~店長の戯言~

こちらは、最上階に邪教徒と地縛霊が住まい、階下では脱毛サロンと育毛サロンがしのぎを削る、建物自体は古めかしくも抜群の耐震強度を誇る雑居ビルにて、ユーズドクロージングを売り捌く男、基い漢が綴る、愉快痛快奇々妙々なる駄文の羅列でございます。


テーマ:



『ワールド・ウォー・Z』
監督:マーク・フォスター
原作:マックス・ブルックス
製作:ブラッド・ピット
出演:ブラッド・ピット
    ミレイユ・イーノス
    ジェームズ・バッジ・デール
    デヴィッド・モース他


~あらすじ~
家族思いで仕事が出来てルックスも満点。そんな俺たちの天敵、リア充のジェリー・レイン(ブラッド・ピット)が、ゾンビ大量発生の謎を解くべく世界中を飛び回る!


~お奨め度(10点満点)~
★★★★★★★☆☆☆(7点)


~感想~
日本よ、これはゾンビ映画だ!

皆様こんにちは。10歳の頃に衝撃的な出逢いを果たして以来、"ゾンビ(Zombie)"が出演する映画は、例えパッケージから純度100%の不燃ゴミであることを看破しても鑑賞を止められず、人生の貴重な数十分をドブに捨て続けている生粋のゾンビキチGUYマスターTです。

日本では配給会社が

「ゾンビ映画って知られたらヒットしねーからさぁ、ここはテッパンのお涙頂戴家族愛を全面に押し出した終末ディザスタームービーってことでシクヨロ!」

的なあからさま過ぎるゾンビ隠蔽工作を働いて、私としては例えるならば、

「密かに応援を続けていた地下アイドル一世一代の晴れ舞台のはずが、単なる影武者扱いでした」

というくらいに悔しい思いを味わいました。
しかしながら、ゾンビ映画という不毛の極北であるジャンルを冷静になって振り返ると、そのフィルモグラフィーの惨状たるや例えるならば、

「密かに応援を続けていた地下アイドルが実はAVに多数の出演歴があって、ついでに覚せい剤で逮捕歴もありました」

というくらいに酷いわけで、配給会社の判断は何ら間違ってはいません。

しかもこの超大作ゾンビ映画、1ヶ月ほど前の金曜ロードSHOWで久し振りにお遭いしたムスカ大佐が鑑賞したら間違いなく

「見ろぉ!人がゴミのようだぁー!」

って狂喜乱舞するほど大量の人間が無慈悲に死んでゆくにも関わらず、ゾンビもの最大の持ち味と言っても過言ではない、不条理ギャグ的な残虐描写をバッサリとカット。日本国内ではレイティングすら無く、カップルもファミリーも安心安全の仕上がりとなっていやがります。製作も兼ねているブラッド・ピット曰く

「僕の子供たちも楽しめる、夏の大作映画を作りたかった(パンフレットより抜粋)」

なんて、さすがに制作費200億円ともなると、コアなゾンビファン?そんなの知らねーよこのクソ貧乏人どもめが。文句あるならウチのジョリ姐とおして言ってみろやチキン野郎!となるのは仕方がないのかもしれません。

ここでこうした本作の「ゾンビ映画としての中途半端さ」を、この道25年の馬鹿野郎が延々と喚き散らしたところで

「っていうかここは、Moreってブランド古着屋 のショップブログじゃねーのかよ?」という皆様の疑問は一向に解消されません。なのでここは一つ、こちらも大人の階段を上って見方を変えてみましょう。

『ブラピという超大物ハリウッドスターが主役のパニックエンターテイメント大作に、俺たちのゾンビがめっちゃ大量出演!』

するとどうでしょう。製作や配給の意図するところに甘んじて乗っかっただけなのに、なかなかの快作に仕上がっている(ように見える)ではありませんか。

特に自主的隔離対策を講じて一見すると秩序を保っていたエルサレムが、Z(ゾンビは作中でそう呼ばれています)の人柱ならぬゾンビ柱から一気呵成に崩壊するシークエンスなどは圧巻の一言に尽きます。
そこから先、飛行機内での攻防やWHO研究所での追いかけっこが異様にショボいとか、そもそも主役のブラピが特殊能力こそ持たないものの、沈黙シリーズのスティーブン・セガール先生と同じくらい無双状態なのは、まあ愛嬌の範疇ではないでしょうか。あとペプシコーラーのこれ見よがしな宣伝工作とか。

低予算でアイディア勝負、無駄に力の入ったゴア描写やヘビーユーザーに目配せした内輪ウケする内容といった既存のゾンビ映画の概念に風穴を開け、新たな可能性を見出した今作。ヒット如何で3部作構成の可能性もあるそうな。なのでゾンビを心の兄貴と慕う私は、野口英世を2枚握り締めてもう一度劇場に足を運ぶとします。ですから当店WEBサイトからこのブログに運悪く辿り着いた、お洒落に敏感でも映画に疎いそこの貴方も、

「今週のデートは彼女が松坂桃季のファンだからガッチャマン観に行くんだよね」

などと人の拳を硬くさせるクソたわけたこと言ってないで、

「でもほら、あれって確か、ゴリ押しゴーリキーも出てるから原作レイプの可能性高くない?だったら、世界が認めるS級イケメンのブラピを鑑賞した方が無難じゃね?」

とか何とか強引に言い包めて『ワールド・ウォー・Z』に引っ張り込んでくれることを願って止みません。


~店長の戯言~-More ロゴ
(ブログを再開して早々に独りよがりな駄文を長々と綴ってしまい恐縮の極みです。
こちら当店WEBサイトでは、本来の職務を真っ当しております。
お手隙の際は是非覗いてみて下さい)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

マスターTさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。