セッションの申し込み時に

時々ご質問をいただくのですが

 

インディゴかどうかわかる方法

 

本当は、私のHPに行きついた時点で

そうだと思っていいですよ、と

HPのinformationのところに書いているんですが

それでもやはり心配になりますよね。

 

ぶっちゃけ

インディゴであるかどうか、を知るのは

それほど重要ではない、と私は思っているんですよね。

だって、人間である以上、色々な性格、性質の人がいて

一人として同じ人間はいないですし

 

まずは、自分とは何か、ということを知ろうとすること

それが若干、インディゴなのかも?

という観点から見て行くと

よりその方を理解しやすく

またご本人にも理解しやすいということになります。

 

だから、そこで自分に関して何かをつかめたら

その後は、インディゴであることをいったん忘れる

手放すといいと思っています。

 

そうしないと、私はインディゴだから・・・なんだ

と逃げ道にしてしまう可能性があるからです。

人間関係がうまく行かないのはインディゴだから

仕事がうまく行かないのはインディゴだから

等々です。

 

ちょっとニュアンス的に書き言葉だと

うまく伝えられないんですけど

 

例えば

インディゴの人の特徴で多いのが

親と理解し合えない、うまく行かない

というのがありますが

でもよく考えてみると

インディゴでなくてもそういう方はいますよね。

相性が合わない、というもの。

 

だから、インディゴの特徴で、これだ!

というのを一つ上げると

 

地球のために何かをしたい

世界平和のために自分は何ができるか

 

これがあるかどうか。

もちろん、今現在それが表面に上がってきていなくても

ゆくゆく目覚めてくる可能性はあります。

今今、人生がうまく行っていると感じないのに

世界平和どころじゃないですからね。

 

それから、地球の役に立ちたいという気持ちを

どこかで見つめ、育てていけば

ご自身の中のインディゴ性が目覚めてくるでしょう。

 

苦しいと感じる時

自分を大切にすることを一番に行いつつも

同時に、自分のどこかで

いつかきっと大いなる意思の元に動かされ

自分でしかできないことを遂行するんだ

という希望をどうか忘れないでいてください。

 

 

※今日は新月

それも、スーパーニュームーンというそうですよ。

日本時間、今日の4時44分に起こりました。

何か感じますか?

AD

一昨日書いた記事の続きです。

 

それでは、その仲間に出会うため

ご縁を引き寄せるにはどうしたらいいのか

という話です。

 

まずは、自分のクリアリングをするわけですが

始めたばかりのころは

すごく大きな浄化が起こると思います。

それが落ち着いて来たら、日々の出来事に対して

自分の内側に入って問いかける、ということを

し続けていきます。

 

それと同時進行で、その時の自分なりのレベルで

ハイヤーセルフにつながる、ということを目指します。

目指すというか、そう意図して過ごします。

積極的に行う場合はセラピー・ヒーリングを受けたり

瞑想を行ったりします。

 

そうしたら、あとは

自分と同じ目的使命を持つ人が

この地上にいる、ということを信じます。

いるんだろうな、と思うという感じですかね。

 

この先は、書くと簡単ですが

実行するのは難しいです。

 

それは、「待つ」ということです。

 

前に進もうとするときは、何かをしよう

行動に移そうと思うかと思いますが

そうではなく

時に停滞するような感じ

後退するような感じ

沈むような感じがあるかもしれない。

不安で、自分はこのまま終わってしまうと思うかもしれない。

 

でもそれが、出会う約束をしている人を引き寄せる方法です。

 

私の経験だと、進むのは半分で

あとの半分は(時に半分以上は)

停滞したり、後退したり、沈んだり

です。

 

丸い輪をイメージしてください。

その輪には、例えば20人くらいの人が

手をつないでいると思ってください。

人数は何人でもよく、100人でも1000人でもいいのですが

あまり多いとイメージしにくいですよね。

20人の人々はそれぞれその後ろに

何100人もついていると思ってもいいでしょう。

 

その中で、自分が最初に目覚めたリーダーだ

と思ってみてください。

最初の1人なので、自分と出会うべき人はみな

まだ寝ている、目覚めていないんですね。

それなので、まずは自分が目覚めて

何のために生まれてきたのかを

思い出す必要があるわけです。

 

そうしていくと、一人、また一人という風に

目覚めていく人が増えていくのです。

20人のうち半分ほどが目覚めたら

その目覚めの振動がその他の人にも徐々に伝わり

どれくらいかかるかはわかりませんが

結果、すべての人が目覚める、という仕組みです。

 

その輪って、他にもたくさんあり

一つの輪が目覚めると

他の全く誰も目覚めていないところにも

少しずつその振動が伝わっていく

というように繰り返されて行きます。

 

そんな風に、インディゴチルドレンの仲間は

つながっているのです。

 

AD

ゴールデンウィークは遠出はせず

行くとしたら近場で、と思っています。

 

昨日今日はセッションをさせていただいておりました。

 

前からそうでしたが

日々の気づきと

セッションで受け取ってお伝えする

メッセージの内容が、続き物になっていて

それがさらに強力になっている感じです。

 

セッションをさせていただいて

たくさんの智恵を受け取らせていただきました。

ありがたいです。

 

これがまた、次に出会う人に伝わっていき

そうやって見えないけれども

何かの形になっていくんですね。

インディゴサポートの仕方・・・みたいな。

 

4月の一ヵ月は、ずっと内側に向かっていて

ある意味畑を耕し続けていた感じでした。

ずっとずっと

このまま一生こうなのか、と思うほど。

 

でも、今回は負けない!と決めて

腐らず、落ち込まず、じっと内側に向かっていました。

 

そしたら!

氷が解け、春が来るんですね。

 

なんだかね

普通のヒーラーの方向性と

私のようなインディゴサポート専門のヒーラーは

基本的なところが違うようなんですよ。

 

なんだ~だから誰とも違ったんだ~

道理で、誰に聞いても分からなかったんだ~

と、気づいたときに思いました。

 

方向性というか

基本的な仕組みということですかね。

 

それはね

自分だけで何とかできるという範囲を超えているんです。

自分だけ頑張っても、どうにもならないレベルのこと。

 

私は思ったんです。

じゃ、私と神の関係性をしっかりとすればいいのか、と。

それで、私なりに、こうかな?ああかなと

努力を積み重ねてきたつもりです。

 

でも、天はそれでいいと言ってくれなかった。

 

もちろん、自分と神の関係は大事なんですよ。

でも、それだけじゃないんです。

何だと思います?

 

それはね

 

仲間

 

なんですよ。

 

仲間とは、もちろん

インディゴチルドレンの仲間たちです。

見えないけれどもつながっている

そばにいなくてもいつも心を合わせて生きている

そんな魂の仲間たち。

その仲間の存在をいつも感じている

そして信じていること。

 

つまり

自分 ー 神 ー 仲間

この三位一体なのです。

このどれを外してもうまく動かない。

そんな風にできているのです。

 

自分だけがどんなに頑張ってもどうにもならず

神様とつながって真摯に生きても

それだけではダメで

そこに仲間が加わることで

ぐわ~~んと動くんですね。

 

まさに共同ワークです。

 

それと

自分も神であり

仲間も神である

だから、天の神と同レベルになって

共同ワークをするのです。

 

今のところはここまでです。

 

 

AD