月と太陽のセラピー  占星術とエネルギーワーク 三知花

Room1213は、東京杉並・中央線 荻窪駅4分の隠れ家サロン。西洋占星術とエネルギーワーク・ヒーリングのセッションと講座・レッスンをしています。シータヒーリング、トリニティメソッド、インナーチャイルドセラピー、レインドロップ、アクセスバーズなど。

カウンセリングセッションメニュー 3月受付終了4月予約受付中西洋占星術星読み「星読みセッション」
星読みとインナーヒーリング「月と太陽のセラピーセッション」
セッションメニュー     お客さまのご感想     お申込みフォーム


「幸せになる!占星術」初級講座 個人レッスン受付中NEWS!お休みしていた占星術初級個人レッスン再開します
ご希望の日程・ペースで、星読みの基礎を習得してください。
グループ講座と同じ内容  2時間半×6回で「出生図を読む!」
初級講座内容      生徒さんご感想      お申込みフォーム

テーマ:

 

木星×天王星×冥王星のTスクエアに、

着々と火星が近づきつつある今日この頃。

みなさま、いかがお過ごしでしょう。

 

私はぜんぜん人間ができてないので、

亡き父の諸々事務処理中に、

あまりにあんまりなことがあり。

久々に怒髪天を衝き、

(ネイタル火星×冥王星・天王星発動中)、

某代理店と喧嘩中です!

昨日今日とトランシット月・冥王星合だったしな。

・・・遠い目。

 

ゆるくて、滅多に怒れないけど、

あんまりな失礼すると、冥王星が後悔させますわよ。

成敗してくりょー!!!だーっ!笑

 

26日の魚座の新月には、

火星がピッタリ天王星にヒットしますよ。

みんなも、気をつけてね。爆

 

 

===

 

 

昨日は、

隔月でサロンで開催している

小山永珠先生の「水晶練習会」でした。

 

 

 

 

昨日の参加者は、

リマーナすず先生はじめ、

全員が占星術繋がり。

 

 

そんなわけで、。

 

毎回、

お題はわからないようにして封筒の中に入れて、

質問がわからないままに水晶で答えを観るのですが、

今回は、26日の日蝕の影響についてのお題も出ました。

 

 

ひとつは「今度の日蝕で、

それぞれが自分に起こってくること」という、

自分のことを観るお題だったので、

観たのは、自分の今後の変容イメージ。

 

 

わたしは、

あけぼの缶詰みたいな太陽マークとか、

「花のワルツ」の音楽が流れだしたりとか、

広い円形の部屋の周りに並ぶたくさんのドアとか、

見えました。そして、コトバのメッセージももらいました。

 

それらのイメージが、

自分にしかわからないところで、

イロイロつながるんですよね。

それが、ものすごく面白い!!

 

コトバにはならない様々なイメージが

水晶を通じて自分にもたらされ、、、

それが自分の中にのどこかに触り、

響き、広がり、変化が起こる面白さ。

 

 

ものすごく深いところが動かされるような、

夢をみることありますよね。アレに似ています。

難しく考えずに、

みなさんも体験してみるといいと思います!

 

小山先生は、横浜でも隔月で水晶練習会をしています。

小山先生ブログ http://stellaema.blog.fc2.com/

 

 

海王星が強い小山先生はイラストもお上手で、

LINEスタンプもリリースしていらっしゃるのです。

https://store.line.me/stickershop/product/1371243/ja

「ほんわかおインコさま」シリーズかわいい!

私が使ってたら、息子も娘も購入してました。

すず先生は、パクチーマンがお気に入りらしい。W

 

 

小山先生は、「恒星」の研究もしていらっしゃって。

今度、中級応用講座の枠で、

「恒星」のレクチャーしていただこうかと思っています。

 

ジオセントリックのネイタルチャートを知り、

意識して使えるようになってきたら、

その上のレベルの

恒星エネルギーの影響も知りたくなるでしょ。

 

自分がどの星から影響を受けているか知ると、

その星のエネルギーの恩恵を

意識して受け取れるようになるのです。

 

年末の水晶会では

小山先生作の「恒星カード」も引かせていただきました。

「2017年私の助けとなってくれる恒星は?」

の質問でひいたのが、コチラ!

 

 

 

おお、シリウス!

 

たのんだぜシリウス、2017年。

 

 

 

=======

 

【魚座の新月(日蝕)について】

 

26日の魚座新月は、(金環)日蝕です。

ノード軸(月の軌道と太陽の軌道の交点)の

サウスノード(テイル)側で起こり、海王星と合となります。

 

太陽という公・陽と、

月という私・陰の交わる場所ノードは、

ソウルグループの「臍の緒」と表現されるくらい、

「魂の縁」に絡む事象と、関連する感受点。

 

 

人が生まれ死に、出会い別れる、

その運命的な渦がある場所と、

セッションを通じて、日々実感しています。

 

 

個人のネイタルチャートにおけるノードの意味を

カルマや吉凶含みで読む時代もありましたが、

今はドラゴンテイルは前世に

繰り返し行って来たこと=才能

(でもそこに安住するのはNG)、

ドラゴンヘッドは

今世の課題や目指す方向性とされています。

 

ネイタルでこのポイントに合する天体を持っていると、

人を巻き込む力が大きくなります。

 

 

 

 

=====

 

 

そのノード軸の近くで起こる

新月は日蝕、満月は月蝕となります。

1年に2回ずつあります。

(次回日蝕は8月22日獅子座)

 

蝕は普通の新月と比べて

とても影響が大きいのですが(次の蝕までの半年とされる)

今回は、特にIC(天底)という「基盤」を表す場所で起こり、

支配星回帰している海王星(ビジョン・夢・幻)と共に有ります。

そして、思考の水星も、傷と癒しの星キロンも魚座。

 

この魚座日蝕部分の浄化や癒しの意味は、

前世や家系DNAなどの

深い魂レベルから起こって、

やがてそれは、

社会をも変える契機となっていくのでしょう。

 

このえぐるような深い浄化は同時に、

隠されていたものを顕わにすることもあるかもしれません。

膿み出し、、ということも含みます。

 

そして、新月部分とは色が異なる

活動宮の木星・天王星&火星・冥王星のT字スクエア、

これもまた強烈な配置です。

 

これは、個人により、両極出方があるでしょう。

伸るか反るかみたいな、事象も起こりやすい。

 

ギリ土星(この世的な着地点)が調停しているので、

リスクをとって突撃したほうがいいかと、私は思います。

が、やはり事故・怪我・突発的怒り(笑)は、注意です。

(・・・いや事故・怪我もまた、

なにかを変え、形づくる大きな契機となるってこともあるさ)

 

 

この魚座日蝕部分と

活動T字スクエアの部分、

色味は異なりますが、

どちらも大きくて深い穴が、

口を開けているイメージがあります。

 

深いところから掘り返され晒され癒され、

爆発的突破力(破壊力かも)が、現実を大きく変えていく。

 

私は「アセンション」について多くは知らないのですが、

ここ数年、「人によって、異なる世界を生きるようになる」

と、良く聞きませんか。

 

 

この日蝕はその、

どちらの世界に住むかを決める、

裂け目の時なのかもという気もします。

 

 

アセンダントルーラー冥王星が、

2Hでアンチバーテックスと共にあり、

8Hバーテックス蟹座という配置は、

ICにあるテイル新月(日蝕)と、

同調し響き合うエネルギーを感じます。

 

土台から変容し、浄化され、

あたらしいことを誰かのためにするとき。

誰かというのは、

あなた自身であり、

あなたでないあなたのことでもある。

(わかんないかな?笑)

 

 

MC近くのドラゴンヘッドとも重なり、

みんなが自分の目指すところ、

宇宙や魂のご縁による要請に、

応えていくことを始める時なのかもと。

どちらにしろ、狭くるしい「利己」「個」ではない、

外側の世界に向けて、

自分を開き、使う時だと言えるかと思います。

 

 

3月12日の乙女座の満月も

ICーMC上で起こりますね。

3月20日の春分図は、

ASCーDES上に木星ー天王星が乗ります。

そしてICに冥王星。

 

私もあなたも、足下も社会も、

動かざるを得ない2017年前半です。

 

 

占星術の新年である春分・太陽牡羊座入り、

3月20日19:28タイミングで、

2017年スタートダッシュエネルギーに加え、

宇宙からの無条件の愛と、創造のエネルギーを中継する、

一斉遠隔ワーク「アリエスポイントエリクサー」は、

今年は、江の島から送る予定ですので、お楽しみに!

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 
ようやく通常モードに戻ってきました。
  
今日は、延期していただいていた
「幸せになる!占星術」講座、
中級クラスの第2回目でした!
 
相性の観方について、こってりやりましたよ。
 
 
中級2回準備
 
準備万端。
 
 
脳味噌エネルギー補強は、日陰茶屋のダコワーズ。
 
 
お茶
 
 
 
 
 
===
 
 
占星術の基本は、
「天に在るがごとく地にも在る」。
だから出生時の星の配置、
ホロスコープは、
あなたをあらわすことになる。
 
 
そして、宇宙の法則的に、
「内にあるものは外に映し出される」。
だから、出会う人は、
あなたの内側を見せてくれる人。
 
 
関係する人は、
必然性があって出会っています。
 
その人が持つのは、
あなたに似たところかもしれなし、
あなたが無自覚に欲するものを
持っている人かもしれない。
 
 
あなたが自身の中に
強く葛藤している部分を残していれば、
葛藤がない人を赦せず憎むだろうし、
または、
同病憐れむ的に
同じ葛藤を持つ人を引き寄せるだろう。
 
 
あなたにとっては我慢ならない嫌いな人を
誰もが嫌っているわけじゃないし、
あなたにとっては、憬れの特別な人でも、
他の人にとっては、どうでもいい人だったりね。
面白いよね。
 
 
ひとりひとりのホロスコープに、
同じものが、ひとつとしてないのと同じで、
相性だって、ひとつとして同じものはない。


中級2回
 
みなさんに、
ひとりずつ相性を観たい方のデータをいただいて、
その方との縁を検証していきました。
 
 
まずはワークシートを使って、
それぞれの星を確認。
 
大事なのは相性を観る前に、
双方のネイタルをていねいに読むことです!と、
念入りに、説明させていただきました。
 
 
その人は、どんな人か。
どういう理想があり、どういう美意識があり、
どのように考えそれをどう表現し、
どんなことに心地よさを感じる人なのか。
好きな異性のタイプは?
どんな結婚を求めている?
 
なにを求め、
なにを否定しているのだろうか。
 
見えないところにどんな欲求が隠れていそうか。
嫌と言いながら、ついしてしまうだろう想い癖はどんなか、
「対人」に対して持つ基本イメージ、
投影が起こるだろう母イメージ父イメージなどなど。
 
 
ネイタルチャートを個々に読んで、
その人となりをエネルギーとして感じて、
その個人同士が出会ったとき、
どのような反応をするかを感じ、考えてみる。
 
 
===
 
 
その上で、はじめて
ホロスコープを重ねてみるのです。
 
天体同士が角度を
持ってかかわったとき、
その人とあなたは、
エネルギーを交流させて、
化学反応を起こしてしまうだろう。
 
 
惹かれた理由も、
嫌いな理由も、
それでも離れられない理由も、
そこには、種明かしのように、ハッキリとある。
ビックリするような深い縁を発見することもある。
 
 
このとき個々に読んでおいた
出生の星のエネルギー状態が、
まるで張っておいた伏線のように、
フラッシュバックで挿入される。
 
 
そのとき、ご縁の不思議に感激し、
なにを学ぶ相手として会ったのかに、
気がつくことができる。
 
 
今日も、
もやもやが晴れたスッキリしたお顔で、
「わかってよかったです!」と言って
お帰りになった生徒さんがいらっしゃいました。
 
 
 
相性は「良し悪し」や「損得」でなく、
どんなことを体験し、
学び合う相手として、出会ったのか。
その視点で観ることが、とても大切です。
 
 
その視点で観ると、
ご縁の不思議には、感謝しかなくなります!
(たとえ感情的には、ムカつく相手でも・笑)
 
 
そして、そのことに気がつくだけで、
関係性が変わったりしちゃいます。
あなたが、気づき見たように、
内側が外側に映し出されるから。
 
 
父の死以来初めての講座ということもあって。
みなさんの頭の上に、
気づきの「!」が飛びでる瞬間や、
モヤモヤが晴れて
「わかった、なるほど」と納得できた瞬間の
その表情を見るのがとても嬉しくて、
教える喜びをいただけたこのご縁に、
心から感謝していたのです、こっそりと。笑
 
 
生徒さん8名の
コンポジット(合成チャート)も
参考として出してみたのですが、
ライツ(月と太陽)が、私と同じでした。爆
 
さすがに、よくできとる!
 
 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
  
父の死から2週間が経ちます。
なんだかヘンな感じのままです。笑
 
いつも「生」の日常とは遠くにある、
「死」の非日常が、すぐ隣りあわせにある。
その感じがまだ、続いています。
あっちとこっちのゲートが開きっぱなしの感じ。
 
 
この感覚、
不謹慎かもしれないけれど、
かなり面白いです。
別の次元・階層に、
同時に存在している感じ。
 
 
3・11の後に、
大勢の方が感じたろう、
「いつ死ぬかかわらないのだから、
ちゃんと、したいことをしよう。自分を生きよう」
みたいな高揚した感じもあるし、
「慌てなくても、死ぬから」っていう、静かな達観もある。
 
 
 
 
 
ずっとこれが続いたら、悟れちゃうか? 爆!
 
 
=========
 
 
今日は、1月にいただいた
セッションの感想をご紹介をさせていただきます。
 
 
 
お久しぶりです。
11月に月と太陽のセラピーセッションを受けたTです。
遅くなってしまいましたが、感想と報告です。


結論から言えば、
気持ちも変わったし現実も変わりました!
ホントにすごいです!


セッション中は、
エネルギーが降りてきたりする体感がすごくありました。
日頃、思っていたことを三知花さんから聞かされて、びっくり。
言ってないのに、すごいなと思いました。
アロマとかも使ってもらって面白かったです。

そして、終わったらすっごい疲れてだるかったです。
他でも受けたことはありますが、
こんなになるのは初めてでした。

お昼を食べて帰るのが精一杯。帰ってすぐ寝ました。
それだけエネルギー動いたのかな、と思っています。
 

==一部省略==
なので、相手がイライラしてたりしても、
あまり気にならなくなりました。
==一部省略==
現実が変わってすごい!と思いました。


そして、セッション中に見つけた、
「●●●●●」と言っていたインナーチャイルド。
あれは、私の自爆装置だったみたいです…(--;)
 

悲しみやら怒りやらを溜め込んで、
周りを、と言うよりは
自分とゆう世界を終わらすための力。
それで世界に復讐しようとしてたのかも。
 

あんだけ、ガマンとか
いろいろするとこうなるのね
と変に腑に落ちました。溜めた自分スゲー(笑)
一度解放したら、かなり楽になりました。
 

普段、穏やかに楽しいと思える時間が増えました。
まだ残ってるだろうけど、
少しづつ解放していけたら、と思います。


ホントにこんなにイロイロ実感できるなんて、
思ってなかったです。
また受けたい!
今度はもっと良くなるには、って上がる方向で。


またよろしくお願いします(^^)

 
 
 
 
Tさん、率直なご感想をありがとうございました。
 
気づくこと自体が解放ですし、
それを客観視できたら、変わります。
 
口に出せたことも
文字にできたことも
階段を上がることに他ならない。
 
焦らず、さらに穏やかで
楽しい時間を増やしていってくださいね。
 
 
===
 
 
占星術の星読み(ホロスコープリーディング)に加えて、
様々な心理メソッドやエネルギーワーク、
ヒーリングなどを駆使して、
あなたの目醒めと変容をサポートする、
オリジナルセッション「月と太陽のセラピー」は、
ひとりひとりに一番効果的な方法で、
セッションを提供しています。
 
 
本来のあなたに還るため、
そして、この人生をのびのびと
好きに創造して楽しむために、
ご利用くださいませ。
 
3月セッション枠、残席3です。
 
3月 8日(水) 15:30~ (サロン・Skype可)
3月16日(木) 13:00~ (サロンのみ)
3月23日(木) 15:30~ (サロン・Skype可)
ありがとうございます。
3月は締め切りました。
4月以降でお申込みお願いいたします。
 
@荻窪Room1213サロン
または、Skypeセッション
 
90分18,000円  120分22,000円
*初めての方は120分をお勧めします。
お申込みはコチラ
 
◎Tさんも書いてくださったように、
セッションでは、エネルギーが大きく動くことがあります。
セッション後は、なるべくお仕事など入れず、
ゆっくりできるスケジュールで来ていただけたら幸いです。
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)
 

スケジュール帳の
父が亡くなった日の欄には、
「6:17 P月蟹座 IN(入室)」と書きこんでありました。
 

Pというのは「プログレス(進行法の一種)」の意味で、
出生図を元に、その人の内的成長段階を表すものです。
 
月は、元々、気分や感情・肉体・日常を表しますから、
「P(プログレス)の月」のある場所には、
「その時期の感情傾向やプライベートな状況」が表れます。
月は蟹座の支配星でもありますから、
P月の蟹座入りは、ちょっとしたイベントです。
 
それで、時間までメモしておきました。
「明日の朝か」と、前の晩に意識もしました。
 
 
===
 
 
蟹座は、活動宮・水(情感)エレメンツのサイン。
「拠って立つ安心安全な場所」を志向します。
常識的で感情豊か。
思いやり深く、繋がりを大切にする。
「共感」「家族」「地元」「ルーツ」「民族」、
「同化」「母性」「育成」「防衛」などの象意が有ります。

P(プログレスの)月が
ホロスコープを一周するには28年かかり、
1つの星座を運行する期間は
(28÷12星座)約2年半弱となります。
 
前回わたしのP月が蟹座にあった期間(25~28年前)には、
〇蟹座入室直前に結婚
~仕事生活に興味がなくなり、家庭生活に意識が向く
〇社宅入り~家事や心地よい暮らし方への興味が強くなる
〇子どもを育てることへの興味~妊活して子どもがお腹に入る

ということが起こりました。
まさに「蟹座的な、家族生活の時代」の始まり。
「安心できる仲間を得て拠点をつくった」時期でした。
 
ですから、
今回の「P月蟹座入室」についても、
どんな仲間と繋がることになるのか、
共感を育てることになるのかを考えていました。
 
そして、子どもたちが独立を迎えた今、
「仕事から家族や繋がりに意識が向く」
としたら、どんなことがありえるだろうか?
ということも、うっすら考えなくはなかったのです。
 

=======


わたしは元々蟹座にひとつも星がなく、
(それも途中から12H)
蟹座のナチュラルハウスである
4Hもインターセプトしています。

蟹座が志向する世界観に対して、
元来疎くて苦手なところがあります。
「その場に、なんとなく自然になじむ」ということが、
長らくできませんでした。
 
さらに水瓶座の金星持ちなので、
若い頃(金星時代16~25歳)は、
「閉鎖的でうっとおしい地元のムラ社会」が嫌で嫌で、
18歳になるのを待って、田舎から出ました。
 
 
その朝、
パニック状態の妹の声を
電話越しに聞きながら、
 
長女として
親族や地縁のムラ社会と、
うまく対応しなければならない私の、
「P月の蟹座入り」を
父は待って逝ったのか、
と、瞬時に納得していました。
 
直前までP月は、
風の柔軟宮・双子座にあり、
わたしは好奇心のまま駆け巡って、
実家には年に1~2度帰省するだけでしたから。
 
「家族・ルーツ」「情感・繋がり」に意識が向く、
P月蟹座の時代は、
今回、このようなカタチでやってきました。
 
母が声をかけた朝6時前には寝床で返事をし、
母が用事を終えて帰った7時過ぎには、
すでに、意識がありませんでした。
私のP月蟹座入室は、(SGで)6:17でした。


そしてその日
トランシットの太陽は、
水瓶座5度「先祖委員会」にありました。
私のネイタル金星の度数と同じです。

普遍的な魂の繋がり(類魂)を意味する度数です。



====


ちなみに、
私のプログレスの新月は、
2005年に水瓶座2度
「予期されなかった雷雨」で起こったのですが、
父が亡くなった日から現在まで、
プログレスの金星はこの「雷雨」の度数にあります


この度数は、
ローカルな社会的ルール(山羊座視点)を超えて、
普遍的でグローバルな視点で、
新しい世界を創るために試行錯誤を始める度数です。

2005年P新月から始まった
「人生の雷雨」に倒れたことが元になり、
今の仕事をするようになりました。

今ここにP金星があるということは、
P新月の意味を再び意識することと、
さらなる大きな変化の「雷雨」が
やってくることを示唆しているのかもしれません。


この雷雨の嵐は、
常識的な世界から見れば
「瓦解・転覆」を連れてきますが、
より普遍的で宇宙的な視点から見れば
「祝福」であり、新たなスタートです。
そのことを私は、体験から知っています。




=======



星の配置には、たくさんの意味が隠されており、
まるで、良くできた脚本の映画を見るような気分です。

人生のあらゆるところ、あらゆる場面に、
伏線は散りばめられており、
それらを見事に繋げて、父は卒業していきました。


きっと、どなたの人生も、
そうなっているのだろうと思います。
この世界は、自分たちが創るドラマなのだから。
 

他の星の配置については
煩雑になるので割愛しますが、
(ソーラーアークや回帰図にも符合がありましたし、
ノードやアングル、Vt/Avtが教えてくれることもありました)

この「父の死」を機会・動機として、
太陽が示す自己をさらにしっかりと確立し、
土星が示す庇護と抑圧両方から自由になり、
自分仕様のルールと枠組を創りなおすこと。
 

魂の仲間たちと繋がり、
次のステージでの役割を果たすこと。
それらのことをメッセージとして受取りました。
そのためのジャンプの配置も、準備されています。


 
 
 
 
=====


年末にふと、
「2月は休もう」と思い、
サロンオープン以来初めて、
意識してお休みを多く入れておきました。
・・・これも、宇宙の采配なのかな。


明日は「節分」ですね。
私も、大きな節目を迎えて、
新しい気持ちで、
サロンに「一陽来復」のお札を貼ろうと思います。



1週間以上お留守番頑張ったきろんくんご苦労様。

 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 
父の初七日過ぎまで田舎に居て、東京へ戻りました。
講座・セッションの延期で、
ご迷惑をおかけしました皆様、申し訳ございませんでした。
 
セッションについては順次、
メールにて代替日をご連絡をさせていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。
 
=======
 
 
人ひとりが、
この次元から消えることによる事務対応はもちろん、
「隣組」や「本家・分家」的おつきあいの残る田舎なので、
様々な対応もあり、感情に浸る間もない慌ただしい毎日でした。
 
 
残された母のフォローもあり、しばらくは、
少しのんびり目の活動になるかと思いますが、
これも父のくれた人生の棚卸の時期。
次のステージへの
ステップとなることと思いますので、
引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。
 
 
===
 
 
あまりに突然なことでしたが、
昨年末の私のソーラーリターン図や、
このところと今後数年間の、
自分に起こる星まわりを確認していたので、
朝早くパニクった妹の声が電話から聞こえた時、
「・・・そうきたか」と、妙に落ち着いていました。
 
 
予測していたわけではまったくないのですが
まったく考えもしなかったと言えば、嘘になります。
ほんの一瞬、とても小さな可能性として
フッと考えたこともある、ということ。
自分にまつわる、星まわりを 普段から確認していたからです。
 
 
星の配置から「起こる現実のそれひとつ」を
予想することはなかなか難しいのですが、
(星が示すエネルギーの状態は抽象度が高く、
現象化の可能性は広義に渡るので)
「そうか、そうきたか」とわかる情報は、
いつもちゃんと、示してくれています。
事が起こってみれば、それは確かに示されているのです。
 
 
 
 
アルコール依存やDVなど
トラウマになるような体験を
たくさんさせられた父ではありますが、
一方で、
誰よりも愛情深く、
仕事熱心で真面目な性分、
頼りにされ愛される人でもありました。
 
そのふり幅の大きさには、
自身が一番戸惑っていたことでしょう。
 
趣味が多くアイディアマンで、
なにをしても器用な人でした。
若い頃止めてしまい心残りだったバイクも、
60過ぎてハーレー乗りになり、存分に楽しみました。
 
神経質なまでに他人を気遣う癖と、
田舎の後継ぎ長男に生まれた重圧によって
形づくられたその「仮の性格」を
「今生の自分」とした彼にとって、
この世界は、
生きづらいところだったろうなと思います。
 
棺には、身体を壊すほど好きだったお酒を入れ、
最後に、髪の毛を一筋切って、もらってきました。
 
残った背骨は、
係の人が驚くほど太く頑丈で、
喉仏はその語源通りに、
まったく欠けることなく、
「仏」が合掌した形のまま残りました。
 
年をとっても失われなかった純粋さ、
魂から発する瑞々しい「生命力」と、
芯の太さの秘密を観た気がしました。
 
 
父が逝った星まわりを見るにつけ、
瞑想して魂と会話するにつけ、
この世のドラマを一緒に創造するための
魂友であったのだなあ、と実感しています。
 
お疲れさま、と、
ありがとう、のコトバしかありません。
 
 
=========
 
こちらに、
その日の星の配置を書いてみました。
 
 
 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)