乳頭山登山

テーマ:

なんでもあり?



23日の日曜日

乳頭山を登ってきました。


6:30 孫六温泉から出発!!


雪解けで、足場は泥だらけです。

シラネアオイやショウジョウバカマが咲いていました。


今年初の山登りは、ちょっとしか登っていないのに

すでに、お疲れモード・・

でも、30分も歩くと身体が慣れてきました。


登るにつれ、雪が見えてきました。

ぶなの森は、見渡す限り雪渓です。

目印のピンクのテープを前方に見ながら進みます。


どのくらい歩いたのか、だんだんオオシラビソの樹が目立ってきました。

根開きを見ると、まだ1.5mほど雪が積もっているようです。


突然、視界が開けました。

どうやら、田代平湿原まで来たようです。

湿原は、ほぼ平坦なので楽でしたねぇ~^^v


8:00 湿原にある山小屋到着

お腹も空いたので、ご飯を食べることに・・


なんだか、風が強いです。

支度をして山小屋出発・・


初めは喜んだ雪渓も、だんだん飽きてきて

土の上を歩きた~い!!


湿原を抜けると雪もなくなり歩きやすくなったよ~

山頂あとどのくらいかな?と上を見たけど

山頂が見えない!!><;


うぇ~あとどのくらい登ればいいのよ~

と思っているところに、山頂・黒湯の分岐


お~~山頂はもう少しだ!!

でも、体調がイマイチだったのでかなり疲れてます。

ゆっくりゆっくり登って、やっと山頂到達!!


誰もいなくて、貸切です。

歩いてきた山道の反対側は断崖絶壁!

ひぇ~~~って感じです。


しばらく山頂からの景色を堪能・・

秋田駒ケ岳への銃走路を眺めながら

いつか、あそこを歩くぞ!と思っていました。


山頂を堪能したので下山・・

帰りは、黒湯コースでおります。


途中、5人の方とすれ違いました。

下っていくと、途中、階段になっていて

ここ登ってくるのは嫌だな・・と思いながら降りました。


ところが、階段が切れたところで道がありません。

雪渓でも歩くのかな?と思ったんだけど

すれ違った方たちの足跡もありません・・


こともあろうか、目印のピンクのテープもない!

えっ?じゃぁ、すれ違った人たちはどこ来たんだ?

そう思いながら道を探すも、見つかりません・・


これはもう、戻るしかないです。

途中、誰か来たら一緒に・・と思ったのですが

誰も来ません><;


後は、下るだけ!と思っていたので

一気に疲れがピークに!(笑)


いやいやながらも、来た道を登りました。

かなり下山したと思っていたけど

分岐までは意外と近かった・・


ここからは、下りですから何とかなります。

ひたすら下って山小屋で休憩・・

足がプルプルいっていたので、マッサージをして

まだ下山・・


雪がだいぶ溶けてきて、滑りやすくなってる・・

それでも、なんとか無事下山

孫六温泉につきました。


ところが、孫六温泉から車まで、登り坂・・

うわぁ~><; もう登れません・・

足がついてこない・・


最後のこの坂が、一番長く感じました。

 

 


AD

謎の生き物は・・

テーマ:

さて、昨日の続きです。


下山途中で聞こえた、ガサガサという音

音のするところを見てみると、毛むくじゃらのお尻が見えた。


ネズミ?と思ったんだけど、しっぽがない・・

地を這うように歩く生き物ってなんだ?


後をつけていくと、なんともまぁ~可愛らしい生き物でした。


その正体は・・



なんでもあり?


野うさぎの子供・・


そういえば、登るときにウサギが逃げていった。

子供から目をそらそうと、目立つように逃げていったのだが

お母さんウサギがいなくなって、子ウサギは怖かったんだろうね。


で、逃げようとしたのはいいけど、見つかってしまった。


手の平に収まるくらいの、小さな子ウサギ・・

足もしっかりしていないので、跳ねることもできず

地を這うように歩いていたって訳。


2匹の子ウサギがいたけど、バラバラになっちゃった・・

ちゃんと、戻れるのか心配だけど

そこは、野生のウサギだからね!


お母さんが、しっかり見つけてくれるはず!


驚かせてごめんねぇ~と言って

その場を立ち去りました。



 

AD

シラネアオイの群生

テーマ:

なんでもあり?



シラネアオイが群生しているところへ行って来た。

お天気も良くて、気持ちが良かったよ^^


山道を山頂付近まで登っていく。

途中、サルの親子と遭遇!

他にもサルがいないか、辺りを見渡すが

その親子猿以外は見あたらない。


ちょっとだけ、サルを警戒しながら登っていくと

シラネアオイが見えてくる。


日当たりの良い場所は、もう萎れているけど

ちょっと、森へ入るとまだ綺麗に咲いている。


あっちにもこっちにも・・

ぽつぽつとあるシラネアオイを追いかけると

群生しているところにたどり着いた。


こんなにもたくさんのシラネアオイを見たのは初めて!

なんか嬉しくなっちゃいます。


でもね、よく見ると掘って行った跡があります。

自然の花は、自然の中で咲いているからこそ

その花の美しさが引き出されると思うのだけど・・


もしかしたら、ぽつぽつとあった辺りも

もっとたくさんの花が咲いていたのかもしれない・・

そう思うと、ちょっと悲しくなっちゃいます。


そんなことを考えながら、群生地から下山・・


その途中で、微かに聞こえたガサガサ・・

なんだ?と思って見てみると

そこには、毛に覆われた小さなお尻が!

地を這うように逃げてました。


さて、この生き物は一体なんなのでしょう?


答えは、また明日ね^^v

 

 


AD

怖いんだよ!!

テーマ:

なんでもあり?



ボク、小五郎

夢霊花さんの家に来て、ちょうど一年

小さい頃は、もの凄くヤンチャだったけど

ボクも、ちょっとは大人になったよ!!


でも、ここ何日か毎日のように怖いことがあるんだ・・

遠くから何かが聞こえるんだ・・

なんだろうと思って、玄関に様子を見に行くんだけど

だんだん、ボクの方へ近づいて来るんだ!

 

ボクはもう、怖くて怖くてハウスに逃げ込むと

それは、遠ざかっていく・・


でも、またすぐに来たりするんだ!

 

ボクが気持ちよく寝ているときも、それはやってくるんだ。

それが聞こえると、ボクは走ってハウスに隠れるよ!

そうすると、遠ざかっていくんだ・・


ときどき、遠くでしか聞こえないときもあるんだけど

いつ来るか、いつ来るかとボクは怯えてるよ・・


そんなボクを見て、家のみんなは笑ってる・・

こんな状況でよく笑えるよなぁ


ほら、また来た!!







○○、○○でございます。

よろしく、よろしくお願いします。




 

久ぶりにオオルリ

テーマ:

なんでもあり?



鳥海山の麓のある林道に入ってみた。


何か野鳥いないかな?と思って車を止め少し歩く。

耳を澄ましても、野鳥の声がしない・・


シーンと静まり返った森

時おり聞こえるカエルの声・・

でも、確かに野鳥の気配がする。


ピーピーと口笛を吹いてみる。

近くで隠れていた野鳥が、様子を見に来た。


現れたのは、シジュウカラ、ヒガラ、そして、オオルリ

おっ!オオルリいたじゃん!

久しぶりに会うことが出来ました。


去年は、オオルリに会ってなかったんだよねぇ


始めは、葉っぱの影に隠れながら

こちらの様子を伺っていたけど

そのうち、目の前に飛んできてUターン


写真を撮ってくれと言わんばかりに飛んできて

撮影しやすい枝に止まってくれた。


オオルリだけでしばらく楽しませていただきました。

 

 



家の周りが賑やかに

テーマ:

なんでもあり?



一週間ほど前くらいから、気温が上がってきて

夜も寒くなくなりました。


そのせいか、家の周りが賑やかになってきましたよ。

3日前に聞こえていた、ゲコゲコ・・

小雨も手伝って、今日はカエルの大合唱です。


こういう日は、仕事へ行くのに気が引ける・・

だって、道路にカエルが出てきて大量死・・

ピョンピョン跳ねてるんですもん!


夜明けと共に、カラスが道路を綺麗にしてくれますが・・


それにしても、日中も野鳥のさえずりで賑やかですねぇ~

って、一体どんなところに住んでいるんだぁ~?


ははは (・・。)ゞ

秋田の田舎者ですから・・

住んでいるところは、ご想像にお任せです(笑)

 

 

島民よりも猫が多い島

テーマ:

なんでもあり?



2日、田代島へ行ってきました。


島民よりも猫が多いというので、猫に会いに行ったのですが

期待していたほど猫に会えませんでした。

猫たちも連休だったのでしょうか?(笑)


それでも30匹くらいには会えたでしょうか。


猫を撮影するため、家の敷地に恐る恐る入ると

家の人が出てきて歓迎してくれたのには驚きました。

みなさん、良い方ばかりでとても親切にしてくれました。


猫を集めるために、エサを出してくれたり・・

すると不思議なもので、2~3匹しかいなかったのが

どこからともなく猫が現れ7~8匹になったり・・

夕方になると20匹は集まってくると言ってました。


釣り客も多く、コテージやキャンプ場なんかもあって

泊りがけで楽しめるところですね^^


この次行くときは、島で一泊して

島をの~んびりと回ってみたいと思います。