電子の大海よりサルベージしてみました。ドイツワールドカップ直後の2006年産なので、その頃の世相を思い出しつつ、暇潰し程度に読んでみて下さい。


~川口能活にみる長嶋茂雄度~

イタリアの優勝で幕を下ろした2006FIFAワールドカップ。
私のような俄かサッカーファンも、国の威信をかけた真剣勝負から生まれるドラマの数々に毎晩一喜一憂させられたものです。
我らが日本代表は予選リーグ敗退という非常に残念な結果に終わってしまい、先頃発表された新方式によるFIFAランキングでは、何と18位から一気に49位に転落という、今シーズンの原ジャイアンツに勝るとも劣らない直滑降ぶりを披露してくれています。この底辺のスタートラインから新生オシム・ジャパンがどう這い上がっていくのか――。いち俄かファンとしては勿論、国内のサッカー熱がぐっと高まる時だけ、声を枯らして応援をしたいと考えております。

さて、そんな悲喜交々があった今回のワールドカップですが、活躍した日本人選手を一人挙げろと言われたら、皆様は誰の名前を出すでしょうか?
ナルシシズム全開のお寒い引退発表をした中田ヒデ?それともクロアチア戦終了直後、攣った足を相手選手に図々しく伸ばしてもらっていた三都主?ブラジルから先制点を奪うのがちょっとばっかり早かった玉田?
違いますよね。おそらく日本国民の半数はこの質問に対し、ゴールキーパー『川口能活』の名前を挙げることでしょう。


奇跡のセーブ


クロアチア戦で見せたこの神懸り的なPK阻止を始め、窮地の度に光る彼の好セーブ。私、何故か上記のPK阻止の瞬間を、SM嬢の実家でマスオさん宜しく肩身の狭い観戦を強いられていたのですが、この時ばかりは興奮して大声を上げてしまい、

「あらあら~、そんなに興奮しちゃってぇ。私はTさんの大声にびっくりして心臓が高鳴っていますわぁ~オホホのホ」

と、義母から冷ややかな失笑つきの嫌味をチクリと浴びせられたものです。
なんてそんなことはどうでもいいんです。それよりも皆様、ちょっと冷静に考えてみて下さい。3試合で7失点ですよ、7失点。これは記録としては全くお話にならないのは火を見るよりも明らかなわけでして、例えば弓形眉毛がイヤらしいイタリアGKブッフォンの7試合で失点僅か2という記録と比べると、「点取られすぎやろが」というイタい現実がより一層際立ちます。
しかしながら3試合で7失点もしたGKが一番活躍して見えたのもまた現実――。ここに私Tは、『記録より記憶に残る男』としての存在価値、延いては『長嶋茂雄度』の高さを、彼に見出さずにはいられないのです。
まあ、ミスターにはれっきとした輝かしい記録(ベストナイン17回、大卒にして通算2471安打などなど)もあるわけですが、ミスターがミスターたる所以は、そんな大記録よりも、常に一挙手一投足に”華”があったからに他なりません。その選手としての”華”を、私Tは川口能活に感じたのであります。

そして『長嶋茂雄度』の高さを決定づけるエピソードがもう一つ。クロアチア戦直後の彼のインタビューにこんな言葉がありました。

『PKについては、前日にビデオで左にくるのを見ていたんだけど、全く忘れていて、最初は右に跳ぼうかなと思っていた。だけど、「ちょっと待て。ここは逆かな」という読みがあった。気付いたら無意識に左へ跳んでいた』

なんなんだこの驚愕の天然発言は能活っ!ビデオで研究したことはおろか、己で培ったGKとしての読みすらもコロッと忘れて最後は無の境地ってオイッよしかつ!!これじゃ野村克也 現・楽天監督に命名されたミスターの采配、『カンピューター』そのものじゃねーかよヨシカツゥ!!!

というわけで、サッカー界随一の『長嶋茂雄度』をもって、今日も華やかにゴールマウスを守り続ける川口能活選手。私T、陰ながらこれからも応援していこうと思います。
勿論、日本のサッカー熱が盛り上がった時だけですけど。


お粗末様でした。次はちゃんと現在進行形の文章をUPします。



人気ブログランキング
(最後までお付き合い頂いた酔狂なそこの貴方、どうぞここもポチッと押してやって下さい)





ロゴ3
(当店新着情報です。お手隙の際は是非覘いてやって下さいませ。)


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。