1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005-01-30

クイリングアート

テーマ:ラファエルアート
イラストレーションを立体化、クイリングをアートとして表現されている
香川かづあきサンの「ラファエルアートスタジオ」

「クイリング」って??という方もとにかく一度御覧あれ!
とっても素敵です♪

ウェディングにピッタリな席札立てには完成品と組立キットがあり、お二人のお名前と短いメッセージを英文等で入れることができます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-28

気が付けばそこにあるもの

テーマ:トラックバックステーションテーマ
トラックバックステーションテーマ「恋愛格言」

愛はきっと奪うでも 与えるでもなくて 気が付けばそこにあるもの

~Mr.Children「名もなき詩」より


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-25

乾杯直後

テーマ:挙式・披露宴
ご自分が列席者になった場合を想定してみてください。乾杯直後は・・・「さあ!お食事」モードではありませんか?ご列席の方々は”食す!”というお仕事もあるんですよね(笑)

「ゆっくりとお食事を楽しんでいただく時間を意図的に盛り込んでおく」それも演出のひとつです。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-01-24

「プロポーズの言葉100選」

テーマ:挙式・披露宴
奈良県主催の
「プロポーズの言葉100選」

「結婚に夢を持ってもらうことで少子化対策につなげよう」と公募したところ、3621件の応募があったそうです。その中にはダウンタウンの松本人志さん、タレント西村知美さんの作品も!

感動・情熱・笑い・・・心温まるエピソード、素敵なプロポーズ。みんなそれぞれドラマがあるんだよね。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-01-20

式と同じ日の入籍は可能?

テーマ:挙式・披露宴
「式と同じ日に入籍したい!」と考えられる方もいらっしゃるでしょう。
でも、お役所って・・・土曜、日曜、祝日はお休みですよね?大丈夫??

安心してください。土曜、日曜、祝日でも入籍は可能です。

※「休日の窓口」
休日及び時間外の婚姻届及び出生届等の受付、
死亡届の受付、埋葬許可申請書の受理及び許可証の交付等

当日窓口の場所がわからなかった~とならないように事前確認もお忘れなく!
詳しくは該当市区役所に問い合わせしておきましょう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-17

神戸~父から教えてもらったこと

テーマ:トラックバックステーションテーマ
10年前、1995.01.17阪神淡路大震災の当日の朝・・・「神戸に行くぞ!」という父の声で目覚めました。わけのわからない僕にTVをつける父。
倒れた阪神高速、傾いたビル、燃える長田区。。。

神戸市長田区にある大正筋商店街 は、僕にとってとても思い入れの深い場所です。
震災当時も僕の祖母はそこにいました。電話はつながらず、かかってくることもありません。
父の神戸行きに迷いはみじんもありませんでした。

トランクに詰め込めるだけの物資を積み、叔父と合流、神戸に向かいました。道中、今まで経験したこともない渋滞。燃料や食料の補給できるところまで引き返し、また進む。相変わらず電話そしてTV・ラジオの安否情報でも確認はとれていません。

目的地に近づくにつれ余震も回数を増しました。震度3、震度4・・・もちろん高架での渋滞中も余震は続きます。「コレが崩れたら・・・」

そんな中、ジワリジワリ進んでいた車の列がピタリと止まりました。それまでも止まることはあったけれど今回は今まで以上に長い。おまけに前の方から車が引き返してくる。
様子を確認し戻った叔父から、「この先の高架が余震で崩れ落ちた」ということを知りました。「もう少し進んでいたら・・・」

出発から30時間後、ようやく板宿駅周辺 に到着しました。
何箇所からも立ち上がる黒煙、瓦礫の下敷きになった高級車、上空のヘリの音、亀裂が入ったぼこぼこのアスファルト、TVの画面で見ていた傾いたビルが自分の真上にありました。

幸い、祖母は近くの学校で避難しており無事でした。
僕は父と叔父に命を懸けた親孝行を見せてもらいました。
一生忘れられない、いえ忘れない、あのふたりから教えてもらったことです。

あれから10年の歳月が流れました。祖母は現在も元気にしています。
僕が経験したことは被災地の方々の比ではありません。

そんな人間が、ここでこんなことを書くのはどうかなと迷いましたが、それでも書いたのは少しでも神戸という街をみなさんにも知っていただきたかったから、あの日のことを伝えたかったからです。震災記録写真

今も神戸は僕の大好きな街で、1年に1度は必ず足を運びます。神戸に訪れると、あのときの悪夢が嘘のような素晴らしい街があります。
神戸の生活文化情報サイト「equiv」

これは地元のみなさんの素晴らしいチカラ!裏側に隠れている、つらいこと、苦しいことを乗り越えて・・・僕はあの街でパワーをもらってます!

是非みなさんにも神戸に足を運んでいただきたいな。
☆ We Love KOBE ☆

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005-01-15

カラーコーディネイト

テーマ:挙式・披露宴
色には「色相(色そのものの色合い)」「彩度(色の冴え方、鮮やかさ)」「明度(色の明るさ)」があります。それにより同じ”赤”でもいろいろな赤があります。また複数の色が組み合わさるとそれぞれの色が締める面積比率によっても効果は変わります。

カラーコーディネイトは難しい!たしかに簡単なものではないのですが、ここではあまり難しく考えず、比較的簡単に使える方法をご紹介します。(これはウェディングシーンに限らず使えます。)

自然界は色バランスのお手本とも言われています。空、海、大地、太陽、石、岩、草木、花など自然界を真似るという手法です。ひとつひとつ単体を観察しても良いですし、風景全体でも良いです。
それらの色、面積比率を参考にするとバランスも非常によくイメージに近いものが生まれやすくなります。
この方法は人が造りだしたモノにも応用できそうです。絵画、街並み、建造物、もっと言えば雰囲気が好きなお店のショーウィンドウなど自分の感性でピン!ときたもの。身近なピン!をじっくり観察してください。

また色には、暖色系(赤・橙・黄等)は時間が長く、寒色系(青・青緑等)は短く感じるという効果もあります。
例えば・・・待合室に寒色系を多く使うと、体感待ち時間が短く感じてしまうのです。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-01-14

「瀬戸の花嫁」

テーマ:挙式・披露宴
屋外での人前式にて、列席のみなさんの歌とともに入場をされた方がいらっしゃいます。新郎さんの地元が瀬戸内海の島ということで「瀬戸の花嫁」を選曲♪

後日、新婦さんからこんなご報告をいただきました。
「みんなで入場の時に歌ったのはすごく好評で、私のママは唄いながら泣いていたとか・・・。みんな、感動してくれていました。」

この場所で、この瞬間に集まっている人達で1つのことをする。とっても大きな感動です!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-08

大切な日

テーマ:挙式・披露宴
いくら真剣に考えた素晴らしいプランでも、挙式・披露宴のすべてをふたりで決めてしまった後に報告するのでは両親から理解してもらえない可能性があります。

ウェディングプランニングを進めていく上で、両親と意見が食い違うことは、多かれ少なかれ必ずあります。でも両親や周囲の不安を取り除くのも非常に大切なことです。

ご両親からしてみれば、ウチだけが周りと違うことをしているのではないか?お招きする方々に失礼はないのだろうか?と考えてしまうものです。段階ごとに相談、説明、そして理解していただく。
ふたりが大切にしたいこと、両親が大切にしたいことのバランスを考えながら全体を作り上げていきましょう。

結婚は新郎新婦にとって「大切な日」であることはもちろんですが、ご両親にとっても同じく「大切な日」なのです。

周囲の意見も取り入れながら、みなさんに心から良かったと感じていただき、祝福していただける披露宴を目指しましょう!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-01-05

とある披露宴の余興。。。

テーマ:挙式・披露宴
テニスサークルの会長を務める彼女が結婚することになりました。

4年間続いた社会人テニスサークル。
時の流れとともにメンバーそれぞれの転勤や結婚などで、立場や環境が変わったこともあり、今まで通りサークルを運営するのは難しい・・・
てなわけで、この会長の結婚を機に「解散をしよう」ということになりました。
この披露宴がメンバー一同に会す最後の場かもなぁ?パッと!一発、大きな花火で祝おうよ♪

でも・・・余興何する???
しばし・・・悩む。。。
かなり・・・悩む。。。
延々・・・悩む。。。

何をするかと考えていると、なぜか「あんなことあったよな」「こんなことも・・・」とつい思い出話になってしまう^^;
そうこうするうちに、夜が明けてしまいました(笑)なんと一晩中考え続け、いや一晩中思い出話に夢中になっていたのです。その日徹夜あけで、仕事に向かう自分がいることも忘れてw(-_-;)w

徹夜で話すほどのたくさんの思い出の中のひとつに、サークル1周年記念イベント「タイムカプセル」がありました。10年後みんなで開けよう!そして集まろう!!と、ある場所にみんなで埋めているのです。

「これ・・・行くしかないっしょ!!」メンバーのひとりがそう言いました。

---披露宴当日---
スクリーンには・・・新婦である"会長"にも見憶えある風景の映像。。。(あれ?ココって・・・なにしてんの!)

タイムカプセルを埋めたあの場所に、披露宴に出席しているサークルメンバー達が勢ぞろい。(スコップ!?もしや・・・)

会場には埋めたはずのBOX。。。
あれ~持っきてるじゃん! q(-"-;)p

「会長・・・ごめんなさい!!やっちゃいました(笑)」

BOXを開けると中から・・・1通の手紙。

それは「タイムカプセル」を埋めた当時、まだ知り合っていないはずの、新婦の隣にいる"新郎"からの手紙です。

そう!タイムカプセルのBOX、実はレプリカなのです。
僕らが新婦に内緒でこっそり新郎にお願いしておいたのでした。
そりゃ、本物は勝手に開けられません!会長の許可なしでは!!(笑)

僕らのタイムカプセルを埋めたあの場所でのロケは、新郎からの手紙のための前座ってとこかな?ぶっちゃけその前座も、みんなの日程を合わせたロケ&構想&編集・・・とかーなり時間はかかったんですよ r(^o^)

でも、すごく喜んでもらえて嬉しかったし、僕らにとっても良い思い出がまたひとつ増えました。いつも僕らを中心でまとめてくれてた彼女を、みんなで囲んでお祝いできてホント良かった♪
-------------------------------
そうそう、冒頭にひとつ誤りがありました。僕らのサークルは・・・まだ「解散」してはいませんでした。いや、まだできません!

「タイムカプセル」を本当にみんなで開ける日までは・・・しばし「休部」ってとこかな?(笑)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。