Not Love,But AFFECTION

落花流水


テーマ:
海猿3の3D以来、久しぶりに映画館で映画を観ました♪

最近は、もっぱら、Jcomさんのお世話になって
ばっかりだったのですが、やっぱり映画館で観る方が
いいですねー♪


Not Love,But AFFECTION



ビールもひときわおいしく感じられます・笑・

が、映画が始まってからは
ビールにもポップコーンにも手が行かないほど
集中してみてしまいました。

舞台は太平洋戦争時のサイパン。
そこで、512日もの間、わずか47人で応戦を続けた
日本兵の隊長「大場栄中尉」をモデルにしたストーリーです。

サイパンへはダイビング旅行で行ったことがあって
そのときに、現地のインストラクターに
島内を案内してもらいながら

「あの、山に残っている穴は砲撃の後ですよ」

と右手をみると山肌が露出しているところに
たくさんの穴・・・

「海には未だにたくさんの銃弾が落ちているから
気をつけてくださいね」

そして、実際に海に潜って、目の当たりにした銃弾や
戦車や船の残骸に住む魚たち。

そんなあの日の光景が頭に浮かびつつも
目は画面に釘付けでした。

今まで、数多くの太平洋戦争に関する映画が作られてきましたが
この作品は視点がほかの作品と違う気がします。

大げさな脚色や派手な演出はなく
できるだけ史実に忠実に淡々と作られている感じがして
観終わった後に、より考えさせられる作品でした。

命をかけて戦い
それでも、相手を理解しようと、相手と繋がろうとしている人が
双方にいたこと。

そして、それを理解できずにいる人たち。

そういった人たちのそれぞれの立ち位置で
作品を振り返るとより深さを感じます。

大場中尉を軸にストーリー展開するのであれば
もっとそこにスポットを絞った作り方があったのでしょうが
どちらかというと、ハーマン大尉の視点から描かれた
大場中尉であり、日本兵の戦いであったために
余計に淡々としてしまったのだと思います。

竹野内豊さんの静かな演技と
唐沢寿明さんの力強い演技が
とても印象的でした。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
Not Love,But AFFECTION-ゴールデンスランバー


伊坂幸太郎×中村義洋×斉藤和義の作品となれば
これは、もう、期待が高まる上に

堺雅人×竹内結子×香川照之とくれば
もう、観るしかないでしょう?!

って作品な訳です音譜


そして、伊坂作品には欠かせない「濱田岳」ちゃん!!
今回もさすがの良い味です!

疾走感と繋がる瞬間の心地よさは本当に

ハラショーヽ(゚∀゚)ノ

なキモチ良さですラブラブ


でもって、この作品は評価が大きく分かれるみたいです。

サスペンス作品として見ると、たくさんの割り切れない感が残ります。
謎が謎のままで終わりますし。

時代設定とか細かいところを突き詰めていくと
矛盾するところも出てきます。

でも、ある意味ファンタジー作品として見ると
すごく奥の深い作品だなぁと思うのです。

逃げて、逃げて、逃げて。

決して、生きることをあきらめない。

名前も顔もそれまでの人生も
なんだか訳のわからないものに奪われて

それでも

「自分自身」を
「生きる」ということを
手放さない、あきらめない。

そして

どんな状況に陥っても
「信じる」という単純で、でも難しいことを
手放さない、あきらめない。

それこそが、この作品のテーマで
一番伝えたかったことではないでしょうか。

謎は謎なのです。

主人公も、ワタシタチにもわからない。

その方が、ある意味、よりリアルな気がします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
観たかったのに、観損ねてしまっていた作品でした。

で、次の日、朝6時半起きだったのにも関わらず
ついつい夜中に観てしまったのです赤ちゃん

百万円と苦虫女

*↑リンク先は音が出るので注意してくださいね*


Not Love,But AFFECTION-1million
百万円と苦虫女 [DVD]

¥3,440
Amazon.co.jp

蒼井優さんが主演の作品です。

あらすじは

主人公の鈴子(蒼井優)は、アルバイト先の友人とルームシェアをして
家を出ることにするのだけれど、それが思いも寄らない事件に発展して
刑事告訴されてしまい、前科がつく。
出所してきたけれど、歳の離れた弟に責められて、実家に居づらくなり
100万円を貯めて、実家を出る。
それから、彼女は海へ山へ街へと100万円を貯めたら
次の場所に引っ越す・・・という生活を始める・・・

という感じなのですが

家を出る前に、弟とは仲直りをしていて
行く先々から、弟にだけは手紙を書いて
近況を知らせます。

アルバイト先で知り合った大学生の中島亮平役の
森山未來さんとの距離が縮まっていくところが
すごく良いのです。

なんていうか、ありふれているといえば
ありふれている「恋の始まり方」ではあるのでしょうが
お2人の演技がすごく良くてキラキラハート

百万円を貯めて、転々としていることを告げたときに
中島くんが
「自分探しみたいなものですか?」
と尋ねます。

そのときの鈴子の答えが
「いや。
むしろ、探したくないんです。
探さなくたって、イヤでもここにいますから。」
というものなのですが

「自分探し」で、迷い傷つき悩む人の方が「健全」なんだなぁって
思えます。

「自分探し」すら出来ずに、むしろ、自分から逃げているのは
なんていうか、結局逃げ切れないから、
どうにもならないんですね。

それを、自分自身で言葉にして、自分のキモチに気づいてから
彼女はまず、変わったんだと思います。

そして、その後、弟からの手紙で彼女は
もう1ステップ変わる訳ですが
最初のきっかけは、中島くんの問いかけだったんじゃないかと
思います。

このね。中島くん役の森山未來さんが
もうほんっとにすごく良いのですよ!

ストーリー的には
「こうであってほしいなぁ」という思いの通りに
展開していくのですが

最後の鈴子役の蒼井優さんの表情がすごく良くて
きゅっと作品が締まります。

そして、続きを想像したくなる余韻を持って
終わります。

2年後とか5年後の鈴子の、中島くんのストーリーを
観てみたいなぁと思ってしまうのです。

ある的には、「シャバダバ シャバダバ~」の
部分もお気に入りです☆
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
とても楽しみにしている番組です。

爆笑問題のニッポンの教養

取り上げられるテーマが実に面白い音譜

そして、改めて太田光さんの知識の広さと深さに
驚かされますし

田中光二さんの一般視聴者の目線に共感できます。

「生命」「生物」「人間」「思想」「社会」「宇宙」「未来」
「自然」「芸術」「特別」

テーマのカテゴリーも多岐に渡っています。

そして、そのテーマに基づいて
そのテーマにふさわしい(初対面の)対談相手の方に
爆笑問題の2人が話を聴いたり、疑問を投げかけたり・・・

時々は真摯に真剣に疑問を口にしたり
意見を述べているご自身たちに照れるのか
お笑いをやっている自分達を常に忘れていらっしゃらないのか
茶化したり、ふざけたりといった場面もあるのですが
30分番組とは思えないほど、中味が濃い。

番組はもちろんですが、↑でリンクしている
ホームページの内容がまた、良いのです。

毎週欠かさず録画してみているのですが
番組を見て、ホームページを見ると
すごく勉強になって
本当に骨太の良い番組だなぁと思います。


放送は毎週火曜日11:00~11:30 NHK総合テレビ。
再放送は翌週月曜日15:15~15:45 同じくNHK総合テレビ。

あるの強力プッシュの番組です!

ぜひ、1度ご覧ください☆




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
永作博美さんと松山ケンイチさんと蒼井優さんが
出演の映画です。

原作はこちら

人のセックスを笑うな (河出文庫)/山崎 ナオコーラ
¥420
Amazon.co.jp
でもって、DVDはこちら

人のセックスを笑うな [DVD]
¥3,676
Amazon.co.jp

なんていうか。
もう、ホントに可愛いんですよ。永作さんが・笑・

タンクトップに黒のストッキングにガードルはいて
白い靴下はいている・・・

って、そんな格好でも可愛いんですよね~・笑・

ユリは永作さん無しにして、映像化はありえなかったんじゃないか?
って思うくらいです。

あるにしては珍しく・笑・
原作を全く読んでいないので、映画だけの感想になりますが

だらだら感いっぱいの作品でしたheart6

ユリ(永作博美)の「OH!YES!」のバリエーションに
うまいなぁと感心したり
(この、OH!YES!は永作さんのアドリブだったらしいのですが
もう、見事にはまっています☆)

猪熊さんのシーンでは、みるめ(松山ケンイチ)と一緒に
「えええ???」って驚いたし

ベッドの上でジャンプするえんちゃん(蒼井優)が
ほほえましかったり

ところどころ、この長回しは役者さんたちも
大変だったろうなぁって思うくらい

監督の「もうちょっと回せばなんか(役者さんの良さが)
ぽっとこのシーンで出るかも☆」的な

長回しが多い作品なのですが

ここまで多いと認めざるを得ないというか・苦笑・
このだらだら感にはむしろ必要なんだ
って思えてくるんですね~・笑・

で、これってどうやって終わらすの?
って思いながら
(それは、作品としてもそうだし、みるめの思いもそうだけど)
ラストを迎えて

「ああ。そうか。そうだよね。」

って良くも悪くも納得させられちゃったって
感じでした赤ちゃん

ユリも
みるめも
えんちゃんも

どこか、自分と重なるところがあって
いつかのあの時の恋愛と重なるところがあって

懐かしいような
恥ずかしいような
「うふふ☆」ってなっちゃうような

キモチになれます。

この映画を観て、そういうキモチになれるような
恋愛をしてこれたのは
ひとえに「あなた」のおかげはぁと

heart6


「あなた」はどうですか?


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

9/6(土)に公開予定の「グーグーだって猫である 」を

観てきました。


「綿の国星」などの作品で有名な漫画家・大島弓子さんが

飼い猫たちとの愛しい日々を綴った自伝的エッセイ漫画が

原作です。


グーグーだって猫である1 (角川文庫 お 25-1)/大島 弓子
¥540
Amazon.co.jp


主役は小泉今日子さんとアメショーのグーグー。


小泉今日子さん演じる漫画家・麻子のアシスタント役のナオミを

演じるのは「ラスト・フレンズ」での好演が記憶に新しい

上野樹里さん。


ナオミの恋人役マモルは、2008年夏に解散し

この作品を最後に芸能活動を中止する

平川地一丁目の林直次郎さん。


不思議な魅力を持った青年・青自は

それでもボクはやってない 」の主役を演じた個性派俳優

加瀬亮さん。


監督は「ジョゼと虎と魚たち」「メゾン・ド・ヒミコ」「眉山」を

手掛けた犬童一心監督。


舞台はサブカルチャーの発信地「吉祥寺 」。


肉屋佐藤のメンチカツ(1個160円)がすっごくおいしそうです・笑・


小泉さん演じる麻子さんの話し方がすごく可愛らしくて魅力的。


そして

やっぱり「グーグー」がすごく可愛くて、猫ズキの心を刺激します音譜


ストーリーはファンタジーな部分が盛り込まれていて

それがつながったときに涙が出ます。


某漫画家の大先生がからむシーンは必要だったのかなぁ?って

想うのですが・苦笑・


ほのぼのして

ちょっぴり涙して

クスクス笑える作品でした。


「グーグー」の名前の由来を考えながら観てくださいね☆





googoo


「グーグーが

長生きしますように。

病気しませんように。

事故にあいませんように。

この家の生活が楽しめますように。

そして天寿を全うしたら

このわたしがグーグーを送ることができますように。」

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

30代以上の音楽ズキの福岡人にとって

今年で結成30年を迎える「シーナ&ザ・ロケッツ 」を

知らない人はいないのではないでしょうか。


そんなシナロケのリーダーでギタリスト「鮎川誠」さんが父親役。

そして最近なぜかあるぶろの記事に良く名前が出てくる・笑・

「堺雅人」さんが息子役。


この二人が親子って・・・赤ちゃん


しかも、二人とも9割方「ジャージ姿」ひらめき電球





これがたまらなく萌え~はぁとなのデス・笑・



原作は芥川賞・大江賞受賞作家で俳人の「長嶋有 」さん。



ジャージの二人 (集英社文庫 な 44-1)/長嶋 有
¥450
Amazon.co.jp


仕事嫌いの父と仕事を辞めたばかりの息子が

父の飼うシベリアンハスキーのミロと北軽井沢の涼しい別荘で

過ごすオハナシです。


別荘・・・とは言っても


一、室内に虫が出ます。

ニ、布団がじめっとしています。

三、トイレはくみとりです。

四、五右衛門風呂です。

五、携帯電話は通じません。


といった状況あせる


天気予報で東京の気温を観ては、ガッツポーズぐっ!したり

あとからあとから増えるトマトとまとに困ったり・笑・

キャベツ畑キャベツ(原作ではレタス畑)の中を散歩したり


本当に大きな事件が起こるわけではなくて

淡々と過ぎる毎日。


そして、1年後。


父・息子・ミロに他の男と恋愛中の息子の妻とで別荘へ。

一足先に帰った妻と入れ替えに、息子とは腹違いの妹が別荘へ。


今年は「ジャージの三人」か?と思いきや


父と義妹が先に帰ってしまって、「ジャージの一人」になる。


原作の良いところをぎゅぅぅぅっっっと濃縮した作品に

仕上がっていると想います。


とにかくまこっちゃんと堺さんの会話や空気の間が

すごく良いんですよ。


そして、水野美紀さんの役どころの妻がすっごく良い。

原作で読んだときはそうでもなかったのですが

水野さんが演じると、この妻が一気に許せちゃう・笑・


原作は息子の視点・心情から描かれているのですが、

映画は良い意味で客観的に作ってあって

「映像」で説明する部分がある「映画」と

「文章」で説明する部分がある「小説」との違い・・・が

ハッキリと出ていてそこもおもしろかったです。


名場面・名言がたくさんあるのですが・笑・

まだ上映中なのでぜひ、映画館に足を運んで

観ていただきたいと想います☆


あなたは「ジャイアントカプリコ」を説明するとき

どう表現します?




公式HPはコチラから→「ジャージの二人

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

あのゆる~くて、でも、何気にブラックな感じがスキなんです・笑・


テーマを

MY FAVORITE FILMにするか?BOOKにするか?で悩んで

堺雅人さんとぱんだの絶妙な間とかけあいに敬意を表して

FILMにしてみました・笑・


やさぐれぱんだ 黒盤
¥2,521
Amazon.co.jp

DVD は現在↑の「黒盤」のほかに

「白盤」「金盤」「銀盤」の4タイトルが出ています。


青年役は堺雅人さん。

やさぐれぱんだの声は生瀬勝久さん。

脚本・監督は堀部圭亮さん。







やさぐれぱんだ 1 (1) (小学館文庫 さ 5-1)/山賊
¥540
Amazon.co.jp



は↑の「やさぐれぱんだ1」「2」に

「やさぐれぱんだとペンギン」の3冊が出ています。


「白黒つけようや」とシマウマにケンカを売ったり

「笹なんて食ってられない」と言い放つぱんだの

やさぐれっぷりに思わずニンマリ<<ニンマリ>>


そして、最新刊の「~とペンギン」では

「たびにでます さがしてください ぱんだ」と書置きを残して

「ロマン」を求めて旅に出たぱんだを仕方なく探す旅に出た青年が

途中で知り合った’天然系’ペンギンと

途中で無事?見つけることができたぱんだとで

結局、「ロマン」を探す旅をしなくちゃならなくなる・・・という

シリーズ初の長編となっています。


それでは!

「やさぐれぱんだ」の「白盤」「黒盤」のDVDのCMをどうぞパンダ




いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

8/23(土)公開予定の「SEX AND THE CITY 」を観てきました。


でも、スミマセン汗

Season 6 まであるTVシリーズは全く観たことがありませんでしたあせる


なので、プロモーションで頂いたDVDと資料で

サラリと予習をした後で映画に臨みました赤ちゃん


が。予習ナシでも充分に楽しめる内容でしたよ♪




SATC


まず、物語のスタートで街を歩いているキャリーが着ている

白いドレスでいきなり「がっ!」とSATCの世界に引き込まれます。


日本ではありえないシチュエーションでしょうが

それを許容してしまうのがN.Y,という街なのでしょう。


撮影のために揃えた1000着を超えるという衣装が

ストーリーを彩り

観ている人の目を奪い、ココロを捉えますラブラブ


そして、圧巻はウエディングドレス姿のキャリーの

「VOGUE]誌の撮影シーン。


キャロライナ・ヘレン、クリスチャン・ラクロワ、ランバン

C・ディオール、V・Wなどなど・・・のウエディングドレスを

着て撮影されるシーンは本当に溜息がでる華やかです赤ちゃん


そして、めいっぱい華やかに彩られている映像に対して

ストーリーは骨太だと思います。


4人それぞれの個性と、それゆえに選ぶ人生の違いを

キャリーを中心にくっきりと描きだしながら

日本ではしばしば「ありえないもの」とされ

「男同士」の友情に比べて、結びつきの薄いもの・・・と

捉えられてしまう「オンナの友情」がしっかりと描かれています。


結婚をしても

こどもが居ても

濃密に続けることができる「オンナの友情」というテーマが

ある意味ファンタジーなのかな?とも想います。


が。


一人で新年を迎えるトモダチのところへ駆けつける

50歳の誕生日を一緒に祝える

そんな「オンナの友情」をあるも育てていきたいなぁと

想いました。


そして、もちろん!もうひとつのキーワードである ' LOVE '


「許すこと」

「受け入れること」

の大切さが描かれているように想います。


魅力たっぷりの映画です☆


どうぞ、アナタの大切なオンナトモダチと

ご一緒に♪


観終わった後に、オイシイお酒を飲みながら

アフタートークで盛り上がっていただきたいと

想いますキラキラハート






Year after year,

twenty-something women come to

New York City

in search of the two' L 's:

Labels and love.





いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

上映期間終了ギリギリのところでやっと観ることができました。







「日本航空123便墜落事故」を通して

地元新聞社で報道に携わった人たちの

闘いの日々を切り取った映画です。


当時。

あの現場に行った、あの現場に携わった人たちの

想いが伝わる作品であったと想います。


155分という決して短くはない上映時間が

あっという間だと感じてしまうほどでした。


23年前当時の生活や墜落現場の様子や当時の状況を

リアルに追求した映像と

自然の美しさと厳しさを抱き合わせた映像が

ココロに残りました。


また、堤真一さん、堺雅人さん、高嶋政宏さん、山崎努さんらの

迫真の演技がこの作品のリアリティさと完成度の高さを支えています。


亡くなられた方の遺書を読む堺雅人さんの声が

頭から離れません。


事実を

真実を

伝えること。


仕事に誇りを持ち

共に歩む仕事仲間を信じ

自分の立ち位置を見失わないこと。


どんなにつらくても悔しくても苦しくても。

「伝える」ことをあきらめない。


それはどんな職種でも、どんなポジションの仕事でも

変わらないものだと想います。


そして、それは家族との関わりにおいても同じことだと

この作品を通じて感じました。





公式HPはコチラから


→「クライマーズ・ハイ


*リンク先は音が出るので注意してください*

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。