夜行バスと鉄道をこよなく愛する「乗りバス&乗り鉄」ブログ

夜行バス&鉄道愛好暦20年以上のひろしプロジェクトが、乗り物の乗車記や情報提供を通じて、「乗り物」の楽しさを伝えていきます。


テーマ:

応援して頂けると嬉しいです。

↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



こんにちは。ひろしプロジェクトです。


西鉄高速バス「桜島号」夜行便 3241

写真の車両は、西鉄の子会社である西鉄高速バスが運行する、福岡~鹿児島間夜行高速バス「桜島号」です。
ご覧の通り、現在でも「ムーンライトカラー」の車両が充てられています。

西鉄の夜行高速バスといえば、この「ムーンライトカラー」が代名詞でしたが、2003年導入の車両以降、通常「白夜行」といわれる塗装に統一、次第に「ムーンライトカラー」の車両数を減らしていきます。
そして現在、「ムーンライトカラー」の車両が定期運用されているのは、西鉄高速バスが運行する福岡~鹿児島間「桜島号」夜行便のみとなってしまいました。

この車両の特長は、何といっても各界から評判が高かった、杉本工業製の「スリーピングシート」を採用していることです。
背もたれの高さを若干低くする代わりに、リクライニングの角度を深くし、前方の足置きの奥行きを拡大、更にシートを倒した時に座面の位置を変化させる事で、水平に近い姿勢で休みことが出来ます。
更に、全座席に装備された「プライベートカーテン」の効果もあって、道中快適に移動することが出来ます。
現在このシートはメーカーの業務縮小で生産中止されていますが、復活を望む声も多く、今後この様なタイプのシートが再び登場することを願いたいものです。

更に、車体も昨年夏に廃業した西日本車体工業製の車体を搭載。
洗練されたデザインは、製造から14年経過した今でもあまり見劣りがしません。
「ムーンライトカラー」とも良くマッチしています。

現在、「桜島号」の夜行便は、西鉄高速バスの他、南国交通、鹿児島交通観光バス、いわさきバスネットワークの4社が共同で運行しています。
西鉄高速バス以外の3社も3列独立シート夜行仕様の車両を充てていますが、快適性を考えると私は西鉄高速バスの車両を推したいですね。(但し車両はかなり古いですが・・・・・)

因みに福岡~鹿児島間の高速バス「桜島号」ですが、夜行便の他昼行便も運行しています。
昼行便は1日24往復と便数も多く、運賃も片道5,300円、往復8,000円と格安です。
更に、便数&座席数限定で、片道運賃が半額になる格安運賃「席割や、6月1日からは九州新幹線の乗車券購入時に発行された領収書を提示する事で「桜島号」の運賃が割引(片道5,300円→3,750円)になる「九州新幹線 de 高速バス割引きっぷ」が発売されます。
(但し「九州新幹線 de 高速バス割引きっぷ」は夜行便適用除外となりますので注意が必要です。)

もともと「桜島号」の夜行便は宿代わりに使える大変便利な夜行バスで、週末にもなると満席で乗れないことも多いです。
ご利用の方は、出来るだけ早めのご予約をお勧めします。

   ↓     ↓     ↓     ↓

「桜島号」夜行便のご予約はこちらまで。
PR
いいね!した人  |  コメント(2)

[PR]気になるキーワード