和再幸

和と輪を見つけ出そう、感じよう、試そう、そんな日々をつづれたらいいな。


テーマ:

bekonia   小さなベコニアです。


こちらに 、引越しました。

今後ともどうか、よろしくお願い致します。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

kote


久しぶりに和裁を始めました。

祖母の琉球紬の袷を解いて洗い張りしてあった物を単に仕立てなおそうと思っています。

祖母も随分着たものらしく、洗い張りの付箋には、「前身頃の表が焼けていましたので、裏を外にして巻いてあります。仕立ての時はよく見て決めて下さい。」とコメントが付いて来ました。
先染めの紬なので、表裏逆転すれば十分仕立てられます。


さて今日のお題は、画像の電気ゴテです。
何年も前に、骨董市で見つけました。HITACHIのロゴからするとかなり古そうな代物でした。

露店主は、「動くかどうか解らない・・・動けば見っけもんだよ♪」と言います。

\200に賭けて見ました。
コテ先が少しゆがんでいますが、使う時には問題なく、それから、ずっ~と和裁の度に活躍です。

コテを出すと、その時のおじさんの「見っけもんだよ♪」の勢いついた声を思い出し・・・「確かに!見っけもんでした」と答えたくなります。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

nobotan   野牡丹 (園芸名:ノボタン・ピンクパール)


義父は、今日はじめてデイケアーに行きました。
毎日、睡眠、テレビと食事だけの時間の繰り返しで刺激が殆どありません。
昼夜逆転したり、、、、譫妄(せんもう)の症状は進むばかりなので、すすめて見ました。
話が出たとき、「そんなもんいやだ」と言って強く抵抗していましたが、デイケアーセンターの所長さんが面談に見え、うまく話を持って行ってくれました。
流石にプロの話し方は違います。


センターには3台のパソコンが置いてありました。
90歳の人でも、それに向かう人がいるそうです。殆どがワードだけ、早い話がワープロ機です。
父もそういう事やってくれるといいんですがね~と所長さん。
しかし、長年手(そろばん→電卓)でやってきた税理士の仕事がパソコン導入の時代になって、それがいやで止めた人ですから望めません。

今日が、デイケアーの体験に終わるのか、はじまりになるのか夕方にならないとわかりません。
いずれにしても父の望む形があればいいな~と思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ダイナミックブロックのセミナーに行ってきました。
トリトンに着くなり、デジカメを忘れた事に後悔です。
エントランス脇隅田川沿いの植栽に見事なキスゲが、、、それはもう盛りでした。
山で見る群生もいいものですが、ビルの合間の緑の中に数輪ずつ上を向いて咲く一日花の艶やかさとはかなさもまたいいものです。
しばらく、キスゲの時間を楽しんで、セミナー会場へ。
セミナーを聞きながら、キスゲのスケッチを書いていました。


ダイナミックブロックの事は誰かにお任せ、、、
2006で知らないことが一杯ある、一時上書きキー、joinコマンドなんて出来たんだ。
変わったことも一杯ある、offsetの追加オプション、trim_extendに交差選択、copyに回転・尺度オプション、filletのshiftキー、etc。
自分に必要ないことも一杯ある。
インストールしたままであまり触っていない2006、少しだけ触ってみよう忘れない内に。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

dots_hatch   イラレCS2でのアラート


dotsのハッチングを分解したオブジェクトを含むDWGをイラレCS2で開くと画像のアラートが出ます。
直訳すると、「外側の島の検出方法はノーマルスタイルに置き換えられます。」
[OK]で開くと、
ハッチングを分解した部分には何の表示もなく、空オブジェクトとしての存在もありません。

DWG上では分解をかけると、短い単純な(長さ情報を持つ)線分なのですが、うまく渡らないようです。

イラレのノーマルスタイルでは島を検出できなかった。(DWGでは、既に島はなくなっていると思うのですが)

回避策:この部分だけPDFに書き出し、イラレ上でドッキング または、イラレ上であらたに作成


もう1点、気がついた事。
CSまではイラレのデフォルト画層は「レイヤー1」だったように思います。
AutoCADの「ゼロ」画層と同じ感じでした。
しかし、CS2からは、DWGから渡った「ゼロ」画層がデフォルトになっています。

イラレ上で新たに画層を追加すると、以前は「レイヤー1」からはじまったのが、CS2ではDWGの既存画層数+1の番号から自動的に名が付けられます。

操作上は特に問題ではありませんが、ちょっと「あれっ~?」と思ってしまいました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

汗いっぱいかいてしまった夏の長襦袢は、脱いだら一刻も早く洗いたいものです。

娘と私の分、着替えて即刻洗濯機の中に・・・
襦袢の素材は綿レース、半襟の一枚は正絹の絽ちり、もう一枚は麻でした。
バタバタしていたのか干すときも気がつきませんでした。
乾いて取り込んでたたみ始めて、いつもと違うことに気がつきました。
ポコポコしてたたみ難い・・・あれ~襟芯がどちらにも入ったままです。
何とそそっかしい。
自分でも笑ってしまいました。


でもでも、襟がピンとして、アイロンも要らない・・・・どちらもいい感じです。
これも、ありかも知れない。
失敗からの発見・・・襟芯編でした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

polyline_CS2 ちょっと気になるポリラインの線幅


DWGをイラレCS2で開くと、線幅は、概ね元DWGで描いた幅になっています。

唯、ポリライン!
しかも、一つのポリラインを描いて、途中でトリムしたオブジェクトについては、線幅が乱れます。
これは、CSの時に感じたものと同じ症状です。


画像の緑の線は、DWG上全て0.09mmの線幅で描かれたポリラインです。
CS2で開くと、一部のオブジェクトが画像に示した数値(単位はmm)のように様々な線幅を持っています。

これを回避するには、DWG上でポリラインを分解する、つまり円弧と直線のオブジェクトにする必要があるようです。
実際に分解して、CS2で開いてみると、全て0.09mmの線幅になっていました。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

DWGファイルをIllustratorで開く場合、今までは(私の場合)成功確率が75%くらいでした。

開かない25%は、DWGをDXFに変えたり、バージョンを落としたり、他のアドオンを試したり、、、、

種種の試みをしてもダメでした。

開いてもオブジェクトが欠落、開いても白紙、開いても全てがつぶれている、開かない、

こういう経験をいやほどして来ました。


でも、SC2

今日、はじめて仕事で納めのコンバートをやってみました。

いまのところ、先ず100%!開きます。ほぼまともに!開きます。

この数字は、はじめてです。


化ける要素、嫌われる要素・・・を除外すれば、とてもいい印象です。

まだ少し気になる部分もありますが、

先ず、「開ける」「開けない」という第一段階での問題は進歩したように感じています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。