~店長の戯言~

こちらは、最上階に邪教徒と地縛霊が住まい、階下では脱毛サロンと育毛サロンがしのぎを削る、建物自体は古めかしくも抜群の耐震強度を誇る雑居ビルにて、ユーズドクロージングを売り捌く男、基い漢が綴る、愉快痛快奇々妙々なる駄文の羅列でございます。


ロゴ3
当店HPです。新着情報毎日充実更新中!

テーマ:


『陽だまりの彼女』

越谷オサム著

オススメ度
★★★★★☆☆☆☆☆(5点)


~あらすじ~
10年振りに再会した幼馴染みが、すんげえイイ女に変貌していたもんだから、これ幸いともっともらしい理由をでっち上げて懇ろになるライトな鉄ヲタの主人公、浩介。しかしこの一見すると男の都合を100%具現化したような幼馴染みの彼女、実はとんでもねえマジカルゴブリンキャットだった――。オチが露呈した後の主人公の凋落振りが全然笑えない、そういう意味では立派な"ホラー小説"と分類出来る一冊。


~感想~(ネタバレ有り)

あざとくも旬なネタを持ち込んでみる
皆様こんにちは。
これの映画化作品に1800円も出費する勇気が微塵も湧いてこなかったので、原作文庫本をBOOKOFFにて105円で購入した、何ともスモールアスホールな男もとい漢、マスターTです。

女子が男子に読んでほしい本、第1位!
完全無欠の恋愛小説!
嵐のマツジュン主演で映画化!

私にとってブードゥー教の呪文に等しいこんな美辞麗句が表紙に並んだ文庫本、当ブログを再開してなきゃ間違っても手に取りません。

女子が眉をひそめる男子の愛読本、第1位!
完全無欠の変態小説!
元KAT-TUNの田中聖(*1)主演で映画化!

これぐらい攻撃的な煽り文句なら話しは別ですけど。
そんなわけで予備知識一切なし、片手にレッドブルを握り締めて読み始めた本作ですが、正直レッドブルから翼を授かっていなかったら、開始数ページでまぶたを閉じていました。
いや、私みたいな恋愛に縁遠い、脛に傷を持つおっさんが楽しむ代物じゃないのは百も承知してましたけどね。それでもジャニタレ主演で映画化するくらいだから、何か心の琴線に触れてくれるんじゃねーかと期待を胸に、そして史上最凶のメントール臭と謳われるシンガポール産のタイガーバームをまぶたに、一気読みを敢行した次第です。

ビーチボーイズの楽曲にはあまりピンときませんが
まず結果から言いますと、どうしてなかなか面白かったんですよ、これが。
最初こそ、ぬるーい男女の遣り取りにレッドブルとタイガーバームの大量追加投入を覚悟していたのですが、分かり易くも謎めいた伏線にまんまと引っ掛かってからは、俄然ページを捲る手が止まりません。
嗚呼、素晴らしき哉、皺の少ない我が脳みそ――。自分の単純さに感激しながら、ファンタジック過ぎるオチについても

「マジかよ!?つーかさ、主人公が傍から見たら完全に狂人になってるこれのどこがハッピーエンドなわけ?化け猫に死ぬまで憑かれた立派なホラーじゃん!」

真剣に憤っているあたり、没頭具合いも相当なものです。
全く内容は異なりますが、乾くるみ著の『イニシエーション・ラブ』を想起させられ、結末ありきでも楽しめるのではと読み返しもしました。
しかしこちらは意に反し、ベッタベタな恋愛模様や、よく読むと馬鹿正直すぎる伏線を確認するにつれ

「あ・・・やっぱ俺って単細胞すぎ・・・」

己のスペックの低さを再認識して気分が沈むので、オススメできません。

まとめ
この手の作品にはやはり予備知識は不要です。
今回はマイナスの先入観(特に表紙に刻まれたブードゥー教の呪文)が図らずもプラスに転じた恰好ですが、可能な限りフラットな視線で臨みたいものです。そしてそれはファッションにおいても然り。当店のこんなアイテムは如何でしょうか。


~店長の戯言~-BRAND Sample

BRAND:BRAND Sample
ITEM:'13A/W新作 "CA"ワッペン ショートバイザー 6パネルCAP
COLOR:ハウンドトゥース柄ブルー×ネイビーバイザー
SIZE:Fサイズ(背面のベルトで調整可)
CONDITION:新品

REMARK:
某人気ファストブランドの最終型サンプル品です。
「まんまEBBETS FIELDのパクリじゃねーか!」
そんな予備知識によるツッコミは不要です。
そして"ファストブランド"という、志しの高いファッショニスタから「邪道」と一蹴されるマイナスの先入観も、サンプル品でブランドタグが無いという、ある意味でフラットな状態になるとどうでしょう?
旬なデザインで作りもけっして悪くない。そして値段は激安ときています。興味のある方は是非こちらへ
ちなみにちゃんとした『EBBETS FIELD』も当店にはございます。


~店長の戯言~-EBBETS FIELD×MACK NIGHT
BRAND:EBBETS FIELD×MACKNIGHT
ITEM:MADE.IN.USA ロゴワッペン クラシックフランネルBBCAP
COLOR:ネイビー
SIZE:7 3/8(59cm位)
CONDITION:美中古

REMARK:
こちらは人気スタイリスト橋本敦氏がプロデュースするブランド、"MACK NIGHT"とのコラボモデルです。詳細はこちらへ。

今回も不要な長文をご精読賜り、誠に有難うございました。


(*1)田中聖・・・・・・先頃ジャニーズ事務所から専属契約解除となった、元KAT-TUNメンバー。嵐の櫻井翔と双璧を為す、ジャニーズ史(もちろん黒歴史)にその名を刻むラッパーでもある。チン○に真珠を入れたり、尻に刺青を彫ったり、海老蔵がブン殴られた六本木のビルでBARを経営したり、無駄にアグレッシブな姿勢でコアなファンを獲得。イタすぎる名言も数々残しているが("リスペクトof俺"とか"NO KAT-TUN NO LIFE"とか)、その中にあって「今、ジャニーズって壁をガリガリ削り取ってる所」は、改めて聞くと哀愁すら漂ってとってもいい感じ。合掌。



~店長の戯言~-More ロゴ
(当店WEBサイトです。新着情報毎日充実更新中!)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「あのー、ショップブログのことなんすけど、あんまり更新しない理由って何かあるんですか?」


店にいらっしゃるお客様から、そんな耳が痛い質問を頂戴して思わず、


「いやぁ、実は今、八王子で話題持ち切りのホスト殺人事件絡みで、頻繁に聴取を受けていてブログ更新どころじゃないんですー」

と、我ながら物騒な嘘をついてしまったと反省しているマスターTです。

実際のところ私が頻繁に受けているのは事情聴取ではなく職務質問なんですが、ここ数ヶ月は1週間に1回の安定したペースでお声を掛けて頂いております。
アラフォーのくせに豹柄のショーツを穿くようなファッションセンスが災いしているのか、はたまたブラジル人の子どもに突然

「Pai(パーイ。ブラジルポルトガル語でお父さんの意味)!!」

と抱きつかれてしまうバタ臭い顔立ちが宜しくないのか、何かにつけ制服さんに呼び止められては

「ちょっと鞄の中身、拝見してもいいですかー」
「ポケットの中に何が入っているのかな」
「身分を証明できる物って持ってる?」
「これからどこに行くの」

などと矢継ぎ早に質問されるんですよね。全く困ったものです。

まあそれもこれも、当店が居を構える東京都八王子市がですね、上記した殺人事件が起こってさもありなんと納得してしまうほど、現在の世界情勢に鑑みると大体シリアの次くらいに治安が悪い街だからに他なりません(これは大袈裟です)。

つい先日も、当店の近所で絶賛営業中の『脱法ハーブ屋』に列を成していた、頭も体も脆弱そうなゆとり世代の若者数名が、正体不明のマッチョ野郎(黒いタンクトップ着用)の襲撃を受けて全身血ダルマで身悶えているという、それはそれはバットマンテイスト全開のシュールレアリズムな光景に出くわしました(これは実話です)。

そんな「福島第一原発周辺よりこっちを警戒指定区域にするべきでは」という議論が、私の脳内衆参両議会において全会一致で可決し即法案化する現状にあっても、あの御仁だけは、泰然自若と自転車のペダルをこぎ続けておられます。
"あの御仁"とはそう、当ブログでも無許可で写真付きの紹介をした(過去の駄文はこちら )、個人的には八王子市を代表する有名人と言えば、ファンモンでもユーミンでも高橋ひとみでもなくこの人しかいないっ!と断言できる『ミラーおじさん』です。

「あーはいはい、東京スカイツリーの人ね」

勝手に納得してしたり顔の人は、今すぐ『八王子 ミラーおじさん』でググッて下さい。
全長634メートルの東京スカイツリーを、持参する凸面鏡を使って当初不可能とされていた全長自分撮りを可能にした人とは全くの別人、しかも私が今から紹介するお方こそが『ミラーおじさん』というホーリーネームで、道行く人から後ろ指を差されること十数年の言わば元祖なのです。バカでかい建造物に便乗して有名になったポッと出とは年季が違います。


久方振りの邂逅は、残暑の厳しい9月の昼下がりに訪れました。
私が仕事の休憩がてら近所の100円ローソンに、500ml牛乳パックを買いにやってきた時でした。

私は軒先ではたと足を止めます。眼前には常軌を逸した数のミラーをはべらせたカスタムチャリが、まるで前衛アートの難解なオブジェの如く鎮座しているではありませんか。

数多のミラーが陽光を反射し、眩いばかりに輝くそのご尊顔を拝した私は、一目散に自分の店へと駆け戻り、デジカメを引っ掴んで再び100円ローソンへ。気分だけは腕の立つパパラッチのそれです。

しかし戻ってみると、つい先程まで異様な存在感を放っていた芸術作品が跡形も無く消えていました。慌てて周囲を見回した私の視界の先に、千鳥足の酔っ払いみたいにフラフラと進むカスタムチャリの姿があります。
私はウサイン・ボルトもかくやの波動走法で、路上駐車していたパトカーの脇を全力で駆け抜けてミラーおじさんを追います。

「ミラー会長ぉ!お待ち下さいぃ!」

私の絶叫に振り返ったミラーおじさんは、ロン毛をたなびかせて走ってくるブラジル人モドキに一瞬ギョッとした顔を見せましたが、程なくして蛇行運転を止め、私の到着を待ってくれています。

「ミラー会長、ご無沙汰しております。お元気そうで何よりです。あっ!会長も500ml牛乳購入してる。これって得した気分になりますよねー」

厚かましさ全開で買い物袋を覗く私は、挨拶もそこそこに右手を差し出して握手を求めます。ミラーおじさんは自分が有名人扱いされるのがとても好きなお方なので(過去にリサーチ済み)、不承不承といったポーズを取りながらも実に嬉しそうに握手に応じていました。

「会長って実は本当に某建設会社の会長職に就いていて、このチャリンコに跨っているのは世を忍ぶ仮の姿なのだという都市伝説が存在するんです。だから自分、勝手に会長ってお呼びしているんですけど、それは事実なんでしょうか?」

ミラーおじさんの正体に迫る質問をドストレートにぶつけてみました。返ってきた答えは私の予想どおりです。

『○▲#%&*■×!@±÷$●◇!』

やっぱ何言ってるか全然分からねえ!発音だけだと『オマン○、オ○ンコ』って卑猥な言葉を連呼しているだけにしか聞こえねえし!

会長の正体に迫りたいヤジ馬根性剥き出しの私は、その後も粘り強く質問を続けるも暖簾に腕押し。諦めて最後に1枚、愛機と一緒の勇姿を撮影をして、突撃取材を終了としました。


~店長の戯言~-いつものポージング
{今回は一応、ご本人の許可(伝わっているかは正直怪しいところですが
何度も首肯されていたので、まあこれはOKだろうと判断)を頂いての掲載です}

結局あのおっさんは何者なんだよ。でもまあブログのネタとしてはテッパンだから良しとするか――。物思いに耽る私の行く手に突然、白と黒に塗装された車が立ちふさがります。
赤色灯をわざわざ回してウィーンという耳障りな警報を一度鳴らすなり拡声器で、

「はいちょっとそこの君、止まってくれるかなー」

降り立った2人の制服警官が腰のホルスターに手を当てながら言います。

「どうしたの。こんな暑い中さっき凄い勢いで走ってたでしょ。誰か追っかけてた?それとも追いかけられてる?身分証明するもの見せてくれるかな」

私にとっての週に1回の恒例行事は、こうして公衆の面前で行われました。

最後に、国家権力に対する私の率直な思いがプリントされたジャケットが当店にありましたので紹介させて頂きます。

不要な長文をご精読賜り誠に有難うございました。


~店長の戯言~-Supreme "Fuck Denim Jacket"

BRAND:Supreme
ITEM:'13S/Sモデル "Fuck Denim Jacket" ウォッシュ加工 "FUCK"総柄デニムJKT
COLOR:ブラック
SIZE:Mサイズ(丈66×幅52)
CONDITION:極美中古


REMARKS:
清々しいまでに”FUCK”が刻まれた逸品です。同デザインのデニムショーツとトートBAGもご用意しております。ご購入を希望されるお客様はこちら まで。


~店長の戯言~-More ロゴ
(当店WEBサイトです。"魅力的な商品をより魅力的な価格で"をモットーに
日々更新作業に勤しんでおります。お手隙の際は是非お立ち寄り下さい)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



『ワールド・ウォー・Z』
監督:マーク・フォスター
原作:マックス・ブルックス
製作:ブラッド・ピット
出演:ブラッド・ピット
    ミレイユ・イーノス
    ジェームズ・バッジ・デール
    デヴィッド・モース他


~あらすじ~
家族思いで仕事が出来てルックスも満点。そんな俺たちの天敵、リア充のジェリー・レイン(ブラッド・ピット)が、ゾンビ大量発生の謎を解くべく世界中を飛び回る!


~お奨め度(10点満点)~
★★★★★★★☆☆☆(7点)


~感想~
日本よ、これはゾンビ映画だ!

皆様こんにちは。10歳の頃に衝撃的な出逢いを果たして以来、"ゾンビ(Zombie)"が出演する映画は、例えパッケージから純度100%の不燃ゴミであることを看破しても鑑賞を止められず、人生の貴重な数十分をドブに捨て続けている生粋のゾンビキチGUYマスターTです。

日本では配給会社が

「ゾンビ映画って知られたらヒットしねーからさぁ、ここはテッパンのお涙頂戴家族愛を全面に押し出した終末ディザスタームービーってことでシクヨロ!」

的なあからさま過ぎるゾンビ隠蔽工作を働いて、私としては例えるならば、

「密かに応援を続けていた地下アイドル一世一代の晴れ舞台のはずが、単なる影武者扱いでした」

というくらいに悔しい思いを味わいました。
しかしながら、ゾンビ映画という不毛の極北であるジャンルを冷静になって振り返ると、そのフィルモグラフィーの惨状たるや例えるならば、

「密かに応援を続けていた地下アイドルが実はAVに多数の出演歴があって、ついでに覚せい剤で逮捕歴もありました」

というくらいに酷いわけで、配給会社の判断は何ら間違ってはいません。

しかもこの超大作ゾンビ映画、1ヶ月ほど前の金曜ロードSHOWで久し振りにお遭いしたムスカ大佐が鑑賞したら間違いなく

「見ろぉ!人がゴミのようだぁー!」

って狂喜乱舞するほど大量の人間が無慈悲に死んでゆくにも関わらず、ゾンビもの最大の持ち味と言っても過言ではない、不条理ギャグ的な残虐描写をバッサリとカット。日本国内ではレイティングすら無く、カップルもファミリーも安心安全の仕上がりとなっていやがります。製作も兼ねているブラッド・ピット曰く

「僕の子供たちも楽しめる、夏の大作映画を作りたかった(パンフレットより抜粋)」

なんて、さすがに制作費200億円ともなると、コアなゾンビファン?そんなの知らねーよこのクソ貧乏人どもめが。文句あるならウチのジョリ姐とおして言ってみろやチキン野郎!となるのは仕方がないのかもしれません。

ここでこうした本作の「ゾンビ映画としての中途半端さ」を、この道25年の馬鹿野郎が延々と喚き散らしたところで

「っていうかここは、Moreってブランド古着屋 のショップブログじゃねーのかよ?」という皆様の疑問は一向に解消されません。なのでここは一つ、こちらも大人の階段を上って見方を変えてみましょう。

『ブラピという超大物ハリウッドスターが主役のパニックエンターテイメント大作に、俺たちのゾンビがめっちゃ大量出演!』

するとどうでしょう。製作や配給の意図するところに甘んじて乗っかっただけなのに、なかなかの快作に仕上がっている(ように見える)ではありませんか。

特に自主的隔離対策を講じて一見すると秩序を保っていたエルサレムが、Z(ゾンビは作中でそう呼ばれています)の人柱ならぬゾンビ柱から一気呵成に崩壊するシークエンスなどは圧巻の一言に尽きます。
そこから先、飛行機内での攻防やWHO研究所での追いかけっこが異様にショボいとか、そもそも主役のブラピが特殊能力こそ持たないものの、沈黙シリーズのスティーブン・セガール先生と同じくらい無双状態なのは、まあ愛嬌の範疇ではないでしょうか。あとペプシコーラーのこれ見よがしな宣伝工作とか。

低予算でアイディア勝負、無駄に力の入ったゴア描写やヘビーユーザーに目配せした内輪ウケする内容といった既存のゾンビ映画の概念に風穴を開け、新たな可能性を見出した今作。ヒット如何で3部作構成の可能性もあるそうな。なのでゾンビを心の兄貴と慕う私は、野口英世を2枚握り締めてもう一度劇場に足を運ぶとします。ですから当店WEBサイトからこのブログに運悪く辿り着いた、お洒落に敏感でも映画に疎いそこの貴方も、

「今週のデートは彼女が松坂桃季のファンだからガッチャマン観に行くんだよね」

などと人の拳を硬くさせるクソたわけたこと言ってないで、

「でもほら、あれって確か、ゴリ押しゴーリキーも出てるから原作レイプの可能性高くない?だったら、世界が認めるS級イケメンのブラピを鑑賞した方が無難じゃね?」

とか何とか強引に言い包めて『ワールド・ウォー・Z』に引っ張り込んでくれることを願って止みません。


~店長の戯言~-More ロゴ
(ブログを再開して早々に独りよがりな駄文を長々と綴ってしまい恐縮の極みです。
こちら当店WEBサイトでは、本来の職務を真っ当しております。
お手隙の際は是非覗いてみて下さい)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「ブログの更新、楽しみにしてますよ」
店にいらっしゃるお客様から、脱法ハーブの100倍は気持ちが良くなるお声を頂戴できなくなって久しい今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
よくよく見るとかなり顔面偏差値の低い某アイドル集団の総監督(失笑)の実母にして、15歳のヤンキー少年とファックかまして罰金刑に処された淫乱マダムが生息するここ東京都八王子市から、私マスターTが本業(一応、ブランド古着屋『TreasureBox More』のショップブログ なんです)に全く関係のない駄文を発信してきた『店長の戯言』。ここ数年はご覧の通りの体たらく振りでしたが、心機一転、本格的な更新を再開させますこと、ここに宣言させて頂きます。

「はあ、だから?」そんな凍てつく波動を至近距離から浴びせられるのは百も承知、今更な感は拭いようもありません。しかし私は純粋に当店WEBサイト(http://shop-more.net )をご覧頂いているナイスな諸兄姉の一服の清涼剤、否、暇潰し程度の存在になれば幸いと思っています。それ以上のことは何一つ望んでおりません。
最近店頭に足繁くやってくるネットビジネス系の営業マン(詐欺の前科有り)の

「社長っ!今一番集客に繋がるSNSって何だか知ってます?ツイッター?いやいや、あれは単なる馬鹿発見器、バカッターです。FB?それも違います。そもそも社長みたいに後ろ暗い過去のありそうな人はノータッチが賢明ですって。ミクシィ?冗談でも全然笑えませんから。まあ、出会い系としてはなかなかですけど。ブログですよブログ!しかもアメブロ!こいつが一番なんですよ。え?昔やってた、しかもページが残ってる?それですよそれ!そいつを復活させればヤバイことになりますぜー!もう財布がパンパン、ポケットにもお金ガッポガッポ。あー俺には社長が年末の休みにマカオのカジノで大枚叩いている姿が見えるわー」

という甘言を鵜呑みにした、欲深くも思慮浅い行動では断じてございません。
件の営業マン曰く、内容はともかく更新頻度を増やすことが先決なのだそう。なのでこれからの更新は、己の男根に自信が持てない故のしつこい前戯の如き駄文は極力控え、省エネ短文更新に努めてまいります。
つまるところ元詐欺師の口車に乗せられての更新再開なわけですが、今後ともどうぞ宜しくお願いします。



~店長の戯言~-More ロゴ
(当店WEBサイトです。時折間引き運転はあるものの、
基本的に毎日新着情報を更新しております。
お手隙の際は是非お立ち寄り下さい。)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


『ぼくのエリ 200歳の少女』

監督:トーマス・アルフレッドソン
脚本(原作):ヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト
出演:カーレ・ヘーデブラント
    リーナ・レアンデション
    ベール・ラグナル 他


~あらすじ~
雪に閉ざされた北欧スウェーデンはストックホルム郊外――。学校では辛辣なイジメに遭い、家では殺人を夢想するばかりの内向的で孤独な北欧系美少年のオスカーは、ある日、隣に越してきた美人なのかブスなのかはっきりしないルックスの謎めいた少女エリと会話を交わす。深い孤独を共有する2人は必然的に互いの距離を縮めてゆく。時を同じくして街では、不可解な失踪や猟奇的な殺人事件が起こり始める――。


お奨め度(10点満点)
★★★★★★★★☆☆(8点)


~感想~
新年早々、こんなブログを覗いてしまうくらい暇を持て余す素敵な諸兄姉に、謹んで新春のお喜びを申し上げます。


という本来の敷かれたレールから、2012年も中国高速鉄道並みの脱線を試みる男もとい漢、マスターTでございます。

本年こそは「バカ発見器の異名をとるツイッターばりの更新頻度」を目指し、さっそく自己紹介と"連結"する形で更新してみた映画感想、端的にまとめますと、

センス欠如な映倫のボカシ処理と、センス皆無な"200歳の少女"なる邦題の怒涛のミスリードをもってしても、その輝きは聊(いささ)かも損なわれることがない珠玉のヴィンパイアムービー。

ってなもんでございます。まあ実際は〝聊かも損なわれることがない〟わけではないんですけどね。ボカシと邦題でミスリードされても、それはそれで素敵な純愛映画を堪能できるという意味です。実際、ヴィンパイアものにあまり良い思い出のない私(*1)が、予備知識一切無しで鑑賞した初見も、細かい点に違和感を覚える程度で概ねミスリードに乗っかっちゃってましたし。そもそもこの作品を鑑賞するきっかけとなったハリウッドリメイク版『モールス』の解釈も、実は大差がなかったりします。

しかしですねえ、これだけ出色の出来栄えですと、御年33歳のホラーキチGUYは

「あーいい映画だった、雰囲気『白い家の少女』な『小さな恋のメロディー』ミーツ『キャリー』って感じぃ?」

って偉そうにしたり顔で満足するだけでは飽き足らず、違和感の原因を色々と調べたくなってしまうんです。

オスカーの父親がアイワズゲイってちょっと意味深なんですけど?
12歳のガキンチョだからいきなりエリのオメコ見てびっくらこいたのかもしんないけど、なーんかあのモザイクシーンって、思わせ振りじゃね?
大体、オスカーの窮地にダイナミックすぎる暴れっぷりを披露するエリって、冷静に考えると完全に打算めいてんだけど、ホントのとこはどーなのさ?

時に懇切丁寧すぎて登場人物が解説までしてしまうハリウッドムービーとは趣を大きく異とする本作、知的好奇心というか出歯亀根性をそそり捲くる点も秀逸です。そして検索ワード『エリ モザイク』でクリックすることたったの2回で辿り着いた衝撃の真実。至極納得のいくものでした。見る角度、シーンによって、"えらいベッピンさん"と"すんげえブッサイク"の振り幅が尋常じゃないエリのルックス1つを取っても然りです。

オスカーの父親がゲイなのは、性別を超越した愛の存在を『ブロークバックマウンテン』風味で提起する目的があり、オスカーはあのボカシのシーンでオメコを見たのではなく、去勢された傷跡を見てギョッとしたのであり、そんな己の凄惨な過去とオスカーの立場がフィートバックしたが故のイジメッ子大虐殺だったのであります。

このように、中2くらいから成長の止まったツルツルの我が脳みそに、リストカッター加護ちゃん(*2)の手首よろしく無理矢理シワを刻むような真似をしなくても、十分に楽しめる逸品に相違はございません。それでも、しんしんと雪が降る、一見すると静謐な冬景色が実は生きることの過酷さの暗喩なのだろう、とか、仲間の喉笛噛み切ってチューチュー生き血を吸ったエリの行方を追う街のボンクラな大人たちの、一見すると意味がない倦んだ日常を映すことで、オスカーがエリとともに生きる道を選択するラストに説得力を持たせたかったんだな、なんて製作サイドの意図を自分なりに汲み取りながらの鑑賞も、十二分に価値があります。そして無駄に見識を深めるほどに、ボカシ入れを決定した映倫のボケナスと、噴飯ものの邦題をつけた配給会社のタコスケの耳元で

「血ぃ吸うたろか~」

のサムい寛平ギャグを口ずさみながら彼奴等を拘束、ガイガーカウンター片手に福島県のホットスポット(*3)へ遺棄したい衝動に駆られるのでありました。


(*1)ヴァンパイアものにあまり良い思い出のない私・・・・・・小中学校の卒業式の恒例行事"呼びかけ調"で、パッとしないヴィンパイア映画を挙げ連ねてみたい。
主役のケイト・ベッキンセールがキメキメなのに、画像が暗すぎてけっこう台無しだったアンダーワールド。
あんまり賢くないヴァンパイアどもが30日も掛けてちんたら人間を襲うせいで、緊張感がまるで無かった30デイズナイト。
主役のウェズリー・スナイプスの剃り込み&長ランスタイルが、中学時代の先輩ヤンキー小澤さんにしか見えなくて何度も目を擦ったブレイドシリーズ。
美男美女を謳い文句にした主人公カップルが、全くもって美男美女に見えなくて何度も首を捻ったトワイライトシリーズ。
お粗末様。


(*2)リストカッター加護ちゃん・・・・・・加護亜依。元・モーニング娘。在籍中は相方のバカリボンこと辻希美とともに人気を博すも、16歳で同グループを卒業後、

未成年での堂に入った喫煙シーンをフライデーされて謹慎
キモいルックスのCAFEオーナーのおっさんと温泉お泊りデート&懲りずに喫煙現場を撮られて事務所解雇
文具はさみでリストカットという色んな意味で痛々しい自殺未遂の過去を引っ提げて芸能界復帰
当時付き合っていたDV癖のある彼氏にブン殴られて鼻を骨折
映画競演した俳優との不倫発覚。その俳優の元妻に恥ずかしい直筆メモ片手に訴えられるも調停をすっぽかして200万円支払い命令
その後の仕事もドタキャン連発で事務所を再び解雇
同棲相手の飲食店経営者と2人3脚で芸能界復帰を画策するも、その相手男性が恐喝未遂容疑で逮捕され水泡に帰す
関係者にしっかりと事前報告を済ませた上での薬物多量摂取とリストカットで再び自殺未遂。死ぬ気ゼロ。
『1億円でAV5作品契約』なるアサヒ芸能の記事が2ちゃんねるとウチの常連客あたりで盛り上がる。
ブログで芸能界復帰を宣言。ラン&ガンで所属事務所に損害賠償請求訴訟を起こされる。
12月21日未明にブログで妊娠と結婚を報告。Yahooニュースのトピックスを飾る。今流行りの個人的には虫唾が走るオブラードワード『授かり婚』というやつだが、幸せ感ゼロなのはさすがである。そしてどうでもいいことだが、単なる『中出し婚』のくせに無理矢理「ウチ、めっちゃ幸せ」モードで同じく結婚と妊娠を報告した、羊水腐る女こと黄濁身(コウダクミ。変換したら真っ先にこの文字が出てきて感動したので、そのまま掲載)のネット上でのブッ叩かれ振りには、胸のすく思いを禁じ得ない。

とまあ、タイプしているこちらの気が滅入るほどの転落人生をリミッターカットで暴走中。近影に見る現在23歳とは思えないほどの虚ろな表情は、『ぼくのエリ』にも通ずる諸行無常を感じずにはいられない。合掌。


(*3)福島県のホットスポット・・・・・・様々な大人の事情(クソ喰らえ)で殆どメディアでも取り上げられていないが、子どもがたくさんいる住宅街のド真ん中で、目を疑う数値を叩き出しているのが現状。我が家の軒先で数値を測って愕然としている初老の男性が、事情も分からずその場に近づいてきた孫に向かって、「こっちにくるんじゃないっ!」と涙ながらに声を荒げていた姿が忘れられない。情に訴えて福島物産展を開くくらいなら、切羽詰った福島の現状を赤裸々に伝える場を設けてほしいと願うばかりである。



~店長の戯言~-More ロゴ
(ブログは相変わらずの自己満足オナニー文章で恐縮なのですが、当店WEBサイトは新着情報を1年365日、おふざけ一切無しで毎日充実更新中です。お手隙の際は是非お立ち寄り下さい)


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。