FUJITA'S BAR
2005-06-23 17:59:21

ザ・リング2

テーマ:洋画(ホラー系)

★ザ・リング2(6月18日公開)

見た者を呪い殺す死のビデオテープ。

それをコピーして他人に見せることで死を免れたレイチェルとエイダンのケラー親子は、おぞましい記憶を封印するため、小さな田舎町へと越してきた。

地元紙の記者の職を得たレイチェルだったが、のどかな町に起こった怪死事件のニュースがつかの間の安息に終止符を打つ。

その遺体にはビデオに呪い殺された者特有の死相が現れていたのだ。

ウィルスがこの地にまで及んだことを知り、愕然とするレイチェル。

やがてサマラの呪いは、エイダンの肉体に取り憑き始める。

それは母と子の壮絶なドラマの始まりだった。

(goo映画)

映画情報は・・・こちら

ジャパニーズ。ホラーの金字塔『リング』のハリウッド・リメイク『ザ・リング』から3年、その続編が再び世界に恐怖のウィルスを蔓延させる。

メガホンを取ったのは、和製ホラーの牽引役にしてオリジナル版『リング』の産みの親、中田秀夫監督。『THE JUON/呪怨』の清水崇監督に続き、見事日本人二人目の全米NO.1監督の称号を手にした。
ストーリーは日本版とは関係なく、あくまでもハリウッド版のオリジナル。

名手アーレン・クルーガーによる脚本は、呪いのビデオからサマラの存在そのものに焦点を移項。そのためオリジナルに顕著だった無作為な恐怖が減じた印象もあるが、母と子の絆を軸としたドラマに新たな見応えが誕生している。

とはいえ、米国産ホラーの陽性と対照的な陰湿さや、あの「貞子」を思わせるサマラの不気味さは、やはりメイド・イン・ジャパンの刻印と言っていいだろう。


公式サイト・・・ことらじゃなくて こちら


やっぱりホラーは怖いので・・・。

苦手なんですよね。

これからの季節には、涼しくていいかもですね。




タイトル: ザ・リング
タイトル: リング
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-04-24 17:26:00

ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ

テーマ:洋画(ホラー系)

★ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ(4月23日公開)

ダコタ・ファニングがホラーサスペンス映画に登場!

母の自殺以来、心を閉ざした9歳のエミリー(ダコタ・ファニング)は、心理学者の父デビッド(ロバート・デ・ニーロ)とともにニューヨーク郊外へ引っ越した。

デビッドはエミリーに友達を作るように仕向けるが、エミリーは誰にも心を開くことはなく、見えない友達「チャーリー」とだけ遊ぶようになる。

戸惑いながらも、エミリーの空想を静観することにしたデビッドだが、やがてチャーリーの存在は、彼らの生活を脅かしていく。

娘を救うため、デビッドはエミリーの心の闇を解明しようとするが…。

(goo映画)

映画情報は・・・こちら

トラウマを負った少女エミリーと、娘を助けようとする父デビッドが、謎の存在である「チャーリー」によって恐るべき真実を目の当たりにするスリラー。

 

公式サイトは・・・こちら

 

天才子役の名をほしいままにしている感じのダコタ・ファニングの新作ですね。

なんだか今回は感じが違いませんか?

成長の証ですかね。

 

 


タイトル: コール

タイトル: RONIN
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-03-13 15:17:28

インソムニア

テーマ:洋画(ホラー系)
★インソムニア(2002)

3月13日午後9時から「日曜洋画劇場」でオンエアー!




タイトル: インソムニア

24時間太陽が沈まないアラスカのナイトミュートの町。
17歳の少女の死体がゴミ捨て場から発見され、ロス警察からベテラン警部のウィル・ドーマー(アル・パチーノ)と相棒のハップ(マーティン・ドノヴァン)が捜査の助っ人にやってくる
。だがウィルは、海辺の小屋付近で目撃した犯人を追って、濃霧の中で発砲し、誤ってハップを撃ち殺してしまう。
(goo映画)

映画情報は・・こちら

今年度アカデミー賞主演女優賞受賞のヒラリー・スワンクが地元の刑事役で出演してますよ。

ミステリータッチの映画です。







タイトル: インサイダー




タイトル: マリー・アントワネットの首飾り
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-02-21 00:56:36

アザーズ

テーマ:洋画(ホラー系)
★アザーズ(2001)




タイトル: アザーズ


これも日曜日のテレビでやってましたね。





1945年、第2次世界大戦末期の英国、チャネル諸島のジャージー島。
グレース(ニコール・キッドマン)と、アレルギー体質のため太陽光線を浴びることのできない娘アン(アラキナ・マン)と息子ニコラス(ジェームズ・ベントレー)は、広大な屋敷の中で親子3人の閉ざされた日々を送っていた。
そんなある日、ミセス・ミルズ(フィオヌラ・フラナガン)と言葉を喋ることのできないリディア(エレーン・キャシディ)、庭師のミスター・タトル(エリック・サイクス)が、使用人として招き入れられる。
まもなく屋敷の中で、他人の足音や話し声が響き渡り、ピアノが独りでに鳴りだすという怪奇現象が頻繁に起き始める。

古屋敷内の霊的な恐怖を描くゴシック・ホラー
製作総指揮は「バニラ・スカイ」のトム・クルーズほか
出演は「ムーラン・ルージュ」のニコール・キッドマン、「いつまでも二人で」のフィオヌラ・フラナガン、「60セカンズ」のクリストファー・エクルストン、「フェリシアの旅」のエレーン・キャシディほか
(goo映画)

映画情報は・・・こちら
詳しくは・・・こちら

この映画、怖かったです。
全編不気味な感じが漂っています。
最後に大どんでん返しが待ち受けています。

観た方のご感想などお待ちしてます。








タイトル: ムーラン・ルージュ
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-02-11 08:03:30

セルラー

テーマ:洋画(ホラー系)
セルラー(2月26日公開)

わずかにつながった一本の電話の糸が織り成す犯罪サスペンス
密室のスリルと、ロスの町中を駆け巡るハイ・テンポなアクション

生物教師のジェシカ(キム・ベイシンガー)は、自宅に押し入った見知らぬ男たちに誘拐される。リーダー格の イーサン(ジェイソン・ステイサム) は、ジェシカをある家の屋根裏へ監禁し、部屋の電話をハンマーで壊して出ていった。ジェシカは、粉々になった電話のワイヤーを接触させて信号を送ると、ライアン(クリス・エバンス)という青年の携帯につながった。最初は取り合わなかったライアンも、ジェシカの緊迫した声に押され、幾度となく切れそうになる電波を持たせながら、ジェシカを救おうと奔走する。
(goo映画)

この電話が切れたら私は終わる


映画情報は・・・こちら

公式サイトは・・・こちら

キム・ベイシンガーの新作映画ですね。
これはちょっと興味あります。
おそらく観に行くだろうと思います。





タイトル: ナイン・ハーフ




タイトル: ゲッタウェイ




タイトル: L.A.コンフィデンシャル




タイトル: 8Mile
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-02-08 09:14:16

サスペクト・ゼロ

テーマ:洋画(ホラー系)
サスペクト・ゼロ(2月11日公開)

ついに「セブン」を超えた!戦慄のサスペンスミステリー!!

見えるんだ、罪が。聞こえるんだ、叫びが


連続殺人犯の不当逮捕により、ニューメキシコへ左遷されたFBI捜査官トム(アーロン・エッカート)は、この地で新たな無差別殺人に遭遇する。
3人の被害者には、すべてゼロのマークが残されていた。原因不明の頭痛に悩まされながら、捜査を進めるトム。
やがて捜査線上に、元FBIを名乗る男、オライアン(ベン・キングスレー)が浮かび上がる。
オライアンが示唆するのは、一切の痕跡を残さない完璧な殺人犯「サスペクト・ゼロ」だった。果たしてサスペクト・ゼロとは誰なのか…?
(goo映画)

映画情報は・・・こちら

公式サイトは・・・こちら

犯行パターンがなく、手がかりも残さない殺人者「サスペクト・ゼロ」の完全犯罪を追うサスペンス
謎が多くて一回観ただけでは???らしいです。
リピーター割引があるくらいですから・・・。

ネタバレ的になりますが。
初日観に行かれた fun-seさんのご感想は・・・こちら




タイトル: サスペクト・ゼロ




タイトル: セブン スペシャルボックス



いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-02-07 07:23:36

THE JUON/呪怨

テーマ:洋画(ホラー系)



タイトル:
怨 劇場版 デラックス版「THE JUON/呪怨」劇場公開記念パッケージ



THE JUON/呪怨(2月11日公開)

「ほんとうに怖い!」『呪怨』シリーズが、ハリウッド・リメイク!




東京で福祉を学ぶ留学生、カレン(サラ・ミシェル・ゲラー)は、寝たきりの女性エマの介護に出かける。道に迷いつつ、郊外の一戸建て家屋にたどり着いたカレンだが、家の中は散乱し、エマはボンヤリと天井を見つめている。不気味に思いながら介護を始めたカレンだが、突然、二階から物音が聞こえてくる。二階の押入れには、青白い顔の少年が閉じ込められていた。すぐにケア・センターへ電話をかけたカレンだが、本当の恐怖はこれからだった…。
(goo 映画)

映画情報は・・・こちら

公式サイトは・・・こちら

巨匠サム・ライミから熱烈なラブコールを受けた清水崇監督が、アメリカに日本の恐怖をとりこむ気持ちで再び『呪怨』の世界を描き出していく。

『呪怨』シリーズの新作みたいですね。
ホラー映画苦手なんですが、怖いもの観たさで行くかもしれません。


アーティスト: サントラ
タイトル: オリジナル・サウンドトラック「THE JUON/呪怨」




タイトル: 呪怨2 劇場版 デラックス版「THE JUON/呪怨」劇場公開記念パッケージ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。