次の予定

テーマ:

なんだかもう、本当に

自分の思うように動けないというか

すべてが内側から神さまにつながって行われているというか


厳島神社のことも、写真を載せても

結構皆さん行ったことがあるかと思うしで

載せないでいました。

特に何かがあったわけでもないので

ただ、無意識の深いところは反応していたんだろうな

と感じています。


完全に明け渡しています。


今はそのいただいてきたであろうエネルギーを

熟成して使いやすいようにしているのかなとか

集合意識に浸透させているのかなと思っています。


今日から7月ですが

もう次に行くところは決まっています。

予約するのも忙しくて

ほぼ、前回のと同時にホテルの予約をしている感じで

今は交通手段も決まって、ほっとしているところです。


今度は東北です。

かなり不便なところなので

こりゃ一人では無理だ、と判断し

夫に、神妙な顔をしてお願いをしました。

一緒に行ってくださいと。

最初は新幹線とレンタカーと思いましたが

うちの車で行こうと言ってくれました。


なんだか段々、夫婦神事になってきている~。

ありがたや~。


私の場合、最初に地名が浮かび

その次に、自分に関係するキーワードで

何気なく検索すると

その土地のどこに何しに行くのかが、ざっくりとわかります。

おお~!って思います。


夫も、そこに何しに行くの?などと野暮なことは言わず

黙って、わかったと言ってくれます。

これはもう、生まれる前からの契約と言わずして何と言うか。


ここまで来るのには、長い年月がかかりました。

なので、同じような状況の方々

皆さんも決してあきらめずに、先を見て生きていてね。



三位一体

という言葉が、ここ数日何度も浮かびます。

淡路島で受け取ってきたエネルギーなのかも。

聖なる男性性、聖なる女性性、聖なる子供

この三つが高まり、統合することで

よりクリアになります。


それと、最低限のグループ作りにも

まずは、一対一の関係性を完成させ

その次に、三人という関係性を確立させます。

そうやって、自分の中の聖なる意識が動き

それに呼ばれるように、同じ意識を持つものが引き寄せられます。


私のヒーリングも、そこを目指していきます。



でも、一応、写真を数枚

厳島神社の鳥居

念願の海に浮かぶ鳥居です。


厳島神社の鳥居


神社の中、廊下。


厳島神社



大好きな、舞台。

その昔、というか、以前ヒプノで

ここで巫女として舞を奉納したシーンを見ています。

そういう意味で思い出深い場所


舞台


AD

淡路島会談

テーマ:

さてさて、今回の旅のメインである

淡路島でのお話会

こちらは、ブログにどう書いたらいいものか

エネルギーなので文章で伝わるか、という気がします。

 

今思い出すと、夢の中の出来事だったような気さえします。

 

まず、行った場所

どこかカフェでも、と思いましたが

流れで、なんと野外で行うことに!

慶野松原という、浜辺に何キロも続く松林で

松の木の木陰に座って。

 

何とも言えないエネルギーに包まれて

 

お天気は、梅雨の合間の晴天に恵まれ

かといって、それほど暑いわけでもなく

木陰の心地よい、そして誰も来ない

鳥の声だけが聞こえる静かなところでした。

 

なんと、写真を撮るのも忘れていました。

それだけ、自我を忘れ、高次元につながっていたのでしょう。

ただひたすら

4時間ほど、時間が経つのも忘れて

お話会というか・・・

始まってすぐに浮かんだ言葉が

淡路島会談。

それを私が勝手に、淡路島サミット、と言い換えて。

 

この慶野松原

ちょっと天橋立にも似ていて

天女の羽衣がかけられているかのような

そんな雰囲気のところ。

レムリアっぽい気もして。

 

先日ここに、脱皮がキーワードだ、と書きましたが

他には

インディゴチルドレンサポートや

もちろん、女神として生きるとは

というテーマもあり

 

などと、言葉でどうこうというのではなく

未来に向けて大きなエネルギーが動いた

と、参加者全員で感じました。

 

お昼ご飯を食べるのも忘れて

でも、食べるよりも、まずは伊弉諾神宮へ

ということで、向かいました。

 

 

↑ね!いいお天気でしょう?

ちょうど結婚式も執り行われていました。

手を合わせると、ハートがものすごくドキドキするんですよ。

すごいパワーです。

 

いくつか摂社がありましたが

ここ!!

 

 

↑この御神木がすごいです!!

これまで、多くの御神木を見させていただきましたが

これはもう、ものすごいです!!!

ハートがもう、息をするのも苦しいくらい反応します。

夫婦大楠

まさに、伊弉諾、伊弉冉です。

 

 

 

↑夫婦大楠の上の方を撮らせてもらいました。

写真からエネルギーを感じてください。

 

これからもし、大変なことがあっても

この日のこと、感じたエネルギー

参加してくださった方々からいただいたエネルギー

それらを思い出して、やっていきたいと思います。

 

幸せな一日でした。

 

AD

伊勢神宮

テーマ:

さて、一日目、伊勢神宮の

これは内宮での写真です。

三つ目の鳥居の前で、守衛さんからストップがかかり

待機していると

見えますかね、白い一団が・・・!

 

 

守衛さんはお辞儀しています。

緊張感が走ります。

 

と、段々とその白い一団の姿がはっきり見えてきて

五人の(守衛さんは神主さんと言っていました)

神主さんたちが、高下駄の音を響かせて

歩いて行かれました。

 

 

待機が解除されて、少し進んでみたら

神主さんたちが入って行かれたところは

こんな風に門になっていて、今まさに扉が閉められているところ。

 

 

なんか、すごいものを見た感がありました。

ほーーっと息をついてしまうほど。

 

↓大好きな五十鈴川

 

 

何度来ても、ここで立ち止まって写真を撮ってしまう。

 

 

この木も好きで、いつも見上げてしまいます。

 

 

とにかく、人込みを避けたくて

今回は、夜行バスで7時半に着いたら

顔を洗って身支度を済ませ

前年のように喫茶店に入って朝ご飯など優雅なことはせず

持って行ったパンを食べるだけで

速攻で外宮に向かい

またすぐに内宮へ向かいました。

そのお陰で神主さんたちを見ることができました。

 

↓それでも、内宮の正宮の前はこんな感じ(午前9時半)

 

 

参拝を終えて、立ち去りがたくて

横の方に行って少しの時間過ごしたら

何と表現したらいいかわかりませんが

エネルギーの柱の中にいる感があって

ありがたくて

すごく立ち去りがたかったけれど

この階段を下りてきました。

 

おかげ横丁

 

 

赤福本店で

 

 

AD