おとななナンナ2

テーマ:

いつもいつも事あるごとに撮影をお願いしてるえりちゃん、

そしていつもいつも快く引き受けて、

素敵な写真を撮ってくれます、感謝 ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*


今回もまたナイスカットがたくさん届きました~




<All photos by Eri Yoshioka>


デヴィッドによるオープニングの乾杯!


        nannya?

後ろの映像は彼がシェフをつとめた先日のスイスでのフードサミットの様子





ダヴィッドの創作料理の写真と手描きの文章、漢字がすごっ!


        nannya?




お料理が盛り付けられるのを待つお皿たち


        nannya?

後ろの前菜は


 ○数滴のしょうゆと生姜で煮切った牡蠣。白髪葱と針海苔添え

  ○豆鯵とにんにくの芽の南蛮漬け
  ○甘辛い手羽先と蒸し白菜





     ・・・・・・と、早っDASH!
         nannya?





次は
   ○海老のかわり揚げ2色柿の種と黒胡麻


この後も

  ○吉野くずと昆布だしの胡麻豆腐。生醤油と本わさ
    ○牛蒡と麩の和牛巻き、白コショウと黒コショウまぶし。サラダ菜巻き
      ○霜降りした中鮪の和からしじょうゆ和え
        ○松葉刺しの翡翠銀杏、ゆべし、梅人参
          ○一夜干し鯖、むかご、人参の皮と葉の混ぜご飯
            ○胡瓜と蕪の香の物
              ○きなこと黒蜜と玄米水飴の丸
                ○林檎と100%のココマスの干し林檎巻き

                                       ・・・・・と続き



喋っては、食べ、喋り、喋り。。。。。。。




作品たちも満足げ。。。。







フランス通の某氏(左)、雑誌編集部の小林さん(中)、染色家の戸田さん(右)

       nannya?
  
ゆっくり会話中・・・・・・♪(*^ ・^)ノ⌒☆





こちらは、胃袋と会話中・・・・・

       nannya?
 
nanna後ろ姿で登場、お料理、物色中。。。。。。。






何を見ているのでしょう?  一瞬、箸が止まったような。。。。。。





示し合わせたようにキャップが・・・・・・・いい雰囲気のおふたり 

        辻さん&デヴィッド



そんなこんなで宴は延々と・・・・・・・・・

・・・・・と、こんな楽しい絵付け教室やってます、

興味のある方は

このページを、ぐぐ~~~~っと下にさげて、案内見つけてね。

あるいは090-3211-9265
イマスグ カケル、クラス、サンカスル、 アルネ~




お、みなさ~んっDASH!    終電ないっすよ~っ!!







           nannya?
Chao゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚
AD

おとななナンナ

テーマ:

今回のレセプションはいつもより少し大人な空間(年齢が!)で、深夜まで飲んだり食べたり、
お喋りしたり、、、、の楽しい会に。


なぜ、ちょっとばかり大人なのかというと、
「焼き物」「和懐石」「上絵付け」「古美術」「テーブルセッティング」「食事と器」・・・
などのキーワードで語られるDavid Wellsの『絵付けと料理』のクラスの生徒さんの
作品展示のパーティーだからです~。

「ちょっとだけ」ね、オトナでした。



おいしいお酒ワインとデヴィッドの創作料理、チーズ
そして、過去に「ポエトリーリーディング」などで何度かお世話になった
ギタリストの辻邦博さんの演奏に女性陣、

「すてき~っドキドキ

と、うっとり。

ほんとにいい感じだったのでレポート第一弾は

『辻さん ライブ編』







$nannya?
 

Chao!





あ、ちがった





$nannya?


Chao!
AD

クリスマス

テーマ:

この時期になると


ちらっ


と、思い出すことがある。




以前、教えていた塾で

「クリスマスだし、今日は前半カードゲームで遊んで、後半その分

頑張ってやろうね!」

と、始まるやいなや、まずカードをポンと机の上に置いちゃう。


ここがまず

「おっかしいだろ、それ」

のツッコミポイント。


普通は

「みんな、頑張ってすごく集中して今日のところ終えたら、残りの時間

カードゲームで遊ぶよ~!」

「やった~」

だろ、先にやることやってから、残りで遊ぶ。


・・・・ったく、先に遊んじゃったらやることなんて

やりたくなくなるに決まってるじゃん!


ま、それはおいといて、

当然、生徒は大喜び、めちゃめちゃ楽しそうに

カードを切り始め、やる気満々。


そんな感じでゲームは進行、どんどん盛り上がり、時間もどんどん経過していくのだが、

KY講師はもうこのころになると「後半の学習」は頭にない!


カードゲームやるより、早くテキスト開きたい生徒もいるのだが、

そんなこた知ったこっちゃない、


「今日だけ特別」

「今日はクリスマスだし」

というあまりに稚拙な理由により、

真剣に取り組もうとやってきた生徒たちの足を

ぐぃわ~~~んヽ((◎д◎ ))ゝ

と引っぱている。


どの生徒よりも自分が一番ゲームに集中しすぎ!


で、ここで自分が取り計らえば『ゲーム終了!』

で、つつがなく「本日の学習」に入れるにもかかわらず、

終わらない。


で、

「やった~!勝ち~っ!」


で、残り5分。


「みんな、大急ぎでやるからハイっ○○ページ開いて!」


・・・ってこんな状態でやる気のある生徒などいるはずがない。



クリスマスになると思いだす1シーン。


で、生徒相手に

「勝った~、よっしゃ~」

と偉そうにしてたら、中学生の男子から

『もう、ホント大人げないなぁセンセ。

あの時、僕わざと負けてあげたんだよ、

そしたら、センセもそうしてゲーム終われると思ったのに。

ありえないよ。』

と言われてプチショックを受けた記憶と一緒に甦る。




あのとき真剣に勉強したかった生徒たち、ゴメン!!


世の中には中味子供のとんでもない大人がいるんだという

いい勉強になっただろ。



     nannya?


Chao゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


AD