今日はカモシカ

テーマ:
昨日、久々に写真を撮りに行ってサルの写真を撮りましたが、カモシカの写真も撮してきました!

ニホンカモシカは本州、四国、九州に分布してます。
特別天然記念物に指定されながら、地域によっては人工造林の幼樹の食害を理由として、かなりの数が射殺されているんですよ!

そのような理由で射殺されるなんて、特別天然記念物って言っても、特別じゃないと思いませんかぁ~


今、青森県の「北限のサル」が問題になってて、民家の倉庫とかにしまってある作物を食べてしまうって… だから、悪さの度が過ぎたサルを何頭か殺しちゃうんだって… で、これの何が問題かというと、このサルも天然記念物に指定されてる…

農家の人は収入源が荒らされると生活できないから仕方ないのかもしれないけど、でも、何か他に方法があるような気がするのよねぇ…

それにしてもサルたちの方が人よりも頭がいいのかも… それに人がついていけないから殺しちゃうんだろうね…
上手く、共存できれば問題ないんだけどね!
 

AD

最近ちょっと忙しいです…

テーマ:
今日は久しぶりに写真を撮りに行ってきました! 最近、忙しくてなかなか出て歩けないんだけど、今日はお天気も良かったので羽のばしに行ってきました。

もうしばらくは、忙しさ続きそうです。 お友達のサイトにもなかなか遊びに行けませんが、時間が出来たらなるべく行くようにしてますので、ご了承くださいね!

さて、今日は日本海側101号線を北上して、青森県との県境まで行ってきました。

途中、カモシカと出会い写真を撮ってきましたよ!
このブログでは画像は1枚しか使えないようなので、カモシカの画像は明日にでも…と思っています。

今日は、サルの画像です。
サルは去年から狙っていたのですがなかなか出会うことが出来なくて、ようやく今日会えました。

サルって意外と人を怖がらないのね! 私の横3mくらいのところを平然と歩いて行くんですよ! おかげでたくさん写真を撮ることが出来たけど…

のんびりして、写真も撮って、明日からまた頑張るぞ~って感じ。私は日曜日もほとんど関係ないから…


そんな訳で、皆様のところに行っても、コメントなしで戻ることが多いですが、よろしくお願いしますね!
 
AD

焼き肉パーティー??

テーマ:
今日は、お友達の誕生日!

プレゼントは画像のシガレットケース。Zippoライターのポケットもついている。

素敵でしょう!

上野オカダヤさんから買いました。


このプレゼントを持って夕食を一緒に食べに行きました。
その、夕食は「焼き肉」

2人でたぁ~っくさん食べてきました。
食べてきたものを紹介しちゃいましょう!

国産旨カルビ(タレ)(塩)各1品/タレも塩も確かに旨かった!

上タン塩 2品/柔らかくて美味しかった!

タン塩 1品/やっぱり上タン塩に比べ、味は落ちるし固かった。

ユッケ 2品/私的にはちょっと味薄…

ケジャン 1品/本場のケジャンの感覚で頼んだら失敗した…

エゴマ葉 1品/ただの葉っぱだが薬草くさかった…

トマトサラダ 1品/普通のトマト…

シーザーサラダ 1品/普通の野菜サラダ…肉を食べたら野菜も食べないと! 
辛辛ラーメン 1品/結構辛いらしい… 私は食べてない…

玉子と野菜スープ 1品/ちょっと玉子くさかった…

他に飲み物、デザートなんかを食べましたよ!


ひとつ残念だったのは、写真を撮り忘れたこと…
ぜ~んぶ食べ終わってから気が付いた f(^ー^;

お腹いっぱい食べて、笑って、騒いで…
2人でいったのに、まるでパーティーのようでしたよ!
 
AD

サボテン

テーマ:
私、なんか知らないけどサボテンが好きなのよねぇ~ サボテンって、不思議な力があるっていうけど信じる?

私は、信じる派!

な~んかしらないけどサボテンに引かれちゃうのよねぇ~ だいぶ前にサボテンを買ったことがあるの!一鉢1,500円だった。
毎日、話しかけていたらなんと花が咲いたのよ!もうビックリ…

嬉しくてね、毎日毎日話しかけてた。
冬は気をつけないと…と思いながら暖かいところに置いてなんとか冬を越したのね!

でも、サボテンの一部がちょっと凹んでるのに気が付いたの!
あれ?と思ったんだけど、その年も花を咲かせたのね!
すごく嬉しかったんだけど、その凹んだところがひどくなってるの…

どうしたんだろう?と思ったら、なんと悲しいことにサボテンの中が腐っていたの…

そのとき、サボテンって凄いと思った…
私が毎日話しかけて、今年も綺麗な花咲かせてね!なんて言ったもんだから、もうダメになりかけているのに花咲かせてくれたんだなぁ~って…

それ以来、サボテンが欲しい!と思っても買うことの出来ない私…です。
 

ただいま…

テーマ:
今日は会社の新年会でした。
と~っても眠い…

24名5時半からの新年会で今まで、長かったぁ~
時間が進まないのよねぇ~

私は、お酒は飲めないのでジュースを飲んで美味しい物食べて…
そして、16名で二次会…
コーラを飲んでカラオケ、バンバン歌って盛り上がり…
ここで、帰る予定がなぜか三次会へ…

あ~眠い…
でも、もうちょい…
三次会は8名、もうすでにシ~ンとしている…
寝てる人もいる…
眠いのを我慢してボ~っとしている人…
ひたすら飲んでる人…

ちょこちょこっと話をして…

こんなにしてまで、みんなよく飲んでるなぁ~
私は眠い…帰ろう…
そしたら、今まで寝ていた人が「俺も帰る…。」って…

その人は、私が帰る通り道なのでいつも私が送って行ってるんだけど
寝てるから置いていこうと思ってたのよ。そしたら起きた!
なんか、凄い!と思ってしまった…

送り届けてから、走っていると携帯が鳴った…
「大丈夫だか?ごくろうさまでした」という三次会で残った人から…
「もう少しで、家に着くよ」といったら
「AさんとBさんは今、タクシーで帰った、俺とCとDは四次会だぁ~」
なんて言ってた。

明日、休みだからいいけど大丈夫なのかしら?
まぁ~私は眠いからもう寝よ…

おやすみ… …(__).。oOzzz

ミノムシ

テーマ:
今日、庭でミノムシを発見! ミノムシなんて久しぶりに見たなぁ~

今日の画像がそうなんだけど、小枝の固まりになっている。ところで、皆さんミノムシって何になるか知ってますか?

ミノムシというのは、実は蛾(ガ)になるの。ミノガ科というグループで(日本には50種ほどいることがわかっています)このミノガの幼虫が作る巣をミノと言い、中の幼虫をミノムシと呼ぶのですが、ワンセットでミノムシと呼んでいます。ミノというのは昔の人が農作業の時などに使った雨や、暑い日差しを避けるための蓑(みの)からきてるんですよ!

それで、この画像のミノムシは「チャミノガ」という茶色の地味~な蛾になります。知ってましたか?他にも知らないことがあると思うので、ちょっとミノムシについて書きますね!

ミノムシはどんな葉っぱも食べるので、害虫とされているの。で、食べる…といえば必ず出る物があるよね。そうフン… これどうしてると思う?

実はね、ミノには上と下に穴が開いていて、葉を食べるときや歩くときには上の穴から頭を出し、フンをするときには下の穴からお尻を出してするんですよ。面白いですよねぇ~

で、さっきミノムシは蛾になるって書いたけど、これも面白いことがあるんです。ミノムシはサナギになったあと蛾になるのはオスだけで、メスはサナギになったあとイモムシの形で成虫になるの。
交尾をするときはミノの下側の穴から尻を出して、オスのミノガを誘うフェロモン(臭い)を出し、オスのミノガは触角の先で臭いをかぎつけ交尾をする。


でもね、 最近ではいろいろな成虫の形のメスがいることが発見されていて 羽・脚もあるメス、羽はなく脚があるメス、羽も脚もなく生殖機能だけのイモムシ形のメスなどがある。退化したり、進化したりと不思議な昆虫の世界だと思いませんか?

山での大事件…

テーマ:
写真は私の愛犬めろです。

今日はこの愛犬と山へ行ったときのお話をしますね。


去年の夏から山登りを始めた私…。友達にいろいろ教えてもらって、ちょっとした山なら1人でも歩けるようになったんです。
でも、この辺の山はクマとか出るんで、いつも愛犬のめろを連れて行くんですね。

そして、今シーズンの山登りは今回が最後だなぁ~ということで、隣町の「房住山」に登ることに・・・ 母も行きたいというので一緒に行ったんです。もちろん、めろも一緒に・・・ この房住山には33体の観音様が建っているんです。曇り空の中、最初の観音様に安全を願って出発!11月の中過ぎだったのと、あまり人が登らないコース(通常の逆コース)を選んだので、めろは放したまま・・・

一山ぐるっと回って急な坂道を登って、もうすぐ頂上・・・ そこで、カモシカと出会い写真を撮ろうとしたら、めろに邪魔されて逃げてしまいました。そして、1時間半で頂上到着!そこにある山小屋で昼食を食べて戻ることに。

観音様の写真を撮りながら下山。ひとつ目の観音様を写し、二つ目・・・。すると母が「お母さんの写真も撮って」というので写そうとしたら、事件が発生・・・

めろが山道をはずれ、山を降りようとしていたので「めろ!そっちはダメだよ!」と言ったものの、そこは下のほうが見えないくらいの急な坂&崖・・・
めろ止まれなくて、そのまま崖を落ちてしまったんです。キャインキャインと鳴きながら落ちていっためろ・・・

もうダメだと思いながら崖下をのぞくと立ち上がって動かない・・・
私は、母にカメラを預けて助けに行こうとすると、母が「下に道路見えるからそのまま道路に出たほうがいいんでない」というので2人で山を降りることに。

100m近くの崖を落ちたんだから生きていても、どこか骨折はしているだろうと覚悟して急な坂を下り始めた・・・ めろのところまで3分の2くらいまできたら、めろがフラフラしながら私のところまで登ってきたんです。そして、私の横に座り込んだまま震えて・・・ どこか、怪我していないか確認するとちょっと手の関節が腫れているような感じだったので、歩くのは難しいと判断。

私のリュックの中身を母に持たせ、リュックの中にめろを入れて前に抱えて山を下りました。ところが、途中まで行くと、そこからまた崖になっていて、とても降りていけそうになかったので、山道へ戻ることに・・・
でも、そこを登っていくのは大変でした。一歩間違うと下まで落ちてしまうので、慎重に慎重に細い枝につかまりながら・・・

そして、普通の山道なら15分で登れる距離を40分かけてやっと山道へでた!
心臓破裂するかと思うくらい容易でない思いをしたのに、めろはリュックからピョンと飛び出てすたすたと歩き始めたの・・・

再度、確認したら口あごの辺りにちょっと傷がついていただけ。救出時間1時間。母と私、安心していたら、雨が降ってきたんだけど、山を登っているときに降らなくてよかったね!と二人で話してました。カッパを着て、そこから1時間半かけてようやく下山。

あの時めろが無事だったのは、枯葉がたくさんあったことと、めろにもリュックを背負わせていたのでそれがクッションになっていたこと、山道に出てから雨が降ってきたのは、あの山に住んでいる観音様がすべてお守りくださったのだと思っています。

今年の登り始めは「房住山」にしようと思っています。

かけ算ファンタジー

テーマ:
今日はもの凄く寒い一日でした。
外は、強風&雪…

さて、タイトルに書いてる「かけ算ファンタジー」ってなんだか解りますかぁ~?
右の画像にあるのがそうなんだけど… 小さくて見にくいかな?

実はこれね、九九の苦手なめできん(姪っ子)に冬休みの家庭学習でやらせた物… 九九の6の段から9の段がちょっと苦手で、なんとか楽しく覚えさせる方法はないかとパソコンで検索してみつけたの!

方法は円を描いて10等分する。
そして、時計回りに1~10の数字を順番にいれる。(このとき10が一番上にくるように!)
これを、9枚用意して1の段から9の段までそれぞれやらせたのね。

で、やり方は例えば2の段の場合
2x1=2… x2=4… 6… 8… 10…
と言いながら、円の数字を線で結んでいくの
そして、10以上の答えは一の位の数を結ぶの
そうすると、画像下のような形が出来る…

めできん面白がってさぁ~
何回もやってたら、覚えてきたのよぉ~
まだ6・7・8・9それぞれx4がちょっと不安だけど
でも、それなりに言えるようになったから、効果はあったと思う!

それでさ、うちの母が、せっかく家庭学習としてやったんだからって、学校に持たせたの…
そしたら、1の段・2の段・5の段は花まるだった!でも、それ以外には「?」がついていた…

「めできん、このハテナマークは何?」って聞いたら「知らな~い」って。
たぶん、先生も意味が分からなかったのかと…

だから、上にある画像+説明文を添えて、月曜日にでも先生に持って行かせようと思ってる…

これは、数の世界の不思議さ、美しさを気づかせることができるんだって!
実際、私もやってみて「へぇ~、おもしろ~い」って感じました。

こういうのを取り入れた授業だったら、楽しいかも…

今日は鍋ですよ~

テーマ:
皆様、昨日は私の愚痴を聞いていただき、ありがとうございます。
おかげで、今日は気持ちを切り替えて仕事することが出来ました。

感謝の気持ちを込めて、今日は秋田名物の「きりたんぽ鍋」作ってみましたぁ~!
みなさん一緒にいかがですか?といっても、これしかありませんが…

普通は、鶏肉を使って出汁をとるんですが、今日は特別に七面鳥を使いましたぁ~
(ってか、七面鳥しかなっかたの…)
今日はうどんも入ってますよ~

あぁぁぁぁぁぁ~!

ネギ入れるの忘れてたぁぁぁぁぁ~~ f(^ー^;

シイタケや糸こんにゃく、七面鳥肉とかいろいろ沈んでますのでそこの方までよ~く見てくださいねぇ~

さっ、んながら いっぺ け!
(さぁ、みなさん たくさん 食べて!)


では、食べながら「きりたんぽ」についてちょっとお話ししますね。


 「きりたんぽ」の発祥地は、大館・北鹿地方で、その昔、炭焼きや秋田杉の伐採のため山籠りした人たちが、山小屋で残り飯やおこげを練ってトリ鍋に入れたり、味噌を塗って食べたのが始まりと伝えられています。また一説には、マタギ(狩人)が食べ残りの握り飯を、獲物の鳥獣の鍋に入れて食べたことから生まれた料理ともいわれています。
 
 「きりたんぽ」は大館をはじめ県北ではごく普通の家庭料理。各家庭に代々受け継がれてきたいわば「おふくろの味」なのです。また、客をもてなすために欠かせない料理でもあり喜ばれます。
 
 秋も深まり新米の出回る時期になると、新米のきりたんぽと脂の乗った比内地鶏を味わう「たんぽ会」が市内いたるところで催され、街はきりたんぽ一色になります。秋田県人、特に大館の人々にとって「きりたんぽ」は生活から切り離せないものなのです。このような大館の風土が、昔のままのきりたんぽを現在に至るまで守り続けてきたのです。



どうでしたか?

あら、鍋がカラになってる… 
どうやら、美味しかったようですねぇ~
よかったぁ~。
それでは、今日はこの辺で… またね (^_-)-☆

AA814.moonreika

テーマ:
「海に行ったら叫びたい一言」
いい加減にしろぉぉぉぉぉぉぉ~~~~~~っ!


■特別企画「ピタリと当てて!? アメブロ5&アメブロ3」
アメーバブログの登録ユーザー数を当てて、賞金をゲット!ルールは簡単。2005年2月1日付けで更新されるアメーバブログの登録ユーザー数を、アメブロ5は5ケタ、アメブロ3は3下3ケタを当ててください。

ってこんなのやってるの知ってる?

私も参加する~って人はここからどうぞ!