離婚しない 『モラハラ』『自己愛性人格障害』対処の超裏技!! 

現在、夫からモラハラを受けているけど、
事情があって今すぐ別れることができない貴女!
そんなあなたの為の、
モラハラの弱点を掴み、離婚せずに自由を取り戻す方法!!
《離婚しないモラハラ対策カウンセラー》Joe


テーマ:




毎年言ってる気がするけど、

今年が
今までで一番早かったわ。。。






さてビックリマーク
こんにちわ。
『離婚しないモラハラ対策カウンセラー』
のJoe(ジョー)です。






モラハラの初期において

モラハラ夫が仕掛ける
理不尽な行為を
受け入れてしまい、

しかも、
それを自分が受け入れていることに
気付かない、
その理由について

「被害者側の事情」

を、解説しました。


【詳細】⇒こちら




今回は逆に、

モラハラ夫が
モラハラ初期の段階で、

理不尽な行為を
ターゲットに受け入れさせるために使う
その技術について解説します。


モラハラ夫は、
モラハラ初期の段階では、

1常識
2冷たさ
3哀れさ


を多用します。



ひとつづつ解説しますね。

1常識

というのは、
言わずもがなですが、

例えば、

相手に対して、
相手が傷つく程度の悪口を
「冗談」として言い、

その相手を
傷つけると同時に、
「傷ついてはいけない」
という現実を突きつけます。


つまり、

===========
冗談が分からないやつは
心が狭いよ
===========


という
「常識」を使うわけですね。


これによって、
「冗談」の形をとった悪口を、

被害者は

==========
傷つきながら、
傷つけない
==========

という状態で、
自分を押し殺しながら、

モラハラ夫の
理不尽な行為を
受け入れていきます。



2冷たさ

これは、
モラハラが進んでいくと、
「威圧型」のモラハラ
に変化していきます。


モラハラ夫が、
モラハラ初期に、
相手に対して何かを要求する場合、

その要求に、
この「冷たさ」を込めます。


普通の人が持つ冷たさとは
比較にならない、

その、
身も凍えるような
鈍い冷たさに、

被害者は委縮し、
すぐに、
勝ち目がないことを感じ取り、

また、
それが些細な行為であることから、

「まぁ私が折れれば・・・」

という判断をします。


この冷たさは、
誰もが言う

「冷たいなぁ」

という感じの冷たさでは無く、

モラハラ体質によって、
その心の奥底から滲み出る、

人間の良識を越えた
凍えるような冷たさです。


そういう意味で言うと、
上記の13の内、

この「冷たさ」だけは、
モラハラ夫が
意図的に要求に込める技術では無く、

その体質から
自然に湧き上がる、
モラハラ夫の本質と言えます。


相手を惹きつける段階では、
モラハラ夫は、
この「冷たさ」
完璧に隠しますが、

ある程度、
自分のモノになれば、
(つまりモラハラ初期になれば)

すぐに、
この冷たさを隠すことをやめます。

支配するのに便利だし、
隠すこと自体が
面倒くさくなるからです。


だから、
ほとんどの被害者は、
かなり初期の段階で、

モラハラ夫から
この「凍えるような冷たさ」
感じとっていたはずです。



3哀れさ

これは要するに、

モラハラ夫自身が、
自分の言動に

「俺ってこんなに可哀そう」

という雰囲気を
織り込むわけですね。


これも、
モラハラの中では王道のやり方で、

少しでも
自己愛的に人格に障害がある人なら、
誰でもすることができる
モラハラ界の人気商品です。


特に、
モラハラ夫が
何かしら相手に要求して
相手がそれを断った時、

または、
断られそうな時、

その相手に
「罪悪感」を与えるために、
この、
可哀そうな表情や言葉を使います。


もしくは、
モラハラ夫自ら
要求することすらせず、

ただ、
可哀そうな表情をして、

被害者に
自主的に動くように仕向けたりします。


モラハラ夫は、
自らの要求を
相手に断られた時、

このように、

「可哀そう」な表情を
する場合のほか、


2の冷たさを見せて、
相手を威圧して
受け入れさせる場合もあります。

どちらを使うかは、

その時の相手の態度次第で、
モラハラ夫は
瞬間的に判断することができます。



ちなみに、

2冷たさ

を多用するタイプの
モラハラ夫はその後、
【威圧型】のモラハラ夫になり、

3哀れさ

を多用するタイプの
モラハラ夫はその後、
【罪悪感型】のモラハラ夫に
なる傾向にあります。


1常識
については、

全てのモラハラ夫が
生涯に渡って多用します。



以上、

モラハラ初期の段階で、
モラハラ夫が
ターゲットに対して使う、

理不尽な行為を受け入れさせるための技術
ついて解説しました。


なお、
これら

1常識
2冷たさ
3哀れさ


は全て、

「Joeメソッド」で
モラハラ対処をする時、

被害者側が、

逆に
モラハラ夫に対して
使用します。

モラハラに対して、
相手側が
モラハラ的なリアクションをすると、

モラハラ夫は
モラハラがやり難くなります。


詳しいやり方は
【無料メール講座】
をご覧ください。





にほんブログ村 家族ブログ DV・家庭内モラハラへ
にほんブログ村

メモ【勉強会などイベント情報】はこちら↓
http://www.reservestock.jp/page/event_calendar/5581


_____ _ えんぴつ大
モラハラ夫に対する、具体的な対応方法
を知りたい方は、こちらの無料メール講座
オススメです。

具体的な対応方法とは>
・夫に対する表情の作り方(目や口の動かし方など)
・夫に対する、言葉の選び方とその時の声質と強弱
・夫と同居の場合の自分の精神の保ち方
・夫の攻撃のかわし方
・夫に接する時の気持ちの持ち方
などです。

↓こちらから
【無料メール講座】離婚しない モラハラ対処の超裏技(全10回)



Joeへのご質問、お問い合わせはこちら
http://www.reservestock.jp/page/inquiry_form/6312





読者登録してね
いいね!した人  |  コメント(44)  |  リブログ(0)

離婚しないモラハラ対策カウンセラー:Joe(ジョー)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります