2013年04月12日(金)

突撃! 関東日帰りの旅 19

テーマ:旅シリーズ

ついに最終話です


美味しいうどんを食べて温まったのでホームへ降ります




新津運輸区だより
スノラビ様がいらっしゃいました


まだ自分が乗る列車まで時間があります・・・


そしたら”はくたか”のドアが開いたので車内探検してみました




新津運輸区だより
グリーン車です


肉厚な座席が並んで落ち着いた照明ですね




新津運輸区だより
でも”リゾートやまどり”の2号車に乗ったばかりなので狭く感じてしまいます・・・


快速列車の自由席の設備に負ける特急列車のグリーン車って・・・




新津運輸区だより
普通車は「ビジネス」という感じですね




新津運輸区だより
自分はこちらの座席の方が落ち着きます


赤い座席って「温かい」イメージがありますよね~


(いや、青い座席も暖房が利いているから十分温かかったですよ)




新津運輸区だより
そんなこんなで乗車する普通列車がやってきました


この列車は越後湯沢で25分停車するので所要時間が長めです




       新津運輸区だより   上越線 普通 長岡行き 18:42発  新津運輸区だより



この列車の表定速度を計算すると37キロ・・・意外と平均な速度で走っています


上越国際スキー場前駅というJRで最も長い駅名がありますが、


世界一長い駅名は・・・イギリスにある・・・


「ランヴァイルプルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオ・ゴゴゴホ駅」です(笑)


「じょうえつこくさいすきーじょうまえ」なんて短く感じますね(爆)



今まででの日本最長駅名は一畑電車の


「ルイス・C・ステファニー庭園美術館前」でしたが、「松江イングリッシュガーデン前」となったため、



あの九州の有名な駅が日本一長い名前です。





新津運輸区だより
六日町でも意味不明な8分停車


案の定、後続のほくほく線直通列車に追いつかれる始末・・・



六日町~長岡の記憶がありません(要するに寝てた)



目が覚めると長岡でした





新津運輸区だより
乗り換え時間が短いですが、同じホームなので楽です


1751M→461Mなんて3番線から5番線への乗り換えなのに昔は接続5分程度という鬼畜乗換でした


なので「夜の長岡ダッシュ」があったのです


(今は12分接続に解消されました)






      新津運輸区だより   信越線 普通 新潟行き 20:05発  新津運輸区だより




ちなみにこの列車は2分接続での発車です


寝たら乗り過ごしそうなので我慢我慢です




新津運輸区だより
というわけで無事に亀田に到着




新津運輸区だより
後ろに湘南色がくっついていたのですね~




はい、26時間に及ぶ日帰りの旅は終了です(←「日帰りじゃなくね?」とか言わないでください。汗)



これで18きっぷの1回目は使いました(つまりあと4回残っている)




言っておきますけど、これは18きっぷが1日あまったから行った旅ですので・・・つまり「おまけの旅」


(おまけで19日も費やすなと・・・)




おまけがあるということは本編があるということです。



本編は近日公開です





                              (完)





AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

takuさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:無題

>鉄道マニアのリオ・清帝さん
上越新幹線の乗換待ちなのでは?

1 ■無題

はくたかのグリーン車に侵入は私もやった事あります。
やまどりのに乗ってみたくなりました。
1749Mは何故にながくとまるかわからんです

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。