【リトリーブサイコセラピーのモニターさま募集】



大阪 河内長野の心理セラピスト きたむらじゅんこです。






リトリーブサイコセラピーは大鶴和江氏 が11年の心理セラピーの

現場の中で考案された新しい心理療法です。



NLP(神経言語プログラミング)の技法や

ゲシュタルト療法の手法、フォーカシングワークや

エンプティ・チェアワーク、催眠誘導など

さまざまな心理療法を組み合わせ作られており

【リバウンドが起こりにくい】セラピーであることが大きな特徴です。



リトリーブとは本来持っているものを取り戻す、回復させるという意味。

人が本来持っている生きる力を取り戻し、回復させていくセラピーと言うこと。



人は本来、自分の力で生き幸せになる力を持っています。

ただ、苦しさの中で長い苦しみの中でその力を持っていることを

忘れてしまったり、幸せになることを諦めてしまったり

あるいは不幸でいる姿を誰かに見せたいと無意識に思っていたり

そうした歪んだ自己表現のために本当の自分から離れてしまっただけなんです。



心理セラピーを受けることで、過過去の出来事・記憶・感覚に

ひもづけされた感情を開放することにより

新しい信念に基づいた人生の価値観に書き換わり

目の前の出来事に対する反応が自然に変わっていくようになります。



そうすると・・・

たとえば、今までイライラしていた場面でも

穏やかに見ることが出来るようになったり


職場や家庭で相手の気持ちを思いやる余裕が生まれることで

自分だけじゃなく、相手にも優しい変化が起こってきたり


本人が努力して現実を変えていこうとするのではなく

身体の内側からの感覚の変化に伴って

現実に対する対応や振る舞い、行動が変化し

自然な形で現実が変化して行くと言うことが起こるのです。



誰かのためではなくあなた自身が幸せになるために

本当の自分に統合していくための

勇気と決意を手に入れていく


あなたの明日が今日よりもっと幸せになる

生きていて良かったと思える明日に向かう為に

きっとお役にたてるセラピーです




こんなお悩みをお持ちの方に



いつも周りの評価を気にしてがんばりすぎてしまう

自分をいつもダメだダメだと思ってしまう

自分の本当の気持ちが分らない

人や集団が怖かったり苦手

特定のものやことが苦手

(暑いのが苦手、寒いのが苦手など)

特定の場所が苦手

(人が集まる場所が苦手、1人ぼっちの場所が苦手、など)

親と一緒にいるのがしんどい

子供を可愛いと思えない

子供にいつもイライラしてしまう

子育てがつらい、逃げ出したいと思ってしまう

自分の思った事を言うことが出来ない

人に意見を求められると頭が真っ白になってしまう

ギャンブルや買い物依存

過食嘔吐・摂食障害など

いつも辛い恋愛のパターンを繰り返してしまう

好きな人に近付くことが怖くて恋愛が出来ない(結婚できない)

自分のしたいことや好きなことが分からない

生きているのが苦しい、漠然と消えてしまいたいと思う



今まで受けて頂いた方からはこんなご感想も頂いております。



初めての心理セラピーでしたが、今まで体験した中ですごく心が揺さぶられ、
自分の中の深いところからの気づきを得られるセラピーだと思えました。


---- 中略 ----


声を出して泣くことも久しくしていなくて、どれだけ抑えこんでいたのでしょう・・・
と思えるくらい、また怒りを表現することが苦手だということもわかり、

1回だけでは解決できない問題も浮上しましたが、
今は少し感情を出したことで、すっきり感があります。


シータヒーリング、アロマテラピー、カラーセラピーを学んできましたが、
心の奥、隠れた部分までを掘り下げる手法は初めてで、
自分を変えたいと思っている、その覚悟ができたからこそ
セッションを受けようと思えたのかもしれません。


今後も宜しくお願いします。

じゅんこさんに抱きしめてもらったときに、すごく安心感がありました。
思い切り泣いていいんだ、自分の感情を表に出してもいいのだという安心感。

不思議な時間でした。また受けたいです。


大阪府 Nさま(女性)


本当に、自分が予想してなかった部分が出てきてびっくりしました。
セラピーの過程は不思議な感覚でしたが、違和感はなく苦しい感じもなく、
終わった後はなんとなく一つの重荷がなくなったような感じでした。


私の場合は、未だに母親にこだわっていて、
さらに未だに母親に認められたいという意識が強いということが

自覚できたのが大きかったです。

あの時点でそんなことは思ってもみなかったので。
自分ひとりで悶々と悩んでいたら分からなかったかもしれません。

それに、自分は寂しかったんだということもやっと腑に落ちたというか自覚できました。

もう母親に関してはこだわりを捨てられたと思っていたのは、

確かに「怒り」に関しては自分だけでなんとかしてきたように思います。

が、「てんこもりの寂しさ」に関しては抑えて抑えて、

なかったことにしてただけ^^;と分かりました。
きたむらさんにセッションして頂いて、あんなに泣けてきたのは

そういうことだったのかもなぁーと後になって気づきました。


変化というと、亀の歩みで大きい変化は未だに無いのですが…
でも、この頃は子供の頃好きだったことが

また好きになってきたというか、戻ってきたような気がします。
(それを他人とも関わる形で、となるとまた怖気づいてしまうところがあるので

自分でも本当にしつこいしもどかしいのですが)
それでも、焦ってもしょうがない…と少しだけ冷静になれるようにもなりました。


大阪府 Nさま(女性)


何故自分の好きなことがわからないのか、の核心に
少し迫れたような気がしています。


私は「自分の好きなこと」を探しているつもりが、
未だに「母親に気に入られるためのこと」を探していた、
という視点は新しい発見でした。

前回のセッションで、自分が未だに母親にこだわっている、
とは気づいたにも関わらず、
自分の好きなこと=母親が気に入ること
と思い込んだままであるなんて、新しい視点でした。


そもそも初期設定?が違っていたということでしょうか。
「自分の好きなこととは母親が喜ぶようなことである」
と思い込んでいたとしたら、いつまでたっても本当の自分の好きなことなんて
わかりませんし、他人(母親)の好きなことなんてわかるはずないですね。


子供の頃の服の買い物でのパターン「何が着たいのかわからない」は
今現在まで続いていますが、それが、「何を着たら母が気に入るかがわからない」
であるなんてことも、昨日まで気づいていませんでしたから、
本当にびっくりしました。

それに何とも気持ち悪い話だなと思いました。
そして恐ろしいなと思いました。


これからは、
自分の好きなもの=自分の好きなもの
自分の嬉しいこと=自分の嬉しいこと
シンプルにこうしたいです。

そして誰がなんと言おうと自分の感じるものが
私の正解だ、という部分をもっと
自分の中に落とし込んでいきたいです。


大阪府 Nさま(女性)


今日は、大変貴重な時間を有難うございました。


今直面している問題の原因から、全く予想していなかった
母との関係に辿り着くとは意外で、自分でも驚きました。


正直、まだ今日感じた気持ちの整理ができていませんが、
今晩眠りにつく前に、戴いた石鹸の匂いを嗅ぎながら眉間に集中しようと思います。


眉間のシワ歴は小学生から…と筋金入りに長いですが、
純子さんがおっしゃっていた『気がつくと楽になっている…そういうものです』
の言葉の様に、眉間のシワも気が付いたら無くなっていた…の様に、

いつのまにか無くなっていれば嬉しいです。


一枚一枚玉ねぎの皮を剥く様に自分出していきますね^_^



そうそう、セッションを終えた後、母に電話で今思ってる素直な気持ちを話してみましたよ^ ^
母の事、気持ちだけでなく、もっと会いに行くとか行動でも大事にしようと思います。


次回は、ヒプノセラピー、数秘術セラピーを体験してもっと自分を知りたいです。
その時はまた宜しくお願いします!


本日は貴重な機会を与えていただいて有難うございました。




現在、リトリーブサイコセラピーの創始者である大鶴和江氏

理事を務められているNLP心理セラピー協会認定セラピストを目指して

修行と勉強を重ねています。



その中での課題として、沢山のセッションをすること、

より多くの経験を積むことを大事な課題として頂いています。

そこで、2016年2月より期間限定でモニターさまを募集させて頂くことに致しました。



クライアントさまにとってより良いセラピーを提供出来るようになるために

心理セラピーを通して生きる幸せを感じる人がもっと増える世界になるように

この素晴らしいセラピーをより沢山の人に知って頂くために

ご協力頂けるモニターさまを募集します。



★モニターさまの条件

セッション後に感想を頂けること

頂いた感想をブログ・HPで掲載させて頂けること(匿名・イニシャルで)




モニター価格 120分 20000円のところを5000円(会場費2000円込み)

心理セラピーが初めての方はカウンセリング時間が長めになります。
お時間に余裕を持ってお越しください。








モニターさまのお申し込みはこちらから