はちもり観光市 タラ祭り

テーマ:
なんでもあり?
タラ汁


昨日、今日とはちもり観光市でタラ祭りがありました。
そこで、母と一緒にタラ祭りへ行って来ましたよ。

目的はタラ!・・・・ではありません(゚ー゚;
タラと言ったら、白子でしょう(笑)

タラは一匹メスが2~3000円
オスは6000円くらいでした。

私たちは丸々一匹だと多いので
半身に捌いたのを買いました。
でも、これだと白子が少ないんだよね・・

そこで、白子だけ売っているところがあったので
それも買ってきましたよ。

あとは、いろいろちょこちょこ買いました。

写真のタラ汁は、一杯200円
とっても美味しかったです^^





AD

120箱です!

テーマ:
なんでもあり?


2ヶ月くらい前かな?
ツイッターで、グリコの「アーモンドピーク友情の旅」
というキャンペーンをやっていると言うのを見つけて
遊び半分でネットで旅をしたの。

よく分からないで遊んだんだけど、それが応募になってたみたいで
先日、当選しました。のメールが届いたんだよね。

私なんかすっかり忘れてて、なに??って思ったくらい・・
でも、友情の旅ってなんか遊んだな・・と思って
とりあえず確認したら、あ~これかぁ~って(笑)

せっかく当選したんだからと思って、住所や名前を書いて送信。

その商品が、今日届いたのですが・・
アーモンドピーク120箱ですよ~。
宅急便の人が、重たい荷物が届いてますって持って来たよ。

確かに重かった(笑)
10箱1パックになって12パック。

こんなにあっても食べきれないので、お友達やお世話になっている
人たちにもおすそ分けしよう。

いつも、山に登るときにチョコレート買ってるけど
しばらくは買わなくても大丈夫だなぁ~

なんか家族みんなで大喜びでした(笑)
 
 
 
AD

おもてなしご当地クルメ

テーマ:
なんでもあり?


秋田県の三種町で、4月24日に「おもてなしご当地クルメ」
として「三種町じゅんさい丼」がデビューしました!

三種町はじゅんさいの生産量日本一なのですが
知っている人は少ないと思います。
この、日本一のじゅんさいを使って、三種町を
盛り上げていこうと頑張っている人たちがいるんです。

そのじゅんさい丼を、私も食べてきました。
上の写真が、三種じゅんさい丼です。

三種町内の7店舗、全店880円で食べることができます。
どこのお店でも、上記写真が基本となっていて
漬物・副菜・お味噌汁は店舗ごとに違うようです。

というのも、三種じゅんさい丼にはルールがあるんです。
どんぶり・お皿・お膳は統一されており
使用するじゅんさいの量なども決まっています。

こうしたルールが11項目あり、どのお店もこのルールに
基づいて、三種じゅんさい丼を作っています。

私が食べたところは、ぴっといん丼・丼
食べた感想は、思ったよりもじゅんさいが多かったです。
きざみ梅がじゅんさいとマッチしていましたね。
酢飯を使った丼物なので、チラシ寿司みたいな感じ。

秋田に来たときには、是非一度食べて欲しいです。


三種じゅんさい丼が食べられるお店

ぴっといん丼・丼

レストランきらめき (砂丘温泉ゆめろん)

じゅんさいの花 (ホテル森山館)

お食事処たかいし野 (道の駅ことおか)

さくら亭

レストラン韓味 (森岳温泉ホテル)

ラウンジ石倉 (丸富ホテル)



AD

ゴーヤが・・

テーマ:
なんでもあり?

会社の人がゴーヤを育てていた。
種が欲しいと話をしたら、この間、黄色くなったゴーヤとまだ緑色したのといくつか持ってきてくれた。

黄色くなったのと緑色のを玄関先に飾っていたんだけど
ひとつのゴーヤが、あっという間に黄色くなって
今日、仕事から帰ってきたら破裂?していた。

その中の種は、真っ赤でとてもキレイだったよ!
ちょっと滑りというか粘りというかあったので
もうしばらく飾っておいて乾燥させようかと・・

来年、この種でゴーヤ作ってみようと思ってます。
上手くいくかな?
 
 

果物狩り

テーマ:
なんでもあり?


昨日から山登りを考えていたけど
天気がイマイチなのと、一人では登る気にならず
どうしようかと迷って、果物狩りに行ってきたよ。

場所は、青森県弘前市大字十面沢字轡426 にある
森の中の果樹園」というところ。

道路に詳しくなければ、ちょっと分かりにくい場所だけど
行く前に地図で場所確認

ここなら分かるかも!と行って来ました。

サクランボがたわわに実っていて
他に、桑の実・グミ・スグリなどが味わえます。

入場料 大人一人1000円で
しかも、時間無制限で食べ放題!!

お持ち帰りは、100g 120円

時間制限無制限・・と言っても1時間も食べていれば
お腹もいっぱいになりますね(笑)

今日は日曜日だったからか、子供連れの家族が多かった。
一生懸命食べている人や、カゴいっぱいにサクランボを取っている人など、さまざまでしたよ。

久しぶりに食べたスグリは甘酸っぱくてとても美味しかった。
サクランボもかなり食べましたね。
家のお土産として、お持ち帰りもとりました。
計りにかけたら、ちょうど2000円でしたよ。

お天気が良かったけど、暑すぎ・・

道中がちょっと長かったけど、楽しんできました。
もう少しするとブルーベリーやイチゴも摘み取れるみたいです。
いろんな果物を摘み取ったり食べたり出来るのでオススメですね。


森の中の果樹園HP
 
 

だるま?ラーメンって?

テーマ:

寒いとき、食べたくなるのが暖かいもの・・

その中でも、ラーメンなんて、手軽でいいよねぇ~


まぁ、ラーメンは好きだから、寒くなくても食べているけど(笑)

でもね、最近は身体のことを考えて控えめにしています・・


先日、仲間同士でどこのラーメンが好き?

おススメのラーメン店は?

という話しをしました。


秋田県内、ラーメンを食べに回っている人もいて

その中でも、話を聞かなければ行くことはなかっただろう

という、秋田県南のラーメン店へ行ってきました。


秋田県湯沢市にある「ラーメン直太郎」


あまり目立たないところにお店はありました。

カウンターに座り、メニュー拝見。


一般的なラーメンの他に・・

 ・ネギどっさりラーメン

 ・チャーシューどっさり

 ・ダイナマイト辛・辛めん

など、変わったのもありました。


そんなメニューの中に「ダルマラーメン」なるものを発見!

醤油味、味噌味が一度に味わえる

な~んて書いているけど、一体どんなラーメンなの?


興味津々、ダルマラーメンを注文

来るまでの間、いろいろ見ていたら気になる文が・・


「当店では納豆をすりつぶし、味噌と混ぜ合わせております」


そう、湯沢と言えば納豆汁!

納豆汁の好きな私は、どんな味なのかとっても楽しみ^^


おまたせしましたぁ~とラーメンが来た。



なんでもあり?


なるほど・・ 

確かにダルマです。


卵のある方が味噌です。


まずは醤油から・・

ん!んまっ!!


そして味噌

お~微かに広がる納豆の香りがいい感じです。

もっと納豆くさいのかと思ったらそうでもなくて食べやすかったです。


基本的に味噌ラーメンが好きな私

今度行ったときは、味噌ラーメンを食べようと思います。

 

 


全国都道府県ごとに情報が集まる

観光naviレポート

 

 

冬は、やっぱり鍋!!

テーマ:

なんでもあり?


秋田の冬の味覚と言ったら・・


やっぱり、秋田名物 「きりたんぽ鍋」 だよねぇ。


寒い冬にはどうしても食べたくなっちゃう。

鶏ガラスープにシイタケ・糸コン・長ネギ・油揚げを入れて

ひと煮立ちしたところで、きりたんぽを入れ

最後に、セリを入れれば出来上がり。


各家庭によって多少の作り方は違うと思うけど

私の家では、こんな感じで作ります。


きりたんぽが足りないときは、うどんを入れたりもしますよ!

汁が残ったときは、おモチを入れてお雑煮にしたり・・

って、お雑煮は家だけかな?(笑)



先日、九州のお友達がきりたんぽを食べてみたい。

と言うので、ネット販売店を教えてあげました。


だし汁も付いているので安心して紹介したのですが

作り方を間違ったらしく、失敗したそうです。

秋田に行ったら、食べさせてくれぇ~と言ってましたが

いつになったら、来るのやら・・(笑)



最後に、きりたんぽについてちょっとお話させてくださいね。


 「きりたんぽ」の発祥地は、大館・北鹿地方で、その昔、炭焼きや秋田杉の伐採のため山籠りした人たちが、山小屋で残り飯やおこげを練ってトリ鍋に入れたり、味噌を塗って食べたのが始まりと伝えられています。また一説には、マタギ(狩人)が食べ残りの握り飯を、獲物の鳥獣の鍋に入れて食べたことから生まれた料理ともいわれています。
 
 「きりたんぽ」は大館をはじめ県北ではごく普通の家庭料理。各家庭に代々受け継がれてきたいわば「おふくろの味」なのです。また、客をもてなすために欠かせない料理でもあり喜ばれます。
 
 秋も深まり新米の出回る時期になると、新米のきりたんぽと脂の乗った比内地鶏を味わう「たんぽ会」が大館市内いたるところで催され、街はきりたんぽ一色になります。秋田県人、特に大館の人々にとって「きりたんぽ」は生活から切り離せないものなのです。このような大館の風土が、昔のままのきりたんぽを現在に至るまで守り続けてきたのです。

 

全国都道府県ごとに情報が集まる

観光naviレポート

 

 


岩ガキ

テーマ:

 

プルルルルルル~♪ プルルルルルル~♪

 

ガチャ!

 

もしもし…

 

親戚のおばさんからの電話

 

男鹿から、岩ガキが送られてきたので食べないか…という電話だった。

牡蠣に目がない私は、さっそくおばさんの家へ行き

牡蠣をもらってきた^^

 

生は無理だって言っていたので、牡蠣フライに…と思い

必死に、殻をむきましたよ~

 

プリップリッの牡蠣…



 


綺麗に洗って、ボールにいれて

ラップをして冷蔵庫に…

今晩のおかずだぁ~^^v

 

それなのに、フライは明日になってしまった…

なんでも、今日の晩ご飯はラーメンなんだって…

 

まぁ~しょうがない…

明日までお預けとするか…(笑)

 

 

国体弁当

テーマ:

この間から、秋田県内各地で 「わか杉国体」 が行われています。

 

妹も、国体の役員をやっているために忙しそうにしていますが

私的には、全然実感がわいていないんですよ~

 

私が一番みたいボウリングは、大会会場が遠いので

見に行くことも出来ないし…

と言うわけで、興味がない…というのが本音でしょうか…

 

で、この間、妹が 「国体弁当」 なるものを持ってきた。

国体弁当?と思ったら、大会開催中に配られる弁当だそうで

興味のない私も、どれどれ…と食べさせてもらった。

 

その弁当が、こちら ↓

 

 

(( 画像クリックで拡大 ))

 

まぁ~味の方は 「弁当だな」 という感じ…(当然だが…)

ただ、入れ物はちょっとだけ豪華な感じがしましたよ!

 

国体の選手の人たちも同じものを食べているようなんだけど

どうなんだろう?美味しいと思ってくれているのかな?

という感じがありましたが、ご飯は美味しかったですよ^^

 

地域会場によって、弁当も違うと思うんだけど

他の会場で配られる弁当も食べてみたい…と思う私…

 

競技よりも、やっぱり食い気?(笑)

 

 

 

 

この食べ物は…?!

テーマ:

(( 画像クリックで拡大 ))

 

昨日、テレビで ↑ の放送をしていて、食べたい!と思い

仕事が終わってから、行ってきましたよ~^^v

 

たいやきの形をしているけど、なんだか分かりますか?

 

この食べ物は、男鹿半島の入道崎にある「美野幸(みのこう)」という

郷土料理のお店で販売されているもので「鯛めし焼」と言います。

 

男鹿で、郷土料理…というと、石焼き料理…

この石焼き料理とは、杉製のオケに、男鹿産のタイやソイ、海藻などを入れ

真っ赤に焼けた石を放り込む・・・という料理法で

瞬時に煮あがる豪快さと、新鮮な魚介類のダシがきいていて

それはもう、何とも言えないおいしさなんです^^v

 

と話がそれてしまいましたが、この石焼きのダシで炊いたご飯(あきたこまち)に

タイの身を細かくしたものを混ぜ合わせ、それをたい焼き機で焼き

できあがったものに、鯛味噌をぬりフキの佃煮?をのせているの。

 

外側はパリッとしていて、中はモチモチ…

鯛味噌とフキの絶妙な組み合わせが、鯛飯を引き立てていました。

値段も300円とお手頃価格(笑)

 

しかも、私が 「昨日、テレビで放送されているのを見て食べたくて来た」

と言ったら、ご飯で作った「たい焼き」をおまけしてくれましたよ~^^

 

とっても美味しかったので、また食べに行こうと思っています^^

ちょっとハマっちゃったかも…(笑)